ママのための悩み解決サイト
孫育てはトラブル・ストレスも多い?祖父母に子供を預けるときの心得

孫育てはトラブル・ストレスも多い?祖父母に子供を預けるときの心得

1997年以降、共働きの世帯が専業主婦世帯を上回り、その数は現在も上昇。地域密着が薄くなり子供の預け先は“イクジイ・イクバア”と呼ばれる祖父母のところが多いようです。身内とはいえ預けるときのルールやマナーを心得ておきましょう。


今広がっている「孫育て」

Getty logo

ママも働いていると、まわりのサポート無しでの子育ては大変ですよね。「子供が少し熱っぽいからお願い」「仕事が終わらないからお迎えよろしく」「お付き合いで飲み会があるから預かって」とついつい”孫はかわいい”という祖父母の愛情を利用しすぎていませんか。息子のため、娘のため、そしてかわいい孫のためという仏心にも限界があることを心得ておきたいものです。快く子育てをサポートしてもらえるためにはどうすればよいのでしょうか。

祖父母にとっての孫の存在

甘やかすのも躾をするのも”孫”への愛情が深いからこそなのでしょう。じいじ・ばあばは口をそろえて「孫はかわいい」と言いますよね。孫との接し方は人それぞれですが、かけがえのない存在であることは間違いないと思います。ママやパパが子供のころには見せなかった表情や行動も孫には見せるほどですから、かわいいと思う気持ちは想像以上のようです。

各自治体などから孫育て手帳・ガイドブックも発行

孫育てをする方に向けて、自治体からは孫育ての手引きともいえる”手帳”や”ガイドブック”が発行されているようです。中身は昔と今を比較し子育ての新常識を伝えたり、親(息子夫婦・娘夫婦)との付き合い方のコツ、孫のお世話の基礎知識、孫を事故から守るポイント、孫との遊び方、お出かけスポットなど育児から少し離れていた感覚を取り戻すための知識や今どきの子育ての常識や情報が掲載されています。孫育てのための資料をさりげなく渡しておくと、トラブルの回避につながるかもしれないので、利用するとよいでしょう。

資料はお住まいの地域で確認をしたり、埼玉県さいたま市が発行している祖父母手帳を参考にしてみてはいかがでしょうか。

●さいたま市祖父母手帳「笑顔をつなぐ孫育て」
http://saitama.bss-net.jp/archives/30000160129004/HTML5/pc.html#/page/1

孫育てに助けられる! パパ・ママのメリット

Getty logo

保育費の心配がない

子供を保育園に預けると保育費用がかかりますが、祖父母に預けていれば保育費の心配がありません。そのことをメリットと考えるママたちも多いようです。

急な残業なども対応可能

保育園に預けているとお迎えは決まった時間に行かなければならないため、急な残業や仕事の対応ができないですよね。育児中とは言え、対応できない環境がストレスになることもあるかもしれませんが、祖父母なら帰りが遅くなると連絡を入れればよいので安心というワ―ママは、支障なく仕事ができると感じているようです。

祖父母ならではのお話や遊び

ママやパパ世代だとおもちゃやDVD、ゲームなどで子供と過ごしがちですが、イクジイやイクバアはちょっと違います。手遊びや読み聞かせ、祖父母の子供時代の話、昔遊びや不用品を再利用しての工作など知育遊びをしてくれるので、自分たち(ママやパパ)が知らない成長や姿を見ることができるのも喜びのようです。

祖父母孝行になる

子供は、ママやパパ以外の大人と接することで貴重な体験や学びや知識、行動が広がるようです。さらに祖父母と接することによりお年寄りへの思いやりややさしさ、いたわりなどが自然と身につくという声も。ときにはママやパパよりもじいじ、ばあばへの話し方がやさしいと感じることもあり、ほっこりとした気分になることもあるようです。

実はデメリットも? 孫育てで多いトラブルや悩み

Getty logo

甘やかしすぎる

”とにかく孫には甘い”という声もよく聞きますよね。「おもちゃの買い与えすぎ」「おやつ食べ放題」「ゲームのさせすぎ」「TVやDVD見せすぎ」「叱ってくれない」など甘やかしすぎて困るという不満も募るようです。

