ママのための悩み解決サイト
【医師監修】無料で使える生理周期の予測・管理に役立つおすすめの人気アプリ5選

【医師監修】無料で使える生理周期の予測・管理に役立つおすすめの人気アプリ5選

次の生理予定日や排卵日を簡単操作で予測してくれる無料アプリをご紹介しています。妊活中の方はもちろんのこと、まだ妊娠を考えていない方でも生理周期を管理することで、毎日がより過ごしやすくなりますよ。続けていくことが大事なので、いつでもどこでも操作できるアプリで生理周期の自己管理を始めてみませんか。


この記事の監修ドクター
東邦大学医療センター大橋病院 高橋怜奈先生
女医プラス所属。東邦大学医療センター大橋病院・産婦人科在籍。趣味はベリーダンス、ボクシング、バックパッカーの旅。2016年6月にボクシングのプロテストに合格をし、世界初の女医ボクサーとして活躍中。ダイエットや食事療法、運動療法のアドバイスも行う

無料アプリで簡単に管理しよう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

1ヶ月に1回くらいの割合でおこる生理だけど、前に来たのがいつだったかなと思い出せないことってありませんか? 28日サイクルだったり35日サイクルだったりすると、毎月同じくらいの日になるわけでもなく、何カ月も前の手帳から計算するなんてこともあるでしょう。そんな方にもオススメなのが、生理周期の予測と管理ができるアプリです。シンプルなものから、オシャレだったり、妊活にも使えるような機能盛りだくさんだったりと、たくさんの種類があります。また、無料だから、お試しで使えるのもうれしいポイントです。自分に合ったお気に入りのアプリを見つけて、生理サイクル管理をサポートしましょう。

生理周期を管理するメリット

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ナプキンを取り換えるのは面倒だし、体もどこかだるいし……と、生理に対してマイナスイメージを持っている女性も多いでしょう。ただ、女性なら人生の半分近くも付き合うことになる生理ですから、「また、始まったのかぁ。」と憂うつになるだけではなく、生理周期をしっかりと自分で管理してみませんか。次の生理予定が分かっていれば、ナプキンを持っていなくて慌てることもないし、いつの間にか下着が汚れてお出かけが台無しなんてこともありません。本来、正常な生理周期はある程度一定のサイクルで訪れるものですから、記録をすることで次の日が予測しやすくなりますよ。

体調管理がしやすい

生理周期は正常で25日から38日を1つのサイクルとし、生理開始日から次の生理開始日前日までを数えます。そのサイクルの中で、排卵が起き、子宮が受精卵を迎えるための準備をし、妊娠が成立しなかった場合に生理が起きるという現象を繰り返しています。そのサイクルは、女性ホルモンの正常な分泌によって一定に保たれていますが、ホルモンの影響などで生理前や排卵前後に不快症状を訴えるケースも多くあります。代表的な例として月経前症候群がありますが、生理開始の1、2週間前から頭痛や腹痛、イライラ、めまいなど、実に多種多様な症状が体だけでなく、ココロにも表れてきます。ここで、生理周期を把握していると、症状の予測がつき、突然の痛みや不快感に悩ませられるといったトラブルが少なくなります。

ダイエットにも役立つ? 

排卵が起きると、女性の体には妊娠に備えてさまざまな変化が表れます。排卵直後から、女性ホルモンの一種であるプロゲステロン(黄体ホルモン)が増加し、体内に水分を溜め込もうとします。また、出血に備えて生理が近付くころにも水分の貯留が促進されるため、体がむくみやすくなったり、それゆえ太ったと勘違いする方も多いです。排卵が終わると基礎体温が高くなって代謝があがりますが、ここで大事なのは生理周期にあわせて、自分の体調や体重などがどう変化しているのかを知るということです。生理前にはむくんで体重が増えても、生理が終わるころには解消されることを知っていれば、太ったと勘違いして暴飲暴食に走ったり、ストレスを抱えたりする心配もありません。

妊活には欠かせない

妊活中の方は、生理周期の管理がとても重要です。できれば基礎体温を計ることを習慣にしましょう。もし自分で排卵日などが予測できない場合には,基礎体温表を産婦人科受診の際に持参すればより診察に役に立つことがあります。

