子どもも片づけたくなる! 幼児でも楽に戻せる空間と気持ちの仕組みづくり

子どもも片づけたくなる! 幼児でも楽に戻せる空間と気持ちの仕組みづくり

脱ぎっぱなし、置きっぱなし、遊びっぱなし……子どもの「片づけられない」には理由がありました。我が家でも試行錯誤をして感じた「子どもにとっての片づけやすさ」を、失敗、成功例とともにまとめてみました。悩んでいる方がいらっしゃったらぜひ、参考にしてみてくださいね。


こんにちは。ライフオーガナイザー®の橋本智子です。
春にお子さんが保育園や幼稚園に入園されたばかりという方もいらっしゃると思います。毎日の登園準備や帰宅後のバタバタ、大変ですよね。

我が家の場合、息子が2・3・4歳頃は子どもの片づけに特に試行錯誤をしていた時期でした。
今まで「脱ぎっぱなし」「置きっぱなし」「遊びっぱなし」だったのが、どのように「楽に片づけられる」ようになったのか。失敗例も含めていくつかご紹介します。

「脱ぎっぱなし」から「脱いだら戻す」習慣がついた衣類収納

入園前に、制服を掛ける場所やリュックの置き場所などを子どもと一緒に決めていました。
最初は張り切って片づけていたものの、長くは続かず……。いつの間にか、帰宅したら制服を脱いで登園準備スペースの前に脱ぎっぱなしになることが続くように。
「元に戻して」というと何とかできるけれど、やっぱり続かない。

原因はハンガーでした。
制服はハンガーに掛けるもの、と思い込んでいましたが、幼稚園から帰ってきてすぐに脱いだ制服をハンガーに掛けるというのが、子どもにとって手間だったようです。

そこでハンガーをなくすことにしました。

それまでフックに掛けていたハンガーを取り外し、制服のタグをそのままフックに掛ける仕組みに。

たったこれだけのことなのですが、徐々に自分でさっと掛けてから遊ぶようになってきました。
親の私が「これくらいできるだろう」と思っていたことも、息子にとってはハードルが高かったようです。「一旦ハンガーを取って、制服を掛けてからフックに戻す」この手間が「引っかけるだけ」に減ったことで、本人も楽に戻せるようになりました。

アイテム1つで「その辺に置きっぱなし」が解消!

大人からすると何でもないものも、小さな子どもにとっては「宝物」です。
お友達からもらった石、剥がれてしまったシール、中身がなくなってケースだけになった100均の修正テープ……。その辺に置きっぱなしにされると、うっかり捨ててしまいそうですよね(実際に捨ててしまったことも……)。

細々したものが増えていくので、家に余っていた持ち手のついたCDケースを渡して「これを宝箱にしてね。宝物を入れて大事にしてね」と伝えました。

そうするとうれしかったのか、ケースにシールを貼ってデコレーションしたり、中身を出して整理をしたりするまでに。大事そうに戻す様子を見ていると、片づけとはものだけを見るのではなく、人が何を大切にしたいのかに目を向けて整えていくことが大事なんだなと実感しました。

また、親の声のかけ方次第で子どものものの扱い方も変わるのだなと分かりました。

「遊びっぱなし」ではなかった! 片づけに欠かせない声かけ習慣

声かけと言えば、声をかけなかったことで大失敗した経験があります。
和室で遊んでいたおもちゃが散らかり放題。
「また遊びっぱなしにしてー」と思わず片づけてしまいそうに……。

するとその時、息子が「やめて! それ、電車の駅やから!」と叫んだのです。

「え、駅!?」よくよく話を聞いて、散らかっているおもちゃを見てみると……。
何となく円になってる……? なるほど、線路っぽいところを電車が走ってる!

楽しく遊んだあとは、気持ちよく片づけられたかも知れません。
子どもの片づけを阻害していたのは私だったのです……。

「上手に駅作れてるねー」と声をかけると自慢気に説明をしてくれました。
そして気が済んだら自分でせっせと片づけを。

「自分のことは自分で」を心がけていたつもりでしたが、「片づけなさい」と言いながら先に親の私が片づけ始めていては、子どもの片づけが習慣になりにくいですよね。
子どもが片づけるのを待つことも大事だな……と反省しました。

おもちゃが散らかっているのは楽しく遊んだ証拠。
「片づけて」と言う前にどんな遊びをしたのか聞いてみると、子どもの気も済んでサッと片づけてくれるかも知れません。

声のかけ方やタイミングも、片づけには欠かせないものだと実感。
ものの片づけは気持ちの片づけにもつながっているんですね。

まとめ

子どもの片づけは失敗も多々ありましたが、子どもの様子を観察しながら、失敗も活かして仕組みを作っていくことで、楽に片づけられるようになってきています。

子どもの成長に合わせて、仕組みも声のかけ方も工夫していきたいですね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

