ママのための悩み解決サイト
【医師監修】妊娠した時の基礎体温グラフ変化と体に起きる症状

【医師監修】妊娠した時の基礎体温グラフ変化と体に起きる症状

女性が妊娠を意識し始めた時、測り始めることが多いのが基礎体温です。 基礎体温は、女性の体内で起こっている目に見えない変化を見る大切なツールだということをご存知ですか? 今回は基礎体温の見方と妊娠前後の体温の変化、また妊娠初期に起こる身体の変化についてご説明します。


この記事の監修ドクター
なかむらレディースクリニック 中村容子先生
女医プラス所属。当院は、不妊治療・体外受精専門の婦人科クリニックです。患者様それぞれにあった、こころとからだに優しい生殖医療を提供いたします。
http://towako-nakamura.com/

はじめに

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

基礎体温を測ることは、慣れるまでは時々忘れることもありますが、いったん習慣になるとほぼ無意識に体温計を口にくわえる女性も多いですよね。体温計の計測完了の電子音が目覚まし代わりになることもあります。この基礎体温表は毎月どのように変化するのでしょう?妊娠時だけでなく非妊娠時にも使える基礎体温に関して詳しくご説明していきます。また、基礎体温は妊娠したかどうかの指標の一つとして使えることもあります。併せて、妊娠時の基礎体温や体の変化についても、下記に記載しています。

そもそも「基礎体温」とは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そもそも基礎体温とは何でしょう? 辞書で調べると『生命を最小限維持するためのエネルギーしか消費していないときの体温』ということが分かります。難しいので、思い切って簡単に言うと、『運動していないときの体温、つまり寝ているときの体温』です。生活のリズムや、計測方法によっても変化を起こす非常にデリケートなデータです。
例えば、基礎体温は目覚めてすぐ、起き上がる前にはかることになっています。これは体を動かすとすぐに体温が上がり始めるためです。また、睡眠時間が4時間未満の場合は、体温が十分に低下せず、本来の基礎体温よりも高く計測されてしまいます。

妊娠していないときの基礎体温には大きく2種類ある!

基礎体温は、妊娠時と非妊娠時でも状態が異なります。まず、非妊娠時の健康な女性の基礎体温についてみていきましょう。女性は卵胞ホルモン(エストロゲン)、黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類のホルモンの影響を大きく受けます。この二つのホルモンは、一定の周期で分泌量が多くなったり少なくなったりします。この周期的な変化が、月経周期をつくっていて、月経が起こるのも2つのホルモンの影響です。排卵が起こると黄体ホルモンが分泌されますが、黄体ホルモンには体温を上げる作用があるため、基礎体温のグラフに変化が出るのです。

以下、この記事の中でご紹介するグラフは、体温計のメーカーテルモが提供している基礎体温アプリ「WOMAN℃」アプリで実際に作成した基礎体温表です。グラフの変化をみてみましょう。

排卵がある女性の基礎体温グラフ

こちらのグラフは、月経が28日周期で来る人の基本的な基礎体温の変化になります。
生理から排卵日までの低温期、最も体温が下がる日と、排卵日以降の高温期がきれいに分かれる形です。必ずしも最も体温が下がった日に排卵するわけではありませんが、この付近で排卵します。

基礎体温にはこちらのように36.7℃にガイドのようなラインが入っているものがあります。これは平均的な人でこのラインを境に高温期、低温期が分かれる人が多いために入っています。しかし体温には個人差があります。ですから、このラインで高温期、低温期と分ける必要はありません。自分の体温のグラフをみて、低温期の平均と高温期の平均の差が0.3℃から0.5℃あればいいと考えましょう。

排卵が不順な女性の基礎体温グラフ

こちらのグラフは日々変化があるものの、低温期、高温期の区別がありません。このようなグラフを描く場合、きちんと体温が測れていれば生理があったとしても、まず排卵していません。生理があるから排卵していると思い込んでいる方もいらっしゃいますが、無排卵の場合でも生理はあるという女性もいます。ただし多くの方の場合は、低温層が長く続いても、時々排卵が起こって体温上昇を認めます。

無排卵の場合も、低温層が長くなかなか排卵が起こらない場合も、何らかの原因があります。原因の多くは、体重の変化やストレスによるホルモン分泌の異常です。でも、中には婦人科系の病気の可能性もあります。基礎体温をつけて2層にならない、低温期がかなり長いと感じたときは、婦人科を受診しましょう。

