片づけが苦手な方必見! 置きっぱなしグセから脱出する5つのポイント

片づけが苦手な方必見! 置きっぱなしグセから脱出する5つのポイント

日々の片づけが面倒……。ついついちょい置きしたものが溜まっていく……。そんな片づけが面倒に感じる方必見! 日々の片づけのハードルを上げている5つの要素についてご紹介します。


Getty logo

こんにちは、4人の子どもと暮らす、名古屋在住ライフオーガナイザー®︎中矢くみこです。

収納する場所があるにもかかわらず、ついつい使ったものをその辺にポイっとしてしまって、収納場所じゃないところに物が積み重なってしまうことってありませんか?

そんな方必見! 自宅の収納が戻しやすい状況になっているかを判断するため、5つのチェックポイントをまとめてみました。

<チェック1> 収納場所は決まってる?

Getty logo

片づける場所が割り当てられていないと、そもそも、物を片づけることはできないですよね。

片づけとは、使ったら元に戻すことが基本!

そもそも物を持ったときに「どこに収納するのか?」「どこに置くのか?」のイメージがパッと浮かばないとしたら、まずは収納場所を意識して作ってあげるところからスタートしてみてください。

Getty logo

収納場所は決まっているはずなのに、どこにしまったのか忘れやすい……というお悩みの場合は、ラベリングがオススメです。マスキングテープに手書きで文字を書くだけでも、収納する場所を示すのに十分有効ですよ。

<チェック2> 収納場所は使う場所から近い?

ついつい、物が溜まりがちな方は「片づける場所はあるけど、わざわざ向こうまで片づけに行くのが面倒で、ついつい置きっぱなしに……」というパターンに陥っていませんか?

Getty logo

使う場所から離れた場所にわざわざ片づけるとなった場合、「面倒さが増してしまうタイプの方」もいれば、「別の部屋でも片づけに行くのは全然平気!」というタイプの方もいらっしゃいます。

「1歩でも面倒!」「10歩くらいまでなら面倒じゃない」など、自分の行動パターンを思い浮かべて、面倒に感じない範囲に収納場所を設定してみてください。

写真:中矢くみこ

キッチンで薬を飲むわが家では、日々服用する薬に関してはキッチンに収納しています。

本来は、別の場所の薬箱に一緒に保管するのが自然に感じるかもしれませんが、こうやって使う場所を優先して収納を設けることで、日々の片づけは随分楽になります。

写真:中矢くみこ

<チェック3> 収納にゆとりはある?

Getty logo

引き出しの中がパンパンだったら、物を入れたくても、ぎゅーっと押し込まないと入れられませんよね。その時点で片づけにくさがググっ! と上がってしまいます。

例えば、クローゼットの洋服。

Getty logo

衣装ケースやタンスがパンパンでしまいにくい状態だと、しまいにくさのあまり、ついついその付近に置いてしまったり……という状況になりがちです。

やはり、ゆとりを作るためにも、定期的に中のものを「別の場所に置けないのか?」「不要なものはないのか?」見直すことも大切なんです。

<チェック4> 片手でしまえる?

片手でしまえる収納というのは、入れるだけ・置くだけの収納です。

入れるだけ・置くだけで収納できるかどうかは、収納ボックスの上に隙間空間があるかどうかも関係しています。

写真:中矢くみこ

写真のように、タオルや洋服などのボリュームのある物の場合は、腕が入るくらいの隙間を空けておくと使いやすくなります。ボックスをあまり引き出さずに、そのまま中に収納できるので、しまいにくくてついつい前にちょい置き……ということを防ぐことができますよ。

写真:中矢くみこ

筆記用具やお手紙など、ボリュームの小さいものは、指が入る程度の隙間でも十分!

隙間から放り込める収納なら、ちょい置き感覚でしまうことができるはずです。

<チェック5> 扉があるかないか?

片づける時に、扉がある場所にしまうのか? それとも、オープンスペースにしまうのか? という点でも、片づけやすさは変わります。

Getty logo

片手でしまえるか? というポイントとも通じるところはありますが、

・ものをしまう時に扉を開けるのがついつい面倒で扉の前に置いたまま……
・扉をよく閉め忘れて、後で気がつくと扉が開きっぱなし……

というクセがある時には、扉があることが片づけにくい原因になっていることもあります。

Getty logo

例えば、お皿をしまうのに、両手で食器棚まで持って行ったとします。

扉がある場合は
「食器棚まで食器を持っていく」→「どこかに一度置く」→「扉を開ける」→「食器を持ち上げる」→「しまう」→「扉をしめる」
という流れになります。

しまうまでのアクションがたくさんありますよね。このアクションの多さで、途端に、食器をしまうのが面倒に感じてしまいます。

でも、もし食器棚に扉がなかったら?

