【帰省トラブル】正直帰りたくない! 義理の実家への帰省エピソード

【帰省トラブル】正直帰りたくない! 義理の実家への帰省エピソード

「実家でのんびり」とはよく聞くフレーズだけど、義理の実家に帰省しても、リラックスどころか神経すり減らす思いで日々過ごしているママは多いのではないでしょうか。今回は先輩ママたちに、義理の実家で体験した帰省トラブルについて聞いてみました。


お土産に悩む

手土産にいつもダメ出しされます。

(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
手土産をよろこばない。花を買うともったいないと言われた。

(38歳/電機/秘書・アシスタント職)
義実家のご近所までお土産を配らなければいけないので、出費がかさむ。

(37歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

帰省にあたって義父母やご近所、親戚などにお土産を用意せねばならず、そのセレクトに頭を悩ませるママが多数。ダメ出しされて落ち込むママもいるようですが、たぶん、どんな高価でおいしいお土産を買っても、あれこれと文句を言われることは目に見えています。お好きなものをどうぞ、とカタログギフトでも渡したくなりますね。

疲れるのは嫁だけ

姉の旦那の実家。女兄弟が3人もいるのにみんな家事を一切手伝わないらしい。姉だけが動いているとか……。

(29歳/自動車関連/事務系専門職)
義実家が遠い場所のため、毎回10日間程度の滞在となる。毎回、疲労により発熱をする私に「身体が弱い」と嫌味をいう姑にうんざり。

(39歳/不動産/事務系専門職)

わざわざ数時間かけて帰省したというのに、まるでお手伝いのような扱い。嫁は家政婦じゃないんですけど……。慣れない環境での長期間の滞在は、心も体も悲鳴をあげて発熱してしまうのも納得です。そんなお疲れのママには帰宅後、体をゆっくりと癒せる長期間のお休みをあげたいくらいですね。

歓迎されている気がしない

早く帰ってと言われる。

(40歳以上/情報・IT/技術職)
何もしてくれない、食事も用意してくれない、という友達がいます。

(34歳/小売店/販売職・サービス系)
義実家はケチなので、夏もクーラーをつけず、帰省しても蒸し風呂状態の部屋にいることになる。子どもは帰省を嫌がり、暑いからというと、甘やかしてと嫌味を言われた。

(39歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
汚部屋で入れてもらえない。

(30歳/商社・卸/事務系専門職)

上げ膳据え膳でおもてなし……は期待しませんが、歓迎の気持ちが伝わってくれば、長時間の移動の疲れも多少は吹っ飛ぶというもの。なのに食事もなし、クーラーもなし、しまいには早く帰ってほしいと言われたら、「もう来ません!」という言葉も口から飛び出てしまいそう。

帰省コールが頻繁すぎる

頻繁に帰省しろと言われること。

(35歳/小売店/販売職・サービス系)
体調が悪いのに来いと言ってきて困る。コロナ禍なのに気を使ってほしい。

(28歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)
義父は、義両親の家より私の実家に行く頻度がちょっとでも多いと機嫌が悪くなります。

(38歳/主婦)

「いつ来るの?」と頻繁に帰省のお伺いがあり、帰省したらすぐさま、「今度はいつ帰ってくるの?」。寂しかったり、孫の姿を見たいという一心なのかもしれませんが、そんなにしょっちゅう帰省できませんよね。コロナ禍の現在、義実家からの「帰省コール」が少なくなって、内心ホッとしているママも多そうです。

まとめ

夫にとって実家は、小さなころから親しんだ環境なので居心地がいいのかもしれませんが、ママはアウェー感がハンパないもの。お手伝い扱いされたり、歓迎されていないそぶりをされたら、ますます苦手になってしまいそう。そして、まだコロナ禍ということもあり、今は帰省をしないのが正解なのかも。お互い納得のいく形での帰省ができるといいですよね。

マイナビ子育て調べ
調査日時:2021年7月16日~21日
調査人数:148人(22歳~40代までのママ)

(マイナビ子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


『モラハラ夫に人生を狂わされた話』子育て編(Vol.94~Vol.118)をイッキ読み

『モラハラ夫に人生を狂わされた話』子育て編(Vol.94~Vol.118)をイッキ読み

モラハラ、借金、出産中の妻を放置などなど、想像を絶するモラハラ夫の行動の数々がInstagramで大反響を呼んだ大人気コミックエッセイ連載『モラハラ夫に人生を狂わされた話』をイッキ読み♪


