ママのための悩み解決サイト
【医師監修】双子妊娠の4つのリスクとは? 産み分けはできる?

【医師監修】双子妊娠の4つのリスクとは? 産み分けはできる?

双子の妊娠と単胎妊娠では、妊娠の兆候や経過、症状にどのような違いがあるのでしょうか?妊娠中の母体・赤ちゃんの状態と、起こり得る4つのリスクについて説明します。できれば双子がほしい!という方に向けて、双子妊娠の確率と産み分けに関する情報もお伝えします。


この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 中林稔 先生
日本医科大学卒業。東京大学医学部付属病院で研修後、三井記念病院医長、虎の門病院医長、愛育病院医長を経て現在三楽病院産婦人科長。 診療のみならず、学会・各地講演をはじめとする医学の普及活動を行う傍ら、教育にも幅広く従事しており、2008年には中林助産師学院を共同設立。自ら講師を務め、6年間連続助産師国家試験合格率100%を達成中。

双子妊娠のメカニズムと確率、判明する時期

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まずは、双子以上の多胎妊娠がどのように成立するのか、そのメカニズムについて説明します。双子妊娠の確率と、双子かどうかがわかる時期についても見ていきましょう。

一卵性双生児

ひとつの受精卵からできる双子を、一卵性双生児と言います。受精卵が細胞分裂の過程で何らかの原因により二つに分かれ、それぞれが1人の胎児として成長します。同じ精子と卵子をルーツとするため遺伝子はまったく同じで、性別や血液型が異なることはありません。見分けがつかないほどそっくりな同性の双子は、一卵性双生児です。一卵性双生児ができる確率は、自然妊娠でおよそ0.4%といわれます。ちなみに、一卵性双生児は妊娠中の状態が以下の2種類に分かれます。

・1絨毛膜1羊膜…1つの部屋を2人で共有している状態です。
・1絨毛膜2羊膜…1人ひとつずつ部屋がある状態です。

どちらにせよ、一卵性双生児の場合はひとつの胎盤を2人で共有するので、栄養が均等に届きにくくなります。成長に差が出るなどの問題が起きやすいため、妊娠中は常に慎重な管理が必要となります。

二卵性双生児

二つの受精卵を同時に妊娠することでできる双子を、二卵性双生児と言います。何らかの原因で2つの卵子が排卵され、それぞれが別の精子と出会って胎児として成長します。遺伝子が別なので、性別や血液型が違うこともあります。容姿も、一卵性双生児ほどそっくりにはなりません。同時期に産まれた兄弟のようなものと考えればいいでしょう。

二卵性双生児ができる確率は人種によって異なるようですが、日本人の場合は自然妊娠でおよそ0.2~0.3%といわれます。ただ、不妊治療(特に体外受精)を受けた場合は、治療内容によっておよそ4~25%まで上昇するとされます。

二卵性双生児の場合は、必ず1人ひとつずつ部屋がある2絨毛膜2羊膜になります。胎盤も2つに分かれるため、栄養が不均等になる心配はありません。

双子かどうかはいつわかる?

双子かどうかがわかる時期は、一卵性と二卵性で少々異なります。二卵性双生児は2つの受精卵から産まれるため、胎嚢が2つになります。よって、胎嚢が確認できる妊娠5週目頃には双子かがどうかわかります。

一卵性双生児の場合は胎嚢が1つなので、確認できる時期は二卵性双生児より遅くなります。鼓動が2つあることで判明するので、早ければ心拍が確認できるようになる6~7週頃、遅くても11週(妊娠3ヶ月)頃までにわかることが多いそうです。

妊娠の兆候、経過・症状に違いはある?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

双子妊娠の場合、妊娠の兆候や経過、症状は単胎妊娠とどう違ってくるのでしょうか?注意点も含め、詳しく説明します。

兆候について

検査薬が陰性だったのにいつまでも月経が来なかったり、妊娠兆候のような体調の変化がある場合は、病院で検査してもらいましょう。

経過・症状について

双子を妊娠すると、妊娠中の症状や経過に違いはあるのかと心配になる方もいるでしょう。双子を妊娠した場合の妊娠中の経過と、主な症状について説明します。ただし、症状などには個人差があるので、あくまでも目安としてとらえてください。

