ママのための悩み解決サイト


【医師監修】気管支炎とは? 気管支炎の症状と治療法

【医師監修】気管支炎とは? 気管支炎の症状と治療法

冬になると、咳が止まらない・呼吸が苦しくなるというような症状が出ることはありませんか。子どもが苦しそうな様子は、見守るママやパパも見ていて辛いですね。もしかしたらそれは「気管支炎」かもしれません。


【医師監修】RSウイルス感染症は乳児がかかると深刻? 症状と予防策

【医師監修】RSウイルス感染症は乳児がかかると深刻? 症状と予防策

感染症が流行しやすい冬から春にかけての時期、子育てをしているママにとって赤ちゃんが感染しやすい病気について気にしておきたいもの。その病気のひとつとされている「RSウイルス感染症」とは、どのような病気なのでしょうか?今回は、RSウイルス感染症の症状や赤ちゃんが感染した際のリスク、治療方法、予防策などについてまとめました。


【医師監修】RSウイルス感染症の検査方法は? 保険適応や検査後の治療について

【医師監修】RSウイルス感染症の検査方法は? 保険適応や検査後の治療について

子どものほとんどがかかるRSウイルス感染症は、感染力が高いため発症すると、保育園や幼稚園をお休みしなければなりません。感染の可能性がある場合は病院で医師の診察・検査を受けましょう。ここでは、病院で行われるRSウイルスの感染の検査方法を紹介します。


【医師監修】RSウイルス感染症の潜伏期間は? 感染後の症状と治療方法

【医師監修】RSウイルス感染症の潜伏期間は? 感染後の症状と治療方法

RSウイルス感染症は、2歳までにほぼ全ての子供が1度はかかるといわれている呼吸器の感染症です。乳幼児は重症化すると肺炎や気管支炎などを発症するといわれ、特に注意が必要です。今回は、小さなお子様のいるパパとママならぜひ知っておきたいRSウイルス感染症について、その感染経路や潜伏期間、治療方法、治療期間をご紹介します。


【医師監修】赤ちゃんに必要な母乳の量は? 不足時のサインと母乳ケア

【医師監修】赤ちゃんに必要な母乳の量は? 不足時のサインと母乳ケア

妊娠中から「赤ちゃんが生まれたら母乳で育てたい!」と考えているママも多いことでしょう。実際に母乳育児がスタートすると、母乳の量が足りているのか、ミルクを足したほうがいいのかなど、さまざまな悩みが出ることも。今回は母乳の量についてや、母乳の出方が足りないときの対処法をまとめました。


【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

子どもは風邪などをこじらせてしまうと肺炎になりやすいのですが、その中でもマイコプラズマが原因となり肺炎を引き起こす、マイコプラズマ肺炎とはどのようなものでしょうか。症状や対策を踏まえて適切な治療ができるようになりましょう。


【医師監修】小児に多い! マイコプラズマ肺炎の有効な治療法とは

【医師監修】小児に多い! マイコプラズマ肺炎の有効な治療法とは

冬になると何年かに一度流行を起こすマイコプラズマ肺炎。でも実際どのような病気なのかを知っている人は少ないのではないでしょうか。ここではそんなマイコプラズマ肺炎について一緒に見ていきます。


【医師監修】子供がなる髄膜炎の原因と症状とは?治療・予防法まとめ

【医師監修】子供がなる髄膜炎の原因と症状とは?治療・予防法まとめ

後遺症を残したり死亡リスクが高くなる髄膜炎という小児の病気、親の細やかな症状観察と、対処の早さが予後を左右すると言っても過言ではないでしょう。 髄膜炎について原因や対処法をまとめています。


【医師監修】自閉症スペクトラムの原因・症状・治療方法まとめ

【医師監修】自閉症スペクトラムの原因・症状・治療方法まとめ

現在、日本には子供から大人を含めて、およそ36万人の自閉症スペクトラムの方がいるといわれています。自閉症スペクトラムは、軽度なものを含めると100人に1~2人は発症するといわれ、決して珍しいものでもありません。今回は赤ちゃんや幼児が「自閉症スペクトラム」と診断されるの原因や特徴、治療・対処方法についてまとめてみました。


【医師監修】卒乳の仕方と胸のケア!いつどうやってやるの?

【医師監修】卒乳の仕方と胸のケア!いつどうやってやるの?

卒乳っていつの時期にどのように実践したらいいのでしょうか?「できない、したくない場合は?」、「胸のケア方法は?」など卒乳を控えたママによくあるお悩みを解消します。卒乳は一般的に2歳頃ですが、いつから授乳をやめるのかは赤ちゃんによってタイミングが異なります。周りに流されずお子さんと向き合いましょう!


【医師監修】子どもの寝起きが悪い!! 実は起立性調節障害かも?

【医師監修】子どもの寝起きが悪い!! 実は起立性調節障害かも?

