ママのための悩み解決サイト
過半数のママは○○!  出産後、旦那と同じ部屋で「寝る」or「寝ない」?

過半数のママは○○!  出産後、旦那と同じ部屋で「寝る」or「寝ない」?

海外では赤ちゃんが生まれても、添い寝をしないことが多いと言われていますが、日本では赤ちゃんとママが同じ部屋で寝ることは多いですよね。では、パパは同じ部屋で寝ているのでしょうか? 今回は赤ちゃんが生まれたあと、夫婦で同じ部屋で寝ているかどうか聞きました。


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

Q.産後、夫と一緒の部屋で部屋で寝ていましたか?

寝ていた 62.6% / 寝ていなかった 37.4%

子どもが生まれても、変わらず夫と寝ていたという人は約60%で、寝ていなかった人よりも20ポイント以上多い結果となりました。それでは、「寝ていた」「寝ていなかった」両方の意見を聞いてみましょう。

夫と寝ていたと回答した人の意見

寝る部屋が一つだけだったから

・部屋が広くなく、ベッドもひとつだったから。(28歳/0歳児/パート・アルバイト/その他)

・単純に寝室がひとつなので。(25歳/1歳児/パート・アルバイト/小売店)

「寝室が一部屋だけだったから」「ベッドも布団もひとつだけだったから」と、やむにやまれぬ理由で一緒に寝ていたという人が多数でした。

川の字で寝るのが夢だった

・別々にする理由が見当たらないから。(31歳/4歳児/パート・アルバイト/食品・飲料)

・家族3人で川の字で寝るのが夢だった。(34歳/1歳児/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

「一緒に寝るのは当たり前だと思っていた。なぜ別に寝るの?」という意見も。夫の方も赤ちゃんが生まれたからといって、自分だけ一人で寝るのは寂しかったりするのかも!? 川の字で寝るのに憧れていた人も多くいました。

夜も一緒に子育てしたい

・何かあったらすぐに一緒にいれるようにしています。(31歳/4歳児/パート・アルバイト/食品・飲料)

・夫にも子どもの面倒をみてもらいたかったから。(35歳/6歳児・7歳児以上/パート・アルバイト/アパレル・繊維)

生まれたばかりの赤ちゃんは昼夜関係なく泣いたり、お腹がすいてしまったり。そんな時、夫があやしてくれたり、ミルク作りを手伝ってくれたらうれしいですよね。

夫と寝ていなかったと回答した人の意見

子どもが泣いてうるさいから

・子供が泣いたりして旦那の睡眠に差し支えがあると困るから。(23歳/2歳児/正社員(総合職)/その他)

・子供の夜泣きが迷惑となるので。(37歳/3歳児/正社員(一般事務)/商社・卸)

夫にきちんと睡眠時間を確保してほしいから、赤ちゃんの泣いた声で夫が起きてしまわないよう、あえて別の部屋にしていたというママも。中には夫のほうから「別の部屋にして」と言われたケースもありました。

いびきがうるさい・生活リズムが違う

・夫のいびきがうるさいから。(33歳/1歳児/正社員(一般事務)/生保・損保)

・生活リズムが違うからイラっとするので。(30歳/0歳児/その他/金融・証券)

赤ちゃんの中には、ほんの些細な物音でも気になり、起きてしまう子もいます。夫のいびきがひどかったり、夜中に帰ってきてガサガサ音がすると赤ちゃんが起きてしまうので、別の部屋にしているという意見もありました。

もともと夫婦の寝室が別だったので

・もともと別の部屋で寝ていたので。(40歳以上/1歳児/正社員(総合職)/団体・公益法人・官公庁)

・必要がないので一緒に寝ていない。(33歳/0歳児/派遣社員/電機)

子どもが生まれる前から、夫婦の寝室が別だったという人もちらほら。そのため、出産後も「子どもとママ」「パパ」と別々に寝るのが当然だったようです。

まとめ

産後、「夫と一緒に寝ていない」と回答した人は約4割。泣き声で夫が起きてしまわないように、と別々の部屋にする家庭もあれば、夫のいびきで赤ちゃんを起こさないようにしている家庭もあったりと、家族に配慮しているママの様子がうかがえます。「夫と一緒に寝ている」ママは6割。昼間、外で働くパパにとって、夜、子どもと一緒に寝る時間は貴重なものかも。子育てにも積極的に参加してくれそうです。家族との幸せな時間を過ごしていきたいですね。

マイナビウーマン子育て調べ
調査日時:2016年12月10日〜12月18日
調査人数:130人(23歳〜40代までのプレママ・ママ)

(マイナビウーマン子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


本音コラム 子育て 体験談

関連する投稿


TV CMで話題!毎月無料で写真印刷できるFamm(ファム)の人気の秘密!