体重

双子妊娠の場合は、胎児1人分の重さがプラスになります。よって、体重増加の目安は単胎妊娠プラス2~3kg(胎児1人分の重さ)と考えればいいでしょう。例えば、妊娠前の体型が標準(BMI18.5~25.0)の場合、単胎妊娠での推奨体重増加量は7~10kgなので、双子妊娠の場合は9~13kgになります。

お腹の大きさ

お腹の中に赤ちゃんが2人いるわけですから、当然1人の場合よりもお腹は大きくなります。妊娠初期の大きさはあまり変わりませんが、妊娠中期頃からはおよそ1.5倍のスピードで大きくなるといわれます。一般的に、妊娠8ヶ月頃には単胎妊娠の臨月くらいの大きさになるようです。臨月には、市販のマタニティウェアが着られないくらい大きくなる場合もあります。

つわり

双子を妊娠するとつわりの症状も2倍になるのかと不安になるかもしれませんが、つわりの症状は個人差によるものが大きく、単胎妊娠や多胎妊娠で変わるものではないと考えられます。

妊娠線

双子を妊娠すると単胎妊娠よりお腹が大きくなるスピードが早いので、妊娠線もできやすくなります。妊娠初期から保湿クリームでケアしておきましょう。妊娠中期頃からは腹帯やマタニティ用ガードもつけるといいですね。お腹の皮膚が伸びるスピードを押さえてくれます。お腹の急激すぎるふくらみは妊娠線の大きな要因となるので、食事管理や適度な運動で体重の急激な増加にも注意しましょう。

各種症状

・貧血
双子を妊娠すると栄養を2人分作らなければならないので、単胎妊娠よりも貧血になりやすいとされます。貧血ぎみになると動悸や息切れが起こりやすく、疲労感も増します。立ちくらみやめまいなどを起こすこともあるので、ひじきや小松菜など鉄分の豊富な食材を積極的に摂り、常に貧血予防を意識しましょう。気になるときは医師に相談してください。鉄剤を処方してもらえます。

・動悸・息切れ
貧血以外にも、大きくなった子宮が横隔膜を押し上げて肺を圧迫したり、血液が増して心臓の負担が大きくなることでも動悸が起こりやすくなります。動悸や息切れを感じて苦しくなったときは、横になって休みましょう。その際、体の左側を下にする、あるいはクッションや枕を使って上半身をやや起こして寝ると、心臓の負担が軽減されて楽になります。いろいろ試してみて、自分が一番楽な態勢を探してください。横になれないときは、姿勢を正して深呼吸するだけでもだいぶ楽になるでしょう。

・腹痛
双子妊娠は単胎妊娠よりお腹が大きくなることから、腹痛も起こりやすいです。妊娠初期は、子宮が大きくなることで腹痛を感じやすいとされます。ただ、これらの痛みはそれほど大きいものではありません。我慢できないほどの痛みがある場合は切迫流産の危険があるので、痛みがひどいときはすぐに受診しましょう。

・お腹の張り、出血
お腹が張りやすいのも特徴です。それにともない出血がある場合は、切迫早産や早産の可能性があります。中には問題のない出血もありますが、自己判断は危険なので必ず病院に連絡しましょう。その際、妊娠週数と出血の時期、色、量、回数、その他の症状(腹痛など)について答えられるようにしてください。

双子妊娠で気をつけたい4つのリスク

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

双子以上の多胎妊娠の場合は、単胎妊娠よりも多少の危険がともないます。起こり得る4つのリスクについて知っておきましょう。

妊娠高血圧症候群

双子を妊娠すると腎機能への負担が大きくなるので、妊娠高血圧症候群のリスクが高くなります。塩分やカロリーの高い食事はできるだけ控え、1週間に500g以上体重が増えないよう気をつけましょう。

