ママのための悩み解決サイト
【医師監修】離乳食後期におすすめの朝ごはんのつくり方

【医師監修】離乳食後期におすすめの朝ごはんのつくり方

離乳食後半になると、だいぶ慣れてくる離乳食作り。しかし、忙しい朝はついついメニューがマンネリ化してしまう方も多いのではないでしょうか? 幼い頃から朝ご飯をしっかり食べさせておく習慣は大切です。そこで今回は、そんな慌ただしい朝でも手軽に作れる方法をご紹介します。


この記事の監修ドクター
神宮の杜クリニック 鈴木武志先生
JR原宿駅の竹下口を出てすぐ、駅の目の前にあるビル内に、2015年5月にオープンしたクリニック
http://jingunomori-clinic.com/

離乳食後期って、どんな時期?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

離乳食後期とは、別名「カミカミ期」とも呼ばれています。前歯が生え始め、早い赤ちゃんだと奥歯の準備も始まります。「ごっくん期」「もぐもぐ期」を終え、いよいよ大人へ近づく「カミカミ期」。使える食材も増え、レシピの幅も広がり楽しくなってきたのもつかの間、日々成長を続ける赤ちゃんのお世話は大変ですよね。離乳食後期について、詳しくみていきましょう。

離乳食後期の赤ちゃん

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

離乳食後期の赤ちゃんは、だいたい9ヶ月~11ヶ月くらい。ハイハイやズリバイ、つかまり立ちができるようになり行動範囲も広がります。それに伴い、まず一番大変なのは「後追い」です。大好きなママが見えなくなると、泣きながら追いかけてきます。余裕のある時は存分に相手もできるのですが、特に忙しい時などは本当に困ってしまいます。また、つかまり立ちが始まると、いつ転んで頭を打ってしまわないか、常に見守らなくてはならないのも大変です。指先も発達してくるので、小さなものでもつかんでは何でも口に入れてしまうので、身の回りのものを今一度チェックしておいた方が良いでしょう。

その一方で、感情表現も一層豊かになり、早い子だと「まんま」「ねんね」などの言葉が出てくるようになります。たくさん話しかけてコミュニケーションを増やし、赤ちゃんの「言葉のチカラ」を育てるようにしましょう。行動範囲も広がり、言葉の数も増え、赤ちゃんから少しずつ「子ども」へ近づく大切な時期ですね。

離乳食後期の【前半】 気をつけるポイント3つ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

離乳食前期では、食事に慣れることが目的でした。最初は飲み込むことに慣れるために、母乳やミルク以外のものを「ごっくん」する練習をしました。その後、「口を動かして飲み込む」ために、舌と上あごでつぶせるくらいの硬さのものを与えて、「つぶして飲み込む」練習をしました。では、離乳食後期ではどのようなことに注意して進めていけばいいのでしょう?

調理法

この時期になると、舌の運動が活発になり前後、上下、左右と自由に動かせるようになります。舌でつぶせない硬さのものは、左右に寄せて歯ぐきでつぶして食べられるようになります。「噛んで飲み込む」の一歩ですね。バナナの硬さを目安にして、指でつぶせるくらいの硬さのものを取り入れていきましょう。大根や人参、じゃがいもやサツマイモなど、茹でて柔らかくなりやすい根菜はオススメです。

食べ方

また、この時期はだいぶ食への興味も出てきて、手づかみで食べたがるようになります。手づかみ食べも、自分で食べることへの一歩。はじめは上手にできなくて、落としてしまったり、こぼしてしまったりと、食卓の汚れが気になってしまうかもしれませんが、おおいにやらせてあげましょう。目で食べ物の位置や大きさ、形状などを確かめ、手で掴んで硬さや温度、力加減などを学んでいるのです。そのひとつひとつが、子どもの発達につながります。

食材

消化吸収機能が高まってくるので、アジやサンマなどの青魚や、豚、牛などの赤身肉も少しずつ試してみても良いと思います。鉄分が不足しやすい時期になりますので、赤身の肉、魚、レバー、ほうれん草、小松菜など鉄分が豊富な食材を意識して取り入れてみましょう。

離乳食後期の【後半】 気をつけるポイント3つ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

調理法

今までは煮る・茹でるがほとんどでしたが、上記でも述べたように消化吸収機能が高まってくるので、少量のバターや植物油が使えるようになります。よって、焼く・炒めるなどの調理法が増えるのでバリエーションも広がります。しかし、野菜は焼いたり炒めたりしただけでは柔らかくなりにくく、味のムラも出やすいので、炒めてから水で溶いた調味料で蒸し煮にする「炒め煮」がおすすめです。

食べ方

3回食が定着したら、そろそろ大人の食事時間に近づけてみましょう。目安は7時半、12時、18時となるように、今の生活リズムを大切にしながら移行していきます。今までは食事に慣れるための離乳食でしたが、これからは「しっかりと栄養を摂る」離乳食に変わっていきます。たくさん遊ばせてお腹を空かせた状態で離乳食を食べさせると、リズムが作りやすいです。

