ポイントは3つ! 日用品のストックを使いやすくする管理方法

ポイントは3つ! 日用品のストックを使いやすくする管理方法

日用品のストックはなくなると困るけれど、持ちすぎても管理が大変ですよね。ストックの整理がうまくできないことで、買い忘れや重複買い、存在自体を忘れてしまうといったお悩みも伺います。そこで今回は、我が家で実践していて楽になったストックの整理収納方法についてご紹介します。


こんにちは。ライフオーガナイザー®の橋本智子です。

片づけサポートに伺うと、日用品の整理収納のお悩みをよく伺います。ある程度ストックを持っておきたいけれど、あるのを忘れてつい同じものを買ってしまったり、反対にストックが多すぎて収納する場所がない……というのはよく見かけるケース。

そこで今回はできるだけ楽にストックを管理するために、実践してみて効果があったことをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ストックを使いやすくする3つのポイント

【1】一元管理? 分散管理? 保管方法と場所を決める

キッチン掃除グッズ ストック収納

どんなストックの保管方法が合っているかは、人によって違いますが、

①家中のストックを集め、パントリーなどにまとめて一元管理する方法
②キッチン、洗面室、廊下収納など、使う場所の近くに分散して保管する方法
に分かれるのではないでしょうか。

もちろん、それぞれメリット・デメリットがあります。

①の一元管理する方法は、ストックの残量が一か所で分かるのが良いところ。一方で、詰め込み過ぎには注意が必要です。また、使う場所と離れていると、毎回取りに行くのが面倒に感じることも……。

②の分散管理は、ストックの補充がしやすいのがメリット。反対に、ストックをまとめ買いする場合は、あちこちに持っていく必要が出てきます。

ちなみに我が家の場合は、②の分散して保管する方法が合っていました。

キッチンのスポンジなどは、キッチンの引出しへ。洗濯洗剤は洗濯機横の棚へ、シャンプーは洗面台の下へ、というふうに分けて収納しています。

やはりストックがなくなった時に、すぐに補充できるというのがとてもラク! ストックのまとめ買いはあまりせず、なくなったら近くのドラッグストアで購入するということが多いので、収納する際も不便さは感じていません。

どちらが自分や家族に合っているのか? もし家族間で違う場合は、主にストックの管理をしている方に合わせて保管方法や場所を決めてみてくださいね。

【2】保管する量を決める

ストック収納 洗面台下収納

ストックが多すぎて収納スペースに入らないというお悩みには、「ここに入る分だけ持つ」という枠を決めていただくことをご提案しています。

必要な分だけを使いやすく保管して、循環させていきたいですね。

我が家でも「このファイルボックスに入るだけ」「今使っている物がなくなったら一つ買い足す」
などの量や数の基準を決めてからは、重複買いやストックが溢れることがなくなりました。

なかなかストックを買いに行けない場合は、買いに行く頻度から逆算して、その間にどれだけの量があれば足りるのかをざっくりでも知っておくと「枠=収納スペース」も作りやすいです。

ついつい買い過ぎてしまうという場合は、どれくらいの量が本当に必要なのか「適正量」を決めてみるのはどうでしょうか。

【3】保管する物を定番化する

ストックの整理方法

もうひとつ、ストックを管理しやすくするのが「お気に入りを決める=ストックの定番化」です。

毎回ストックがなくなるたびに「次はどれにしようかな」と悩んでいると、意外と時間を使ってしまうことに気づいたんです。

洗剤はコレ、シャンプーはコレ、というふうに定番化することで買い物の時短に! 好みが変われば、それを定番化。迷わず買い物ができるというのは楽ですね!

予定外の物が家に入ってきた時の対処法

日用品の頂き物は箱から出して保管

予期せず日用品をいただく場合もあるかもしれません。そんな時もそのまま保管せずに、箱から出すだけでためこまず、使いやすくなりますよ。

我が家でもいただいた石鹸やシャンプーなどを箱に入れたままにしてしまい、場所も取るうえに使わないまま保管しているというもったいない状況になっていることがありました。

箱から出してみると、こんなにコンパクトに!

日用品のストック 洗面室収納

それまで「置く場所がない」と思っていた石鹸やボディソープも箱から出したことで、使いやすい洗面室に収納することができました。浴室からも近いので、すぐに取り出せます。

必要なストックを使う場所に収納すると、こんなに使いやすくなるんだなと実感したのでした。

まとめ

ストックを多く持つことが悪いわけではなく、管理できる量を持つことが大切です。


ずっと保管したままにならないように、必要な物を必要な分だけストックして、循環させていくことがストック管理のポイントです。

参考になれば幸いです。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

大阪在住のライフオーガナイザ―®/メンタルオーガナイザー®

・個人宅での整理収納作業や片づけセミナーを通して
 家の仕組みを整える片づけサポート。
・思考や感情を整えて自分らしく暮らす為の心の片づけサポート。
空間と心の両面から暮らしを整えるお手伝いをしています。

