子どもの「好き」が溢れる理想の部屋へ! 子ども部屋の作り方

子どもの「好き」が溢れる理想の部屋へ! 子ども部屋の作り方

子ども部屋は子どもが過ごす場所。居心地よく過ごしてもらいたいですよね。今回は、子ども部屋の作り方を紹介します。子どもと一緒に、画像を見ながら理想のイメージを探っていきましょう。子どもから思いもよらない希望まで聞き出せて、びっくりするかもしれませんよ!


こんにちは。ライフオーガナイザーの前田梨絵です。

わが家の2階にある子ども部屋。ベッドもあってちゃんと寝ることのできる部屋になっているのに、当時小学3年生の息子がずっと夜ひとりで寝ることができない、名前だけの子ども部屋になっていました。おもちゃを使いやすくしてみたり、ポストカードを飾ってみたり、あれこれ工夫はしているのに、どうすればひとりで寝られるんだろうとずって不思議に思っていました。

今回は、そんな子ども部屋を作るために、子どもの“好き”を「画像」を使って聞き出すことのできたアイデアについてご紹介したいと思います。

ひとりで寝られない原因は、本人の希望ではなかったこと

Lazy dummy

わが家の2階にある子ども部屋は、壁一面だけを男の子の部屋っぽいアクセントクロスに張り替えてみたり、子どもの好きそうなポストカードを飾ってみたり、読んでほしい本を置いてみたり、子ども用のギターを置いてみたり、あれこれ工夫はしていたつもりでした。

親目線で作ったアクセントクロスを採用した子ども部屋

けれども、よくよく考えてみると「壁紙を張り替えてほしい!」と言われたことも「ポストカードを飾りたい」と言われたこともありませんでした。

男の子っぽい部屋ってこんな感じかな〜と、親が勝手に考えただけで、子どもの意見は聞かずに良かれと思って作った部屋になっていたことに気づいたんです。

そこで、「夜、子どもがひとりで寝られる部屋」を目標に、子どもの希望を取り入れてみようと試みました。さっそく、希望のイメージをたずねるところから始めてみたのですが……。

理想を聞き出すには「ことば」より「画像」がオススメ!

パソコンを使って子どもと一緒に好きな子ども部屋のイメージ探し

「どんな部屋だと楽しそうだと思う?」「どんな部屋ならひとりで寝たいって思う?」と子どもにたずねてみても、うーん……と首をかしげるだけで、好きなイメージも浮かばないし、浮かんだとしてもことばで表現するのは難しいようです。

それなら、少しでもイメージがわきやすいようにと、画像収集アプリ「ピンタレスト」で「子ども部屋 男の子」などと検索をしてみました。そして、たくさんの子ども部屋の画像を見てもらうことにしました。

すると、さっきまでは首をかしげていたのがうそのように、「これいい!」「これはここがあんまり好きじゃない」などと、イメージが膨らんで意見がどんどん出てきたのです!

見つかった思いもよらない共通点

本人が少しでも「これがいい!」と言った画像をどんどん集めていくと、本人ももちろん親も気づいていないような共通点を見つけることができました!

子どもと一緒にインターネットやピンタレストで好きな子ども部屋の画像集め

例えば、

・フローリングにはラグやじゅうたんが敷いてある部屋が好き
(掃除がしやすいからと、フローリングのままで何も敷いていなかったけれど、本当はふかふかのラグやじゅうたんを敷きたいと思っていた!)

・自分だけの空間ができる、二段ベッドが置いてある部屋が好き
(一段のシングルベッドも一緒やん! と思っていたけど、欲しかったのは自分だけの空間だった!)

・天井が星空などになっていて、暗闇で光っているのが好き
(夜、暗くてもこれなら寝られそうと自分でも考えていた!)

・子どもっぽすぎない部屋が好き
(車の形をしたベッドや、すべり台のような遊具のある部屋は、自分にはもう子どもっぽいと思っていた!)

ラグを置いたり、下が収納になっているような二段ベッドを置いたり、天井に光る星のシールを貼ったりすることだって、どれもやろうと思えばできることばかりでした。

そこでとりあえずは物を増やすことなく、家にあるものを使って、子ども部屋のクローゼットをベッドに変身させて自分だけの空間を作ってみました。

すると、一人で寝るどころか、クローゼットの扉まで閉めて寝られるようにもなりましたよ(笑)。

子ども部屋のクローゼットがベッドに変身

まとめ

親はもちろん、子ども自身でもこんな希望があったんだなとびっくりでした。子どもの「好き」を聞き出せたことで、ひとりで寝られる日も近そうです!

