ママのための悩み解決サイト
GWは混雑しらずで家族とゆっくり! おうちで楽しむ過ごし方アイデア

GWは混雑しらずで家族とゆっくり! おうちで楽しむ過ごし方アイデア

もうすぐゴールデンウイーク。楽しみな一方で、どこへ行くにも混雑が気になりますよね。今年のGWの連休は、おうちでゆっくりしませんか? 今回は、家でゆっくり&楽しめる過ごし方アイデアをご紹介します。


こんにちは。鎌倉のライフオーガナイザー® むかいはらゆかです。

今年のゴールデンウィークは10連休と、特に長くて楽しみですね。そのぶん、どこに行っても混雑が予想されます。

「出掛けたいけど混むのはイヤ」という方、それなら家でできることを楽しみませんか?

外出だけが、連休の過ごし方じゃありませんよ!

今回はGWをおうちで過ごすメリットと、楽しく過ごすためのアイデアをご紹介します。よかったら参考にしてくださいね。

連休を家で過ごすメリット

Getty logo

混雑しらずでゆっくりできる

大型連休を家で過ごす「最大のメリット」は、人混みを避けてゆっくりできることです。

旅行はどうしてもスケジュールに追われてしまうし、どこへ行っても混雑しているでしょう。休むために行った旅行だったのに「かえってくたびれてしまった……」ということはよくあります。

家でいつものペースで過ごすほうが、リラックスできるのではないでしょうか。

家族の絆が深まる

ふだん、家族それぞれが仕事や習いごとで忙しくしているなら、連休は家族がそろう貴重な機会です。

「そろうからこそお出かけ」もいいのですが、旅行や外出で慌ただしくなるより、家で一緒の時間を過ごすほうが家族でゆっくり話ができて、絆が深まるかもしれませんよ。

また、長く一緒に過ごせば、家族ひとりひとりとコミュニケーションを深めるチャンスも増えます。幼いお子さんなら思う存分にふれあいの時間を持つ、大きいお子さんなら1対1でじっくり最近の話をしてみる、パパと夫婦だけで話す時間を作るなど、ふだんなかなかできないコミュニケーションをとって、お互いの理解やつながりを深めるのもいいですね。

楽しむコツは、SNSを見ないこと

Getty logo

連休を家で楽しむコツは、「SNSを見ないこと」です。

GW中、きっとSNSでは「○○へ行きました!」の書き込みと写真がいっぱい。友人が楽しそうに過ごす様子を見るのは、うれしい反面、ちょっぴりうらやましく思ってしまうものです。

人と比べてばかりいては、せっかくの楽しみも半減。スマホを見るのは少しやめにして、SNSと距離をおき、目の前の家族との時間を楽しみましょう。

GWはふだんできない「家のこと」を楽しむ!

ここからは、家で楽しく過ごすアイデアをご紹介していきます。

プチリフォーム・DIYにチャレンジ

GWの過ごし方アイデア:DIYをする

家の中の不満なところ、直したいところ……やってみたいこと、ありませんか?
「ここに棚があったらいいなあ」
「この壁を思い切ってカラフルに塗ってみたい」などなど。

こういう休みこそ、長年やりたかったことを叶えるチャンスです。パパもいるし、思い切ってお願いしてみましょう!

ホームセンターで材料を買ってきて、家族みんなで作業すると楽しいですよ。完成すれば生活は快適になるし、家への愛着も倍増!

わが家では数年前に、家族みんなでリビングの壁をペイントしました。作業時間も含めて家族の大切な思い出になりましたし、家がますます好きになりました。

GWの過ごし方アイデア:DIYをする

凝った料理や親子クッキングにチャレンジ

GWの過ごし方アイデア:子どもとクッキング

時間があるからこそできる、凝った料理にチャレンジするのもいいですね。粉からカレーを作る、ケーキを焼く、和菓子を作ってみる、などなど。休みが長いので、材料を買い揃えるところからはじめられます。

パパに思いっきり「男の料理」に取り組んでもらうのもよし、子どもとおやつを作るのもよし! 時間にゆとりのある休日だからこそ、多少の失敗には目をつぶり、じっくり付き合ってあげられそう。

ママが料理に没頭するのも、いいストレス解消になりますよ♪

ボードゲームやトランプ大会をする

Getty logo

スマホやゲーム機など、デジタルゲームで遊ぶことが多いこの頃。たまにはボードゲームやトランプなど、アナログなゲームを楽しみませんか?