時代での考え方に違い

「私たちの時代はこうだったのに……」と今の育児方法や教育方針を否定されると、世代のギャップを感じることがあると言います。たとえば授乳ひとつをとっても「新生児のころは3時間おき」などと言われた祖父母の世代と「母乳なら赤ちゃんが欲しがったらあげる」という今の世代ではギャップを感じるでしょう。今のやり方をどう伝えればよいかが多くのママの悩みとなっているのも事実のようですね。

トラブル回避! 祖父母に子供を預けるときの心得

Getty logo

祖父母は現代の子育ての初心者だと考える

感謝をきちんと伝える

仕事をしている間、保育してくれているとはいえ「子供の責任者・保護者は親」であることを失念しないようにしたいものです。できることはなるべく自分たちで行い、祖父母は好意で育児をサポートしてくれているということ、そして祖父母のおかげで仕事ができるということ、子供が元気に成長できているということを感謝していきたいですね。

多少の甘やかしや育児に関する口出しは目をつぶるくらいのほうが祖父母(親)孝行と考えるとラクになるかもしれません。

子育てに関する常識の違いがトラブルに発展することもあるので、子供の健やかな成長のためにも話し合いながら進めていくのがよいでしょう。孫育てや孫やママパパとの接し方において、昔と今ではかなり違ってきていることを理解してもらうことが必要です。子育ての常識や基礎知識などは初心者に伝えるようにやわらかい言葉で伝えると同時に昔の常識を強く否定しないのがコツと言えるでしょう。直接だと角が立ってしまうと不安な場合、下記のようなものを利用してみてはいかがでしょうか。

【本・ガイドブック・祖父母手帳】
孫育てのやり方や今どきの子育て方法が記載されているものをおすすめする形で渡しておくとよいでしょう。

【講座・イベント】
孫育てに関する講座やイベントが開催されているので、一緒に参加してみてはいかがでしょうか。ともに学ぶ姿勢だと自然と受け入れてくるかもしれませんね。

●NPO法人 孫育て・ニッポン
https://www.magosodate-nippon.org/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E3%81%AE%E7%A5%96%E7%88%B6%E6%AF%8D%E6%89%8B%E5%B8%B3/

祖父母のストレス・疲れも理解する

子供が小さいと、ケガをさせないようにとか、何をして遊んであげよう、しっかり預からなきゃなどそれなりに責任を感じて気を遣う祖父母も多いようです。体力的にも若いころのようにはいかないこともあり、孫が帰るとどっと疲れが出ると感じる方も少なくありません。かわいい孫の世話ができる一方、ストレスや疲れを抱えている事実を理解し、休日はあえて顔を出さずに核家族で過ごしたり、趣味を楽しんでもらえるようプレゼントをするなど、親孝行をしていきたいですね。

まとめ

祖父母に孫育てをお願いするには今どきの子育て事情を理解してもらい、一緒に育ててもらうという気持ちで、つねに感謝を忘れずにお願いすると、笑顔で迎え入れてくれるでしょう。3世代が仲良く過ごし、よい思い出をたくさん作れるよう、ふだんからのコミュニケーションを大切にしていきたいですね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


【助産師解説】新生児のゲップ、出ない…助産師が教えるゲップのコツ

【助産師解説】新生児のゲップ、出ない…助産師が教えるゲップのコツ

新米ママにとって、新生児期の赤ちゃんのお世話は、わからないことや迷うことが多いもの。中でも、簡単なようで意外と難しいのが「授乳後の赤ちゃんのゲップ出し」。背中のトントンが弱いのか、抱き方が悪いのか、なかなか出てくれないときは焦ります。今回は助産師さんにゲップの出し方のコツを解説いただきます。


【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?新生児の便、色・状態・回数は?

【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?新生児の便、色・状態・回数は?

