デッドスペースに大活躍! 突っ張り棒の収納アイデア5選

デッドスペースに大活躍! 突っ張り棒の収納アイデア5選

空間を有効活用できる便利なアイテム、突っ張り棒。使っている方も多いのではないでしょうか? 壁に穴を開けなくても棚や収納スペースが作れるので、気軽に取り入れられますよね。そこで今日は、突っ張り棒を使えばデッドスペースも立派な収納スペースに変わる実例をご紹介します。


こんにちは。ライフオーガナイザー®・クローゼットオーガナイザー®の原田ひろみです。

今では万能アイテムとしていろいろな場所で使われている突っ張り棒。わが家でもさまざまな場所で使っています。特に今まで利用できなかった空間(デッドスペース)が、突っ張り棒を使うことで立派な収納スペースになりました。

今回は突っ張り棒を使い、デッドスペースも立派な収納エリアに生まれ変わらせることができた収納実例をご紹介します。

突っ張り棒は種類が豊富

突っ張り棒といってもさまざまな種類がありますね。100均やホームセンターでよく見かけるバネ式タイプの他に、洋服などある程度の重さにも対応できるネジ式タイプもあります。また、2本使った突っ張り棚や、床から天井へと縦に突っ張るタイプのものなど種類はさまざまです。

突っ張り棒を使ったデッドスペースの収納実例

デッドスペースに使える! 100均突っ張り棒

【引き出し奥のデッドスペース】ラップのストック収納

100均では25~30cmほどの短い突っ張り棒が、2本セットで販売されています。わが家の場合、この短い突っ張り棒を、幅27cmのキッチンの引き出しの奥に使っています。同じ高さに前後で突っ張り棒を取り付け、その上にラップやジッパータイプの袋などのストック品を載せて収納。さらに、上にも突っ張り棒を追加して2段収納にしています。

深さのある引き出しの場合、上の空間が広く空いている場合があります。引き出しの奥は、モノの出し入れがしずらい場所なので、頻繁に使うものには不向きですが、ストック品など使用頻度が少ないモノであれば活用できますよ。

【キッチン吊戸棚下のデッドスペース】吊り下げ収納

わが家のキッチンの吊り戸棚下は凹んでいてデッドスペースになっていましたが、カーテンクリップを通した突っ張り棒を取りつけています。水切りマットなど一時的に干したいもの、ちょっと吊るしたいもときに使えるので、とても重宝しています。

カーテンクリップは透明タイプを選べば目立ちません。

【キッチン吊戸棚下のデッドスペース】キッチンペーパー収納

キッチンペーパーも吊戸棚下のデッドスペースに、突っ張り棒を取りつけて収納しています。この場所は、調理作業台の真上。キッチンペーパーがここにセットされていると使いたいときにすぐに手が届くので、無駄な動きがなくなります。

クローゼットのデッドスペースも立派な収納スペースに!

【クローゼットのデッドスペース】ベルト収納

クローゼットの端は、折り戸の関係でデッドスペースになっていますよね。その場所にハンガーパイプに対して垂直に突っ張り棒を取りつけ、S字フックにベルトを掛けています。

使いづらいため空けていましたが、有効活用してここはベルト収納に。ハンガーパイプに掛けるより省スペースで収納することができます。

ベルトは金具がついているので吊るす時は重くなります。重さに耐えるために、突っ張り棒を取りつける位置は、ハンガーポール上にしています。ベルトを掛ける時、1本ずつ・色別・用途別など自分が探しやすいようにグループ分けすると、さらに使いやすくなりますよ。

床と天井で突っ張るタイプ×ワイヤーラックで壁面収納!

リビングクローゼットの横の壁面に、床と天井で突っ張る平安伸銅工業株式会社の「突っぱり収納2段ハンガースリム」を取りつけています。この場所は、クローゼットの折り戸で生まれるデッドスペースのため使いづらかったのですが、結束バンドでメッシュのワイヤーを取りつけ、バッグを収納できるスペースに活用しました。ワンアクションですぐに取り出せるので、よく使うバッグはこの場所が定位置になっています。

その他にも、帽子なども引っ掛けて収納することも!

まとめ

今回は「この場所にしまえる場所があるといいな……」から生まれた、突っ張り棒を活用した収納アイデアをご紹介しました。収納アイデアは他にもさまざまな方法があります。まずはご自身の使いやすさを優先し、無理のない範囲で空間を活用してみてくださいね。

この記事のライター

ライフオーガナイザー®/クローゼットオーガナイザー®/スカーフコーディネーター®/ストールコーディネーター®

兵庫県宝塚市在住。
クローゼットの片づけを中心に、お客様宅の片づけサポート、クローゼットの片づけセミナー、スカーフ・ストールのアレンジレッスンを行っている。

何を着たらいいかわからないお悩みや毎日の服選びがスムーズにできる快適なクローゼットづくりをサポートします。

装いに自信をもち、暮らしを楽しみたい女性を応援しています。

ブログ:https://ameblo.jp/hunky-dorylife/

関連するキーワード


専門家 突っ張り棒

関連する投稿


100均と無印でシンデレラフィット! ティッシュのストック収納用品

100均と無印でシンデレラフィット! ティッシュのストック収納用品

今回は、ティッシュのストックを収納しておくのに、ピッタリな収納用品をご紹介します。どれもシンデレラフィットで収納時からすっきり! 置く場所にあわせて、ピッタリな収納用品を選んでくださいね。


