ママのための悩み解決サイト

生後6ヶ月に関する記事


【医師監修】赤ちゃんが「むせる・嫌がる」 母乳を飲まないときの原因

【医師監修】赤ちゃんが「むせる・嫌がる」 母乳を飲まないときの原因

母乳は赤ちゃんにとって大切な栄養ですから、飲んでくれないと焦ってしまいますよね。赤ちゃんが母乳を嫌がる原因と対策を大きく3つ、①赤ちゃん側の問題(受ける側の問題)、②ママ側の問題(与える側の問題)、③環境による問題、に分けてお伝えしていきます。


【医師監修】赤ちゃんが食物アレルギー反応を起こす原因と症状

【医師監修】赤ちゃんが食物アレルギー反応を起こす原因と症状

食事の後、気がつくと赤ちゃんの皮膚に湿疹ができている!、そんな経験はありませんか? 今では約10人に1人の赤ちゃんが、食物アレルギーだといわれています。今回は食物アレルギーの原因と症状にはどんなものがあるのか、食物アレルギーの治療法についてもご紹介します。


【医師監修】赤ちゃんにアレルギーで蕁麻疹が出るときの原因・症状・対処方法

【医師監修】赤ちゃんにアレルギーで蕁麻疹が出るときの原因・症状・対処方法

大切な赤ちゃんに蕁麻疹が出てしまった、という経験はありませんか? 大人でもかゆい蕁麻疹が赤ちゃんに出たらとても可哀想。今回は赤ちゃんに蕁麻疹が出るときの原因・症状・対処方法などについてお伝えします。


【医師監修】子供の熱が3日下がらない時に可能性のある病気と対処法

【医師監修】子供の熱が3日下がらない時に可能性のある病気と対処法

子どもの熱が3日以上下がらない場合は、ただの風邪ではないのかもしれません。子どもは自分の症状をうまく伝えられないことも多いので、子どもの様子や状態をしっかりと見守りましょう。ここでは、子どもの熱が3日以上続く場合に可能性のある病気やその対処法、受診の判断基準などをご紹介します。


赤ちゃんの枕はいつから必要? 選び方のポイントは?

赤ちゃんの枕はいつから必要? 選び方のポイントは?

なぜ赤ちゃんに枕は必要ないと言われるのでしょう。もし使う場合は赤ちゃん専用の枕を選んであげて下さい。「王冠枕とドーナツ枕はどう違うの?」、「タオル枕の作り方は?」、「タオルは枕カバーの代わりになる?」など、新生児から生後6ヶ月、1歳頃までの赤ちゃん枕を準備する時に参考になる情報を集めました。


【医師監修】赤ちゃんの鼻づまり原因と3つの解消テクニック

【医師監修】赤ちゃんの鼻づまり原因と3つの解消テクニック

小さなお子様の場合、鼻づまりはよくあることですよね! ただ、まだ赤ちゃんの時は夜眠れなかったり、ミルクが飲みづらそうだったり、見ていてかわいそうになってしまいます。「何かの病気なの?」と心配になってしまいますよね。「なんとかしてあげたい!」と焦るママさんに即役立つ、赤ちゃんの鼻づまり対処法をお伝えします。 


【医師監修】38度は病院に行くべき? 赤ちゃんが高熱を出したときのケース別対処方法

【医師監修】38度は病院に行くべき? 赤ちゃんが高熱を出したときのケース別対処方法

赤ちゃんの高熱はそれほど珍しいことではありません。昨日まで元気だったのに、突然熱が上がることも多くあります。それほど珍しくないとはいえ、その高熱がただの風邪なのか、他の病気なのか判断するのは難しいもの。このようなときは、すぐに病院に行くべきなのでしょうか。赤ちゃんの急な発熱についての正しい知識や対処法をまとめています。


【医師監修】予防接種とスケジュール表の考え方 新生児・乳幼児専用!

【医師監修】予防接種とスケジュール表の考え方 新生児・乳幼児専用!

生後2か月から始まる予防接種。種類も多く、回数もそれぞれあり、はっきり言って良く分からないという方が多いのではないでしょうか?公費で受けられる予防接種の種類もここ数年で増え、同時に2本以上予防接種をすることも増えてきました。ママが覚えておくべき「定期接種」「任意接種」の種類やスケジュール表などについてまとめてみました。


【専門家監修】出産手当金の条件って?申請期間と申請方法まとめ

【専門家監修】出産手当金の条件って?申請期間と申請方法まとめ

出生手当金を貰える条件はご存じでしょうか?「計算方法は?」、「退職したらダメ?」、「申請期間は?」、「パートでも貰える?」、「国保はNG?」など、具体的な法律情報をご存知ないママもいらっしゃるようです。今回は出産手当金についてご説明します。条件に合うかどうか、いくらもらえるのかなど参考にしてください。


【医師監修】出産後に妊娠しやすいのはいつから? 妊娠しやすい状況と時期

【医師監修】出産後に妊娠しやすいのはいつから? 妊娠しやすい状況と時期

産後は妊娠しやすいという噂を聞いたことがありますか? そうかと思えば、妊娠後は妊娠しにくいという説もあり、本当のところは、はっきりわかっていないのだとか。次のお子さんを考えるママとパパにとっては、気になるところですよね。今回は、出産後のママの体と妊娠しやすい状況や時期についてまとめました。


