ママのための悩み解決サイト
幼稚園の懇談会って何をするの?内容や参加する際の注意点を紹介

幼稚園の懇談会って何をするの?内容や参加する際の注意点を紹介

子供が幼稚園に行き出すと、親は幼稚園での懇談会参加の必要性が出てきます。初めての方で懇談会に参加したことがない方は、参加したほうがいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。そもそも懇談会とは何のためにやるのか紹介します。合わせて参加するときの注意点を解説していきます。


幼稚園の懇談会とは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

一度も懇談会に参加したことがない方は、どのような集まりなのかわかりにくいでしょう。そのような方は、懇談会はどんな目的で行われているものなのか確認しておいてください。

幼稚園の懇談会の内容って?

幼稚園の懇談会とは、保護者と先生の交流の場です。初めて子供を幼稚園に通わせるママが、幼稚園でわからないことを先生に聞く場でもあります。お互いが情報を共有することで、園の教育方針を保護者に理解してもらうことができ、園の行事もスムーズになるでしょう。幼稚園の安全面のことや、幼稚園での生活の工夫、教えている内容など、わからないことがあれば何でも聞くことができます。

懇談会にも種類があって、そのときによって内容が変わります。入園後は保護者同士が初めて顔を見せるため、自己紹介から始まり、役員決めもしなければなりません。ほかにも保育参観と合わせて懇談会が行われる場合や、給食の試食会が開催されることもあります。

幼稚園の懇談会の服装

幼稚園での懇談会は、フォーマルな服装よりも、ラフ過ぎない上品なカジュアルコーデのママが多いようです。園の雰囲気によっても多少異なりますが、動きやすく上品に見えるパンツコーデなら失敗が少ないでしょう。幼稚園ではママと子供がかかわるシーンもありますので、動きやすさが重視されます。きれい目なシャツやニットに、スリムパンツやワイドパンツを取り入れましょう。カジュアルになり過ぎないよう小物は上品なものがおすすめです。

幼稚園の懇談会の自己紹介

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

入園後初めての懇談会では、ママたちの自己紹介のシーンがあります。初めてのことだと何を話していいのか戸惑ってしまうこともありますから、次の点をチェックしておきましょう。

気をつけるべきポイント

注意したいのが自己紹介は長すぎるのはよくないということです。限られた時間内にすべての人が自己紹介しなければならないため、1人だけが長い自己紹介をしてしまうと、後が詰まってしまいます。クラスの人数が多いときは、名前と簡単な一言程度にしましょう。声が小さすぎる場合や、下を向いて話してしまうと、周りのママに伝わらないため注意してください。自己紹介は年長の子供がいるママから進めてくれるケースも多いため、周りの人の自己紹介を参考に、話す内容や長さを参考にしてみましょう。

内容は、自分と子供の名前をフルネームで紹介し、子供の簡単な特徴を付け加えます。ほかの家庭と共通点があると、興味を持ってくれるでしょう。自分のことを加える場合は、幼稚園でママたちと交流したいという気持ちや、行事を楽しみにしているなど簡単な感想や希望などもおすすめです。

おすすめの自己紹介例

■男の子のママの場合:好きなスポーツなどを例に紹介してみましょう。
「〇〇の母親の、〇〇です。うちの子供は最近サッカーを始めたばかりで、たくさん動き回るのが好きな子です。同じくスポーツが好きな方とお話しできればと思っています。よろしくお願いいします。」

■兄弟や姉妹がいる場合:家の様子を話してみましょう。
「〇〇の母親の、〇〇です。うちは2人兄弟で、上に姉が一人います。末っ子のため甘えん坊で、まだ自分のこともちゃんとできず、幼稚園に慣れてくれるか少し不安です。お友達と触れ合いながら少しずつ自分のこともできるようになって欲しいです。よろしくお願いいします。」

欠席はNG?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

懇談会は行くべきか迷ってしまう方もいるでしょう。懇談会はママにとってもメリットがあることのため、できるだけ行けるときは参加したほうがいいのです。

なるべく参加した方が無難

幼稚園によっては「1家庭1回必ず役員をする」という暗黙のルールとなっていることがあります。クラスの人数が少ないと役員も回ってきやすいため注意が必要です。役員になるとママ同士の交流もしなければなりませんから、最初から懇談会に参加してふれあいの場をつくっておきましょう。ママたちと仲良くなっておけば、子育てに関する役に立つ情報も知るチャンスがあります。

懇談会は必ず参加が義務というわけではなく、下の子が熱を出したときなど、参加が難しい場合は欠席しても構いません。しかし、懇談会ではほかのママからの質問が出て、幼稚園の生活でわからないことも知るきっかけがあります。幼稚園の注意事項や決まり事なども話が出ることもあるのです。子供同士のトラブルに合わないためにも、できるだけ参加しておくようにしましょう。

まとめ

懇談会は初めてだと何を話すのか緊張してしまいますが、あまり固くならず、ママたちの交流の場だと考えておきましょう。幼稚園に知り合いのママがいれば何かと情報も共有できますし、困ったことがあれば助け合うこともできます。メリットも多いため、時間があるときに懇談会に参加してみましょう。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


教育の悩み 通園 幼稚園

関連する投稿


子供の練習用ピアノの選び方。ピアノの種類とそれぞれの特徴は?