【時短料理術】災害時だけじゃない! パッククッキングの実例

【時短料理術】災害時だけじゃない! パッククッキングの実例

パッククッキングという調理方法をご存知ですか? 湯せん可能なポリ袋に食材を入れて、湯せんで火を通す調理方法のことです。災害などでライフラインがストップしても、カセットコンロ・鍋・水・ポリ袋があれば、温かい食事をとることができます。もしもの時にも役立ちますが、日頃から便利に使える調理方法ですので、ご紹介いたします。


クローゼットがわりにも! 階段下収納でコートをきれいに収納しよう

クローゼットがわりにも! 階段下収納でコートをきれいに収納しよう

家のデットスペースを活用すれば、現状の収納もスペースアップします。玄関にある階段下収納をコート専用のクローゼットにしたら、放置されがちな上着の散乱を防げました! 今回は、階段下収納の実例をご紹介。また「そんなスペースない……」と悩んでいる方にも、スペースの作り方アイディアをお伝えします。


見た目良く、使いやすく! ざっくり派にオススメのキッチン収納グッズ

見た目良く、使いやすく! ざっくり派にオススメのキッチン収納グッズ

できれば何にもない、モデルハウスのようなキッチンがいい! と思っても、普段の自分のライフスタイルと差が大きく出る場所がキッチンです。本日は、ざっくり派の方にオススメしたい、見た目も良くて使いやすいキッチン収納グッズをお伝えします♪


「細かいモノの収納」がキモ! 快適キッチンに近づく収納テク4つ

「細かいモノの収納」がキモ! 快適キッチンに近づく収納テク4つ

キッチンは、アイテム数もモノの出入りも多い場所。調味料も新商品が出たらつい買って試してみたくなったり。あれもこれも詰めすぎてごちゃごちゃになっていませんか? 限られたスペースと、収納量のなかで、使いやすいキッチンにするために、私の家で取り入れているテクニックをお伝えします。


最新の投稿


押入れ内にカビを見つけたら? 慌てず消毒&掃除で対処しよう

押入れ内にカビを見つけたら? 慌てず消毒&掃除で対処しよう

特別水分の多いものを置いていなくても、閉め切ったままの押入れは湿気が溜まりカビが発生しやすい場所として知られています。押入れにカビを見つけたときは、どのように対処すればいいのでしょうか。今回は、押入れに発生したカビの除去方法についてご紹介します。


凝固剤を使わず廃油を処分する裏技・節約術

凝固剤を使わず廃油を処分する裏技・節約術

キッチンなどから出る廃油はどのように処理していますか? 凝固剤を使用するやり方がよく知られていますが、処分するたびに凝固剤を使うと、コストもかかってしまいますよね。そこで今回は、廃油を処分する裏技を特集。凝固剤を使わず、手近にあるものを活用して節約する方法や、買い取りを依頼する方法についてご紹介します。


洗濯物がパリッと仕上がる! 洗濯のりでアイロンがけを楽にする裏技

洗濯物がパリッと仕上がる! 洗濯のりでアイロンがけを楽にする裏技

ワイシャツやブラウスなどは、洗濯するにつれて生地がくたびれてきてしまいます。捨ててしまう前に、洗濯のりを試してみませんか? キレイにのりづけすることで、まるでおろしたてみたいにパリッと仕上がりますよ。今回は、洗濯のり、洗濯のりスプレーを取り上げ、それぞれの特徴やおすすめの裏技などについて詳しくご紹介します。


コバエ対策グッズのおすすめは? 場所別に徹底解説

コバエ対策グッズのおすすめは? 場所別に徹底解説

どうにもうっとうしいコバエ。うるさいだけならやりすごすこともできるんですが、まれに病原菌を媒介することがあると聞くと、放ってはおけませんよね。そこで今回は、コバエに有効な対策グッズをピックアップして特集。キッチン、植木、アミ戸と、コバエがたかるポイントごとにご紹介していきます。


シャツの襟汚れが落ちない! おすすめ洗剤と洗濯のコツ

シャツの襟汚れが落ちない! おすすめ洗剤と洗濯のコツ

ワイシャツの襟や袖に、いつの間にかついてしまう黒すんだ汚れ。放っておくと落ちにくくなる汚れだからこそ、毎日のお手入れで出来るだけ綺麗なままをキープしておきたいですよね! とはいえ、毎日手間はかけたくないもの……。でも大丈夫! ズボラな私でも毎日続けられた洗剤と、襟汚れの洗濯のコツをご紹介致します。


ふとんリネット