ママのための悩み解決サイト
片づけと準備を同時に! 使いたい時に探さなくてすむ水着&マリングッズ収納

片づけと準備を同時に! 使いたい時に探さなくてすむ水着&マリングッズ収納

夏休みに使った水着やマリングッズ。来年使う時に探さず、すぐに取り出せるようになっていると嬉しいですよね。今年使い終わったら、来年の準備も兼ねて片づけてみませんか?


片づけしながら準備! 手間を先取りする仕組み

IKEAのISTADを使った水着・マリングッズ収納

こんにちは。ライフオーガナイザー®の橋本智子です。

今年の夏は、水着やマリングッズを探さずに準備できましたか? 毎年プールの時期になると、あちこち家中を探してしまう……。マリングッズの内の1つだけが見つからない……というお悩みをよく伺います。いろいろなアイテムをお持ちの場合は、片づけも大変ですよね。

使った後、少し手間ですが来年の準備も兼ねて片づけをしておくと、次に使いたい時に慌てず、探さずに取り出せます。「バッグに入れるだけ!」の状態になっていると、楽チンで嬉しいですよね。

片づけもしながら来年の準備もする。手間の先取りをしておきませんか?

用途別・人別に分類しておく

IKEAのISTADを使った水着・マリングッズ収納

水着やマリングッズの小物類の収納にちょうどいいのが、IKEAで人気のISTADです。今は100均などでも、モノトーンのものやインデックス付きなどのおしゃれなものもありますし、ジップロックにスライダー付のタイプもありますので、好みに合わせて選べますね。

我が家では、水着と浮き輪などのグッズで袋の色を変えています。我が家は色で見分ける方が楽でしたが、何が入っているのかラベリングするという方法もあります。

色別に分類する際も、「○○は赤」「〇〇は青」というふうに、人別に色分けすることもできますし、水着とそれ以外というふうに用途別に分類することもできます。翌年分かりやすくしておくというのが目的なので、一番楽に見分けられる方法を選んでくださいね。

ジップ式袋は多少模様があるものの、透明の袋なので開封しなくても何が入っているのか一目瞭然です。こうして片づける時にジップ袋に入れて保管しておくと、次に使う時はそのまま取り出して入れるだけでOKなので楽ですね。

IKEAのISTADを使った水着・マリングッズ収納

ただ子供の水着の場合、今年着ることができても翌年はサイズアウトしている場合もあります。念のためサイズをマスキングテープに書いて袋に貼っていますが、サイズ的には小さくてもギリギリ着られる……という事もあるので、子供の分に限っては使用前に試着して、まだ着られるか確認しています。

マリングッズ一式を家族分まとめて収納

IKEAのISTADを使った水着・マリングッズ収納

人別・用途別に分類した水着やマリングッズは、IKEAのSKUBBにまとめて一括収納しています。水着やラッシュガードは手触りがサラサラしているので立てて収納しても崩れてしまいます。袋に入れることでそれぞれのアイテムを分かりやすく立てて収納できますし、探しやすいのも良いところ。

以前はそれぞれの水着はクローゼットの自分の引出しに、サンダルは玄関に……と分けて入れていたのですが「水着、どこだっけ?」「自分で入れたんじゃないの?」「サンダルは?」という会話が続き、結局一緒に探すことが多かったのです。

我が家はあまり大型のマリングッズを持っていないので、家族分の水着とマリングッズを一括で収納することで、家族誰もが「ここにある」と認識するようになりました。

時期が来たらボックスを出しておけば、中から自分で探してバッグに入れるという準備ができる仕組みです。

廊下収納・IKEAのSKUBB収納

ボックスの収納場所は、家族誰もが通る廊下収納の一角に。中身が見えないボックスに収納しているので、家族皆が分かるようラベリングを。子供が小さいうちはひらがな・カタカナだけにして、誰でも読めるようにしています。

例えばボックスに入らないような大型のマリングッズをお持ちの場合も、近くに置いておくと分かりやすいですし、近くに置けない場合も、それぞれのボックスに「他の荷物を何処に置いているのか」を記載しておくと、探す手間が省けますね。

まとめ

遊ぶ時は楽しいけれど、その後の片づけがやや手間なマリングッズ。翌年の準備をラクにするために、片づける際に全部揃っているかを確認しておくと、次に必要になった場合も安心ですね。参考になれば幸いです。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

大阪在住のライフオーガナイザ―®/メンタルオーガナイザー®

・個人宅での整理収納作業や片づけセミナーを通して
 家の仕組みを整える片づけサポート。
・思考や感情を整えて自分らしく暮らす為の心の片づけサポート。
空間と心の両面から暮らしを整えるお手伝いをしています。

