リビングダイニングの散らかりやすいものを片づける3つのコツ

リビングダイニングの散らかりやすいものを片づける3つのコツ

リビングダイニングは、家族団欒を過ごす場所。常にスッキリとしていたいですよね。その反面、家族のさまざまなものが集まる場所なので、あっという間に乱れてしまいます。今回はそのお悩みを解決する片づけのコツ3つをご紹介します。


こんにちは。ライフオーガナイザー®・クローゼットオーガナイザー®の原田ひろみです。

家族が一緒に過ごすリビングには、さまざまなものが集まってきます。雑誌や本、書類やダイレクトメール、子どものおもちゃ、家族の衣類、その他にもリビングに細々としたものが出しっぱなしになることで一気に散らかり、ごちゃごちゃになってしまうお悩みはありませんか?

そこで今回は、ダイニングやリビングに散らかりやすいものをスッキリ片づけるコツを3つご紹介します。

①書類・ダイレクトメールはその場で分ける

ダイニング収納

毎日のように届くはがきやダイレクトメールはダイニングで整理します。

①必要がないダイレクトメールはその場で処分。シュレッターがすぐそばにあるので一歩も動かず破棄できます。
②保管が必要なはがきは、キャビネット内の浅いケースに掘りこむだけ。
③A4サイズのもので一時的に置いておきたい書類はキャビネット上の書類ケースに置くようにしています。

いっぱいになるまえに、定期的な見直しをする時間をとるようにして、ため込まないようにするのがポイント。あちこち動き回らず、その場で書類の整理ができるようにすることで散らかりにくくしています。

ダイニング収納

②置きっぱなしになりがちな衣類は2つの方法で解決

Getty logo

畳んだ洗濯物、すぐに洗わないパジャマや部屋着を仕舞うことがつい後回しになり、リビングに置きっぱなしなってしまうことはありませんか?

その理由に、仕舞う場所が遠くて後回しになるということがあります。

戸建てに住むわが家も、衣類を収納しているクローゼットが2階なのに、洗濯物を畳んだり、部屋着に着替えたりする場所が1階のリビングなので、後回しになってしまうことがあります。

そこでリビングに散らからないように、2つの仕組みを取り入れました。

畳んだ洗濯物はかごにまとめる

折りたたみ式カゴ

2階のクローゼットへ持って上がりやすいように、洗濯物はかごにまとめています。行先別にかごをわけ、2階に上がるついでに持って上がるようにしています。すぐに2階に持って上がれないときは、あまり目立たない窓際の椅子の横が定位置。

ここなら邪魔になりませんし、死角になるので散らかった印象にもなりにくいです。

リビングのカゴ置き場

リビングクローゼットに衣類を仕舞う場所を作る

リビングクローゼット収納

洗濯物以外にパジャマや部屋着など、一度着てすぐに洗濯をしない衣類ってありますよね。

わが家は、生活動線から見ても2階より1階にある方が便利なので、しまう場所をリビングクローゼット内に家族1人1か所ずつ作りました。(子どもはリビング横が子供部屋になっているので作ってません)

リビングに衣類を収める場所をつくったことで、出しっぱなしにもならず、2階までもって上がる面倒さもなくなりました。

③ダイニングに各自専用の引き出しを作る

Getty logo

細々とした家族のものは、置き場所に困ると出しっぱなしになりがちですよね。例えば、カバンから出した貴重品や手帳、メモ帳、小物ケースやハンドクリームなど。

ついダイニングテーブルや棚の上に置いてしまうと、あっという間にダイニング周りが雑然としてしまいます。

置き場所に困るもの、細々としたものを仕舞う場所を、衣類の引き出し以外にダイニングの引き出しにも各自1か所ずつ作ってます。

ダイニングのキャビネット収納

各自専用の引き出しがあるだけで、行先迷子のものがすぐに片づき、出しっぱなしが激減。

もし、主人のものが出しっぱなしになっていることが気になったら、その引き出しに入れてしまえばすぐに片づきます。

自分の引き出しは、何をいれても自由。各自自分で管理することで、散らかりにくい仕組みづくりをしています。

まとめ

リビングダイニングは家族でおいしく食事を食べたり、くつろいだりする場所。居心地のよい空間にしておきたいですよね。

つい置きっぱなしになるものには、定位置をつくること。置き場所に迷うものは、まとめて管理する場所を1か所つくることで散らかりにくくなりますよ。

参考になればうれしいです。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

ライフオーガナイザー®/クローゼットオーガナイザー®/スカーフコーディネーター®/ストールコーディネーター®

兵庫県宝塚市在住。
■個人向けのクローゼットを中心としたご自宅お片付けサービス
■クローゼットなどの片づけセミナー
■日本ライフオーガナイザー協会 webマガジン「片づけ収納ドットコム」のライター
■スカーフ・ストールのアレンジレッスン開催など