バニシングツイン

片方の赤ちゃんだけを流産してしまうことを、バニシングツイン(消えて行く双胎)と言います。ほとんどが妊娠9~11週までの妊娠初期に、胎児の染色体異常が原因で起こります。そのため、残念ながら予防はできません。初期の流産なので特定の処置は必要なく、残った赤ちゃんへの影響もないといわれます。

早産

双子妊娠の場合は早い時期から子宮が大きくなるので、お腹が張りやすいことから早産になりやすいです。双子のおよそ半数は早産で産まれるともいわれます。妊婦さんの状態にもよりますが、兆候が現れやすい妊娠30週頃からは入院したり、お腹の張りを抑える薬を使うことも多いようです。急激なお腹の張りや出血、水が流れる感じ(破水)があるときは、すぐに病院へ連絡しましょう。

切迫流産

切迫流産のリスクも高いです。特に、安定期に入らない妊娠初期は注意が必要です。体に負担をかけることのないよう、十分気をつけてください。激しいお腹の痛みや出血があったときは、すぐに病院に連絡しましょう。

双子の産み分けはできる?確率を上げる方法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

できれば双子を授かりたい!と考える方もいるようで、産院には双子の産み分けに関する相談が少なからずあるようです。自然妊娠での産み分けはほとんど不可能と考えられていますが、不妊治療で用いられる人工的な方法であれば、二卵性双生児の確率を上げることができます(一卵性双生児は不可)。実際に、不妊治療で妊娠した場合は、双子になる確率が自然妊娠の10倍以上というデータが出ています。

ただし、不妊治療は、言葉通り「自然妊娠が困難な場合」に施されるものであって、双子を授かりたいからという理由で行ってくれる病院はほとんどないでしょう。また、上記にもあるように、多胎妊娠にはリスクがともないます。本来、子宮は1人の胎児を40週かけて育てる機能しか持ち合わせていません。そこで無理やり2人を育てるのですから、リスクがあるのは当然と言えます。無事に産まれたとしても、早産であれば障害が残る場合もあります。そのため、双子母親教室で「障害をもった子供の親になるということ」という冊子を渡す病院もあります。

双子だとかわいいから、リンクコーデをさせたいなどという安易な理由で双子妊娠を望むのであれば、もう一度真剣に考えることをおすすめします。続発性不妊症のように、1度しか妊娠できない症状がある場合などは、医師に相談してみてもいいかもしれません。いずれにせよ、よく考えて決めましょう。考えた末、やはり双子の産み分けに挑戦したいという方は、以下のような方法で確率を上げることができます。

排卵誘発剤

排卵の発育を促し、排卵確率を高める薬です。本来は排卵障害など、発育不全の症状がある場合に処方されます。排卵誘発剤を使うと複数の卵子が同時に排卵されることがあるので、二卵性双生児になる確率が高まります。

体外受精

体外受精では、最大で2個の胚を移植することができます。そのため、双子になる確率が高まります。胚移植が1個の場合は5%の確率ですが、2個移植した場合は25%にまで上昇するとされます。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

双子を妊娠すると、単胎妊娠より少なからぬリスクがともないます。過度の心配は不要ですが、妊娠中は体に負担をかけず、常に体調管理を心がけましょう。双子の産み分けを望む場合は、リスクを知ったうえで再度しっかり考えてみましょう。リスクを負っても授かりたいほどに理由が切実であるか、よく考えたうえで医師に相談することをおすすめします。

【医師監修】双子は自然分娩できる?帝王切開?確率やみんなの体験談

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/211/

双子を妊娠した場合、「自然分娩は難しい」「帝王切開での出産になる」といったイメージはありませんか? ところが、自然分娩で双子の出産をしているお母さんも少なくないんですよ! 双子の自然分娩はどのくらいの確率でできるのでしょうか? 体験した方のお話も交えてご紹介します。

関連する投稿


妊娠週数カレンダーを活用して、赤ちゃんとママの体の変化を確認!

妊娠週数カレンダーを活用して、赤ちゃんとママの体の変化を確認!