わが家ではお正月など、長い休みに実家に帰省して何家族か集まると、「人生ゲーム」や「UNO(ウノ)」などを楽しみます。大人も子どもも参加します!

こういうゲームは世代を超えて参加でき、いろんなやり取りのなかでコミュニケーションも深まるのでオススメです。

「なんちゃって○○」で、家で外出気分を味わおう!

入浴剤を毎日変えて「なんちゃって温泉旅行」

Getty logo

「渋滞や混雑はイヤだけど、やっぱり温泉でゆっくりしたーい!」

それなら家で“温泉めぐり”をしませんか? いろんな種類の入浴剤やバスソルトを用意して、毎日違うものを入れて楽しみましょう!

一晩くらいは家事を休んで“温泉旅館”気分を味わうのもいいですね。食事はできあいのものか出前を頼んでしまえば大丈夫! 心ゆくまでのんびりしましょう。

朝は普段できない二度寝を楽しむのもいいし、朝風呂を楽しむのもいいですね。次の日も休みの連休だからこそ、夜更かしや朝寝坊、お風呂をたくさん楽しみましょう♪

おうちテントで「なんちゃってグランピング」

GWの過ごし方アイデア:おうちでグランピング

家の中や庭にテントを張って、キャンプやグランピング気分を楽しむのはどうでしょうか。マットやクッションを用意するだけなのでカンタン(笑)。テントがなかったら布を掛けるだけでも雰囲気が出ますよ。

食事はお庭でバーベキューができれば最高ですが、カセットコンロでマシュマロを焼くだけでも十分盛り上がりそう!

夜には部屋の電気を消して、ランプやろうそくで会話を楽しむのも素敵。ふだんと違った雰囲気に、大人も子どももきっとワクワクしますよね。

Getty logo

「なんちゃってレストラン」で、ふだんの料理を豪華に魅せる!

Getty logo

いつもの食卓にちょっとの工夫を加えて、レストラン風に演出してみませんか?

テーブルに布やランチョンマットを敷いて、キャンドルやお花があれば飾りましょう。ふだんの料理もお客様用のお皿に盛りつければ、きっと格が上がって見えますよ。グラスもこの際とっておきを使って乾杯しましょう!

明日も休みなんだから、多少酔っぱらってしまってもOK! 時間も気にせず、ゆっくり食事を楽しめますね。

まとめ

以上、連休をおうちで楽しむアイデアをご紹介しました。ちょっと視点を変えれば、外出しなくても家で十分楽しめることが見つかりますよ。混雑しらずで家族とゆっくり向き合う時間にしませんか? あなたの連休の参考になればうれしいです。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

ライフオーガナイザー®/一級建築士/インテリアコーディネーター

[片づけサポートnecco home]として、コンサルティング・ご自宅片づけサポート・少人数での片づけレッスンなどを行っています。

「忙しい子育てママこそ”片づく仕組みづくり”が大事。片づけはささっと終わらせて自分や家族との時間を楽しんでほしい」という思いで活動しています。

ブログでは片づけのヒントや、鎌倉でネコ4匹と子育てに奮闘する日々を綴っています。
ブログ:https://ameblo.jp/ikura-to-ume/

関連するキーワード


専門家 GW

関連する投稿


いざという時の備えはできてる? 災害に備える防災備蓄と収納のコツ

いざという時の備えはできてる? 災害に備える防災備蓄と収納のコツ

今の時代、いつ起こってもおかしくない自然災害。災害に備えて準備しておきたいと思っている人も多いのではないでしょうか? けれども何をどう備えたらいいかわからないこともありますよね。今回は、実践している食品の備蓄と収納法についてご紹介します。


片付け苦手さんは「たまりやすいもの」から片付けよう!