「食器棚の前まで食器を持って行く」→「棚にしまう」

これだけのステップで片づけることができます。

Getty logo

もし、扉のせいで物がしまうのが面倒なタイプなら、思い切って扉を外してオープン収納にしてしまう選択肢もあるんですよ。

突っ張り棒に布をかけるなど、目隠しできるようにしておけば、来客時は隠すこともできます。

扉がないぶん、埃など掃除の手間がでてくるので、よく使うものに限定する方が管理しやすいと思いますが、一度扉の存在をチェックしてみてくださいね。

まとめ

ついついものをちょい置きしたまま、物が積み重なってしまう原因、どれか一つでも当てはまったでしょうか?

片づけが苦手……と感じるのであれば、この片づけのハードルを上げるポイントをクリアしていくことで、日々の片づけがスムーズになることも多いです。ぜひこの5つのポイントを、(面倒かもしれませんが 笑)ひとつひとつチェックしてみてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

名古屋在住 ライフオーガナイザー®︎

4人の子ども(長男+長女+双子の次男・三男)と夫の6人家族。1年前から戸建て住まい。
ライフオーガナイズを知り、片づけ方が分かれば片づけられる!自分にあった仕組みができればラクに暮らせる!」を実感。
ワーキングマザーの経験と専業主婦の経験を踏まえ、子育て中のお母さんたちが楽に暮らしを回せる片づけについてご紹介しています。

ブログ:http://kumikonakaya.hatenablog.com

関連するキーワード


専門家 片付け

関連する投稿


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

休校など、イレギュラーな状態が続く2020年の春。不安な気持ちを抱きながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。親子時間が多いこの時期、おうちのなかで少しでも気持ちよく過ごすためのアイディアをご紹介したいと思います。


長期休みに練習しておきたい! 子どものお留守番、注意すべき点とは?

長期休みに練習しておきたい! 子どものお留守番、注意すべき点とは?

子どもの成長と共にいつかは訪れる「お留守番」。できれば学校の長期休暇中などに練習をしておきたいですね!「子どもと約束しておくことは?」「事前にできる準備はある?」 今回はそんな子どものお留守番についてまとめてみました。


キッチン掃除が楽しくなる!? お掃除に最適なオシャレなキッチンブラシ

キッチン掃除が楽しくなる!? お掃除に最適なオシャレなキッチンブラシ

毎日使うキッチンはキレイにしておきたい。でもこまめにお掃除するのは面倒くさい! だったら「使いたくなる」アイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか? オシャレで気分も上がっちゃうキッチンブラシを紹介します。


狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

「洗濯かごを置くスペースがない……」そんな悩みを抱えていましたが、狭い洗面所でも使い勝手が良く、コンパクトに収納できるランドリーバッグのおかげで毎日の洗濯が楽しくできるようになりました。今回は、そんな見た目もおしゃれな優秀アイテムについてご紹介します。


最新の投稿


キャベツを使った離乳食レシピ!使う部分は?【管理栄養士監修】

キャベツを使った離乳食レシピ!使う部分は?【管理栄養士監修】

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「キャベツ」です。どの部分が食べさせやすい?使い切りキャベツはOK? など、離乳食にキャベツを使う際の疑問にお答えいただきます。レシピは「キャベツと豆腐のうま煮」です!


食パンを使った離乳食レシピ!いつからOK?耳の食べ方は?【管理栄養士監修】

食パンを使った離乳食レシピ!いつからOK?耳の食べ方は?【管理栄養士監修】

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「食パン」です。食パンはいつからOK?パンの耳はどうする? など、離乳食に食パンを使う際の疑問にお答えいただきます。レシピは「ミルクパンがゆ」です!


ヨーグルトを使った離乳食レシピ!いつからOK?加熱の必要は?【管理栄養士監修】

ヨーグルトを使った離乳食レシピ!いつからOK?加熱の必要は?【管理栄養士監修】

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「ヨーグルト」です。スタートの時期や加熱の必要性など、赤ちゃんにヨーグルトをあげる際の疑問にお教えいただきます。レシピは「きなこミルクヨーグルト」です!


離乳食のだしはいつから?固形・顆粒だしはOK?簡単なだしレシピ!【専門家監修】

離乳食のだしはいつから?固形・顆粒だしはOK?簡単なだしレシピ!【専門家監修】

離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「だし(出汁)」です。離乳食スタート時期にオススメのだしは?固形や顆粒のだしは使える? など、離乳食にだしを使う際の疑問にお答えいただきます。レシピは「かつおと昆布のあわせだし」です!


【専門家取材】「もしかして発達障害?」気になる子どもの症状と、親が子どものためにできること

【専門家取材】「もしかして発達障害?」気になる子どもの症状と、親が子どものためにできること

今回は、「発達障害」について専門家にお話を伺いました。発達障害とはどんなものなのか? 親として子どもにどう接すればいいのか? 子どものためにできることは……? 気になることをやさしく解説します。