妊娠中の方は、今何週目なのかわかりにくいと感じる方もいるでしょう。そのような方は、妊娠周期カレンダーを利用して、赤ちゃんやママの変化をチェックしてみてはどうでしょうか。アプリなどで管理できる方法を紹介します。


【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

【医師監修】ノロウイルスとロタウイルスの症状の違い、予防法や治療法は?

冬が深まるとテレビのニュースなどで「小学校でノロウイルスが流行し……」といったニュースを見かけることが多くなりますよね。感染すると下痢や嘔吐の症状を引き起こすノロウイルスやロタウイルスなどの感染性胃腸炎。実はどちらも流行る時期やかかる年齢、感染経路が異なります。今回はこれらの違いや治療法についてまとめました。


バイオイルは妊娠線に効く?知っておきたい効能や価格、効果的な使い方

バイオイルは妊娠線に効く?知っておきたい効能や価格、効果的な使い方

妊娠線に効くと口コミでも話題沸騰中のバイオイルが気になっていませんか? 妊娠線や肉割れ、日焼け、傷跡、ニキビ、シミ、髪の保湿などさまざまな効能を持つと言われるバイオイルについて、価格情報や販売場所、効果的な使い方など、気になる情報をお伝えします。


【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

【医師監修】赤ちゃんにメープルシロップをあげるのはNG?

赤ちゃんにメープルシロップ入りのケーキシロップを与えても大丈夫なのでしょうか。「妊娠中、授乳中もダメ?」「アレルギーの心配は?」「メープルシロップ尿症の原因になる?」など気になる疑問に答えます。蜂蜜との違い、離乳食に混ぜる方法、1歳から3歳向けの咳対策のシロップ情報も必読!


【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える?原因や治療法を紹介

妊娠がわかると、嬉しい反面、体の変化に戸惑うこともたくさん。特に妊娠線に悩む方が多いようですね。今回は「妊娠線」について解説していきます。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


母乳パッドはなぜ必要?正しい選び方と人気の母乳パッドを紹介

母乳パッドはなぜ必要?正しい選び方と人気の母乳パッドを紹介

赤ちゃんに授乳するようになると、おっぱいの出る量が増えるにしたがって、自然におっぱいが溢れ出てくるということがあります。そんな時に便利なものは「母乳パッド」です。一口に母乳パッドといっても布製と使い捨ての2種類があります。母乳パッドについての解説とおすすめ商品をご紹介します。


飽きない幼児食の献立とは?幼児食の重要性について知るべき事

飽きない幼児食の献立とは?幼児食の重要性について知るべき事

離乳食から切り替える幼児食。幼児食はどのようにしたら良いのでしょうか? 献立の内容や栄養バランスなど、どのように注意したら良いのかをまとめました。手軽に必要な栄養を摂り入れる献立のコツも紹介しているので、参考にしてください。


節分の豆を子どもにあげる時はご注意を【ママ女医と娘の○○な日常 vol.29】

節分の豆を子どもにあげる時はご注意を【ママ女医と娘の○○な日常 vol.29】

1月もあっという間に過ぎ、もうすぐ節分です。楽しい行事ですが、実は豆やナッツは誤嚥すると大変なんです。子どもにあげる時はご注意を。


室内用ジャングルジムを購入したい!注意事項と人気3選を紹介

室内用ジャングルジムを購入したい!注意事項と人気3選を紹介

室内でも子どもが思い切り遊べる室内用ジャングルジム。運動することで体力づくりにもなり、人気があります。そんな室内用ジャングルジムは何歳くらいから遊べるのか、購入に関しての注意点をまとめました。おすすめの室内用ジャングルジムも紹介します。


ハンドブレンダーで離乳食が簡単に作れる!おすすめのメーカーは?

ハンドブレンダーで離乳食が簡単に作れる!おすすめのメーカーは?

離乳食作りは子どもが食べやすいように、柔らかく煮込んだり刻んだりして作るので意外と手間と時間がかかります。そのひと手間の軽減に役に立つのがハンドブレンダー。ハンドブレンダーを離乳食作りに使うコツや、選び方のポイントなどを紹介します。