朝が弱いお子様に手を焼いていませんか?? さぼり病と思われがちですが、実は朝起きられない、立ちくらみ、寝つきが悪くなるなどの症状は、子ども特有の疾患、起立性調節障害かもしれません。小・中学生に増える傾向が強く、不登校の原因になることも。「治療法は?」、「薬で治るの??」など、最新情報をお伝えします。


【医師監修】生後1ヶ月の赤ちゃんの特徴は? 成長の目安&よくある悩み・不安と対策まとめ

【医師監修】生後1ヶ月の赤ちゃんの特徴は? 成長の目安&よくある悩み・不安と対策まとめ

生後1ヶ月の赤ちゃんの成長は目安がありますが、個人差が大きいものです。また、追視や感情表現も豊かになる一方で、SIDSなどになる恐れもあるので注意することが大切です。


【医師監修】病院へ行くべき? 赤ちゃんが熱を出したときの対処法

【医師監修】病院へ行くべき? 赤ちゃんが熱を出したときの対処法

赤ちゃんが熱を出すと、お母さんは心配でたまらなくなってしまいますね。でも赤ちゃんはもともと平熱が高く、体温調節もうまくできないので、しょっちゅう熱を出すものです。また、高熱が出ても必ずしも重い病気とは限りません。今回は、赤ちゃんが熱を出したときの対処法や、病院に行くべきが判断するポイントをご紹介していきます。


【医師監修】手足口病の症状の特徴、他の病気との見分け方

【医師監修】手足口病の症状の特徴、他の病気との見分け方

手足口病はその名の通り、手や足、口などに発疹が出るウイルス性の感染症です。稀に合併症を引き起こすこともありますが、だいたいは軽症で済むので、手洗いうがいをはじめとした衛生管理をして予防しましょう。


【医師監修】赤ちゃんの突発性発疹はうつる?顔の症状や感染経路、治療の最新情報

【医師監修】赤ちゃんの突発性発疹はうつる?顔の症状や感染経路、治療の最新情報

赤ちゃんが初めて高熱を出したら、突発性発疹かも知れません。突発性発疹は乳幼児の発症率が高く、約90%の赤ちゃん、子供が感染、発症しています。母乳の免疫パワーが切れる妊娠中にお母さんから貰った免疫が低下する生後半年以降、この病気に狙われやすくなるのでご注意下さい。症状や感染経路、治療法、特効薬など、今すぐ知りたい情報満載


【医師監修】自分の子どもが不安……発達障害検査の種類・内容・費用は?

【医師監修】自分の子どもが不安……発達障害検査の種類・内容・費用は?

我が子なのに何だか通じ合えない、様子を見るって一体いつまで?……お子さんに発達障害が疑われる状況にある親御さんの不安はとても深いものです。発達障害の手掛かりとなる検査には知能を測定するもの、発達の様子をとらえるものなどがあります。こちらでは発達障害の症状や、検査・診断ができる機関、検査の種類などについてご紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの鼻水の原因は? 咳を伴う時は病院に行くべき?

【医師監修】赤ちゃんの鼻水の原因は? 咳を伴う時は病院に行くべき?

赤ちゃんの鼻水がずっと出ていると「病気かしら?」と心配になりますよね。いつもと違う緑色の鼻水が出ている時や、咳、涙やくしゃみを伴う時も、病院に行くべきか迷ってしまいます。ただ、小児科は感染症の赤ちゃんも多いので、必要がなければ行かないに越したことはありません。治療が必要かどうか、鼻水の状態や他の症状から原因を探ります。


【医師監修】赤ちゃんのアレルギーの原因は? 症状や見分け方、検査と治療法

【医師監修】赤ちゃんのアレルギーの原因は? 症状や見分け方、検査と治療法

赤ちゃんの皮膚に発疹があったり、目が充血していたり、鼻水グシュグシュでつらそうだったりすると「もしかしてアレルギー!?」と心配になるママも多いはず。原因を知りたいけれど、検査はどこで受けられるのか、どのような検査なのか気になりますよね。今回は赤ちゃんのアレルギーについて解説します。


【医師監修】子どもの発達障害を改善するためにできる治療方法と療育支援

【医師監修】子どもの発達障害を改善するためにできる治療方法と療育支援

最近“発達障害”という言葉をよく耳にするようなったと思いませんか? ここ20年の間に、何らかの発達障害を持っている子の数は7倍以上も増加し、15歳までの子供のうち6.5%が発達障害の可能性があるといわれています。今回は、発達障害にはどんな種類があるのか、発達障害の原因、治療方法、療育支援についてまとめてみました。


【医師監修】ADHDの主な特徴3つ・診断方法って? 原因と対応策

【医師監修】ADHDの主な特徴3つ・診断方法って? 原因と対応策

子供に関する悩みは、ADHDが原因かもしれません。今回は、ADHDの特徴や診断方法を知り、適切なケアや生きやすさを見つける糸口をご紹介します。