有効活用で家事効率がアップ! キッチン引き出し収納のコツとポイント

有効活用で家事効率がアップ! キッチン引き出し収納のコツとポイント

キッチンでの家事を効率的にできるかどうかの鍵は、キッチンの引き出しを有効活用できているかにかかっています。今回は、キッチン収納のコツとポイントについてお伝えします。


こんにちは、ライフオーガナイザー®︎の門傳(もんでん)奈々です。

キッチンでの作業効率を左右するといっても過言ではない、キッチンの引き出し収納。とはいえ、引き出しによって幅や奥行き、深さが異なるキッチンの引き出しは、何をどこにしまえばいいのか迷ってしまう場所でもあります。

そこでオススメなのが、キッチンでの作業動線を考えた収納をすることです。何をどこに収納すればいいのか、我が家の事例を交えてキッチンの引き出し収納について紹介します。

キッチンの引き出し収納のコツとポイント

深さ・幅・奥行きに応じて収納するものを決める

キッチンの引き出しは、深さがあるもの、幅があるものなどさまざまです。そこに形も大きさも多様なキッチン用品を上手に収納するのは、なかなか難しいことではないでしょうか。そのため、空間を無駄にしてしまっている人も多いのが事実です。

深さがある引き出しには、鍋や高さのあるキッチン家電などを収納しましょう。幅がある引き出しには、たとえばホットプレートのような幅が大きなキッチン家電を、深さや幅がある引き出しには、収納ボックスなどを上手に活用して空間を仕切ってからものを収納するのが基本です。

空間を区切って有効活用する

水や油に強いプラスチック製ファイルボックスは、キッチンでも大活躍してくれます!

深さや幅、奥行きのあるキッチンの引き出しは、空間を区切ることで有効活用できますよ。

空間を区切るのにちょうどいいのが、ファイルボックスや収納ボックスです。なかでも、水に強いプラスチック製を使用するのがオススメ。

プラスチック製のファイルボックスや収納ボックスなどで仕切っておくと、空間を有効活用できますし、油や食材がついて汚れたときにも水洗いできて衛生的です。

「立てる収納」を意識しよう

ファイルボックスを活用して鍋を立てて収納しています。サッと取り出せるようにしまうのもポイント。

キッチンの引き出しは、上から見て何がどこにあるのかをわかりやすくすることが大切。キッチン用品や食材を重ねて収納してしまっては、下のほうにあるものは見つけにくくなってしまいます。
そのため、食器やキッチン用品や食料品は、立てて収納するようにしましょう。

使用頻度に応じて収納する引き出しの高さを決める

よく使うものは、立ったまま取り出せる引き出しに収納します。

使用頻度が低いものは取り出す回数も少ないので、下のほうの引き出しに収納します。

キッチンの引き出しは、縦に並んでいるものが一般的。それらを効率よく使用するためには、収納するものの使用頻度に応じて引き出しの位置を決めましょう。

たとえば立ったままで物が取り出せる位置にある引き出しには、使用頻度の高いものを。反対に屈まないと引き出せない引き出しには、使用頻度の低いものを入れるようにしましょう。

動線に沿って物を収納する

家事をするときの自分の動きや立ち位置に気を配ってみましょう。無駄な動きが少なくなるように、シンク下には水を入れてから火にかける鍋を収納します。

キッチンでの自分の動きを思い出してみてください。お鍋を持ってコンロとシンクの前を行ったり来たりしていませんか?

