【漫画】ご都合主義&逆ギレ夫の不貞、全部暴いてやる!!『夫が娘の名前で不倫していました』Vol.13

【漫画】ご都合主義&逆ギレ夫の不貞、全部暴いてやる!!『夫が娘の名前で不倫していました』Vol.13

夫のクズっぷりに全国の妻が震撼! 家事育児に無関心な夫はゲーム三昧で課金沼、極めつけは「娘の名前」でゲームのプレイヤー(女)と不倫!! 娘を大事にしない父親はいらないと、妻は反撃に出る――。Satsukiさん、乙葉一華さん『夫が娘の名前で不倫していました』(KADOKAWA)の内容を一部抜粋してお届けします。


<<『夫が娘の名前で不倫していました』をすべて読む>>

不倫を謝るどころかまさかの逆ギレ――!?

前回の続きです。
<<『夫が娘の名前で不倫していました』をすべて読む>>

書籍『夫が娘の名前で不倫していました』について

夫が娘の名前で不倫していました

¥990

(2021/04/09時点)

めい「俺も気持ちおさえられない……いっぱい…しよっっ」 夫が不倫に使っているアカウントは娘の名前でした。
不倫相手の容姿と浮気夫のサイコな言動に衝撃! 浮気の証拠を自力でつかみ、協議離婚するまでのサレ妻の奮闘をつづった実録コミックエッセイ。
家にいても娘の相手すらしないどころか娘の名前で不倫。
そんな父親はいらない――「慰謝料請求して、離婚します!」サレ妻の逆襲が始まる!

(原作:Satsuki、漫画:乙葉 一華『夫が娘の名前で不倫していました』(KADOKAWA)より一部抜粋/マイナビ子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【LINE Pay】最大3,000ポイントもらえる!LINEクレカ「家族カード」新規発行キャンペーン

【LINE Pay】最大3,000ポイントもらえる!LINEクレカ「家族カード」新規発行キャンペーン

LINE Payは、LINEクレカの「家族カード」の新規発行で、LINEポイントを最大3,000ポイントをプレゼントするキャンペーンを開催します。


【漫画】恐怖!「全部ぶった切って食べたろか……」ボスが脅す意外な相手『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.64

【漫画】恐怖!「全部ぶった切って食べたろか……」ボスが脅す意外な相手『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.64

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「ステキ!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。今回は、ボスが庭で脅迫!? その相手は……?


【漫画】夫が即寝! 夫婦で話したいこと、いっぱいあったんじゃないの!?『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.82

【漫画】夫が即寝! 夫婦で話したいこと、いっぱいあったんじゃないの!?『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.82

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? 次々と不安が押し寄せたマタニティライフを経て、“心配のタネ=わかばちゃん”を出産した新米ママ・わたし。そんな心配性のわたしが送る子育てライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


【漫画】初の子連れ外食「味がしない」「もはやスポーツ」⇒2年後こうなった!『ゆーぱぱの育児フルスロットル』Vol.19

【漫画】初の子連れ外食「味がしない」「もはやスポーツ」⇒2年後こうなった!『ゆーぱぱの育児フルスロットル』Vol.19

パパが育児するのが当たり前の時代、令和。そんな令和のパパ像を象徴するかのように、常に全力で育児に取り組む男がいた。ーーその男の名は、ゆーぱぱ。やんちゃな娘2人に振り回され、もみくちゃにされ、疲れ切ったとしても、それでも娘への溺愛は止まらない!! パパ目線で描くフルスロットルな育児漫画、毎週木曜に全力で更新します!


コロナ禍に出産したママの約3割が離婚を考えた!? 産後のセックスや夫婦関係を調査

コロナ禍に出産したママの約3割が離婚を考えた!? 産後のセックスや夫婦関係を調査

産後ケア普及を通じて「産後を起点とする社会問題(産後うつ/乳児虐待/夫婦不和)の解決」をめざすマドレボニータは、コロナ禍で出産した女性とそのパートナー654人を対象に2021年4月1日~10月31日に実施した「コロナ禍の産後のパートナーシップ」についてのアンケート調査結果を公開しました。


最新の投稿


家事代行に依頼、「料理」を抑えた1位は…仕事や育児でヘトヘトだからお願いしたいあの家事!

家事代行に依頼、「料理」を抑えた1位は…仕事や育児でヘトヘトだからお願いしたいあの家事!

綺和美(スリーエム株式会社)は1月20日、「家事代行サービス」に関する調査結果を発表しました。同調査は2021年10月、一般男女100人を対象に、インターネットで実施したものです。


銀鼠(ぎんねず)とは?~日本の伝統色 Japanese Traditional Colors~

銀鼠(ぎんねず)とは?~日本の伝統色 Japanese Traditional Colors~

【銀鼠(ぎんねず)】とは、銀色がかった明るい灰色のことです。日本の伝統色である【銀鼠】にどのような由来があって、どのように愛されてきたのか、子どもにそのまま教えてあげられるよう、やさしい言葉で解説します。海外の方に英語で説明できるよう、英語での解説も紹介しています。


板野友美さん・高城亜樹さんが妊娠産後トークで大盛り上がり「産後は甘くない」

板野友美さん・高城亜樹さんが妊娠産後トークで大盛り上がり「産後は甘くない」

元AKB48の板野友美さんと高城亜樹さんが、互いのYouTubeチャンネルでコラボトークを公開。何かと共通点が多いという二人が、ママとして初めての育児で戸惑ったことや、スポーツ選手の妻としての大変さなどを語り合っています。


【1~6歳児のごはん事情】魚を食べる頻度が一番高い年齢は? 「子どもが『魚』と『肉』を食べる頻度」調査結果発表

【1~6歳児のごはん事情】魚を食べる頻度が一番高い年齢は? 「子どもが『魚』と『肉』を食べる頻度」調査結果発表

冷凍幼児食ブランド「homeal(ホーミール)」を運営するhomealは1月18日、1~6歳の子どもを持つママ・パパを対象に「子どもが『魚』と『肉』を食べる頻度」について調査しました。


【2021年】「凛」の意味と読み方、男女の名前130選、名付けの注意点

【2021年】「凛」の意味と読み方、男女の名前130選、名付けの注意点

「凛とした」という言葉に使われる「凛」という漢字。「りん」という響きは上品で、美しい印象がありますよね。「凛」は女の子の名前によく使われますが、漢字の意味や成り立ちはご存じでしょうか?「凛」を使った名前や名づけの注意点をご紹介します。