食材

この時期に多く見られるのが「食べムラ」です。今まで順調に進んでいた離乳食も、遊んでばかりで食べない、好き嫌いが出てきた、などの悩みがでてくるのもこの頃。赤ちゃんは日々成長しているので、その日その日にとらわれないことがポイントです。今日食べなかったものを別の日に出したら喜んで食べた……なんてこともよくあります。食材が嫌いというよりは、気分で決まってしまうので、めげずに何度もチャレンジしてみてください。

ママの笑顔が一番の栄養

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもの離乳食が始まると、「全て手作りで!」とついつい意気込んで頑張ろうとしてしまいますよね。大切なわが子の最初の食事作り、力が入ってしまうのは分かります。でも、どんなに手の込んだ美味しい離乳食をイライラしながら食べさせるよりも、たまにはベビーフードに頼りながらも、ニコニコ笑顔で食べさせてくれるほうが、赤ちゃんの心の栄養にイイのです。大切なのは「ママが笑顔でいること」。あまり気を張らずに、赤ちゃんと向き合える程度の余裕をもちながら、離乳食作りに取りくみたいですね。

関連する投稿


【医師監修】妊娠を望むなら…! 不妊対策のサプリ

【医師監修】妊娠を望むなら…! 不妊対策のサプリ

妊娠を望んでいても、ホルモンバランスの乱れやストレスなど、さまざまな理由から不妊に悩む人も多いでしょう。今回は妊娠しやすい体を目指す、5つのサプリメントをご紹介します。効果や摂取するときの注意点をチェックしましょう。


【医師監修】妊婦に必要な「栄養素」の基本と摂取方法

【医師監修】妊婦に必要な「栄養素」の基本と摂取方法

妊娠したら、自分自身の体調管理はもちろんのこと、赤ちゃんの成長もふまえて、栄養の知識は欠かせません。どんな栄養素が必要とされ、いつの時期にどのくらい栄養素を増やす必要があるのか。そして、その栄養素に期待できる働きは何かを確認します。


【医師監修】ヘルパンギーナとは? 症状・治療法・予防法まとめ

【医師監修】ヘルパンギーナとは? 症状・治療法・予防法まとめ

ヘルパンギーナとは乳幼児に多くみられる、いわゆる夏風邪です。しかし、発熱だけでなく口内炎やのどの痛みもみられるので、食べ物や水分を取るのを嫌がる子どももいます。そのような時は脱水症状に陥らないように注意しましょう。


【医師監修】生後2ヶ月の赤ちゃんの成長と変化、育児のポイント

【医師監修】生後2ヶ月の赤ちゃんの成長と変化、育児のポイント

新生児期を過ぎ、生後2ヶ月を迎えると赤ちゃんも起きている時間が多くなります。できるようになることも増え、その成長のスピードには驚くことばかりでしょう。今回は生後2ヶ月の赤ちゃんのお世話で、知っておきたいポイントをご紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで? 原因&対策まとめ

【医師監修】赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで? 原因&対策まとめ

夜中に赤ちゃんが泣きやまず、悩んでいるママも多いですよね。赤ちゃんが理由もなく泣いてしまうのはなぜ? 夜泣きを乗り切る方法は? 今回は赤ちゃんの夜泣きについて対策等をまとめました。


最新の投稿


【医師監修】妊婦に必要な「栄養素」の基本と摂取方法

【医師監修】妊婦に必要な「栄養素」の基本と摂取方法

妊娠したら、自分自身の体調管理はもちろんのこと、赤ちゃんの成長もふまえて、栄養の知識は欠かせません。どんな栄養素が必要とされ、いつの時期にどのくらい栄養素を増やす必要があるのか。そして、その栄養素に期待できる働きは何かを確認します。


【医師監修】妊娠を望むなら…! 不妊対策のサプリ

【医師監修】妊娠を望むなら…! 不妊対策のサプリ

妊娠を望んでいても、ホルモンバランスの乱れやストレスなど、さまざまな理由から不妊に悩む人も多いでしょう。今回は妊娠しやすい体を目指す、5つのサプリメントをご紹介します。効果や摂取するときの注意点をチェックしましょう。


【医師監修】ヘルパンギーナとは? 症状・治療法・予防法まとめ

【医師監修】ヘルパンギーナとは? 症状・治療法・予防法まとめ

ヘルパンギーナとは乳幼児に多くみられる、いわゆる夏風邪です。しかし、発熱だけでなく口内炎やのどの痛みもみられるので、食べ物や水分を取るのを嫌がる子どももいます。そのような時は脱水症状に陥らないように注意しましょう。


わっ、そっくり!? 子どもに「遺伝」だと感じること7選  

わっ、そっくり!? 子どもに「遺伝」だと感じること7選  

親子は、遺伝によって容姿や性格などに似たりするもの。普段子どもを見ていて、「これは遺伝だなぁ」と実感する時ってありますか? 今回は、20〜40代のママに、遺伝にまつわるエピソードについて聞いてみました。


ママの本音炸裂! ぶっちゃけ「出産祝いでうれしかったもの」は?

ママの本音炸裂! ぶっちゃけ「出産祝いでうれしかったもの」は?

出産祝いは、せっかくあげるのだから喜ばれるものを贈りたいものの、何がいいのか悩みますよね。今回は実際にママたちに「出産祝いにもらって嬉しかったもの」を聞いてみました。リアルな声を参考にしてみるのも良いですね。