新生児のうんちは、大人とはかなり違うんです。少々緑がかっていても、下痢かと思うほどゆるゆるでも、多くの場合は心配なし! ではどんなときが心配? 健康のバロメーターでもある赤ちゃんのうんち、どこをチェックすればよいか、助産師さんが解説します。


【助産師解説】写真で学ぶ授乳姿勢!パターン別授乳姿勢と4つのポイント

【助産師解説】写真で学ぶ授乳姿勢!パターン別授乳姿勢と4つのポイント

授乳姿勢が正しくないと赤ちゃんがうまく飲めないだけでなく、乳腺炎などのリスクも高くなります。主な6つのポジショニングとNGパターン、正しい姿勢をとれているかを確認できる4つのチェックポイントをお伝えします。


【助産師解説】新生児・赤ちゃんのしゃっくり、止めた方がいい?やってはいけない止め方

【助産師解説】新生児・赤ちゃんのしゃっくり、止めた方がいい?やってはいけない止め方

初めてママになって、毎日出会う赤ちゃんに関する発見や驚き。その中のひとつに「しゃっくり」があるようです。大人でも出ることがあるしゃっくりですが、新生児を含む赤ちゃんはびっくりするほど多く出ることがあります。今回は赤ちゃんのしゃっくりについてママ体験談と、助産師さんによる解説をお届けします


【助産師解説】産後すぐ授乳で乳首が痛い!痛みの原因と8つの対策

【助産師解説】産後すぐ授乳で乳首が痛い!痛みの原因と8つの対策

授乳により乳首が痛くなる原因と、解消するための対策を助産師さんが解説! 初めての授乳では、気づいたら乳首が痛くて…ということも。母乳育児をあきらめなくてもいいように、正しい授乳方法と痛みの対処法をチェックしましょう。


最新の投稿


【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

妊娠を待ち望む女性にとって予定日が過ぎても生理が来ないと、「もしかしたら妊娠したかも?」と気になります。妊娠すると、生理が来ないだけでなく、他にはどのような症状があるのでしょうか。今回は妊娠超初期の症状や体の変化について詳しく説明します。


【医師監修】妊婦のダイエットはOK?妊娠中の太り過ぎのリスクと対処法

【医師監修】妊婦のダイエットはOK?妊娠中の太り過ぎのリスクと対処法

妊娠中は赤ちゃんや胎盤・羊水の重さ、また血液の増加分などで体重が増えるのは当たり前のこと。しかし、肥満や妊娠中の体重増加が多すぎる人は、肥満によってかかりやすい疾患の発症リスクが高まったり、出産時のトラブルリスクに。妊娠中の太りすぎのリスクや、妊婦の体重をどうコントロールすれば良いのか、についてまとめました。


【医師監修】妊娠後期のお腹の張りはどんな感じ?陣痛との見分け方、注意したい張りとは

【医師監修】妊娠後期のお腹の張りはどんな感じ?陣痛との見分け方、注意したい張りとは

妊娠初期のころから、たびたび感じる「お腹の張り」。妊娠後期、特に臨月に入れば、陣痛の張りなのか、そうではない張りなのか、見分け方も気になるところです。感じ方は人それぞれですが、中には注意したい「張り」もあります。今回は妊娠後期以降に感じやすいお腹の張りについてまとめました。


【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは?陣痛とそのほかの痛みとの見分け方

【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは?陣痛とそのほかの痛みとの見分け方

「臨月」と呼ばれる妊娠10ヶ月に入ると、出産の日はもうすぐ。赤ちゃんに会えるのは楽しみだけれど、特に初めての出産の場合は陣痛がいつ始まるかドキドキ、不安な人も多いのではないでしょうか。一方で、臨月に感じるお腹の痛みすべてが陣痛ではありません。今回は臨月の腹痛について、陣痛とそのほかの痛みとの見分け方も含めてご紹介します


【医師監修】高齢出産による4つのリスクとは 何歳からが高齢妊娠?

【医師監修】高齢出産による4つのリスクとは 何歳からが高齢妊娠?

35歳を超え、40歳近くで出産する人も珍しくない今日。一方、35歳を超えてのいわゆる「高齢出産」では若いときに比べて、いくつかのリスクが伴うことをご存知でしょうか。知っておきたい高齢出産の具体的なリスク、そして無事に出産するまでに自分でできる対策についてまとめました。