0歳の赤ちゃんに人気のおもちゃランキングBEST3

0歳の赤ちゃんに人気のおもちゃランキングBEST3

赤ちゃんにおもちゃを選んであげようと思っても、赤ちゃん用のおもちゃはたくさんあって迷ってしまいます。また買ってみたはいいけれど、おもちゃで遊んでくれないと残念ですよね。ここでは大手通販サイトを参考にランキング上位のおもちゃや保育園にもあるようなおもちゃを月齢別に紹介します。また玩具の効果や選び方も参考にしてみて下さい。


【医師監修】いつから必要?赤ちゃん用ぬいぐるみと人気商品8選

【医師監修】いつから必要?赤ちゃん用ぬいぐるみと人気商品8選

おもちゃは対象年齢が表示されているので、それを参考に購入しやすいですがぬいぐるみは意外と買うのが難しいという事が多いです。年齢は? どんなものが良いの? など疑問に感じるポイントをご紹介します。赤ちゃんのぬいぐるみ選びの参考にどうぞ!   


【医師監修】帝王切開後の痛みはいつまで続く? 産後の家事や過ごし方

【医師監修】帝王切開後の痛みはいつまで続く? 産後の家事や過ごし方

帝王切開後すぐの痛みは本当につらくて、退院までにどのくらい動けるようになるのか不安になるママも多いですよね。また、産後どのくらいで家事や育児がこなせるようになるのかなど、不安でいっぱいのママたちのため、パパへの声掛けポイントや家事のポイント、さらに利用すると便利なサービスをご紹介します!


【医師監修】産後セックスのきっかけと痛み対策! いつからOK?悪露があるときはNG?

【医師監修】産後セックスのきっかけと痛み対策! いつからOK?悪露があるときはNG?

産後にそろそろセックスを再開しようと思いつつも、会陰切開の跡も気になるし、悪露も出ている・・・。“本当にセックスをしても大丈夫なの ?”とデリケートな話だけになかなか誰にも相談できずにいるママも多いはず。今回は、産後のセックスを再開するきっかけと痛みへの対策についてまとめてみました。


【医師監修】生後6ヶ月の赤ちゃんの6つの成長の変化とは?

【医師監修】生後6ヶ月の赤ちゃんの6つの成長の変化とは?

ハーフバースデーを迎える生後6ヶ月は、不安定ながらも手で支えられながらお座りができたり、乳歯が生え始めたりと、嬉しい成長がたくさん見られる時期です。起きている時間もさらに長くなるので、一緒に過ごす時間も増えますね。この時期の赤ちゃんの成長段階と子育てのポイントをご紹介します。


【医師監修】赤ちゃんがけいれんするときは危険!? 原因・症状と対処方法

【医師監修】赤ちゃんがけいれんするときは危険!? 原因・症状と対処方法

何の前触れもなく、突然赤ちゃんが口から泡を吹いたり、身体を震わせて“けいれん”を起こしてしまうと、どんなママでも冷静さを失ってパニックになってしまうかもしれません。赤ちゃんのけいれんは、およそ10人に1人はなるといわれて、誰しも起こりうる可能性が高いものです。今回はけいれんの症状・原因・対処方法をまとめてみました。


【医師監修】赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の6つの症状と予防法

【医師監修】赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の6つの症状と予防法

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎かどうか心配するママは大勢いらっしゃいます。ブツブツができるとネットで画像を検索したり・・・。「初期症状は?」、「薬で治るの?」、「遺伝する?」など、今回は、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の特徴や原因、保湿剤や日焼け止めによるケア&予防法、治療法についてお伝えします。


【医師監修】赤ちゃんの予防接種は副作用が不安……熱や下痢があったときの対処法

【医師監修】赤ちゃんの予防接種は副作用が不安……熱や下痢があったときの対処法

予防接種には、定期接種と任意接種の二種類があります。赤ちゃんはもちろんのこと、周りの人の健康と命を守る役割のある予防接種ですが、リスクがまったくない訳ではありません。もしも予防接種後に副作用が起こった場合、どのように対処することができるのでしょうか? 


産後の髪型が楽にきまる2つの簡単ヘアケア方法

産後の髪型が楽にきまる2つの簡単ヘアケア方法

産後の髪型が決まらない・・・と悩んでいませんか?産後は抜け毛など髪のトラブルが多くなりやすい時期。もちろん育児に追われる中、ヘアケアに時間をかける余裕はありませんよね。ショートやミディアム、ロングヘア共通の、髪型が楽にきまる簡単ヘアケア方法をお伝えします。産後特有の髪の悩みを解決しましょう。


【医師監修】妊婦に紅茶はNG?医師もすすめる2種の紅茶とは?

【医師監修】妊婦に紅茶はNG?医師もすすめる2種の紅茶とは?

妊婦に紅茶はNGと思われていますが、実は飲んでもOKな種類も。妊娠期にはお腹の中の赤ちゃんの成長のために様々な栄養素が利用されるため、栄養が足りなくなる傾向があります。紅茶の中でも妊婦さんが不足しがちな栄養素を豊富に含んだ紅茶を二種類紹介します。妊娠のお祝いプレゼントにもぴったりかも知れません。