TV CMで話題!毎月無料で写真印刷できるFamm(ファム)の人気の秘密!

最近TV CMや雑誌で話題になっている、子育てアルバムFamm(ファム)。毎月無料で印刷できるなんて、子育て中のママにはとても嬉しいサービスですよね♡なぜこんなに人気が出てきているのか、秘密を探ってみました!


捨てられない! ママが大切にする「子どもの制作物」6つ

捨てられない! ママが大切にする「子どもの制作物」6つ

子どもが作った物は残しておきたくて、どんどんたまってしまう……なんてママも多いのではないでしょうか。やっぱり捨てられないですよね。今回は、子どもを持つ20歳〜40代のママに、どうしても捨てられない子どもの作品について聞いてみました。


子どもに絶対にしない! ママたちが決めている「10のルール」

子どもに絶対にしない! ママたちが決めている「10のルール」

子育ては、人によって考え方も方法もさまざま。子どもに対して「こうしてあげたい」と思うこともあれば、「これだけは絶対にしない」と決めていることもありますよね。今回は子どもを持つ20歳〜40代の女性のみなさんに、子育てにおいて絶対に子どもにしないと決めていることについて聞いてみました。


こっそり満喫! 子どもが寝ている時のママの楽しみ11選

こっそり満喫! 子どもが寝ている時のママの楽しみ11選

子育て中は、なかなか自分の自由な時間が持てないですよね。そんなママたちにとって、子どもが寝ている時間は自分の好きなことを楽しめる唯一のひととき。みなさんは子どもが寝ている間、どのようなことをしているのでしょうか? 今回は20歳〜40代のママに聞いてみました。


気遣いに感激! ママが子育て中に感じた夫の優しさ9つ

気遣いに感激! ママが子育て中に感じた夫の優しさ9つ

子育てをしているママにとって心の支えになる、夫の気遣い。その気遣いがあってこそ子育てを乗り切れたというママも多いのではないでしょうか。今回は子どもを持つ20歳〜40代の女性たちに、子育て中に嬉しかった夫の気遣いのエピソードを聞いてみました。


こんな記事も読まれてます
Recommended by

最新の投稿


【医師取材】産後の腰痛・生理痛の原因と対策方法

【医師取材】産後の腰痛・生理痛の原因と対策方法

人生において一大イベントともいえる出産を終えた女性の体内では、いろいろなことが起こっています。忙しい育児の中で、妊娠前には感じなった不調に悩んでしまう女性も少なくないのではないでしょうか。その中の1つとして、特に妊娠前は気にならなかった腰痛や生理痛が、出産を機に重くなってしまうケースがあります。


【医師取材】妊娠中の麻疹(はしか)の危険性、胎児への影響は?

【医師取材】妊娠中の麻疹(はしか)の危険性、胎児への影響は?

さまざまな経路で感染する麻疹(はしか)。特に妊婦さんの感染は「流産」や「早産」を起こす可能性も。 今回は、妊娠中の麻疹(はしか)の危険性に加え、胎児への影響を説明します。


【医師監修】生後10カ月の赤ちゃんの成長と体重などの変化とは?

【医師監修】生後10カ月の赤ちゃんの成長と体重などの変化とは?

身体の発達が進む生後10カ月にはハイハイやつかまり立ちが上手になり、つたい歩きが始まる子もいます。後追いや大人の真似っこなど、情緒面での発達も目立つように。大人が言っていることを理解するようになる頃なので、コミュニケーションも積極的にとりたいですね。この時期の赤ちゃんの特徴と育児のポイント、注意点を紹介します。


【医師監修】おりもの検査でわかること 治療や対処法は?

【医師監修】おりもの検査でわかること 治療や対処法は?

おりもの検査では、おりものの状態、腟の炎症や性感染症の有無などがわかります。おりものの状態で気になることがあれば、ぜひ検査を受けてみましょう。


「一緒に調理」が子の感性を磨き、成長・発達を促すって本当? 時短&ラクチンでも実り豊かな親子クッキングのススメ

「一緒に調理」が子の感性を磨き、成長・発達を促すって本当? 時短&ラクチンでも実り豊かな親子クッキングのススメ

忙しい中でも十分なコミュニケーションをとり、子どもの情緒を伸ばすにはどうすればいいの……? 発達心理学を研究する白百合女子大学教授の田島信元先生に、“忙しくても日常生活の中で実践できる、食育を通じた感性や能力の伸ばし方”についてお話をお聞きしました。