お一人おひとりの「ちょうど良い暮らし」に合った片づけ方をご提案します。

ブログ:https://ameblo.jp/smile-life-008/

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


保育園の着替えの準備を楽にしよう! 着替え収納の拠点は「保育園」に

保育園の着替えの準備を楽にしよう! 着替え収納の拠点は「保育園」に

保育園の着替え、皆さんは何枚持っているか把握していますか? 保育園児を3人抱えた片づけのプロが、日々を楽にするためにとった方法は「保育園の洋服は保育園を拠点にする」こと。保育園を拠点にするってそもそもどういうこと? 日々を楽にするだけではなく、子どもが準備をするときもスムーズになるメリットも合わせてご紹介します。


まな板不要で時短調理・家事シェアにも貢献! キッチンバサミの活用法

まな板不要で時短調理・家事シェアにも貢献! キッチンバサミの活用法

忙しい朝や、仕事から帰ってからの慌ただしい食事作り、食べ終わった後の洗い物……。これらは毎日のことだけに、少しでも楽にしたいですよね。食材を使う際は、包丁よりキッチンバサミの方が、早くて便利なことも多いです。いくつかの活用方法をご紹介いたします。


無意味な「もったいない」をなくそう! 残り物食材を簡単に使い切るテク

無意味な「もったいない」をなくそう! 残り物食材を簡単に使い切るテク

冷蔵庫の中に、「もったいない」と保存したけれど使わずに傷んでしまった食材や、使い道が分からず処分している食材は、ありませんか? 食べ物を無駄にしてしまうのは、あまり気持ちの良いものではありませんよね。少しの工夫で、おいしく食べきることはできますので、今回はいくつかの例をご紹介いたします。


やらない家事をカスタマイズしよう! 「家事のスリム化」3ステップ

やらない家事をカスタマイズしよう! 「家事のスリム化」3ステップ

毎日の家事、どれも欠かさずやらなくてはいけないと思い込んでいませんか? 仕事や子育てに追われているのに、家事にも全力投球……というのは無理がありますよね。家事に手を抜くことは、別に悪いことではありません。毎日の負担を軽くするために、少しずつ家事をスリム化してみませんか?


今年こそ片づけたい! 書類片づけの仕組みをつくるポイント3つ

今年こそ片づけたい! 書類片づけの仕組みをつくるポイント3つ

家の中のもので「片づかないもの」の代表格「書類」。書類は、家に入ってくるタイミングもバラバラで、種類自体も多いため、上手に整理しないとあっという間にたまってしまいます。今年こそ書類が片づく仕組みを作って、スッキリ暮らしてみませんか?


最新の投稿


あったかくておいしい! 保温弁当箱・ランチジャーの魅力を徹底分析

あったかくておいしい! 保温弁当箱・ランチジャーの魅力を徹底分析

お弁当をあったかいままおいしく食べられる、保温弁当箱。寒い時期になると特に活躍するイメージの保温弁当箱ですが、実は季節限らず活用できる優れものです。我が家でもオールシーズン保温弁当箱を愛用し、子どもにもとても好評。今回は長年愛用してみてわかった保温弁当箱の魅力を分析してみました!


ドライブ中、子どもの機嫌を保つコツは? 主な原因とパパ・ママに聞いた独自の工夫

ドライブ中、子どもの機嫌を保つコツは? 主な原因とパパ・ママに聞いた独自の工夫

本田技研工業(Honda)は、家族でのおでかけ前とドライブ中における子どものテンションや機嫌の変化を調べるため、家族のドライブ事情について、調査を実施しました。


「ファーファ 」のランドリーシリーズから、地球にやさしい“エコパック詰替品”が登場

「ファーファ 」のランドリーシリーズから、地球にやさしい“エコパック詰替品”が登場

NSファーファ・ジャパンは、世界の香りでお洗たくできる「ファーファ トリップ」と、香りが苦手な人でも安心してお洗たくできる「ファーファ Free&」の2つのランドリーシリーズから、エコパック詰替品を2020年4月中旬より全国で発売します。


知らなきゃ損? タオルの交換時期とふわふわが長持ちする方法

知らなきゃ損? タオルの交換時期とふわふわが長持ちする方法

手や顔、身体を拭いたりと、毎日何かと使っているであろうタオル。そんなタオルの交換時期をみなさんはご存知でしょうか? 今回は、タオルの寿命や、ちょっとした一手間でフワフワになる裏技などをご紹介していきたいと思います。


8割以上のママが入園・入学準備の「お名前付け」を大変と回答! いつから始めている?

8割以上のママが入園・入学準備の「お名前付け」を大変と回答! いつから始めている?

キングジムは、2019年4月に保育園・幼稚園・小学校に入園・入学した子どもがいる25~45歳の母親400名を対象に「新入園・新入学準備のお名前付け」に関する意識調査を実施しました。