シンクで水を入れてから使う鍋の場合は、シンクの下に収納しておくと無駄な動きを減らすことができます。直接火にかけるフライパンや鍋は、コンロ下に収納するといいでしょう。

手前と奥で収納するものを考える

よく使うものは手前に、あまり使わないものは奥に収納しましょう。

引き出しの手前と奥では、手前のほうが物を取り出しやすいですね。よく使うものが手前にあれば、引き出しを全て出さなくても物を取り出すことができます。

よく使うものは手前に、あまり使わないものは奥に収納することを意識しましょう。

立ち位置や利き手に応じて収納するものの場所を決める

右利きの私の場合、左手でラップの箱を持つので、立ち位置の左側の引き出しに収納しています。

キッチンの作業台に立つ位置というのは、人それぞれでだいたい決まっているもの。その位置を起点に考えて、利き手を意識して収納するものを考えるのも作業効率を上げてくれます。

たとえばラップの場合。右利きの人はラップをかけるとき、左手でラップの箱を持ち、右手でラップを引き出します。そのため、ラップは立ち位置の左側に収納しておけば、わざわざ持ち替えることなくすぐに使えるのです。

まとめ

キッチンの引き出しを上手に活用できていない……とお悩みの方は多いです。ですが、ちょっとしたコツとポイントを押さえることで、使いやすさがグンとアップします。使いやすさが手に入れば、家事の効率も上がり、時短にもなります。まずは、キッチンの引き出しをひとつ、整理するところからはじめてみませんか?

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

ライフオーガナイザー®︎1級、メンタルオーガナイザー®︎、整理収納アドバイザー1級

東京都在住。夫、長男(13歳)、長女(10歳)、次女(6歳)の5人家族。

ライフオーガナイザー®︎として個人宅のお片づけサポートやお片づけ講座、
お片づけお悩みシェア会などを行っています。

オンラインツールzoomやSkype、LINEを使用した【オンライン片づけ相談】、
【オンライン片づけレッスン】も随時開催しております。

また、「利き脳」に合わせた収納術が学べる【利き脳片付け®︎収納術講座】や日々の暮らしに取り入れたいアイディア豊富な【メンタルオーガナイズエッセンスセミナー】も好評開催中!

「忙しい人が1日30分の自分時間を持てるお片づけ」をモットーとし、暮らしが楽になる家事動線作りなどを得意としています。

自身も結婚後、度重なる引っ越しや妊娠、出産を経て片づけられない状態に陥る。「片づけ」を学び、片づけられない状態を数年がかりで脱した過去の経験から、お片づけに悩むお客様の気持ちに寄り添った仕事を心がけています。

ブログ:https://ameblo.jp/yurumama-ideas/
WEBサイト:https://yurumama-ideas.amebaownd.com
linktree:https://linktr.ee/infototonou

関連するキーワード


キッチン収納 専門家

関連する投稿


準備から調理、片付けまでラクになるご飯作りのコツ『子供4人共働き・賃貸60㎡でシンプル丁寧に暮らす』vol.4

準備から調理、片付けまでラクになるご飯作りのコツ『子供4人共働き・賃貸60㎡でシンプル丁寧に暮らす』vol.4

子どもがいるとどうしても自宅が散らかってシンプルで丁寧な生活なんて無理……と思っている人、必見! さまざまな工夫で、賃貸の60㎡で家族6人住まいを楽しむベリーさんの著書『子供4人共働き・賃貸60㎡でシンプル丁寧に暮らす』(すばる舎)から、すぐに真似できる生活のアイディアをお届けします。


多用途収納や「とりあえず置き場」で整理整頓が楽チン!『子供4人共働き・賃貸60㎡でシンプル丁寧に暮らす』vol.2

多用途収納や「とりあえず置き場」で整理整頓が楽チン!『子供4人共働き・賃貸60㎡でシンプル丁寧に暮らす』vol.2

子どもがいるとどうしても自宅が散らかってシンプルで丁寧な生活なんて無理……と思っている人、必見! さまざまな工夫で、賃貸の60㎡で家族6人住まいを楽しむベリーさんの著書『子供4人共働き・賃貸60㎡でシンプル丁寧に暮らす』(すばる舎)から、すぐに真似できる生活のアイディアをお届けします。


野菜食べない2歳児の偏食に困った!意外な5つの克服方法とは【教えて保育士さん】

野菜食べない2歳児の偏食に困った!意外な5つの克服方法とは【教えて保育士さん】

野菜を食べない2歳の子は多いもの。特定の野菜だけ食べない子、ご飯と肉・魚は好きなのに野菜だけ食べない子、野菜が入るメニューだと食が進まない子、様々です。鋭い味覚や嗅覚と、強い自立心(イヤイヤ期)を合わせ持つ野菜を食べない2歳児とどう向き合っていけばよいのか、あの手この手やおすすめレシピをご紹介します。


