生活感の出ない美しいリビングのつくり方。引き算の発想ですっきりと!

生活感の出ない美しいリビングのつくり方。引き算の発想ですっきりと!

おうちの「顔」ともいえる大切な空間、リビングルーム。一日のうちでも家族みんなで長い時間を過ごす場所だからこそ、ものが散らかり生活感が出てしまうところでもあります。そこで今回は、リビングをすっきりきれいに見せる簡単テクニックをご紹介。誰でも簡単にできるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。


こんにちは。ライフオーガナイザー®、クローゼットオーガナイザー®近藤こうこです。

すっきりとおしゃれに見せたいリビング。でも過ごす時間が長い分、物が散らかりやすく生活感が出やすい空間でもあります。また、おうちの中でも比較的広いスペースだからこそ、どんなインテリアを置けばよいのか、収納家具はどう選べばよいのか……悩んでしまいますよね。

私もインテリアには詳しくありませんし、気の利いた装飾も得意ではなく、できることなら掃除やお片づけも最低限に抑えたいと思うタイプ。そこで考えたのが、今からご紹介するちょっとしたテクニックでした。

インテリアに詳しくなくても、おしゃれな空間作りが苦手でもOK! ほんの少しの工夫で、リビングはすっきり美しい空間に見せることができます♪

誰でも実践できる簡単テクニック、ぜひ参考にしてみてください。

テクニック①:家具や収納は最小限に

テレビ台には、プリンターと子どものおもちゃを収納

ソファーにローテーブルに、テレビ台、本棚……。よく使うリビングには、家具や収納もたくさん必要! ひょっとして、そんな風に思っていませんか?

リビングで使うものは意外と限られていて、実はそれほど多くの家具や収納を必要としません。リビングで週に1回以上使うもののみを残し、必要最小限の家具や収納のみ残すようにして、使用頻度の低いものは、ほかの部屋に移してしまいましょう。

それだけでも十分、リビングがすっきりします。

例えば我が家のテレビ台には、よく収納しがちなCDやDVDは収納していません。普段の生活では音楽はスマホで聞きますし、テレビもハードディスクのものばかり。CDやDVDは保管用のものばかりなので、リビングに収納しておく必要がないからです。

使用頻度の低いCDやDVDは寝室に収納し、代わりにプリンターとプリンター関連のアイテム(用紙やインク)、子どもがよくリビングで使うおもちゃ等をテレビ台に収納。そうすることで、プリンターを収納する家具やおもちゃのカゴなども不要になりました。

本当に使うものだけを使う場所に収納する……ただそれだけで、スペースの無駄使いがなくなり、お片づけも楽になるので、すっきり空間が維持できますよ♪

おもちゃを収納したテレビ台の引き出し

テクニック②:電気コードは上手に隠す

無印良品のファイルボックスを使った電気コード収納

空間をすっきり美しく見せるためには、生活感を出さないことが大切なポイント。

特に気を付けたいのが、電源コード! たくさんのコードを使用するリビングでは、気を使って上手に隠すよう工夫しています。

おしゃれなケーブルボックスを活用したり、ちょっとしたすき間を利用してファイルボックスにまとめたりするだけでもすっきり。蓋つきのケーブルボックスなら、ほこり対策にもなるのでおすすめです。

テクニック③:飾るのは観葉植物のみ

観葉植物があるリビングルーム

我が家には“ただ飾るだけ”のインテリア雑貨は、ほとんどありません。インテリア雑貨は置けば置くほどほこりがつきますし、おそうじが大変だからです。置いているのは収納を兼ねていたり、何か必要な機能があるもののみ。

そしてインテリア雑貨を置かないかわりに、観葉植物を置くようにしています。観葉植物ならときどきお水を与えるだけでよいので、ほとんど手がかかりませんし、なにより緑があるだけでお部屋がスタイリッシュになります。

インテリア雑貨は増えれば増えるほど、維持が大変ですし、飾り方によっては部屋がごちゃついた印象になってしまいがち。余計なものは極力置かず、本当のお気に入りだけを大切に飾る……というのも、美しい空間を維持するための大切なポイントではないでしょうか。

テクニック④:カラーを統一する

モノトーンのウォーターサーバーと空気清浄器

「カラーを統一する」というのもすっきり美しく見せるための大切なポイントです。

センスに自信のある方なら、カラフルな空間、いろいろなカラーが混じったインテリアも上手にレイアウトできますが、苦手な場合は統一してしまうのが一番の近道!

我が家では、家電や収納ボックスなどのカラーはすべてブラウンかブラックに統一しています。テーブル、チェストなどその他の家具もほとんどブラウンかブラック。

観葉植物の緑があるので、寂しくなりませんし、クッションやラグなどのファブリックでカラーや柄を取り入れればそれだけでも遊びのある空間になります。

機能性を重視して選んだ収納グッズも、お部屋になじむカラーをあえて選んで、目立たないよう意識しています。

天馬株式会社の収納ケース プロフィックスカバコを使用したリビング収納

まとめ

一言で「美しい空間」といってもいろいろなとらえ方がありますが、忙しい主婦やママにとっては生活しやすいことが大前提。生活感が出ないこと、片づけがしやすいこと、そのうえでちょっとだけおしゃれで快適な空間であることが大切なのではないでしょうか。

さまざまなインテリア雑貨を上手に飾っておしゃれなリビングを演出することもできますが、そのことで雑然とした空間、片づけにくい空間になってしまい、かえって逆効果になってしまうことも。