基礎体温からわかる女性のカラダとココロ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

基礎体温は妊娠をしたかどうかの判断基準になるだけではありません。実は多くの情報が基礎体温から予測することができます。例えば、次の月経の予定日、妊娠をしやすい日を推定すること、ですが、場合によれば、妊娠をしにくい体質であることや自分の体のホルモンバランスが崩れている可能性も知ることができます。

基礎体温と女性ホルモンの関係について

ホルモンは体に変化を及ぼすだけではなく、心にも影響します。黄体ホルモンは体温を上げる作用とは別に、食欲を増進させ時にはイライラ気分を増幅させる作用もあります。
逆に卵胞ホルモンが活発になると、女性らしい優しさが出るとともに涙もろくなったりもします。落ち込みやすい人の中には、うつに近い気分の落ち込みを感じる人もいるのです。

■基礎体温が低いときはホルモンバランスが乱れている可能性

基礎体温には個人差がありますが、低温期で35度台、高温期でも36度6分に満たない場合は「基礎体温が低い」状態といえます。
基礎体温が低くなる原因としてまず考えられるのがホルモンバランスの乱れ。疲れやストレスが溜まっていたり、寝不足が続いていたり、食生活が乱れたりすることでホルモンバランスの乱れが起こります。そのほか、ホルモンの分泌に関係する甲状腺や生殖器に異常がある場合も基礎体温が低い状態になることがあります。3周期以上基礎体温が低い状態が続くときは、一度婦人科を受診してみましょう。

妊娠時の基礎体温グラフはどう変化するの?

話が少しそれてしまいましたが、妊娠をすると基礎体温はどのように変化するのでしょう?
下のグラフが妊娠時の代表的な体温変化です。このグラフのように排卵日以降14日以上高温期が続けば妊娠の可能性が大きいといえます。

妊娠時に高温期が続くのはなぜ?

妊娠すると、基本的には低温期となる期間になっても高温期が続きます。これにより妊娠に気づくケースもあります。妊娠時に高温期が続く理由は、黄体ホルモンにあります。黄体ホルモンは、子宮内の状態を整えたり乳腺を発達させたりと、妊娠に重要な役割をもちます。そのため、妊娠すると黄体ホルモンの分泌量は増加し、妊娠後期まで増え続けます。この黄体ホルモンには基礎体温を上げる作用があるため、妊娠して黄体ホルモンの分泌が増加するにともない、高温期も続くというわけです。

高温期なのに体温が下がる?「インプランデーションディップ」とは?

妊娠をした女性の中には高温期に入って7日目から10日目で一度体温が低くなるグラフを描く人がいます。妊娠を希望していた場合、高温期に体温が下がってしまうとがっかりしてしまいますよね。この現象は「インプラーテンションディップ」と呼ばれ、一説には受精卵が子宮に着床したときに起こる現象といわれています。しかし、そのメカニズムはまだ解明されていません。体温が一時的に下がっても翌日からまた体温が上がり、高温期開始から2週間を目安に妊娠の可能性を考えていきます。

妊娠検査薬の中には排卵日から10日で反応するものも

高温期が続けば妊娠検査をしたくなりますよね。妊娠検査薬には2種類あり、早期妊娠検査薬と呼ばれるものでは、妊娠検査薬は高温期が10日程度続いた人であれば反応するといわれています。一方、体質によっては高温期が続いても妊娠検査薬が反応しにくいという方もいます。検査薬で陽性が出たら正常な着床ができているかどうかを判断するために、また検査薬に反応しなくても2週間以上高温期が続くようであれば一度産婦人科で診断してもらってください。

基礎体温の変化に気づくために必要な3つこと

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

基礎体温表のグラフではメモリを大きくしているため、基礎体温がガタガタに大きく変化しているように見受けられます。しかし、体温が最も低い排卵日と高温期の体温が最も高い時でも温度差は0.6℃程度しかありません。この小さな変化を見逃さないようにするためには毎日正しく測定し、グラフをつけていく必要があります。
非常に小さなデータの変化を読み取らなければならず、生活リズムの狂いや睡眠時間によっても基礎体温に影響を及ぼします。

基礎体温を正しくはかる

一番大切なことは、基礎体温を正しく測ることです。ポイントは4つ。
1.婦人体温計で(小数点以下2桁まで計測できるもの)
2.起き上がる前に(布団に入った状態で)
3.口腔内体温を舌の付け根、筋の奥に充てる感じで密着させて計測する。
4.毎朝必ず測る

なにやら、やっかいそうです。でも実は、婦人科体温計を手に入れてしまえば、気をつけることはたった1つなのです。
枕元に体温計を置いておき、目が覚めたらベッドから起き上がる前に舌の下で測る。
これだけなのです。最初は毎日測れなくでも、そのうちに習慣になってきます。
最新の婦人体温計の中には、スマートフォンのアプリと連動して体温データを自動で収集してくれるものもあります。朝はお仕事の準備などでお時間のない方は、こういったものを選ぶとストレスなく継続できますよ!

