ママのための悩み解決サイト
香水の収納はどうする? 置き場所と3つの注意点

香水の収納はどうする? 置き場所と3つの注意点

香水には使用期限があると言われますが、たくさん持っていたり、あまり使う機会がないと余ってしまいますよね。しかし、その余ってしまう原因は「収納」にあるかもしれません。使い勝手が悪いと、香水を使う頻度が減ってしまい、使い切れないということも……。それを解決するために、ここでは置き場所に着目した収納方法をご紹介します。


香水収納は「置き場」が大切

Getty logo

使う場所に置くのが原則

香水収納のポイントは、「使う場所に置く」ことです。これは香水だけではなく、あらゆる収納の原則です。使用する場所から離れたところにモノを置くと、しまうのが面倒になり、モノは散らかります。また、出し入れが面倒だと、使用頻度が下がってしまい、そのままお部屋のインテリアに……。特に、香水のような生活必需品ではないモノは、その傾向になりがち。香水は、使うシーンを思い浮かべて、一番よく使う場所に収納しましょう。

場所を決めたら、家中の香水をまとめて収納するのが管理のコツです。玄関で、寝室で、それぞれ使いたい香水が違う場合も、バラバラに置かないでまとめてください。モノの総量を自覚していないと、どんどん買って数が増えたり、使わないまま古くなるモノが出てきたりします。どうしても別に置きたいときは、アトマイザーを使って小分けにするのがベスト!

Getty logo

おすすめの収納場所は、身支度する場所です。ドレッサーがある場合は、アクセサリーや化粧品と一緒に置くのがベスト。ない場合は、洗面台もおすすめです。毎日使う場所ですし、身支度チェックをする際にサッとつけることができます。クローゼットの一角にコーナーを作るのもいいですね。

香水を整理・収納するときの注意点

香水には使用期限があり、未開封の場合は、3年と言われています。しかし、開封したものは食品と同じように徐々に劣化していきます。使用されている香料など、成分によって状態が違いますが、だいたい1年を目安に使い切りましょう。

使用中の劣化を遅らせるためには、次の3つのポイントを守ってください。

・気温変化の少ない場所で保管すること
・空気に触れないよう、フタをしっかり閉めること
・紫外線を避けること

香水の成分は、エタノールと香料。エタノール(アルコール)は揮発性の物質で、常温でも少しずつ蒸発してしまいます。その結果、香水の濃度が高くなり香りも変化します。また、空気にさらされると酸化して変質します。紫外線も香水にとってよくありません。直射日光だけでなく、蛍光灯にも微量の紫外線が含まれています。特に大切な香水は、フタをしっかり閉めて、箱に入れ、温度変化の少ない場所に収納してください。できれば、低温の場所がよいでしょう。

香水の収納にぴったり! アイテムリスト

せっかくボトルがかわいい香水は、できるだけ見せて収納したいですよね。また、大量に持っている人は、どこになんの香水が置いてあるかが、すぐにわかるのもポイント。そんな香水の収納に役立つアイテムを紹介!

無印良品の収納アイテム

無印良品のアクリルケースは、香水収納におすすめです。引き出しの深さも2種類あり、収納するモノによって使い分けられます。スタッキングできるので、機能的に組み合わせて使えるところが◎。上蓋が開くタイプは、サッと開けて取り出せるので便利ですね。フタを開けた状態で香水瓶を並べて置くのもオシャレです。

見せる収納を意識しないのであれば、ポリプロピレン製のメイクボックスが便利です。シリーズで組み合わせてカスタマイズできますし、スタッキングも可能です。お気に入りの香水の保管用にもおすすめします。

トレイにまとめて指定席を作ろう

Getty logo

ケースにまとめて収納するのは機能的ですが、香水という特別なアイテムをもっと楽しむために、指定席を作って演出するのもおすすめです。ベッドサイドやドレッサー、飾り棚の一部を使ってお気に入りの香水を並べてみましょう。その際、棚の上に直接置かず、トレイにまとめます。そのほうが、移動も掃除も楽です。ステンレス製、木製、ガラス製など、トレイの材質によって雰囲気も変化します。

トレイの上に置くのは、香水だけとはかぎりません。アロマキャンドルや、お花、写真などと一緒に飾ってみても。アンティークの香水瓶は、コレクターアイテムとしても人気があります。少量ずつ中身を移し替えて並べて置くと素敵ですね。

まとめ

プレゼントでいただいたり、自分で買ったり、お気に入りの香水をいくつか持っているなら、最後まで香りを楽しめるように保存方法に気を使いましょう。普通の化粧品と同じように、開けたら早めに使い切ることがポイントです。香りのオシャレは、気持ちを豊かにします。忙しいからこそ、香水をつけるような時間の余裕を大切にしたいですね。そのためには、機能性を考えた収納が重要。アクリルケースなどのアイテムを使い、香水をしっかり使い切れる収納をしましょう。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

関連するキーワード


片付け 無印良品 トイレ

関連する投稿


隠れた名品!? 無印良品の「ブリ材バスケット」の使い方

隠れた名品!? 無印良品の「ブリ材バスケット」の使い方

無印良品の自然素材のバスケット「ブリ材バスケット」をご存じですか? サイズ展開も豊富でナチュラルな雰囲気、軽くて揃えやすい! 我が家ではさまざまな場所でそんなブリ材バスケットが活躍しています。キッチン・リビングや洗面所での使い方、そして併せて使うと便利な100均商品をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね!