足し算ではなく、時は引き算の発想で空間作りを考えてみると、意外と簡単にすっきり美しいリビングを維持することができます。

おうちが全体的に雑然としていてモヤモヤしている方も、ぜひリビングから改善してみてください。リビングが快適になることで、他のお部屋のお片づけのモチベーションアップにもつながりますよ♪

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

BeautifullyOrganize主宰。

「空間・時間・身体を整えて、笑顔あふれるママライフ」をコンセプトに、整理収納の専門家として、企業への企画提案や記事執筆など幅広く活動している2児の母。クローゼットオーガナイザー、骨格スタイルアドバイザーとしてクローゼット収納の個人コンサルティングも行っている。
ブログ「40歳からはじめる暮らしの美活」では、整理収納やファッション、美容、健康など、アラフォー主婦の暮らしの楽しみ方を公開
ブログ:https://borganize.exblog.jp/

ライフオーガナイザー1級 整理収納アドバイザー1級
骨格スタイルアドバイザー1級 クローゼットオーガナイザー

関連するキーワード


専門家 リビング

関連する投稿


保育園の着替えの準備を楽にしよう! 着替え収納の拠点は「保育園」に

保育園の着替えの準備を楽にしよう! 着替え収納の拠点は「保育園」に

保育園の着替え、皆さんは何枚持っているか把握していますか? 保育園児を3人抱えた片づけのプロが、日々を楽にするためにとった方法は「保育園の洋服は保育園を拠点にする」こと。保育園を拠点にするってそもそもどういうこと? 日々を楽にするだけではなく、子どもが準備をするときもスムーズになるメリットも合わせてご紹介します。


まな板不要で時短調理・家事シェアにも貢献! キッチンバサミの活用法

まな板不要で時短調理・家事シェアにも貢献! キッチンバサミの活用法

忙しい朝や、仕事から帰ってからの慌ただしい食事作り、食べ終わった後の洗い物……。これらは毎日のことだけに、少しでも楽にしたいですよね。食材を使う際は、包丁よりキッチンバサミの方が、早くて便利なことも多いです。いくつかの活用方法をご紹介いたします。


無意味な「もったいない」をなくそう! 残り物食材を簡単に使い切るテク

無意味な「もったいない」をなくそう! 残り物食材を簡単に使い切るテク

冷蔵庫の中に、「もったいない」と保存したけれど使わずに傷んでしまった食材や、使い道が分からず処分している食材は、ありませんか? 食べ物を無駄にしてしまうのは、あまり気持ちの良いものではありませんよね。少しの工夫で、おいしく食べきることはできますので、今回はいくつかの例をご紹介いたします。


やらない家事をカスタマイズしよう! 「家事のスリム化」3ステップ

やらない家事をカスタマイズしよう! 「家事のスリム化」3ステップ

毎日の家事、どれも欠かさずやらなくてはいけないと思い込んでいませんか? 仕事や子育てに追われているのに、家事にも全力投球……というのは無理がありますよね。家事に手を抜くことは、別に悪いことではありません。毎日の負担を軽くするために、少しずつ家事をスリム化してみませんか?


今年こそ片づけたい! 書類片づけの仕組みをつくるポイント3つ

今年こそ片づけたい! 書類片づけの仕組みをつくるポイント3つ

家の中のもので「片づかないもの」の代表格「書類」。書類は、家に入ってくるタイミングもバラバラで、種類自体も多いため、上手に整理しないとあっという間にたまってしまいます。今年こそ書類が片づく仕組みを作って、スッキリ暮らしてみませんか?


最新の投稿


あったかくておいしい! 保温弁当箱・ランチジャーの魅力を徹底分析

あったかくておいしい! 保温弁当箱・ランチジャーの魅力を徹底分析

お弁当をあったかいままおいしく食べられる、保温弁当箱。寒い時期になると特に活躍するイメージの保温弁当箱ですが、実は季節限らず活用できる優れものです。我が家でもオールシーズン保温弁当箱を愛用し、子どもにもとても好評。今回は長年愛用してみてわかった保温弁当箱の魅力を分析してみました!


ドライブ中、子どもの機嫌を保つコツは? 主な原因とパパ・ママに聞いた独自の工夫

ドライブ中、子どもの機嫌を保つコツは? 主な原因とパパ・ママに聞いた独自の工夫

本田技研工業(Honda)は、家族でのおでかけ前とドライブ中における子どものテンションや機嫌の変化を調べるため、家族のドライブ事情について、調査を実施しました。


「ファーファ 」のランドリーシリーズから、地球にやさしい“エコパック詰替品”が登場

「ファーファ 」のランドリーシリーズから、地球にやさしい“エコパック詰替品”が登場

NSファーファ・ジャパンは、世界の香りでお洗たくできる「ファーファ トリップ」と、香りが苦手な人でも安心してお洗たくできる「ファーファ Free&」の2つのランドリーシリーズから、エコパック詰替品を2020年4月中旬より全国で発売します。


知らなきゃ損? タオルの交換時期とふわふわが長持ちする方法

知らなきゃ損? タオルの交換時期とふわふわが長持ちする方法

手や顔、身体を拭いたりと、毎日何かと使っているであろうタオル。そんなタオルの交換時期をみなさんはご存知でしょうか? 今回は、タオルの寿命や、ちょっとした一手間でフワフワになる裏技などをご紹介していきたいと思います。


8割以上のママが入園・入学準備の「お名前付け」を大変と回答! いつから始めている?

8割以上のママが入園・入学準備の「お名前付け」を大変と回答! いつから始めている?

キングジムは、2019年4月に保育園・幼稚園・小学校に入園・入学した子どもがいる25~45歳の母親400名を対象に「新入園・新入学準備のお名前付け」に関する意識調査を実施しました。


インテリアランキング


>>インテリアランキング