全面リフォームと建て替えはどちらが安い? メリット&デメリットを比較

全面リフォームと建て替えはどちらが安い? メリット&デメリットを比較

設備の劣化や家族構成の変化、高齢化などが理由で、大きなリフォームをしようとしている方が悩むのが、建て替えしたほうがいいか、全面リフォームしたほうがいいか。そこで、それぞれのメリット・デメリットをまとめ、かかる費用の違いを割り出してみました。


コスト面でお得なのは、全面リフォーム? 建て替え?

全面リフォームの費用相場

全面リフォームの費用相場は、あくまで目安ですが、およそ1,300~2,000万円相場程度です。まれに500~800万円ほどでおさまるケースもありますが、建物のコンディションがよく、解体や設備のための費用が不要な場合に限られます。また、間取りを変えたり、屋根や外壁まで取り替えるとなると、さらに費用は高額に。

建て替えの費用相場

Photo by ian dooley on Unsplash

他方、建て替えの費用相場は、およそ1,500~2,300万円が相場。建て替えの内容によっては、3,000万円ほどかかることも少なくありません。

建て替えして二世帯住宅にする場合は、設備が余計に必要になったり、増築が必要になったりすることもあります。そのため、さらに500~800万円ほどかかることも想定しておきたいところです。

また、建て替えの場合は登記の手続に伴う費用も発生し、司法書士に依頼する場合の費用相場は15~30万円ほどです。

コスト面では全面リフォームが安い

Photo by Philipp Berndt on Unsplash

コストの面だけを取り上げるなら、全面リフォームが断然有利といえるでしょう。リフォームと比べて、建て替えの場合は、解体費や材木等の破棄代がかかります。また、固定資産税などの税金がかかるので、金額が高額になりやすいのです。コストを安く抑えることを最優先するのであれば、全面リフォームがおすすめです。

全面リフォームと建て替えのメリット&デメリット

全面リフォームのメリット&デメリット

Photo by Aaron Huber on Unsplash

◆全面リフォームのメリット

全面リフォームには、コストが安くすむという以外にも、工事期間が短いというメリットがあります。また、既存の梁や柱、土台を残すことができるのも全面リフォームのポイント。思い入れのある元のお家の一部を残すことができます。ローンについても、住宅ローンではなくリフォームローンを利用することになり、抵当権などの設定が不要で手続きも簡単です。

◆全面リフォームのデメリット

ただし、全面リフォームでは構造の変更に限界があるため、自由度は少なくなってしまいます。希望する間取りにできなかったり、耐震性や断熱性など、構造に関係する改修が実現しづらかったりすることもあるようです。また、建物がかなり老朽化している場合は、基礎の補修が必要になり、かえって費用が高くなってしまうことも。

建て替えのメリット&デメリット

Photo by yann maignan on Unsplash

◆建て替えのメリット

コストが割高となる傾向がある建て替えですが、メリットも少なくありません。最大の魅力として挙げられるのが、自由度の高さです。もともとの設計による制約をいっさい受けることないので、かなり自由に間取りや構造を変更することができます。また、耐震性・断熱性などの補強も簡単に行うことが可能です。

◆建て替えのデメリット

ただし、建て替えの場合、不動産取得税や固定資産税、登録免許税、都市計画税といった各種税金が発生します。住宅ローンを含め、手続きは煩雑なものとなる傾向があります。また、建築基準法に定められた建ぺい率(※)や立地によっては、建てられる家が以前よりも小さくなってしまう場合や、建て替えそのものができないケースもあります。

※敷地面積に対する建築面積の割合

全面リフォーム・建て替え工事業者の選び方ポイント

Photo by Logan Ripley on Unsplash

大手のハウスメーカーや工務店など、リフォームや建て替え工事を行う業者はたくさん存在しています。どの業者を選ぶか迷ってしまいますが、それぞれがどんな工事を得意としているのかを見極めることから始めましょう。

全面リフォームと建て替えのどちらが適切かを判断しかねる場合は、どちらにも対応できる業者にまずは相談してみるのがよいでしょう。大手ハウスメーカー、設計事務所、設計型の工務店などがその例です。希望するライフスタイルを伝えることで、最適なプランを提案してくれるはずです。

まとめ

全面リフォームと建て替えは、コストはもちろん、さまざまな点において違いがあります。それぞれのメリットやデメリットをよく理解したうえで最適な改修方法を選び、希望通りの住宅を手に入れてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