片付け苦手さんは「たまりやすいもの」から片付けよう!

「片付け」ってどこから手を付けたらいいかわからない、忙しくてまとまった片付けの時間がとれない……簡単に片付け始めるにはどうしたらいい? そんな悩みを抱えているあなたに、最初の片付けでとりかかるとよいモノをピックアップしていきます。


片づけと準備を同時に! 使いたい時に探さなくてすむ水着&マリングッズ収納

片づけと準備を同時に! 使いたい時に探さなくてすむ水着&マリングッズ収納

夏休みに使った水着やマリングッズ。来年使う時に探さず、すぐに取り出せるようになっていると嬉しいですよね。今年使い終わったら、来年の準備も兼ねて片づけてみませんか?


絶対に失敗しない! 収納家具の選び方【実例付き】

絶対に失敗しない! 収納家具の選び方【実例付き】

収納家具は大きな買い物。誰もが「失敗したくない!」と思いますよね。しまいたいものが入りきらない、部屋に置いたら圧迫感がある、使い勝手が悪い……などの後悔がないよう、今回は絶対に失敗しない収納家具選びのコツをお伝えします!


【子ども部屋収納】男女別の特徴に合わせた収納テクニックとは?

【子ども部屋収納】男女別の特徴に合わせた収納テクニックとは?

片付けても片付けてもすぐに散らかる子ども部屋。この場所は、男女それぞれの子どもの特徴に合わせた収納をすることがポイントです。子どもがきれいを維持できる収納テクニックをご紹介します。


最新の投稿


【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと!高齢出産?リスクはある?

【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと!高齢出産?リスクはある?

日本女性の平均初産年齢は、2015年以降は30.7歳となっており、今や、初めてママになる女性の5人に1人は35歳以上です[*1]。晩婚化・晩産化は時代の流れとはいえ、35歳以上の妊娠・出産には注意しておきたいことがいくつかあります。ここでは、30代後半での妊娠・出産について知っておきたいことを紹介します。


9割以上がお肉が切りやすいと実感! 「ザクザク切れる 離乳食カッター」が登場

9割以上がお肉が切りやすいと実感! 「ザクザク切れる 離乳食カッター」が登場

ベビーブランド「マーナベビー(MARNA baby)」より、「ザクザク切れる 離乳食カッター」が、8月下旬より新発売されます。


【100均】ダイソー素材でできる! 親子で楽しむ夏の工作アイデア

【100均】ダイソー素材でできる! 親子で楽しむ夏の工作アイデア

長い夏休みは時間を持て余してしまうこともあります。せっかくだから何か工作でも……と思っても、材料を揃えるのからして大変! そんな時は100円均一・ダイソーで工作の材料がないか探してみましょう。今回は、ダイソーで揃う材料を使った工作をご紹介します。夏の思い出を子どもと一緒に作ってみてはどうでしょうか。


【子ども部屋収納】男女別の特徴に合わせた収納テクニックとは?

【子ども部屋収納】男女別の特徴に合わせた収納テクニックとは?

片付けても片付けてもすぐに散らかる子ども部屋。この場所は、男女それぞれの子どもの特徴に合わせた収納をすることがポイントです。子どもがきれいを維持できる収納テクニックをご紹介します。


【医師監修】妊娠初期に食欲が減る・増えるのはなぜ? 原因と対処

【医師監修】妊娠初期に食欲が減る・増えるのはなぜ? 原因と対処

妊娠したばかりのころ、吐き気などのつわりに悩まされる妊婦さんは多いものです。つわりは食欲不振になるだけでなく、食べることで落ち着く場合もあり、人それぞれ。栄養補給や体重管理も含め、妊娠初期の食欲の変化をどう乗り切るか学びましょう。


暮らしの悩みランキング


>>暮らしの悩みランキング