お一人おひとりの「ちょうど良い暮らし」に合った片づけ方をご提案します。

ブログ:https://ameblo.jp/smile-life-008/

関連するキーワード


専門家 片付け

関連する投稿


【時短朝食テク】多忙な朝にみそ汁・スープがすぐ完成! 冷凍活用アイディア

【時短朝食テク】多忙な朝にみそ汁・スープがすぐ完成! 冷凍活用アイディア

寒くなってくる季節、朝起きて朝ごはんの支度をするのがどんどんつらくなってきます。そんなときでも、スープ一杯・みそ汁一杯でからだをあたためたい! 朝の一杯がかんたんに作れるアイディアをご紹介します。活用するのは冷凍食材。朝から具だくさんスープが食べられますよ。


姉妹でも全然違う! 収納スペースのこだわりポイント【専門家実例】

姉妹でも全然違う! 収納スペースのこだわりポイント【専門家実例】

同じ環境・同じ両親のもとで育った姉妹(兄弟)でも、性格や体格が違います。そのため片づけひとつとっても、それぞれこだわるところも違えば、楽な方法も違います。また、年齢によってできることや、好みも変わってきます。そこで今回は、わが家の高校1年生、中学1年生、3歳の三姉妹の収納スペースを例にご紹介いたします。


これで省スペース! かさばるプラゴミ・生ごみを小さく軽くするテク

これで省スペース! かさばるプラゴミ・生ごみを小さく軽くするテク

慌ただしい朝、プラゴミや生ごみの回収時間に間に合わず、次の回収日まで家で保管なんていう経験はありませんか? 一つひとつは小さくても、積み重なるとスペース確保が難しいことも。実は調理中のほんのひと手間で小さくすることや、買い物の仕方で減らすこともできます。未来の自分を楽にするため、少しずつできることから始めてみませんか?


【4児の母が指南】病院受付でのバタバタをなくす! 診察券の一括管理方法

【4児の母が指南】病院受付でのバタバタをなくす! 診察券の一括管理方法

兄弟が増えてくると、病院に連れて行くだけでも大変ですよね。そこで、4人の子どもと暮らす片づけのプロが実践する、診察券や保険証の管理方法をご紹介! 病院でスムーズに受付できる鍵は「一括管理」でした。


【時短家事】溜め込まないのがコツ! 一日たった2分でできる洗面所掃除法

【時短家事】溜め込まないのがコツ! 一日たった2分でできる洗面所掃除法

毎日家族が使う洗面所。水まわりはすぐ汚れてしまいがちですが、きれいに使いたいですよね。今回は、毎日たった2分でキレイになる洗面所掃除のやり方から、定期的に掃除をして気を付けるポイントまで紹介します。


最新の投稿


サイズアウトした子ども服はスピーディに整理! 4児のママが教える管理収納法

サイズアウトした子ども服はスピーディに整理! 4児のママが教える管理収納法

サイズアウトした子ども服って、意外と邪魔で溜まりがちではないでしょうか? しっかりと管理して、タイミングよく手放す仕組みが出来上がれば、衣替えもグっと楽になるはず! サイズアウトした洋服をスピーディに手放せる3つのステップをご紹介します。


【時短家事】溜め込まないのがコツ! 一日たった2分でできる洗面所掃除法

【時短家事】溜め込まないのがコツ! 一日たった2分でできる洗面所掃除法

毎日家族が使う洗面所。水まわりはすぐ汚れてしまいがちですが、きれいに使いたいですよね。今回は、毎日たった2分でキレイになる洗面所掃除のやり方から、定期的に掃除をして気を付けるポイントまで紹介します。


【4児の母が指南】病院受付でのバタバタをなくす! 診察券の一括管理方法

【4児の母が指南】病院受付でのバタバタをなくす! 診察券の一括管理方法

兄弟が増えてくると、病院に連れて行くだけでも大変ですよね。そこで、4人の子どもと暮らす片づけのプロが実践する、診察券や保険証の管理方法をご紹介! 病院でスムーズに受付できる鍵は「一括管理」でした。


【医師監修】1歳半以降の夜泣きとその対策法4つ

【医師監修】1歳半以降の夜泣きとその対策法4つ

ぐっすり眠っていると思った赤ちゃんが、夜中に突然起きて泣き出す夜泣き。一般には、一時期のもので1歳~1歳半ごろになるとおさまることが多いといわれていますが、長く続くケースもあり、悩んでいるママも多いようです。今回は、1歳半以降の夜泣きについてまとめました。


姉妹でも全然違う! 収納スペースのこだわりポイント【専門家実例】

姉妹でも全然違う! 収納スペースのこだわりポイント【専門家実例】

同じ環境・同じ両親のもとで育った姉妹(兄弟)でも、性格や体格が違います。そのため片づけひとつとっても、それぞれこだわるところも違えば、楽な方法も違います。また、年齢によってできることや、好みも変わってきます。そこで今回は、わが家の高校1年生、中学1年生、3歳の三姉妹の収納スペースを例にご紹介いたします。


暮らしの悩み話題のキーワード


コストコ 節約