この「好き」を知るために画像を集めるという方法。子どもだけでなく大人でも、少しでもいいなと思ったものをどんどん集めていくと、意外な共通点を見つけることができるのでオススメですよ〜。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

兵庫県猪名川町のライフオーガナイザー
内装業を営む夫と小学生の息子の3人暮らし。

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


キッチンまわりの掃除がラクに! 無印良品でリピ買い必至なアイテム

キッチンまわりの掃除がラクに! 無印良品でリピ買い必至なアイテム

シンプルで使いやすいものが多い無印良品。我が家では消耗品も継続的に購入しています。特に10%割引になる無印良品週間は、そんないつも使っているもののストック購入にはもってこい! 前回の無印良品週間で購入したものをご紹介いたします。


エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

苦手な家事にはモチベーションが上がる道具選びをするのもひとつの手ですよね。そこで苦手な掃除の相棒に選んだアイテムが、爽やかな香りと二度拭き不要のクリーナー。また子どももお手伝いが簡単になるアイテムがあるとお手伝いが楽しくなってきます♪ 今回はお掃除が捗るクリーナーとウォッシュクロスをご紹介しますね。


ズボラ流お便り管理はマグネット掲示板が便利! 100均一アイテムで簡単DIY

ズボラ流お便り管理はマグネット掲示板が便利! 100均一アイテムで簡単DIY

忙しい中「あのお便りどこいったっけ……」と探す時間はもったいないですよね。時間がない中でも、必要な情報が必要なときに確認できる環境の一つが掲示板! 今回はズボラさん向けのお便り管理の方法と、100円グッズを使った簡易マグネット掲示板の作り方をご紹介します。


ワンアクションで使えるカーペットクリーナー ! 隙間収納も叶える優秀アイテム

ワンアクションで使えるカーペットクリーナー ! 隙間収納も叶える優秀アイテム

カーペットクリーナーが劇的に使いやすくなるスタンド「カーペットクリーナースタンド タワー」。使いやすさのポイントは、片手でさっと出し入れができること。今回は、そんな隙間収納も叶うアイテムの使い心地をレポートします。


最新の投稿


ベビーリングの意味とは?男の子・女の子別の人気ブランド12選

ベビーリングの意味とは?男の子・女の子別の人気ブランド12選

小さくて可愛いベビーリング。出産祝いのギフトにもぴったりですね。今回は人気のベビーリングをご紹介します。赤ちゃんの幸せを祈って選んでみませんか?


【医師監修】新生児が泣かない3つの理由と対処法とは?

【医師監修】新生児が泣かない3つの理由と対処法とは?

赤ちゃんはたくさん泣くものと身構えていたのに、新生児があまり泣かない……。泣き声で追い立てられずありがたいと感じる一方で、何か異常があるのではないかと不安に感じている人もいるでしょう。そこで、新生児が泣かないときに考えられる理由と対処法をまとめました。


360°回転型チャイルドシートがコンビから登場『THE S ZBシリーズ』

360°回転型チャイルドシートがコンビから登場『THE S ZBシリーズ』

コンビは2020年12月上旬より、安全性と使いやすさを追求した新安全基準R129に対応した360°回転型チャイルドシート「コンビ ホワイト レーベル THE S ISOFIX エッグショック ZB」シリーズを全国のベビー用品専門店などで販売いたします。


「レゴストア立川立飛店」が「ららぽーと立川立飛」にオープン!

「レゴストア立川立飛店」が「ららぽーと立川立飛」にオープン!

シナテックは、2020年10月31日よりレゴのブランドストア「レゴストア 立川立飛店」をオープンし、運営を開始します。


【医師監修】新生児の抱っこ紐はどう選ぶ? 選び方と使用時の注意点

【医師監修】新生児の抱っこ紐はどう選ぶ? 選び方と使用時の注意点

市販の抱っこ紐には幅広い機能やデザインがあり、選ぶのも迷ってしまいますね。新生児から使いたいと考えているものの、何を基準に選べばいいかわからなかったり、使用時の注意点が知りたい人のために、新生児の抱っこ紐についてまとめました。