ママのための悩み解決サイト
ホコリまみれの化繊カーテンを洗濯! 自宅で洗う方法とは?

ホコリまみれの化繊カーテンを洗濯! 自宅で洗う方法とは?

直接窓からの外気が触れることもあり、意外と想像以上に汚れを蓄積しやすいカーテン。また、静電気も発生しやすいため、ホコリが溜まりやすいアイテムでもあります。今回はそんなホコリがたっぷりついてしまった化繊カーテンの、自宅でのお手入れ方法をご紹介! どのようにして汚れを落とすのか解説します。


Getty logo

頻繁に洗うことができないカーテン。気がつけば繊維の奥にびっしり汚れが溜まっていたり、裾が黒ずんでしまっている……なんてことも。正直、我が家もカーテンは二年ぐらい洗っていない気がします。

今回は、そんな家庭の中でつい「放置」しがちなアイテムの中でも、カーテンのお手入れについてご紹介します。カーテンの中でも、洗濯機でも気兼ねなく洗える化繊カーテンをフューチャー! ベロアや麻などデリケートな素材のものは、自宅で洗えないことも多いので、プロに相談するのがおすすめです。

カーテンが自宅で洗える素材なら、こちらをチェックしてくださいね。

カーテンを洗濯する前の下準備

Getty logo

ホコリがたっぷりついたままのカーテンをそのまま洗濯機に入れてしまうと、洗濯槽にホコリが詰まってとんでもないことに……! 長年掃除しておらず、放置してしまったカーテン汚れは想像以上です。必ず事前に取れるホコリは除去してから洗濯するようにしましょう。

掃除機でホコリを吸う

Getty logo

まず、手持ちの掃除機を使って、ホコリを吸い取っていきましょう。このときノズルはブラシタイプ・ハンディタイプに変えておいてください。カーテンは取り外さず、カーテンレールにつけたままでOKです。

コツは上から下へ、一定方向に動かしていくこと。下から上へと動かしてしまうと、ホコリが舞い上がってしまうので、必ず下に落とすようなイメージで動かしていきましょう。

カーテンをたたんでネットに入れる

Getty logo

掃除機でホコリをある程度吸引したら、カーテンレールからカーテンを取り外し、洗濯ネットに入れましょう。中での引っかかりを防ぐため、フックなども取り外してください。洗濯ネットに入れるときは洗剤がどの面にも浸透しやすくするために、びょうぶのように折りたたんで入れると◎。

カーテンフックも洗っておく

カーテンフック部分も結構ホコリ汚れが溜まっていたり、黒ずんでいる場合も多いので、できればカーテンフックも洗っておきましょう。軽いホコリ汚れであれば軽く乾拭きするだけで落ちますが、もしホコリが固まって付着している場合は、アルコール除菌シートなどで拭くときれいに取れますよ。

またカーテンレールも同様に、ホコリを取っておきましょう。

カーテンの洗濯は酸素系漂白剤で

Getty logo

洗剤の配合は?

洗濯表示をチェックして、洗濯機で洗えるものかどうかを確認しましょう。

黒ずみ汚れなど、頑固な汚れがあるカーテンは酸素系漂白剤で洗うのが◎です。厚手のカーテンであれば、エマールなどのおしゃれ着用洗剤と、液体の酸素系漂白剤を使って、洗濯機のドライコースで洗いましょう。

洗ったあとは脱水し、カーテンレールにそのままかけ、形を整えつつ乾かせばOK! 時折換気をしながら乾かすのがおすすめです。

レースカーテンの場合はつけ置きする

Getty logo

繊細な作りのレースカーテンの場合は、パッと明るい白さも取り戻したいため、つけ置きしてから洗うようにしましょう。40℃〜50℃ぐらいの温度のお湯1リットルに対し、粉末洗剤5グラム、粉末の酸素系漂白剤5グラムを入れてかき混ぜ、溶かしたものに30分ほどつけ置きしましょう。

そして一度軽く脱水したらネットに入れ、おしゃれ着洗剤を使い、ドライコースではなく毛布コースで洗濯を。毛布コースはたっぷりの水を使うので、摩擦を少なくして、優しく仕上げることができます。

まとめ

窓につけているカーテンを洗うだけで、今までの部屋の印象が一段とパッと明るくなるはず。放置してしまっているカーテン、この機会に洗濯しませんか? 自宅で洗えるカーテンならば、いつもの洗濯とあまり代わりなくできるので、ぜひこの機会に行ってみてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


