おしりトラブルのケア、ちゃんとできてる? 出産前に準備しておきたい忘れがちなプレママ必需アイテムとは

おしりトラブルのケア、ちゃんとできてる? 出産前に準備しておきたい忘れがちなプレママ必需アイテムとは

出産を控えたプレママさとこがひそかに悩んでいるのは……おしりのトラブル(痔(じ))! 悩みが悩みだけになかなか周りには相談しづらいですが、出産前後のママの多くがこの問題を抱えているらしい……!? 今回はそんな悩める妊婦さんたちに対策法をご紹介します。


天藤製薬 ボラギノール

プレママの皆さん、突然ですが、おしりのお悩みはありませんか? 妊娠・出産期に起こるカラダの変化は、実はおしりに大きな負担をかけています。特に、多くの妊婦さんが患っていると言われているのが、痔。この厄介者、どう対処すればいいのでしょうか?

天藤製薬 ボラギノール 天藤製薬 ボラギノール 天藤製薬 ボラギノール 天藤製薬 ボラギノール 天藤製薬 ボラギノール
おしりトラブルに悩む方はこちら

Point1:妊娠中や出産後は痔になりやすい! 妊婦の約85%以上が痔を経験。

天藤製薬 ボラギノール

妊娠中や出産前後は、食生活やホルモンバランスの乱れ、血流の悪化などにより、便秘や痔といったおしり周りのトラブルが増加。特に妊娠中期〜後期に痔を発症する人の割合は約85%以上という報告も(※1)。また、もともとあった痔が妊娠・出産を機に悪化するケースもあるようです。

※1 Gojnic, M. et al.: Clinical Experimental Obstetrics and Gynecology, 32: 183, 2005.(海外データ)

Point2:妊産婦が患う痔の95%以上がいぼ痔!

天藤製薬 ボラギノール

妊産婦が患う痔は、なんと95%以上がいぼ痔なのだとか(※2)。というのも、妊娠中は赤ちゃんの成長とともに子宮が大きくなり、周りの血管や直腸肛門部を圧迫。痔の原因となる血液循環の悪化(うっ血)を起こし、痔になりやすくなるのだそう。

※2 Poskus,T.et.al.:BJOG,13:1666,2014(海外データ)

おしりトラブルに悩む方はこちら
天藤製薬 ボラギノール 天藤製薬 ボラギノール

産後に悪化or新たに発症する可能性大のおしりトラブル。市販薬で早め早めのケアを心がけて。

天藤製薬 ボラギノール

おしりトラブルに悩んでいるなら、本来ならば医師に相談したいところ。とはいえ、面倒に感じたり、不安を感じたりと躊躇してしまう人も多いのでは。そんなとき、まずは試してほしいのが、手軽に買える市販薬。中でも、痔による痛み・出血・はれ・かゆみの症状を緩和したい人にぴったりなのが『ボラギノール®A』シリーズです。
その他にも、ステロイド成分を配合していない『ボラギノール®M』シリーズ、3種の生薬エキスを配合したのみ薬『内服ボラギノール®EP』など豊富な製品ラインアップ。
さらにうれしいのが、すべてのシリーズが授乳中でも使用OKなこと! 産後すぐに使えるから、お守りとして持っておけるのがプレママにはうれしいですね♪

ボラギノール®についてくわしくはこちら
天藤製薬 ボラギノール

痔には、主にいぼ状の腫れができる「いぼ痔(痔核)」、肛門の皮膚が切れる「きれ痔(裂肛)」、肛門に膿(うみ)のトンネルができる「痔ろう」の3種類があります。原因や症状が異なるため、それぞれに適したお薬を使いましょう(※3)。

※3「痔ろう」は市販薬の治療対象外なので、肛門の周囲が腫れてズキズキと痛んだり、おしりから膿が出ていたり、発熱などの症状が疑われる場合は、早めに病院で診てもらってください。

肛門の内と外の痔に ボラギノール®A注入軟膏 主に肛門の外側・肛門付近の痔に ボラギノール®A軟膏 主に肛門内側の痔に ボラギノール®A坐剤
天藤製薬 ボラギノール

妊娠中のきれ痔にお悩みなら、『ボラギノール®M軟膏』が使用できます。非ステロイドの抗炎症成分でかゆみや痛みなどの原因になる炎症をやわらげるほか、痛みやかゆみをしずめるリドカイン、傷の治りをたすけるアラントイン、うっ血の改善をたすけるビタミンE酢酸エステルを配合。

ボラギノール®M軟膏についてくわしくはこちら
天藤製薬 ボラギノール 天藤製薬 ボラギノール 天藤製薬 ボラギノール

お産の前に持っておきたい! プレママのおしりトラブルには『ボラギノール®

悪化してしまう前に、一刻も早くなんとかしたいおしりトラブル。でも、産後も体調によってはしばらく安静にしておかなくてはならない場合も。そんな中、「ボラギノール®」が手もとにあれば痛んだ時などにすぐに使えて安心です。入院前に買っておいて、準備万端でお産に臨みましょう!

ボラギノール®についてくわしくはこちら

提供:天藤製薬株式会社