すぐ手に取れる仕組みがカギ! 掃除グッズの収納法

すぐ手に取れる仕組みがカギ! 掃除グッズの収納法

掃除をスムーズに終わらせるためには、まずすぐに始められる仕組みが大切だと感じています。さっと掃除道具に手が届いたり、取り出せることで、掃除の頻度も上がるようにしたいですよね。今回は毎日の家事を少しでも楽にするための、掃除グッズの収納方法と手に取りやすい仕組みをご紹介します。


掃除グッズにすぐ手が届くメリット

Getty logo

こんにちは。ライフオーガナイザー®の橋本智子です。

掃除が大好きではない私にとって、掃除を始めるためのハードルを下げる一番の方法は「掃除道具を手に取りやすくすること」です。

「さあ、掃除を始めよう」と思った時に、さっと掃除機やモップ、雑巾やスポンジ、洗剤などに手が届くことがとても重要で、反対に、掃除グッズを取り出すのが手間だな……と感じてしまうと、なかなか掃除が習慣化しません。

掃除グッズを取り出しやすくすることで
・掃除に取り掛かるまでの時間が省け、家事時間の短縮につながる
・自分だけが掃除をしなくても家族もできるようになる
・掃除の頻度が高くなる
などメリットはいろいろあります。

既に掃除が習慣になっている場所や、掃除が苦ではない場所はあえて変える必要はないかもしれません。ですが、掃除するのを面倒に感じたり、毎年大掃除に時間をかけるのがストレスに感じている場所があるなら、それらを掃除する頻度を増やすためにも、お気に入りの掃除道具を選んだり、収納方法そのものを見直してみませんか?

手に取りやすい掃除グッズの収納法

収納する上でのポイントは、自分一人だけが掃除担当にならないようにするために、家族にも掃除道具の収納場所を共有しておくことが大切です。家族誰もが手に取りやすい仕組みにすることで、日々の「ちょこっと掃除」を家族にもやってもらえるという効果があります。

我が家では夫も6歳の子どもでも簡単に手が届き、掃除ができる仕組みを作っています。

使う場所の近くに置いておく

洗面台の扉裏、掃除グッズ収納

例えば、洗面室のシンク下。扉の裏側にフックを貼り付けて、コロコロを掛けています。

埃や髪の毛などが気になった時に、掃除機を使わなくてもサッと掃除できる状態にしています。

あえて出しっぱなしにしておく

リビングに設置。マキタのコードレス掃除機

リビングには、マキタのコードレス掃除機を置いています。コードレス掃除機もしまい込むと、誰も取りに行かなかなったのですが、出しっぱなしにしておくことで、毎日家族のだれかが手に取って掃除するようになりました。

コードレスは本当に手軽に使えるので、小さな子どもでも使いやすいようです。

収納グッズに入れないことで取り出しやすい。フローリングモップとウェットシート収納

そして廊下収納には、モップとウェットシートを置いています。

ウェットシートも収納ボックスに入れて隠すよりも、そのまま棚に置いておくことで、分かりやすくなり、掃除の頻度が上がるだけでなく、ストック管理もしやすくなりました。

ひとつひとつのアイテムに辿り着くまでの手間をできるだけ楽にすることで、家族も気になった時にさっと掃除をしてくれています。

引出内を整理する

キッチンの掃除グッズ収納

キッチンでは一つの引出しに、スポンジやゴミ袋、ゴム手袋、コンロの換気扇フィルターの予備など、細々したものを一括収納しています。

ザックリ入れているだけだった時は、引出しを開けてもそれぞれのアイテムに定位置がなかったため、毎回がさごそ探しては取り出すという手間がかかっていました。

そこで空間を適度に仕切って、必要なものにはラベリングをするなど、引出しを開けると誰でも一目で分かるようにしました。

そうすることで、毎回ものを探すこともなくなり、キッチンスポンジや換気扇フィルターを定期的に交換する習慣ができたり、汚れが気になった時に都度掃除するようになり、年末大掃除のストレスがなくなりました。

掃除道具を手に取りやすくした効果を実感しています。

まとめ

掃除グッズを手に取りやすくすることは、家の片づけにも効果があります。

掃除をする=ものを出したり元に戻したりするので、整っていないとすぐに散らかってしまう可能性があります。

掃除の頻度が高くなると、出し戻しが多くなるので余計に散らかりやすくなり、散らかったことにより掃除をしなくなるという悪循環を作ってしまうことも。

そのため、仕組みからまずは見直していくことが大切なのです。

いろいろ便利な掃除アイテムやグッズを買ったものの、使っていない。家族も使ってくれなくなってきた……。

そんな場合は、必要なアイテムを厳選して、家族誰もが分かりやすく楽に手が届く定位置を決めることで出番が増えるかもしれません。掃除が苦手という場合は、お気に入りアイテムを揃えることで使いたくなり掃除をする……という効果も期待できますよ。

必要な家事だからこそ、楽に続けられる仕組みを考えたいですね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

大阪在住のライフオーガナイザ―®/メンタルオーガナイザー®

・個人宅での整理収納作業や片づけセミナーを通して
 家の仕組みを整える片づけサポート。
・思考や感情を整えて自分らしく暮らす為の心の片づけサポート。
空間と心の両面から暮らしを整えるお手伝いをしています。

お一人おひとりの「ちょうど良い暮らし」に合った片づけ方をご提案します。

ブログ:https://ameblo.jp/smile-life-008/

関連するキーワード


専門家 掃除

関連する投稿


エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

苦手な家事にはモチベーションが上がる道具選びをするのもひとつの手ですよね。そこで苦手な掃除の相棒に選んだアイテムが、爽やかな香りと二度拭き不要のクリーナー。また子どももお手伝いが簡単になるアイテムがあるとお手伝いが楽しくなってきます♪ 今回はお掃除が捗るクリーナーとウォッシュクロスをご紹介しますね。


【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

最近は100円ショップでもデザイン性の高いウォールポケットを見かけます。壁や扉を有効活用でき、便利でおしゃれなウォールポケット。しかし便利なアイテムである半面、うまく管理できないまま、ぐちゃぐちゃになってしまうという悩みのタネになることも……。そこで今回は、失敗しない100均ウォールポケット活用法をご紹介します。


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

休校など、イレギュラーな状態が続く2020年の春。不安な気持ちを抱きながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。親子時間が多いこの時期、おうちのなかで少しでも気持ちよく過ごすためのアイディアをご紹介したいと思います。


最新の投稿


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。


スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

あきんどスシローは8月5日より、全国のスシローにおいて人気メニューを取り揃えた「大切りの夏!100円の夏!」フェアを開催します。さらに、さっぱりした新感覚のデザートスープを期間限定発売します。