私自身、クローゼットを片づけてもリバウンドを繰り返していた時期もあり、最大で300着の洋服を持っていたことも。

片づけの悩みを克服した経験を元に同じようなお悩みをお持ちの方に、「何を着たらいいかわからないお悩みや毎日の服選びがスムーズにできる快適なクローゼットづくりをサポートしています」。

流行や周りに流されず装いに自信をもって暮らしを楽しむ女性を応援しています。

ホームぺージ:https://lifestylingroom.com/
ブログ:https://lifestylingroom.com/blog/

関連するキーワード


専門家 片付け

関連する投稿


家中使える! リアムの「ワイヤーバスケット」活用術10

家中使える! リアムの「ワイヤーバスケット」活用術10

家中どこでも使えるリアムの「ワイヤーバスケット」。おしゃれな収納グッズを使えば、おうちもグッと素敵になりますよ! そんな「ワイヤーバスケット」の使い方をご紹介します。


放置しがちな段ボールはその場で片づける! 収納場所に必須の3つの条件

放置しがちな段ボールはその場で片づける! 収納場所に必須の3つの条件

今や生活に不可欠なネットショッピング。便利な反面、商品が入っていた段ボール箱がどんどん家に溜まってしまって置き場所に困ることも……。今回は荷物が届いたらすぐに段ボールを片づけられる収納のコツをご紹介します。


「ニトリ」の食器と「レースペーパー」で! 家族で祝うひな祭り

「ニトリ」の食器と「レースペーパー」で! 家族で祝うひな祭り

女の子の健やかな成長を祝うひな祭り。今回はニトリの食器とレースペーパーを使うお手軽なひな祭りのテーブルアイディアをご紹介します。


こんなフックが欲しかった! 保育園グッズがおしゃれに片づく便利アイテム

こんなフックが欲しかった! 保育園グッズがおしゃれに片づく便利アイテム

ちょっとここにフックが欲しい! さらに見た目もおしゃれにしたい! そんなあなたにピッタリのアイテムが「BRASS プッシュピン Lフック」。今回は片づけのプロが、洗面所に保育園グッズの収納場所を作るために使ってみた様子をご紹介します。


アイテムで解決! 詰め込んだ靴をすっきり収納する方法

アイテムで解決! 詰め込んだ靴をすっきり収納する方法

玄関はすっきりした状態を保ちたい。けれども、玄関にもともとの備え付け収納が少ない、家族の人数が多いなどの理由から、靴が出しっぱなしになってしまうことも少なくないですよね。5人家族のわが家でも、靴の収納は悩みのタネ。そこで靴の収納を見直すことにしました。


最新の投稿


かさばる診察券や医療証もスッキリ! 100均グッズを使った収納術

かさばる診察券や医療証もスッキリ! 100均グッズを使った収納術

病院に行くときに持参することの多い医療証や診察券。みなさんはどのように収納されていますか? 今回は、いざ使うときにさっと取り出せる100均グッズを、実際に使ってみた感想とともにレポートしてみたいと思います。


シャキシャキ感がおいしい! 水菜のおすすめの食べ方とレシピ

シャキシャキ感がおいしい! 水菜のおすすめの食べ方とレシピ

寒い冬から春にかけて旬を迎える水菜。そのままサラダにしたり、鍋に入れたりもできる便利野菜です。シャキシャキした食感と瑞々しさが特徴の水菜の、いろいろな食べ方やレシピを紹介します。


【医師監修】新生児のミルクの飲みすぎにはどう対処する?欲しがり続ける原因と上手な対応

【医師監修】新生児のミルクの飲みすぎにはどう対処する?欲しがり続ける原因と上手な対応

新生児のうちは、十分にミルクを飲ませたはずなのに、あげてみたらどんどん飲んでしまうことがあります。ミルクの飲みすぎではないかと気になったり、何度も泣いてほしがっているように見えたらどうすればいいか、紹介します。


【医師監修】つたい歩きはいつから?早すぎるとO脚になるって本当?

【医師監修】つたい歩きはいつから?早すぎるとO脚になるって本当?

つたい歩きをなかなか始めなかったり、逆に早くからつたい歩きを始める姿を見て、心配するお母さんお父さんもいることと思います。今回はつたい歩きを始める一般的な時期や、O脚との関係などについてお話します。


【医師監修】低出生体重児はどうしてなるの?原因と発達・発育の特徴、育児の注意点とQ&A

【医師監修】低出生体重児はどうしてなるの?原因と発達・発育の特徴、育児の注意点とQ&A

赤ちゃんが元気に生まれてきてくれても、体が小さめだと気になることが多いかもしれませんね。特に低出生体重児の場合は、育て方や今後の成長などに不安を感じることもあると思います。そこで今回は、「低出生体重児」とはどのようなものか、その原因や成長のしかた、育てるうえで気を付けたいことなどについて説明します。




専門家