洗濯

関連する投稿


モノの管理がとっても楽に! 専門家が教える洗濯ネット収納の実例集

モノの管理がとっても楽に! 専門家が教える洗濯ネット収納の実例集

今や洗濯ネットは洗濯だけでなく、収納やモノの管理に便利なアイテム! サイズや形、色柄も豊富にあり、さまざまな場面で活躍してくれます。今回はそんな洗濯ネットを使った収納アイディアについてご紹介します。


布団はクリーニングに出せるの?料金やサービスを徹底比較

布団はクリーニングに出せるの?料金やサービスを徹底比較

子供がいる家庭では、布団のダニが気になるのではないでしょうか。そんなときに考えるのが、布団クリーニングです。一度も布団をクリーニングに出したことがないと、どんな風に洗ってくれるのかはわからないでしょう。布団を洗う際の費用や注意点を紹介します。


無添加の洗濯洗剤を使うメリットや、おすすめの商品を紹介

無添加の洗濯洗剤を使うメリットや、おすすめの商品を紹介

赤ちゃんが生まれると、今までは気にならなくても、肌に触れるものはできるだけ優しくしたいと考える人が多いでしょう。肌に触れるものといえば洗剤です。赤ちゃんの肌を守りたいという思いから無添加洗剤を選びたいと思う人のために、無添加洗剤を比較してみました。


洗濯洗剤、使い分けしてる?粉と液体の比較や人気のあるブランドを紹介

洗濯洗剤、使い分けしてる?粉と液体の比較や人気のあるブランドを紹介

スーパーやドラッグストアの洗剤コーナーに行くと、粉洗剤と液体洗剤の2種類があることに気が付きます。しかし、明確な違いを理解している方は意外と少なく、イメージや好みだけで選んでいる人が多いようです。実はこれらの洗剤には違いがあったのです。


クリーニングに出した衣類が保管できる!サービス内容やメリットなど

クリーニングに出した衣類が保管できる!サービス内容やメリットなど

最近は宅配クリーニングを利用すると、衣類を保管してくれるサービスも一緒に提供していることがあります。子育て家庭では家族が多く、人数分の収納を確保できない場合もあるでしょう。そんなとき保管サービスが便利です。衣類の保管とはどんなサービスなのか紹介します。


最新の投稿


ニトリの二層鋼グリルパンがオススメな理由【時短キッチングッズ】

ニトリの二層鋼グリルパンがオススメな理由【時短キッチングッズ】

キッチングッズが豊富なニトリでは人気商品もたくさん! その中でも使いやすくて便利な「二層鋼グリルパン」がオススメです。今回はその理由を商品情報と共にご紹介します。


思い立ったらすぐ準備! 忘れてはいけない避難バッグの重要さと収納場所

思い立ったらすぐ準備! 忘れてはいけない避難バッグの重要さと収納場所

地震や台風、大雨などのニュースを聞くたびに気になるのが、自宅の防災対策について。皆さんは避難バッグの準備はされていますか? 全く準備していないという方、今からでも遅くはありません! 今回は、どんなものを用意すべきかと、避難バッグの置き場所について、我が家を例にご紹介していきたいと思います。


100均グッズでスッキリ解決! ごちゃつきがちな文房具の収納アイディア

100均グッズでスッキリ解決! ごちゃつきがちな文房具の収納アイディア

デスク周りでごちゃつきがちな文房具関係。仕事で使うものであったり、お子さんがいらっしゃるご家庭などでは連絡帳を書くのに使ったりと、何かと出番は多いですよね。今回は、そんなごちゃつきがちな文房具たちを、スッキリ収納できる100均アイテムをご紹介したいと思います。


ズボラさんにオススメ! クエン酸でできる簡単小掃除

ズボラさんにオススメ! クエン酸でできる簡単小掃除

ナチュラルクリーニングで最近よく耳にするようになったクエン酸! けれど実際、どんなふうに使えばいいのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は、そんなクエン酸の特徴を説明すると共に、クエン酸を使った毎日のちょっとしたお掃除方法についてご紹介したいと思います。


約8割に変化が!  子どもが野菜好きになるきっかけって?

約8割に変化が! 子どもが野菜好きになるきっかけって?

野菜好きの子どもを増やす食育プログラム「野菜生活100でベジトレ」が行われ、約8割の子どもに変化が現れました。


家事の悩みランキング


>>家事の悩みランキング