毎日続けること

基礎体温は「変化を見つけるための大切なデータ」です。妊娠したかも?とつけ始めても自分の低温期の体温を知らなければそのデータは何の意味もありません。
基礎体温の変化は非常に小さい変化ですので、気が付くためには続けることが大切です。最初のうちは、毎日の測定は難しいかもしれません。つい、うっかり忘れてしまいます。でも大丈夫、つけ始めることが1番大切なことです。

そのうち毎日つけることができるようになります。通常の生理を知るためだけでも1か月が必要ですよね。自分の体が1月でどう変化するかの傾向をきちんと把握するためには、まず3か月は継続して計測して基礎体温表をつけてみましょう。

日記のつもりで! -細かい症状や気分も書く-

基礎体温は睡眠不足や体調の変化、起床時間によっても変わってきます。また、受診の際には体の症状は体温の変化とともにお医者さんの診断には重要な情報となります。いつも同じ時間で測るのが理想ですが、現代人にそんなことは不可能です。いつもと違った時間に起きた日の基礎体温であれば計測時間も付記しておきましょう。

そして、その時の気分を書いておく事もおすすめです。先ほどホルモンによる気分の変化についてご説明しましたが、理由もなく落ち込みを感じたりイライラしたりすることがあれば、そのことも書いておきましょう。ホルモンの周期と気分の周期が重なっている場合、そのことを知ることでまず不安から解放されます。また、症状がひどい人の場合は病院に相談し、症状改善の治療につながりやすくなります。

妊娠した時に体に起きる11の症状

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠に気が付く症状として「つわり」を思いつく方が多いですよね。つわりが症状として出るのは最も早い人で妊娠4週目からといわれています。妊娠は最終の月経開始日から起算するので、4週目はちょうど高温期が続いて「妊娠かも?」と思い始めるころです。つわりのようにわかりやすい症状であれば、やっぱり! と確信も持ちやすいですが、そのほかの症状もたくさんあるのでご紹介します。

妊娠体験者に聞いた妊娠時の体の変化

●風邪のような症状(頭痛、発熱、鼻水、倦怠感)
●腹痛・下腹部痛(生理痛に近い痛み、生理痛以上の痛み。下痢になる場合も。)
●腰痛・股関節の痛み
●乳房の変化(敏感になったりはったりする)
●眠い・起きられない・だるい
●おりものが匂う、色が変わる
●においが気になる
●汗に変化(多汗、汗がにおう)
●頻尿
●肌荒れ
●食の好みの変化

これらの身体の変化は、一つの自覚症状が強く出る人もいればどの症状も全く感じない人もいます。ただ、自覚症状が出た人の共通点が一つ「変化として感じた」ということです。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いかがでしたか? 妊娠時は食生活や薬の使用など日常生活の中でも気をつけなければならないことが多くあるため、妊娠にはできるだけ早く気づきたいものですよね。基礎体温から妊娠を予測するためには、妊娠前からきちんとつけておくことが大切です。また、小さな症状を変化として自覚できればより妊娠したかどうかの判断もしやすくなりますよ。ただし、これらの変化はひとつの判断基準でしかありません。異所性妊娠(子宮外妊娠)など、おなかの赤ちゃんや妊婦さんの命にかかわる重篤な異常は基礎体温表からは読み取れません。基礎体温が低いからといって妊娠していないという事は一概に言えません。妊娠したかもしれない、と思ったら、はやめに産婦人科に受診するようにしてくださいね。

また、基礎体温の変化から妊娠以外の身体の大切な情報が得られます。気分の乱れを感じやすい女性は、基礎体温をつけることで女性ホルモンの影響を受けていないか調べることもできますね。基礎体温のデータを正しく読み取って、妊活、プライベートライフの充実に役立ててください。

関連する投稿


【医師監修】子宮頸がんの症状は? 検診の流れと主な治療法3つ

【医師監修】子宮頸がんの症状は? 検診の流れと主な治療法3つ

子宮頸がんは、婦人科系のがんの中では、乳がんの次に罹患率が多いがんで、最近では、20~30代の若い女性に急増しています。ここでは、子宮頸がんになる原因や、子宮頸がんの検診、治療法などについてお話していきます。