アプリの仕組み

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女性の生理周期は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロンなどといった女性ホルモンによって、厳密にコントロールされています。正常な生理周期は25日から38日と個人によって差がありますが、例えば28日サイクルの人であれば毎月約28日で生理が訪れるといったように、個人のサイクルはほぼ一定です。そのため、前回の生理開始日と生理周期1回の日数を入力すれば、次回の生理開始日やその次の生理開始日まで次々と自動的に計算して、予測してくれる仕組みになっています。

排卵日を予測する方法

排卵後から次回の生理開始日までを「高温期」と呼びます。プロゲステロンの働きによって基礎体温が上昇する期間で、通常11~16日間持続します。卵巣内で卵胞から卵子が排卵されると、卵胞は黄体へと変化し、その黄体がプロゲステロンを分泌させます。黄体の寿命が12~16日であるために、プロゲステロンの分泌が促進される高温期も2週間前後となるわけです。生理周期が28日でも35日でも高温期は14日前後とあまり変わらないために、次回の生理開始予定日からさかのぼって計算することで排卵日を予測することができます。

アプリの活用方法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

アプリで簡単に生理開始日や排卵日を予測できると、毎日の予定も立てやすくなります。今まで手書きで計算していた方は、より簡単になって時間を有効に使えるし、手書きが面倒で続かなかったという方でも飽きずに続けられそうです。自分の生理に無関心だったという方でも、管理してみれば、日々の過ごしやすさに今までとの違いを実感できるでしょう。ここでは、生理の管理アプリを有効に使用していただくために、代表的な活用方法をいくつかご紹介します。

デートやイベントの予定が立てやすい

生理が始まって2、3日は出血量も多く、頻繁にナプキンの交換を必要とする人も多いでしょう。そんな煩わしさがあったり、むくみなどの影響でだるさや疲れやすさを感じたりする人は、生理予定日を外してデートやイベントの予定を組めば、安心して楽しむことができます。生理周期が安定している方の場合、何カ月も先の生理開始日も予測できるため、結婚式や披露宴など特別なイベントの予定も立てやすいでしょう。月経前症候群の症状が重い人では、生理が終わってから排卵前までの期間に大切な予定を持ってくると安心です。

また特別なイベントや旅行が先の予定で立っていて、生理がかぶってしまう場合、婦人科を受診し、生理予定日と生理をずらしたい日を提示すれば月経移動の薬を処方してもらえます。そのためにも自分の生理予定日がわかっていると計画をたてる上でスムーズです。

婦人科の診察で役立つ

アプリを使って生理の記録をしていると、不正出血や腹痛などで婦人科を受診したとき、検診のときなどに役立ちます。生理周期がどのくらいか、いまは生理周期のどのあたりなのかを医師が知ることで、診断の助けになります。婦人科受診の際はアプリを使っている方は申し出るとよいでしょう。

自分の体を知ることが出来る

月経前症候群や月経痛、生理に伴ういろいろな症状や持続日数は人によって違います。
月経前症候群のときにいつも生理の何日前くらいからイライラしたりだるくなったりするのか、自分でその時期を知る、記録することで、諸症状があったとしても、月経前、月経時だからだな、と心を落ち着かせることができます。自分の体と向き合うことで、症状が起きても対処しやすくなります。

妊娠へのベストタイミングを見極める

アプリを使って排卵日を予測することで、妊娠しやすい日がわかります。射精後24~72時間前後といわれる精子の寿命も考えると、排卵日を中心にして前後2日を含めた計5日の間に性交渉を持てば妊娠の確率が上がると考えられます。積極的に妊活をしている方は、基礎体温も同時に管理できるアプリを使えば、さらに排卵日予測の精度を上げることができます。また、排卵検査薬を使用して排卵日を特定している方でも、生理周期をしっかりと管理することで使用開始日のタイミングを図ることができ、無駄が少なくなるのもメリットの一つですね。

妊娠検査薬の使用時期を決める

なかなか次の生理が来ないけれど、前に終わったのがいつだったかわからないという状況では、ただ単に生理が遅れているのか、それとも妊娠の可能性があるのか判断しようにも手がかりが少なすぎます。しかし、アプリを使って生理を管理していれば、簡単に以前の記録をさかのぼることもできるため、生理が遅れる時にはだいたいどのくらい遅れるのか見当がつきやすくなります。