大阪在住のライフオーガナイザ―®/メンタルオーガナイザー®

・個人宅での整理収納作業や片づけセミナーを通して
 家の仕組みを整える片づけサポート。
・思考や感情を整えて自分らしく暮らす為の心の片づけサポート。
空間と心の両面から暮らしを整えるお手伝いをしています。

お一人おひとりの「ちょうど良い暮らし」に合った片づけ方をご提案します。

HP:https://imalifeorganize.com/

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


【5分で完成】新しいマナーに! クリアファイルでつくる簡単マスクケースの作り方

【5分で完成】新しいマナーに! クリアファイルでつくる簡単マスクケースの作り方

外出中のマスクをはずすシーンで重宝する、たった5分でできるマスクケースの作り方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね♪


スッキリ保つ! 専門家が教える、リビングクローゼット収納を活用するコツ

スッキリ保つ! 専門家が教える、リビングクローゼット収納を活用するコツ

リビングクローゼットを上手に活用できていますか? 最近はリビングにクローゼットがあるお宅が増えてきました。家族で一緒に使うリビングはモノが集まり、管理が難しい場所。スッキリと維持するためのリビングクローゼットの収納術をご紹介します。


面倒なゴミの回収……家族の協力を得て"イライラ"を解消するコツとは?

面倒なゴミの回収……家族の協力を得て"イライラ"を解消するコツとは?

お客さまからお聞きするお悩みのひとつに、「家族がゴミをゴミ箱へ捨ててくれない問題」があります。それでも、ゴミ捨ては週に何度も発生する大事な家事のひとつ。ゴミ捨てに関わる当たり前を、今一度見直してみませんか? 今回は、我が家で取り入れている、ゴミ捨てをラクにこなすコツについてお伝えしたいと思います。


衣替えの時期だからこそ見直したい! 苦手でもトライしやすい衣類整理

衣替えの時期だからこそ見直したい! 苦手でもトライしやすい衣類整理

最近全然着ていないけれど、またいつか着るかもしれない! そんな思いで、衣類整理が進まず悩んでしまう方も多いですよね。しかし、素直な気持ちとちょっとのコツで整理しやすくなります。


もっと早く見直せばよかった! 掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」

もっと早く見直せばよかった! 掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」

お掃除をしようと思ったとき、掃除道具を取り出すのが面倒だったり、買ったはずのお掃除グッズが見当たらず意気消沈したりしたことはありませんか? お掃除を面倒にするのは、掃除道具の取り出しにくさ。最低限のお掃除グッズと取り出ししやすい収納方法で、サッと掃除道具が手に取れて、使用後も簡単にしまえる収納を作りましょう。


最新の投稿


在宅ワークを快適にするための環境づくり! 専門家が教える3つのコツ

在宅ワークを快適にするための環境づくり! 専門家が教える3つのコツ

在宅ワーク(テレワーク)が世の中に浸透し、そのメリットを実感している人は多いと思います。その一方で、オン・オフの切り替えが難しいなど、在宅ワークならではの悩みも聞こえてきます。そこで今回は、そうしたお悩みに対して、快適な環境づくりのポイントを3つご紹介します。


【パァン!】ベビーのパチパチから繰り出されるは、必殺離乳食拒否の術

【パァン!】ベビーのパチパチから繰り出されるは、必殺離乳食拒否の術

Instagramで子育て漫画を発信されるりじおさん。りじおさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【冷蔵庫収納】使いにくい冷蔵庫が、外す・変える・プラスの3つの方法で見違える!

【冷蔵庫収納】使いにくい冷蔵庫が、外す・変える・プラスの3つの方法で見違える!

毎日使う場所なのに、使いこなすのが意外と難しい冷蔵庫。うっかり食材を腐らせる、中身の把握ができずダブリ買いしてしまう……なんてことも少なくないですよね。けれど、よく使う食材や使う人に合わせて冷蔵庫内をカスタマイズすると、ぐっと使いやすくなります。


【漫画】実は母ちゃんは忍者かもしれない!?『母ちゃんだってほめられたい。』Vol.5

【漫画】実は母ちゃんは忍者かもしれない!?『母ちゃんだってほめられたい。』Vol.5

Twitterで大人気! 人見知り、体力ナシ、泣き虫、自己肯定感低めな、チキンな母さんの日常を描いた絵日記『母ちゃんだってほめられたい。』(KADOKAWA)から、ママなら絶対共感できる厳選ネタを紹介します。子育ての悲喜こもごもに、一緒にふるえましょう!


離乳食のトマトピューレはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のトマトピューレはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

トマトのおいしさが詰まった便利な加工食品のトマトピューレ。あらかじめトマトがつぶされているので離乳食に向いていそうですが、一方で「濃さ」も気になりますよね。今回はトマトピューレを離乳食に取り入れるときのポイントとレシピをご紹介します。




コストコ 買い物