【医師監修】胎児胸水は治る? 起こりうるリスクは? 適切な治療法

【医師監修】胎児胸水は治る? 起こりうるリスクは? 適切な治療法

妊婦健診で超音波検査を受けると、「胎児胸水」が見つかることがあります。これは、お腹の赤ちゃんの胸に水がたまっている状態のことで、適切な処置が遅れると、赤ちゃんの命に関わることもあります。ここでは、胎児胸水がどういうものなのかや、胎児胸水の予後、治療法などをお話していきます。


【医師監修】赤ちゃんの無呼吸に要注意! 呼吸が止まる原因と対処法

【医師監修】赤ちゃんの無呼吸に要注意! 呼吸が止まる原因と対処法

眠っている赤ちゃんの呼吸が何秒か止まっているのを見ると、お母さんとしては、心配でたまらなくなってしまうものですが、赤ちゃんの「無呼吸」の原因は、どういったことが考えられるのでしょうか?また、病気が関係している場合は、どのような治療法があるのでしょう?ここでは、赤ちゃんの無呼吸についてお話していきます。


【医師監修】妊娠中に糖尿病になると、どんな問題がある? 治療法は?

【医師監修】妊娠中に糖尿病になると、どんな問題がある? 治療法は?

妊娠中は、体調が大きく変化することで、体にさまざまなトラブルが起こりやすくなりますが、なかでも、特に気をつけたいものの1つに「妊娠糖尿病」があります。ここでは、妊娠糖尿病がどのようなものか、妊娠糖尿病の原因、治療法などについてご紹介していきます。


【医師監修】生後4ヶ月の赤ちゃんの成長は? 家庭内事故の予防と対策

【医師監修】生後4ヶ月の赤ちゃんの成長は? 家庭内事故の予防と対策

生後4ヶ月は、首のすわりが完成したり昼夜の区別がつき始める頃。お風呂やお着替えが楽になり、昼夜逆転がなくなることで、ママは育児がちょっと楽になるかもしれませんね。ただ、この時期からの新しい悩みや危険も出てきます。特徴と育児のポイントを知って、しっかり対策しましょう。


最新の投稿


【医師監修】赤ちゃんのいびきは病気? 考えられる4つの原因と治し方

【医師監修】赤ちゃんのいびきは病気? 考えられる4つの原因と治し方

赤ちゃんがうるさいくらいの「いびき」をかいていて苦しそう、息が荒い……。これは病気の可能性があります。今回は赤ちゃんのいびきの原因をはじめ、治療、ご家庭での防止策までを解説しました。


【医師監修】妊婦のインフルエンザ、薬の服用・赤ちゃんへの影響は?

【医師監修】妊婦のインフルエンザ、薬の服用・赤ちゃんへの影響は?

妊婦がインフルエンザに感染した場合、赤ちゃんにはどのような影響が及ぶのでしょうか。薬の服用、ワクチン接種のそれぞれについてチェックしましょう。


育児休暇と育児休業は何が違う? 取得するために知っておくべきこと

育児休暇と育児休業は何が違う? 取得するために知っておくべきこと

仕事をしている女性にとって気になることのひとつが、出産した後に取得できる育児休暇(育児休業)のこと。産まれたばかりの赤ちゃんを育てるために育休という制度があることは知っているものの、具体的な内容までは知らないという人は多いでしょう。育休の仕組みについて、詳しくご紹介します。


働くママが知りたい「育児休業等取得者申出書」の手続き・提出までの流れ

働くママが知りたい「育児休業等取得者申出書」の手続き・提出までの流れ

もし出産後も仕事を続けたいと考えているなら、育児休業の制度を知っておきましょう。出産後、スムーズに職場復帰を果たすためにも、育児休業を上手に利用したいものです。今回は、育児休業を取得する際の手続きについて、必要な書類の一つ「育児休業等取得者申出書」を軸にまとめてみました。


【医師監修】妊娠時に基礎体温が下がることはある? 妊娠中の体温変化とその要因

【医師監修】妊娠時に基礎体温が下がることはある? 妊娠中の体温変化とその要因

妊娠の兆候を感じるのは、体温が高いことがきっかけになる女性もいるでしょう。妊娠すると、体は一気に「胎児を守り育てる」仕組みにシフトし、日常を維持するモードから切り替わります。女性ホルモンの働きが活発になって、体内に大きな変化が出てきます。そのため顕著に変化が現れるのが「体温」です。