予算500万円のリフォームでどこまで可能? 申し込み手順とプランニングのコツ

予算500万円のリフォームでどこまで可能? 申し込み手順とプランニングのコツ

予算500万円というのは、平均的なリフォーム予算よりも高めの金額。では、リフォーム予算が500万円の場合、どのようなリフォームが可能なのでしょうか? 今回は、500万円の予算でできるリフォームについて紹介。また、失敗しないリフォームプランを立てるためのコツについて解説します。


予算500万円のリフォームでできること

Lazy dummy

ここまでできる! 予算500万円のリフォーム

予算が500万円あれば、家の中のかなりの部分をリフォームできれいにすることができます。ここで、500万円でできる主なリフォーム内容と、その費用の目安について見ていきましょう。ただし、費用は4LDKのお宅で、ミドルグレードの設備を選んだ場合とします。

・水回りを全て新しいものに取り換える:約200万円
・キッチンの場所の移動:約30万円
・全ての部屋のクロスの張り替え:約80万円
・フローリングの張り替え:約90万円
これらを全て行うと、かかる費用は約400万円。

予算500万円の場合はあと100万円残っているので、
・屋根と外壁の塗装:約100万円
・和室を洋室に変更:約55万円
などをプラスして行ったり、水回りの設備のグレードをアップさせたりすることができます。

予算500万円でできないことは?

500万円の予算でも、壁を取り払うなど少々の間取りの変更は可能です。けれども、家の骨組み以外をいったん全て撤去して、間取りを大幅に変える「スケルトンリフォーム」は500万円で行うのは難しいでしょう。

また、家の耐震リフォームや断熱リフォーム、配管の取り換えなど、大規模な工事を伴うリフォームも、1,000万程度の費用がかかることが一般的。予算500万円でのリフォームは難しいです。

ただし、築年数が30年以上の古い住宅は、耐震性に問題があることが多く、大きな地震が起こると倒壊する可能性もあります。もし、「築30年を超えた中古物件を購入してリフォームして住みたい」「親が昔建てた家をリフォームして同居しようと考えている」など、古い物件のリフォームを考える場合は、予算を見直す必要があるかもしれません。

予算500万円のリフォームのプランニング方法

Photo by Kelly Sikkema on Unsplash

リフォームの優先順位の決め方は?

家のリフォームには、かなりの金額がかかるもの。リフォームしたい部分は、たくさんあるかもしれませんが、したいことを全てしようとすると、予算の500万円をすぐにオーバーしてしまいます。無計画にリフォームを行って、支払いのときに請求書の金額を見てビックリ! なんてことにならないように「何が何でも絶対にしたいことは何か」「予算内に収まらなければ諦めることは何か」と、したいことに優先順位をつけておくことが大切です。

優先順位を決めるために、まずは、
・雨漏り・サビ・腐食など、すぐに修繕すべき部分はどこか
・生活の中で困ったり、不満に感じたりしている部分はどこか
ということを考え、該当する部分を挙げていきましょう。すると、優先してリフォームを行うべき場所が見えてきます。

また、リフォームの優先順位を決めたら、中でも特にこだわりたい部分やお金をかけたい部分はどこか、明確にしておくのがおすすめ。リフォーム費用の節約も大切かもしれませんが、こだわりがある場所まで妥協してしまうと、せっかくリフォームをしたのに不満が残ってしまうこともあります。こだわる部分と妥協できる部分をハッキリさせ、メリハリのあるリフォームプランを立てるようにしましょう。

リフォームの申し込み手順

リフォームすることを決めたら、まずはリフォーム業者選びから始めます。数多くあるリフォーム業者のうち、どれを選択するかによって、リフォームの費用や仕上がりが大きく変わることもあるため、業者選びは慎重に行う必要があります。そのためには、複数のリフォーム業者へ見積もりや提案を行ってもらうこと! 比較することによって、できるリフォーム内容や費用が見えてきますので、よい業者を見つけやすくなります。

リフォーム業者を選んだら、見積書や工事内容に不明な点が残らないようにしっかりと確認し、申し込みを行います。リフォーム費用の支払いは、リフォーム業者によって異なりますが、着工時、工事の中間時、終了時の3回に分けて行うことが一般的です。

予算500万円のリフォームプラン例

Lazy dummy

子どもの成長に合わせたリフォームプラン

小さいお子さんが2人いるというご家庭の場合、間取りを大幅に変更して、将来子ども部屋として使える部屋をつくるのはいかがでしょうか。子ども部屋は、間仕切りできるようにしておくと、お子さんの成長に合わせて分けて使うこともできて便利です。

500万円の予算があれば、子ども部屋の新設以外に、キッチンを対面キッチンに取り換えたり、トイレや洗面台を新しくすることも可能。子育て世帯にピッタリのリフォームができます。

親との同居を機に、二世帯住宅へリフォーム

親と同居することになったのを機に、家のリフォームを考えることもあるでしょう。予算500万円の場合、二世帯用に一戸建ての生活スペースを完全に分けるというのは難しく、スペースを共用することになります。

二世帯住宅には、バリアフリーを意識したリフォームがおすすめ。水回りを新しくする際に、トイレや浴室の段差をなくしたり、手すりを付けたりすると良いでしょう。

まとめ

500万円あれば、リフォームできる部分や選択できる設備の選択肢はかなり広くなります。費用をしっかりとかけて行うリフォームなので、どこを優先したいか、どこを特にこだわりたいかをよく考え、満足のいくリフォームプランを立ててください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

主婦歴5年目。普段は教育に関する仕事に携わっています。
家事の中で特に好きなのは料理で、数年前に食生活アドバイザーの資格を取得しました!