「洗濯機でオムツ爆発」は夫の仕掛けたトラップ!? エヴァ芸人稲垣早希さん、ポリマーのこびりついた洗濯物が泣ける

「洗濯機でオムツ爆発」は夫の仕掛けたトラップ!? エヴァ芸人稲垣早希さん、ポリマーのこびりついた洗濯物が泣ける

“エヴァ芸人ママ”でおなじみの桜 稲垣早希さんが10月20日に自身のブログを更新。夫が洗濯機を回してから出掛けたため干そうと思ったら、思わぬ「トラップ」が仕掛けられていたそう。小さい子どもを育てている家庭では「あるある」ですが、コレ本当に困るやつ……。


反町隆史さんの「POISON」効果が絶大すぎる……! なぜ赤ちゃんが泣き止みグッスリ眠れるのか?

反町隆史さんの「POISON」効果が絶大すぎる……! なぜ赤ちゃんが泣き止みグッスリ眠れるのか?

女優の市川由衣さんが、1歳次男の夜泣きがひどく、すがる思いで“あの曲”を流したところ、あっという間に静かになったという逸話をInstagramに投稿し、話題になっています。あの曲とは……反町隆史さんの代表曲「POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~」。


【漫画】娘「ばーちゃんの様子が変、今すぐ来て!」⇒ボスの身に危機が!?『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.50

【漫画】娘「ばーちゃんの様子が変、今すぐ来て!」⇒ボスの身に危機が!?『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.50

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「ステキ!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。今回は、ゆいさんの娘さん(1号ちゃん)が「ばーちゃんが大変!」とSOS! もしかしてボスの身に危機が!?


【漫画】お食い初め料理は元料理人の父お手製!⇒夫のせいで台無しに『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.60

【漫画】お食い初め料理は元料理人の父お手製!⇒夫のせいで台無しに『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.60

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? 次々と不安が押し寄せたマタニティライフを経て、“心配のタネ=わかばちゃん”を出産した新米ママ・わたし。そんな心配性のわたしが送る子育てライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


最新の投稿


【爆笑】おでかけ服選びで悩み抜いた娘のこだわりコーデ ⇒ 絶対に笑ってはいけない親たちプルプル

【爆笑】おでかけ服選びで悩み抜いた娘のこだわりコーデ ⇒ 絶対に笑ってはいけない親たちプルプル

Instagramで子育て漫画を発信されるはなゆいさん。はなゆいさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


『モラハラ夫に人生を狂わされた話』子育て編(Vol.94~Vol.118)をイッキ読み

『モラハラ夫に人生を狂わされた話』子育て編(Vol.94~Vol.118)をイッキ読み

モラハラ、借金、出産中の妻を放置などなど、想像を絶するモラハラ夫の行動の数々がInstagramで大反響を呼んだ大人気コミックエッセイ連載『モラハラ夫に人生を狂わされた話』をイッキ読み♪


【どういうこと?義実家で仲間外れ】夫が味方でない、と妻が感じた瞬間

【どういうこと?義実家で仲間外れ】夫が味方でない、と妻が感じた瞬間

なんだかんだ言っても、夫は好きで結婚した相手。何かあったときは、絶対に自分の味方でいてほしいというのが妻の本音ですよね。今回は、ママたちが「夫が味方じゃない」と感じたエピソードについて、アンケートを実施。どんなときにそう感じたのか、まとめました。


【天使なんかじゃないけど】魔の2歳児、悪魔の3歳児を乗り越えたらこんなに成長してた!

【天使なんかじゃないけど】魔の2歳児、悪魔の3歳児を乗り越えたらこんなに成長してた!

Instagramで子育て漫画を発信されるちゅぶ みりんさん。ちゅぶ みりんさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


ベビーフィートのメリットや選び方を知りたい! おすすめ商品5選も紹介

ベビーフィートのメリットや選び方を知りたい! おすすめ商品5選も紹介

赤ちゃんが伝い歩きを始めると気になるのがベビーシューズ選び。赤ちゃんが履く初めての靴として、ベビーシューズではなくベビーフィートを選ぶママが増えています。今回は、ベビーフィートのメリットや選び方とともに、おすすめ商品を5つご紹介します。