つわりのとき、僕たちに何ができる? “パパによる、パパのための”初マタ教室

つわりのとき、僕たちに何ができる? “パパによる、パパのための”初マタ教室

妻の妊娠、そしてわが子の誕生! このうえない幸せの反面、初めての経験を前に「何をどうしたら……」と不安を抱くのは、ママだけでなくパパも同じでしょう。今回は、妊娠中のパートナーをもつパパたちを招集し座談会を実施。先輩パパ代表として、累計15,000人以上の夫婦が参加する両親学級の講師 渡邊大地さんにも参加いただきました。


座談会メンバー

タクヤさん

タクヤさん

タクヤさん(32歳)
妻は妊娠7カ月で2歳半の長女がいる。出産に合わせて、1カ月ほど休暇を取得予定。
カズヤさん

カズヤさん

カズヤさん(34歳)
妻は妊娠10カ月。まもなく第一子の誕生をひかえ、妻とともにカズヤさんの実家へ里帰り中。
ヨシヒロさん

ヨシヒロさん

ヨシヒロさん(44歳)
妊娠5カ月の妻はつわりが重く、1カ月の入院から退院したばかり。そのあいだ、4歳半の娘とふたりで過ごしていた。
ヒロシさん

ヒロシさん

ヒロシさん(28歳)
妻は妊娠8カ月。第一子の誕生にそなえ、再来月から1~2カ月の里帰りを予定している。
渡邊大地さん

渡邊大地さん

渡邊大地さん
株式会社アイナロハ 代表取締役/札幌市立大学看護学部非常勤講師
大学卒業後、会社員を経て、2011年に株式会社アイナロハを設立。2012年より「産後サポート“ままのわ”」事業をスタート。自治体の産後サポート事業、全国の産院での両親・父親学級の開催、講演など、多方面で活躍中。著書に『産後が始まった!夫による、産後のリアル妻レポート』、『夫婦のミゾが埋まらない 産後にすれ違う男女を変えるパートナーシップ学』(いずれもKADOKAWA)などがある。3児の父。

気にかけているつもりだけど……
実は妻の気持ちが分かっていない?

タクヤさん

タクヤさん

うちの妻は、つわりが重いほうで。匂いで吐き気をもよおすほかに、光に対しても敏感でした。スマートフォンや電気の照明が目に入るのもつらかったようです。最初は、つらさをわかってあげられず、衝突することが多かったですね……。
カズヤさん

カズヤさん

光でも!? 大変でしたね。うちの場合は、2人で「いつ、つわりが始まるんだろう?」なんて言っているうちに、安定期に入っていました。
ヒロシさん

ヒロシさん

我が家も、つわりはそんなにきつそうではなかったですね。
渡邊大地さん

渡邊大地さん

それって妻本人が言っていました? 大丈夫そうな様子を見せていても、もしかしたらは実はつらかったってこともありますしね。
ヒロシさん

ヒロシさん

たしかに、匂いによっては食べられないものもありました。フルーツは好んで食べていたので、冷蔵庫に3種類以上は常備しておくようにしてますが……。
渡邊大地さん

渡邊大地さん

アドバイスなんておこがましいんですけど、3児の父として言えることは、僕たちが思っている以上につわりはきつくて、妊婦さんは疲弊しているということ。
実は僕、1人目のとき友人や自分の両親に、「つわりは重くなかったみたい」なんて話してたんですよ。そうしたら妻に「全然わかっていない! 結構つらかったんだから!!」と怒られました(笑)。
カズヤさん

カズヤさん

うう、僕も気をつけます……。
ヨシヒロさん

ヨシヒロさん

うちは、僕から見てもとてもつらそうでした……。ご飯が全然食べられないほどで、3週間入院したんです。その間は、4歳半の娘とふたりでなんとか。後半は義母も泊まり込みで来てくれて、助かりました。
渡邊大地さん

渡邊大地さん

つわりの大変さは本当に個人差がありますよね。ふだんと変わらないようにしている人もいれば、ヨシヒロさんのパートナーのように入院する人もいる。毎日の体調の変化や気持ちの浮き沈みがあるので、「今日の体調はどう?」「気分はどう?」と聞いてあげてください。
渡邊大地さん