一般的に市販されている妊娠検査薬は、生理開始予定日の1週間後以降から判定可能となる製品が多いため、生理が遅れる時の自分の傾向と判定可能な時期を考慮して、妊娠検査薬の使用日を決めましょう。例えば、生理が遅れることなんてまずないという方は生理開始予定日から7日目に検査をし、生理が10日遅れるのも珍しくはないという方は生理開始予定日から12、3日経過してから検査をすれば無駄も少なくなるでしょう。

無料おすすめ人気アプリ5選

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

誰でも続けられそうなシンプルなものから、しっかり妊活したい方にオススメのこだわり機能つきのものまで、人気のアプリをご紹介します。すべて無料のアプリなので、いろいろ試してみて下さいね。

1.妊娠・生理・排卵日予測のグラフアプリ~基礎体温ツール~

シンプルな画面と簡単な操作が魅力的なアプリです。面倒くさがり屋で、今まで続いたことがないという方やとにかく忙しいといった方にもオススメします。何が簡単なのかというと、基礎体温の細かい数字を手で入力する手間がいりません。画面のグラフ上で指をスライドさせるだけで素早く体温が入力でき、朝の忙しい時間帯でも難なく続けられるでしょう。また、一画面で基礎体温のグラフから生理日、排卵日までチェックできるのもうれしいポイントです。

2.コウノトリ:カップルで共有できる『妊娠・妊活サポート』アプリ

このアプリのポイントは、なんといってもパートナーと情報を共有できるところです。お互いのスマホにアプリをダウンロードしてつなげば、ワンボタンでメッセージを送信できます。女性側から「今日は排卵日だから……」とは、なかなか言いづらかったりもしますよね。そんな時に、可愛らしいコウノトリがパートナーに妊娠のチャンスであることをさりげなく伝えてくれるわけです。その他、基礎体温の管理や排卵日予測はもちろんのこと、男女の産み分けサポートまでついている盛りだくさんのアプリです。

3.Clue - 生理サイクル予測アプリ

落ち着いた配色とデザインで、大人女性がスマートに使いこなせるアプリです。通勤時間や仕事の昼休憩中などでも、人目をあまり気にせずにサッと確認できるシンプルで分かりやすい画面も魅力的です。生理開始日や排卵日はもちろんのこと月経前症候群の日も計算してお知らせしてくれるため、鎮痛剤なども持ち忘れも防げます。

4.ルナルナLite : 無料で生理/排卵日予測!生理日管理アプリ

次回の生理開始日や排卵日を予測して分かりやすく表示してくれるのはもちろんのこと、他にも女の子にうれしい機能がついています。特に注目なのが、生理サイクルに応じたダイエットを提案してくれる機能です。今の自分の状態に合ったダイエットがその都度分かるのだから、毎日アプリを開きたくなりますよね。

5.ラルーン [無料]生理日・排卵日の予測から生理・妊娠の相談まで

生理開始日や排卵日を予測してくれる基本的な機能に加え、体重管理や目標体重の設定も同時にできるため、ダイエットにも活用できます。また、女性特有のカラダの悩みを相談できる掲示板があるので、ちょっと身近な人には尋ねづらいといったデリケートな問題でも、匿名で気軽に相談できます。

まとめ:さっそくアプリを使ってみよう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

アプリの活用方法や人気アプリをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? お気に入りのアプリは見つかりそうですか? 赤ちゃんが欲しい方はもちろんですが、そうでなくても自分の生理周期を知っておくというのは大事なことです。大事なのはわかっていても続かないという方でも、アプリなら簡単に管理できますよね。通勤時間や昼休みのちょっとした時間に操作できるし、メイン画面にアプリを貼っておけば書き忘れも防げます。無料なので、いろいろ試して、自分に合ったアプリを見つけて下さいね。

関連する投稿


【医師監修】乳腺炎の予防に葛根湯が効く? 飲み方と予防法

【医師監修】乳腺炎の予防に葛根湯が効く? 飲み方と予防法

授乳中に、乳腺が詰まって炎症がおこる「乳腺炎」にかかったママも多いのではないでしょうか? おっぱいが腫れて痛むだけでなく、ひどくなるとしこりができたり、39~40度といった高熱が出たりすることも…。そんな辛い乳腺炎ですが、漢方薬の「葛根湯」を飲むと予防することができるのだとか。今回は乳腺炎と葛根湯についてまとめました。


【医師監修】妊婦は水分補給も重要! おすすめの飲み物や効果は?