散らかる原因は「直置き」! 一工夫でキレイが続く、お片付けのプロの技

散らかる原因は「直置き」! 一工夫でキレイが続く、お片付けのプロの技

家の中にたくさんある、掃除をつい後回しにしている場所。床にものがたくさん置いてあると、ものを避けること自体が手間で、掃除が面倒になってしまいますよね。直置きをやめると、いつでも思い立った時にササッと掃除ができるようになります。今回は我が家の片付け実例をご紹介します。


実録! お片付けのプロがやってしまった収納での失敗例5つ

実録! お片付けのプロがやってしまった収納での失敗例5つ

お片付けのプロであっても、整理収納で失敗した経験はたくさんあります。今回は筆者がやってしまった整理収納での失敗事例を、その解決法と一緒にご紹介します。


いつもいい香りに! 暮らしの専門家が教える、トイレの臭い対策

いつもいい香りに! 暮らしの専門家が教える、トイレの臭い対策

トイレの臭い対策、みなさんはどうしていますか? 市販の消臭剤や芳香剤は一時的に臭いを封じ込めることはできますが、香りが強すぎたり、効果が長続きしないなどのデメリットも。いい香りを維持するためには、まめなリセットと常に香りを生み出す工夫が必要です。今回はズボラさんでも続けられるトイレの臭い対策をご紹介します。


片付け苦手さんは「たまりやすいもの」から片付けよう!

片付け苦手さんは「たまりやすいもの」から片付けよう!

「片付け」ってどこから手を付けたらいいかわからない、忙しくてまとまった片付けの時間がとれない……簡単に片付け始めるにはどうしたらいい? そんな悩みを抱えているあなたに、最初の片付けでとりかかるとよいモノをピックアップしていきます。


最新の投稿


実録! お片付けのプロがやってしまった収納での失敗例5つ

実録! お片付けのプロがやってしまった収納での失敗例5つ

お片付けのプロであっても、整理収納で失敗した経験はたくさんあります。今回は筆者がやってしまった整理収納での失敗事例を、その解決法と一緒にご紹介します。


【医師監修】マタニティスイミングのメリットは? 妊娠中のスイミング、取り組む前の条件と注意点

【医師監修】マタニティスイミングのメリットは? 妊娠中のスイミング、取り組む前の条件と注意点

妊娠中にできるエクササイズとして、マタニティスイミングが人気を集めています。マタニティスイミングはいつからできて、どんないいことがあるのでしょうか? メリットや注意点などを知って、安全に楽しみましょう。


そのポンプの衛生面は大丈夫!? 自動ソープディスペンサーがオススメな理由

そのポンプの衛生面は大丈夫!? 自動ソープディスペンサーがオススメな理由

感染症予防のためにもうがい、そして手洗いは必須! けれどちょっと考えてみてください。そのハンドソープのボトル、家族みんなで共有していますが、衛生面は大丈夫でしょうか? 今回は、感染症対策としても効果的! 直接触れなくてもハンドソープが自動で出てくるソープディスペンサーの魅力についてご紹介したいと思います。


お家でもアウトドアでも楽しむ! 小物使いで賑やかハロウィンキャンプ

お家でもアウトドアでも楽しむ! 小物使いで賑やかハロウィンキャンプ

もうすぐ楽しいハロウィン! パーティをしたり、賑やかに飾り付けしたりなど、楽しいことずくめ。せっかくのハロウィン、お家だけで終わるのはもったいない! 秋はキャンプなどのアウトドアにもピッタリな季節。ぜひお家だけでなく、お外でもハロウィンを楽しみませんか?


【医師監修】妊婦がカフェインを摂りすぎるとどうなるの? どこまでOK?

【医師監修】妊婦がカフェインを摂りすぎるとどうなるの? どこまでOK?

「妊娠中にはカフェインを摂りすぎてはいけない」と言われます。それは、妊娠中のママがカフェインを多量に摂取すると、お腹の赤ちゃんに影響が及ぶ可能性があるから。では、赤ちゃんに影響が及ぶ量とはどのくらいなのでしょうか。カフェイン摂取の利点にも触れながら、問題点を整理してみます。