渡邊大地さん

妻の体調と気分を10段階でチェックできる「ヨメーター」というチャートがあるんですが、これをぜひ、ご自宅の冷蔵庫などに貼って活用してみてください。妻は、夫が帰宅するまでに、その日の体調と気分を示す位置にマグネットを貼っておく。そうすれば、夫は妻に「今日何かしんどいことがあったの?」などと聞けますよね。
タクヤさん

タクヤさん

なるほど、これはいいですね~。体調は良いけど気分が悪いとか、教えてもらえたほうが声をかけやすいです。

先輩パパ・渡邊大地さんからのアドバイス ~その1~

男性が想像している以上に、つわりは心身ともに大変なもの。妻が平気そうにしていても「大丈夫? 気分はどう?」と気遣うことを忘れずに!

関連リンク

パパ芸人山西章博「初めての育児は、わからないことだらけ!~つわり編~
妊娠期間を無理なく夫婦で楽しむ2つのこと!
妊娠中にしてよかったエピソード「産前からパパになる意識を高めてもらった!」

良かれと思ってやったのに、妻に喜ばれない。
妊娠中の家事分担、何をすべき?

渡邊大地さん

渡邊大地さん

みなさん、家事の分担とかってどうしてます?
ヨシヒロさん

ヨシヒロさん

うちは、妻が入院していたので家事をほぼ自分でやっていたんですが、唯一やっていなかったのは料理。スーパーで出来合いのものを買ってきていました。
渡邊大地さん

渡邊大地さん

入院中、お父さんひとりで乗り切ったことは尊敬に値します! ヨシヒロさんの底力を発揮しましたね。
ヨシヒロさん

ヨシヒロさん

ストレスが溜まらないように、「これは自分の業務だ」と言い聞かせて、淡々とやっていましたね。「あのときが一番輝いていた」と言われないようにしないと(笑)。
ヒロシさん

ヒロシさん

ヨシヒロさんに比べたら全然ですけど……おなかがどんどん大きくなって大変そうなので、最近はゴミ出しなどを。それから、しゃがむ必要があるものや重労働は僕が担当しています。
タクヤさん

タクヤさん

僕も、ゴミ出しと食器洗い、風呂掃除。それから、子どもをお風呂に入れることは率先してやっています。でも料理だけは「やらなくていい」と言われますね。キッチンを汚されるのが嫌だと(笑)。
ヒロシさん

ヒロシさん

うちもです! 食器洗いもするのですが、やりすぎはダメみたい。「もう、いいよ。私がやるよ」と言われます。妻の領域を侵すのはよくないみたいで、加減が難しいです(笑)。
カズヤさん

カズヤさん

うちは、台所を触っても嫌がられないですよ! 大変だろうなと思って食器洗いをしたら、すごく喜んでくれて。今ではもう日課になってます。
渡邊大地さん

渡邊大地さん

みなさん、それぞれ喜んでくれるだろうと思ってやったものの、実際は「汚れるからやめて」とか言われちゃうんですよね。良かれと思ってやることを、妻が喜ぶとは限らない(笑)。
ヨシヒロさん

ヨシヒロさん

どうしたら……いいんですかね?
渡邊大地さん

渡邊大地さん

やっぱり、妻自身が何に負担を感じているのかを聞いてみること。僕らが気づかないうちに妻がやってくれていることが、実はストレスになっているかもしれないですからね。
タクヤさん

タクヤさん

そういえば、妻がこのまえ「たまには1人でいたい」と本音を言ってくれました。僕が料理をするより、上の子をつれて公園にでかけるほうが喜んでもらえそうですね。
渡邊大地さん

渡邊大地さん

そういうことです! 家事の分担に限らず、コミュニケーションはすごく大事。「我慢していることはないか」ってことも、ぜひ聞いてあげてください。それから、里帰り出産の期間をどうするかとか、そういったことも話し合っておくといいですね。
カズヤさん

カズヤさん

初めてのことなので、何が巻き起こるのか分からず……これからのことも話し合ってみます!
ヒロシさん

ヒロシさん

妻の残り少ない妊婦期間、しっかりフォローしたいと思います。もちろん生まれてからもですが!