夫と二人暮らしのフリーライター。ミニマムでもマキシマムでもない心地いいライフスタイルを目指し、時流にあった家事のあり方を研究中。

関連するキーワード


リフォーム

関連する投稿


結露防止にインナーサッシの設置が効果的? 選び方と相場をチェック

結露防止にインナーサッシの設置が効果的? 選び方と相場をチェック

窓が結露してしまうと、カビが繁殖する原因になるといわれています。結露を発生させないようにするためには、インナーサッシを取り入れて断熱効果を高めるのがおすすめです。今回はインナーサッシを取り上げ、構造や効果について解説。選び方や導入するのにかかる価格相場、利用可能な補助金制度などについてもご紹介します。


リフォームの成功は業者選びにあり! 失敗しない業者の選び方

リフォームの成功は業者選びにあり! 失敗しない業者の選び方

お家に暮らす一人一人の笑顔を思い浮かべながら、どんなスタイルが一番理想的か心めぐらせ、カタチを作っていくお家のリフォーム。たくさんお金もかかることですから、絶対失敗したくないですよね。リフォームの命運を分けるのは、なんといっても業者選び! 今回は失敗しない業者選びのコツと、押さえておくべきポイントについてご紹介します。


オール電化リフォームをする前に知っておくべき3つのこと

オール電化リフォームをする前に知っておくべき3つのこと

家を建てる時、悩むことのひとつが、ガスにするか、オール電化にするかということ。「オール電化にすると光熱費が高くなる?」という意見もある一方で、その反対の口コミも見かけるし、どちらを選択すればいいのかわからず、混乱してしまいますよね。今回は、そんなオール電化リフォームについて詳しくご紹介します。


暮らしが変わる! リフォームアイデア6選

暮らしが変わる! リフォームアイデア6選

見ているだけでワクワクが広がる、お家のリフォーム。リフォーム事例はそれこそネットやSNSをサーチすればたくさん見つかりますが、もし実際リフォームをするなら、見た目だけでなく、暮らしが便利になったり生活が豊かになるようにしたいですよね。今回は暮らしがアップデートされる、リフォームアイデアをいくつかご紹介します。


L型キッチンにリフォームするメリットは? 費用・工期・注意点

L型キッチンにリフォームするメリットは? 費用・工期・注意点

L型のキッチンへリフォームを考えている人に、業者に依頼する前にチェックしておきたいポイントをまとめました。L型にすることへのメリット・デメリット、工事する上での注意点など、リフォームを考える上で知っておきたいことを紹介。自分にとって快適な暮らしを手に入れることができるのか、考えながらチェックしてみてください。


最新の投稿


【医師監修】子供の身長の目安は? 1~6歳の平均身長と伸び方

【医師監修】子供の身長の目安は? 1~6歳の平均身長と伸び方

子供の身長は何歳でどのくらいになるのか、お子さんの身長はこれからどのように伸びていくのか、把握しておきたい親御さんもいるでしょう。ここでは1歳から6歳の平均身長と、子供の身長の伸び方について説明します。


【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

わが子が太りすぎていないか、やせすぎていないか、親としては気になるところですね。そこで、子供のベストな体重はどうやって判断するのか、1歳から6歳の平均体重や肥満・やせの目安の計算方法とともに紹介します。


セリアのペンキ | 2つの種類とDIY活用事例

セリアのペンキ | 2つの種類とDIY活用事例

DIYビギナーにおすすめしたいのが、100円ショップ・セリアのペンキ! 100円とは思えないクオリティで、しかもナチュラルカラーがかわいいと話題なんです。そこで、セリアで売っているペンキを使って、おしゃれな棚を作ってみました。セリアのペンキの種類や、塗ったときにどんな色になるかも紹介しているので、ぜひチェックしてみて。


セリアのゴミ袋ストッカー | ゴミ袋ケースと比較した結果

セリアのゴミ袋ストッカー | ゴミ袋ケースと比較した結果

キッチンで大活躍するゴミ袋ストッカー。ビニール袋だけでなく、ジッパー付きの食料保存袋やゴム手袋など、いろんなものをさっと取り出せて便利ですよね。今回は、セリアで買えるケース型・バッグ型2タイプのゴミ袋ストッカーを取り上げて特徴を解説。オリジナルゴミ袋ストッカーを手作りする方法とともにご紹介します。


セリアのフック | 鴨居フックなどの人気5種とは

セリアのフック | 鴨居フックなどの人気5種とは

数々の優れた収納小物をラインナップしているセリアですが、収納に欠かせないフックについてもこだわりの商品が少なくありません。今回は、家中あらゆる場所で活躍するフックにスポットライトを当て、収納の幅を広げてくれる頼もしいアイテムを紹介。ニッチな機能やおしゃれデザインなど、セリアのフックの魅力について詳しくご紹介します。