子供の練習用ピアノの選び方。ピアノの種類とそれぞれの特徴は?

子供にピアノを習わせたい時、まず欠かせないのが自宅で練習するためのピアノ選び。アップライトピアノか電子ピアノ、どちらが良いのか迷う人も多いのではないでしょうか。そこで今回、この2種類のピアノの特徴も含め、子供の練習用のピアノの選び方についてご紹介します。


子供の挨拶はいつから練習すべき?しつけ方・教え方のポイント

子供の挨拶はいつから練習すべき?しつけ方・教え方のポイント

挨拶ができる子供になってほしい、そう思うママも多いのではないでしょうか。挨拶するよう促しても挨拶しない、無視してしまう場合もあるかもしれません。子供に挨拶を教えるには、どうしたらよいのでしょう。いつからはじめるかを含め、挨拶の教え方や練習方法についてご紹介します。


未就園児との過ごし方!遊び、習い事、未就園児教室で毎日充実

未就園児との過ごし方!遊び、習い事、未就園児教室で毎日充実

保育園や幼稚園に入る前の子どもと1日をどう過ごしていますか。お天気がよければ公園、お天気が悪ければ家遊び。どんな過ごし方があるか、充実するかをご案内します。


沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

4月に入園したうちの娘、もうすぐ年少組さんから年中組さんになります。泣いてばかりだった参観日、さあ最後はどうなるかな……?


乳幼児期に食育は必要?保育園・幼稚園で行う食育活動の内容について

乳幼児期に食育は必要?保育園・幼稚園で行う食育活動の内容について

子どものしつけに取り入れたい食育。保育園や幼稚園ではどんな食育活動をしているのでしょう?食育とは何なのか、食育計画のねらいやゲームを使った伝え方など、ママも知っておきたい食育についてご紹介します。


最新の投稿


子供へのスノーボードの教え方!上達するコツや練習方法などを紹介

子供へのスノーボードの教え方!上達するコツや練習方法などを紹介

スノーボードといったら、スキーと並ぶウィンタースポーツの代表。子供が4〜5歳くらいになったら、一緒にスノボを楽しみたいと考えるママも多いことでしょう。今回は子供と一緒にスノボを楽しむコツや滑り方の教え方、スキー場の選び方などについてご紹介します。


子供へのスキーの教え方!ターン・曲がり方を上手に教えるコツは?

子供へのスキーの教え方!ターン・曲がり方を上手に教えるコツは?

ウィンタースポーツの代表格ともいえる「スキー」。今回は、小さな子供へのスキーの教え方や上達方法、子供のスキーウェア選びのポイントなどをご紹介します。


子供の練習用ピアノの選び方。ピアノの種類とそれぞれの特徴は?

子供の練習用ピアノの選び方。ピアノの種類とそれぞれの特徴は?

子供にピアノを習わせたい時、まず欠かせないのが自宅で練習するためのピアノ選び。アップライトピアノか電子ピアノ、どちらが良いのか迷う人も多いのではないでしょうか。そこで今回、この2種類のピアノの特徴も含め、子供の練習用のピアノの選び方についてご紹介します。


子供と自転車の練習をしよう!基本3つのポイントや 教え方やコツなど

子供と自転車の練習をしよう!基本3つのポイントや 教え方やコツなど

成長にともない、「自転車に乗れるようになりたい」と思い始める子供も多いはず。そんなモチベーションが高い時こそ、自転車が上達しやすい絶好のチャンスです。ぜひ、自転車の練習の準備をしてみましょう。今回は、自転車の練習方法や上達するためのポイントについてご紹介します。


幼児も楽しく覚える!とっておきの時計の教え方とは?

幼児も楽しく覚える!とっておきの時計の教え方とは?

子どもが時計を読めるようになると、「〇時になったらごはんの時間」「〇時〇分までにお片付けしよう」などの声掛けができるため、生活にメリハリが付き、子どもも自分の行動の予定を立てられるようになります。時計の読み方を教えたいけれど、教え方が分からないという方のヒントをご紹介します。