関連するキーワード


リフォーム

関連する投稿


結露防止にインナーサッシの設置が効果的? 選び方と相場をチェック

結露防止にインナーサッシの設置が効果的? 選び方と相場をチェック

窓が結露してしまうと、カビが繁殖する原因になるといわれています。結露を発生させないようにするためには、インナーサッシを取り入れて断熱効果を高めるのがおすすめです。今回はインナーサッシを取り上げ、構造や効果について解説。選び方や導入するのにかかる価格相場、利用可能な補助金制度などについてもご紹介します。


リフォームの成功は業者選びにあり! 失敗しない業者の選び方

リフォームの成功は業者選びにあり! 失敗しない業者の選び方

お家に暮らす一人一人の笑顔を思い浮かべながら、どんなスタイルが一番理想的か心めぐらせ、カタチを作っていくお家のリフォーム。たくさんお金もかかることですから、絶対失敗したくないですよね。リフォームの命運を分けるのは、なんといっても業者選び! 今回は失敗しない業者選びのコツと、押さえておくべきポイントについてご紹介します。


オール電化リフォームをする前に知っておくべき3つのこと

オール電化リフォームをする前に知っておくべき3つのこと

家を建てる時、悩むことのひとつが、ガスにするか、オール電化にするかということ。「オール電化にすると光熱費が高くなる?」という意見もある一方で、その反対の口コミも見かけるし、どちらを選択すればいいのかわからず、混乱してしまいますよね。今回は、そんなオール電化リフォームについて詳しくご紹介します。


暮らしが変わる! リフォームアイデア6選

暮らしが変わる! リフォームアイデア6選

見ているだけでワクワクが広がる、お家のリフォーム。リフォーム事例はそれこそネットやSNSをサーチすればたくさん見つかりますが、もし実際リフォームをするなら、見た目だけでなく、暮らしが便利になったり生活が豊かになるようにしたいですよね。今回は暮らしがアップデートされる、リフォームアイデアをいくつかご紹介します。


L型キッチンにリフォームするメリットは? 費用・工期・注意点

L型キッチンにリフォームするメリットは? 費用・工期・注意点

L型のキッチンへリフォームを考えている人に、業者に依頼する前にチェックしておきたいポイントをまとめました。L型にすることへのメリット・デメリット、工事する上での注意点など、リフォームを考える上で知っておきたいことを紹介。自分にとって快適な暮らしを手に入れることができるのか、考えながらチェックしてみてください。


最新の投稿


【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

わが子が太りすぎていないか、やせすぎていないか、親としては気になるところですね。そこで、子供のベストな体重はどうやって判断するのか、1歳から6歳の平均体重や肥満・やせの目安の計算方法とともに紹介します。


セリアのペンキ | 2つの種類とDIY活用事例

セリアのペンキ | 2つの種類とDIY活用事例

DIYビギナーにおすすめしたいのが、100円ショップ・セリアのペンキ! 100円とは思えないクオリティで、しかもナチュラルカラーがかわいいと話題なんです。そこで、セリアで売っているペンキを使って、おしゃれな棚を作ってみました。セリアのペンキの種類や、塗ったときにどんな色になるかも紹介しているので、ぜひチェックしてみて。


セリアのゴミ袋ストッカー | ゴミ袋ケースと比較した結果

セリアのゴミ袋ストッカー | ゴミ袋ケースと比較した結果

キッチンで大活躍するゴミ袋ストッカー。ビニール袋だけでなく、ジッパー付きの食料保存袋やゴム手袋など、いろんなものをさっと取り出せて便利ですよね。今回は、セリアで買えるケース型・バッグ型2タイプのゴミ袋ストッカーを取り上げて特徴を解説。オリジナルゴミ袋ストッカーを手作りする方法とともにご紹介します。


セリアのフック | 鴨居フックなどの人気5種とは

セリアのフック | 鴨居フックなどの人気5種とは

数々の優れた収納小物をラインナップしているセリアですが、収納に欠かせないフックについてもこだわりの商品が少なくありません。今回は、家中あらゆる場所で活躍するフックにスポットライトを当て、収納の幅を広げてくれる頼もしいアイテムを紹介。ニッチな機能やおしゃれデザインなど、セリアのフックの魅力について詳しくご紹介します。


セリアの仕切りボックス | 7つの便利な収納実例集

セリアの仕切りボックス | 7つの便利な収納実例集

100円ショップに行くと、大小さまざまな収納ケースがあります。その中でも家で使い倒している収納ボックスが、セリアの仕切りボックスなんです。今回は、おすすめの理由を紹介すると共に、家の中でどのように活用しているのかを写真に撮ってまとめてみました。バラバラする小物整理にお困りの方、ぜひチェックしてみてくださいね。