先輩パパ・渡邊大地さんからのアドバイス ~その2~

良かれと思ってやることを、妻が喜ぶとは限らない。まずは、妻がどの家事を大変だと思っているのかコミュニケーションをとって把握しましょう! そして、産後どんな新生活を送っていきたいのかも夫婦で共有しておきましょう。

関連リンク

パパ料理人・平床政治の妻に作ってあげたい料理
赤ちゃんが生まれる前に、ゆっくり夫婦で話し合うべき「今後」のこと
里帰り出産のメリットと懸念すべき点とは? 里帰り出産をすると決めたら準備すべきこと

ママの不安に寄り添う“さしすせそ”とは?
夫婦で協力して楽しいマタニティライフを

座談会では、夫婦でコミュニケーションをとることが大事であると教わった4人のパパさんたち。最後に渡邊さんから、ママの不安によりそうための合言葉“さ・し・す・せ・そ”を教えていただきました。

「さ」……里帰り出産について
今までの暮らしと環境が変わるため、妻に不安が芽生えるのは当然と思っておきましょう。できるだけ安心できるよう、里帰りの期間、両親への挨拶、心配事のヒアリングなど準備を。

「し」……職場復帰について
職場復帰したいのかどうか、するとしたらどのタイミングにするか、そして職場復帰するにあたって不安なことはないかを聞いてみましょう。

「す」……睡眠不足について
妊娠中から産後1年ぐらいは、まともに熟睡できないと思っておきましょう。睡眠不足はストレスにも直結します。どうやって睡眠時間を確保するかについても夫婦で話し合いを。

「せ」……責任感について
「本当に母親になれるのだろうか」「家計は大丈夫だろうか」「私は職場に戻れるだろうか」など、いくつもの責任感を抱えながら出産を迎えます。それらの不安についてもフォローをしましょう。

「そ」……祖父母との関係について
出産後は祖父母を含めた親戚づきあいが一気に増えます。お宮参りや100日祝い、七五三の写真撮影など行事も盛りだくさん。祖父母や親戚との付き合いについて不安に思っていることはないか、話をしておきましょう。

「パパとしては、可愛い赤ちゃんにばかり気持ちが向いてしまうかもしれませんが、パートナーの不安ごとにも寄り添って、早いうちに取り去ってあげることが最大の役目です。そういう環境を作っておけば、妊娠出産後の子育て生活はぐんとスムーズに始められます。

僕は1人目のときにたくさんの失敗をして、本当に頼りないパパでしたが、妻の話を真摯に聞こうという気持ちだけは強くもっていました。 楽しいマタニティライフを送るには、パートナーとのコミュニケーションは欠かません。皆さんも、ぜひ、パートナーと積極的に会話をして、貴重なマタニティライフを楽しんでください!」(渡邊さん)

自分らしい家族の愛のカタチがみつかるサイト『コモドライフ』

『コモドライフ』は、マタニティ・ベビー用品メーカーのピジョンが運営する妊娠・出産・育児の情報サイト。「comodo(コモド)」とは音楽の発想標語で「気楽に」という意味で、「急ぎすぎず、中くらいの速さで、気楽に、自分らしい家族の愛のカタチを見つけられる」をコンセプトにしています。
妊婦さんだけでなく、その家族にとっても嬉しい内容をほぼ毎日更新。助産師や産婦人科医、保育士などの専門家が監修する記事も豊富で、信頼性の高い情報サイトです。

さまざまな家族の子育てスタイル『コモドライフ』

――・・ 合わせてこちらもチェック! ・・――

妊婦フレンズ

「何がわからないかがわからない」初マタのあなたに。検索ではたどりつけない、今のあなたにぴったりの妊娠期情報をお届けするプレママとパパの情報サイト。

育児イマLABO

イマドキ育児を実践する家族をピジョンが徹底調査し、これから育児が始まるプレママ・プレパパと、今まさに育児真っ最中のみなさまに新しい育児のカタチをお届けする情報ページ。

提供:ピジョン株式会社