【医師監修】妊婦は水分補給も重要! おすすめの飲み物や効果は?

妊娠したら、なんだかのどが渇く…という人は少なくありません。実際、体が水分を欲する理由があるのです。のどが渇いたと感じたときには、既に体の必要な水分が不足しているとも言われます。その前に、キチンと必要な水分を体に補ってあげることが大切。妊婦さんの体の乾きと水分補給の注意点、そしてお勧めしたい飲み物についてご紹介します。


【医師監修】産後の抜け毛の原因と実践的な3つのケア

【医師監修】産後の抜け毛の原因と実践的な3つのケア

出産後の身体の変化にはいろいろありますが、産後半年くらいからの「抜け毛」にびっくりするママも多いのではないでしょうか? シャンプーのあと、排水口にびっしりと付く抜け毛に「この状態はいつまで続くの?」と不安になることもあるはず。今回は産後の抜け毛の原因と、抜け毛のケア方法について解説します。


【医師監修】汗疹(あせも)が赤ちゃんにできる原因と4つの対策法

【医師監修】汗疹(あせも)が赤ちゃんにできる原因と4つの対策法

赤ちゃんは新陳代謝が盛んで汗っかき。気温が高くなってくると、さらに汗をかくことが多くなりますよね。こまめにケアをしているつもりでも、汗をかきやすい背中や足の付け根などがあせもで真っ赤に……という経験を持つママも少なくないはず。今回は、赤ちゃんのあせも(汗疹)の原因と対処法についてまとめました。


【医師監修】赤ちゃんの後追い行動はいつから? 5つの対策方法

【医師監修】赤ちゃんの後追い行動はいつから? 5つの対策方法

赤ちゃんが成長していく過程には、ママがどこ行くにもついて来て、少しでも離れると泣き出してしまう時期があります。家事もままならず、トイレに行くにも苦労するようになり、イライラしたり悩んだりしてしまうママは多いようです。今回は、この後追い行動について、後追いの意味や時期、効果的な対処方法などをまとめてみました。


最新の投稿


【医師監修】早産・切迫早産、流産の違いは? 兆候とリスク

【医師監修】早産・切迫早産、流産の違いは? 兆候とリスク

妊娠中に気になる早産について正しい知識を身につけて、無事に出産を迎えられるようにしましょう。どのような原因で早産となる可能性が高まるのか、早産にはどのようなリスクがともなうのかなど、きちんと理解して予防するよう心がけてください。早産と切迫早産、流産の違いを把握しておくことも大切です。


【医師監修】妊娠初期に茶色いおりものが出るときの原因と対処方法

【医師監修】妊娠初期に茶色いおりものが出るときの原因と対処方法

月経が始まった当初から、おりものを経験してきている女性は多いと思いますが、妊娠中は、とくにその変化が気になってしまうもの。妊娠初期には、茶色いおりものが出ることがあり、おりものの変化は体調の変化を知らせてくれる重要な役割を持っています。そこで今回は、注意すべきおりものについて、原因や対処方法についてまとめました。


【医師監修】生理が月2回来るのはなぜ?妊娠に影響は?原因と対策まとめ

【医師監修】生理が月2回来るのはなぜ?妊娠に影響は?原因と対策まとめ

生理は通常、1ヶ月に1回の頻度で来るもの。しかし、つい半月前にあったばかりなのにまた生理が来てしまう、という症状も見られます。これは、何かの病気なのでしょうか?今回は、生理が月に2回以上来てしまう「頻発月経」についてご紹介します


【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

妊娠すると、身体にさまざまな変化が現れます。体温の上昇や気分の不快感などいろいろありますが、その中のひとつが「オリモノの変化」。具体的にどのようにオリモノが変化するのでしょうか? 気を付けておきたいオリモノの病気とともにご紹介します。


【医師監修】子供の熱が3日以上下がらない……可能性のある病気と対処方法

【医師監修】子供の熱が3日以上下がらない……可能性のある病気と対処方法

子どもの熱が3日以上下がらない場合は、ただの風邪ではないのかもしれません。子どもは自分の症状をうまく伝えられないことも多いので、子どもの様子や状態をしっかりと見守りましょう。ここでは、子どもの熱が3日以上続く場合に可能性のある病気やその対処法、受診の判断基準などをご紹介します。