食パンも菓子パンも冷凍できる! 解凍・アレンジ方法も紹介

食パンも菓子パンも冷凍できる! 解凍・アレンジ方法も紹介

食材をまとめ買いしていると、期限が短い食材を買うのに躊躇してしまいませんか? また小さなお子さんがいるご家庭では、お子さんが食べ切れずに残してしまう食材も少なくないですよね。冷凍・解凍の方法を知っていると、解決できることがたくさんあります。今回はそんな食品のひとつである、パンの冷凍・解凍についてご紹介したいと思います。


ダイソーのシューズケースで収納上手♪ 靴以外にもマルチに使える!

ダイソーのシューズケースで収納上手♪ 靴以外にもマルチに使える!

収納の理想は「出番がきたらすぐに出して使うことができる」こと。埋もれず忘れずすぐ出せる! 収納のプロがそんな「本当に使える」収納グッズを探していたら、なんとダイソーのシューズボックスにたどり着いてしまいました。靴だけでなくマルチな収納グッズとして活躍する隠れたロングセラーの実力を、たっぷりとご紹介します。


最新の投稿


【医師監修】妊娠五週目を過ぎたのに初期症状がないけど大丈夫? 原因と胎児の状態

【医師監修】妊娠五週目を過ぎたのに初期症状がないけど大丈夫? 原因と胎児の状態

妊娠したらつわりで吐いてしまう……。ドラマなどでよく見かけるこの光景。ところが実際には妊娠初期症状はさまざまで、中には全くつわりを経験しない人も。今回は、妊娠初期症状とは、また感じないケースもあるのか、などについてまとめました。


【医師監修】1歳8ヶ月の発育|言葉、運動・遊びの様子は?気をつけたい5つの危険

【医師監修】1歳8ヶ月の発育|言葉、運動・遊びの様子は?気をつけたい5つの危険

子供も1歳8ヶ月にもなると赤ちゃんぽさも抜けてきて、走ったり階段を登ったりできる子が多くなります。行動範囲が広がるため、思わぬ事故が起きてしまうことも。このころの発育の様子や育児のポイントとともに、起こりやすい事故の安全対策をパパ・ママともに知っておきましょう。


【医師監修】産後の生理不順の原因は?再開の時期、妊娠の可能性、受診の目安

【医師監修】産後の生理不順の原因は?再開の時期、妊娠の可能性、受診の目安

産後の生理(月経)不順には「生理が来ない」「一旦再開した生理がまた止まった」「生理が不定期」などさまざまなケースがあり、それぞれ問題ではないか心配になることがあるかもしれません。産後に起こりやすい生理不順や治療が必要なケースについてまとめます。


【医師監修】会陰切開の傷跡の盛り上がり|自然に治る?受診が必要なときは?

【医師監修】会陰切開の傷跡の盛り上がり|自然に治る?受診が必要なときは?

出産の際、人によっては会陰切開を受けることも。必要な処置とはいえ、産後の治り方や痛みの続く期間はどれくらいなのか気になりますね。なかには傷跡が盛り上がって気になる人もいるようです。会陰切開の傷跡の盛り上がりが起こる理由と注意が必要な症状について解説します。


【医師監修】基礎体温がガタガタでも妊娠できた!<体験談>妊活中に試したい3つのポイント

【医師監修】基礎体温がガタガタでも妊娠できた!<体験談>妊活中に試したい3つのポイント

基礎体温がガタガタで、これで妊娠できるのか不安……と悩んでいる女性もいるでしょう。先輩ママのなかで、基礎体温がガタガタでも妊娠した人はいるかどうか聞きました。妊活中に試したい、妊娠の確率を上げるのに役立つポイントも解説するので参考にしてみてくださいね。