リバウンドしない片付け方法! 6ステップで収納上手に

リバウンドしない片付け方法! 6ステップで収納上手に

「お片付け本を見てマネしてみたけどうまくいかない」「流行りの収納グッズを買ってみたけど使いこなせない」という理由で、リバウンドしてしまった方必見! 片付けたら散らからない手順をお伝えします。実は、リバウンドする原因は片付けの手順にある可能性が高いのです。今回紹介する6ステップの片付け方法、ぜひやってみてくださいね。


こんにちは! 整理収納アドバイザーの三吉まゆみです。

2018年も残りわずか。そろそろ大掃除について考える時期ではないでしょうか? 大掃除というと、必然的に部屋の片付けもすることになりますね。

でも、お片付け本を見てマネしてみたけどうまくいかない、流行りの収納グッズを買ってみたけど使いこなせない、などの理由でリバウンドしてしまった経験、ありませんか?

今回は絶対にリバウンドしない、これさえ守れば自然にお部屋が片付く方法を、ご紹介したいと思います。せっかく片付けた部屋をきれいにキープし続けられるよう、マネしてみてくださいね。

リバウンドはゼロ! 片付けの手順6つ

Getty logo

スッキリと片付けたつもりでも、しばらくするとリバウンドして、乱れた部屋に戻ってしまう……という話はよく聞きます。その原因の多くに「片付けの進め方が間違っている」という点があります。

これからご紹介する手順1から順番に始めれば、リバウンドの心配なし! ぜひやってみてください。

1.全出しする

Getty logo

まずは、収納スペースからものを全部出します。

よく手に取って不要なものだけゴミ袋に入れて、仕分けと同時進行で片付けようとする方がいらっしゃいますが、まずはその日に終わる範囲のスペースのものを出してしまってください。

「捨てながら片付けたほうが効率的では?」と思うかもしれませんが、作業の手が止まりやすくなってしまうので、実は非効率なのです。

また、全出しすることでその収納スペースに入っている総量を見ることができます。普段生活していると、それが一つの景色となってしまうので、ぜひ全出しして中に入っているものの把握をしてください。

押し入れの奥にある段ボールを開けたら、中身が全部空き箱だった! なんてことも聞いたことがあります。ぜひ、箱の中身もこの機会に確認してくださいね!

空き箱が収納ボックスに使える! 簡単リメイク術を紹介

https://woman.mynavi.jp/kurasso/articles/707

「何かに使えるかも……」と取っておいた空き箱は、これを機に収納ボックスとして変身させましょう。ここでは、プチリメイクで作れる、空き箱の使い道がアップする方法をまとめています。リメイクに最適な空き箱BEST3も紹介します。

2.分ける

全出しの次は、仕分け作業です。分け方にもいろいろありますが、順番に分けていきましょう。

【1】使っている・使っていないで分ける
【2】人別・ジャンル別で分ける
【3】使用頻度で分ける

この3つのポイントに沿って仕分けをします。

コツは、それぞれの仕分けの際に感情を乗せないこと! 思い出に浸っていてはどんどん判断が鈍ってしまうので、捨てる・捨てないは一度置いておいて、「使っている・使っていない」で淡々と仕分けしてみてください。

次に人別、ジャンル別で分けていきます。家族の共有スペースでは、いろいろな人のモノが混在していますよね。それぞれの人別に分けてみましょう。こういったスペースの場合、その場所を使っている家族と一緒にやることをおすすめします。

人別に分けたら、細かくジャンル別に分けます。たとえば「本」「文房具」「工具」「PCパーツ」など。洋服で言えば「コート」「トップス」「ボトムス」「下着」などに分けられますね。

ここまで分けられたら、次は使用頻度別に分けていきましょう。「ほぼ毎日使うもの」「時々使うもの」「季節もの」というように分けていきます。

3.収納スペースを決める

Getty logo

仕分けが終わったら、収納する場所を決めます。このとき、これまでの「ここに収納していた」という概念を取り払ってみてください。

日々の自分や家族の動きを客観的に見て、どの場所にあると使いやすいかを考えてみましょう。「動線を意識する」とよく言いますが、まさにそれです。

腰から目線までの位置、そして奥より手前側は取り出しやすくしまいやすいゴールデンゾーンといわれています。仕分けをしたときの使用頻度の高いものは、このゴールデンゾーンに配置するといいですね。これは家族の身長などにもよるので、小さなお子さんのものは低い位置に収納スペースを作るなどもおすすめです。

また、よく使うものをわざわざ別の場所に取りに行くのも、散らかる原因の一つ。その作業をする場所に収納すると良いでしょう。

例えば、宅急便の段ボールは玄関で開梱するので、はさみを玄関にも置いているという話もよく聞きます。畳んだ段ボールを部屋に持ち込むことなく、ゴミの日にすぐ出せるように玄関に置いておけるのでいいアイディアですよね。

その他、下着を洋服収納とは分けて脱衣所に収納スペースを作ったり、タオルを一カ所にまとめて収納するのではなく、使う場所にそれぞれ分けて収納するなどが挙げられます。

4.収納グッズを決める

ここでようやく、収納グッズの登場です! おそらく多くの方が収納グッズの購入からお片付けを始めると思いますが、実はそれNGなのです。

片付けの現場で実は一番ゴミになってしまうのが収納グッズ。「みんな使っているし」「これ、たくさん入るし使えそう!」とつい買ってしまう収納グッズですが、片付けの作業を通して不要なものがたくさん出ると、しまうものがなくなって、結果的に収納グッズが余ってしまうのです。

また、サイズの合わない収納グッズは失敗のもと。しまうものや収納スペースに合わせてきちんと採寸し、ピッタリの収納グッズを選びましょう。見た目だけで選ぶのではなく、家族それぞれが出し入れしやすい収納グッズを選ぶのもポイントです。

5.しまう

収納グッズをそろえたらあとはしまっていくだけ。すっきりと片付くと気持ちがいいですよね!

ただ、一度収納システムができたからといって、永遠にこのままというわけではなく、ライフスタイルの変化や、家族の成長などに合わせて収納もアップデートしていってくださいね。

6.不用品を手放す

Getty logo

仕分けをして不要と判断したものは、なるべく早めに手放しましょう。処分するものはゴミの日に、売るものは早めにリサイクルショップなどへ。後回しにしてしまうと、またそこから散らかってしまうので、不用品を手放すまでが片付けと考えましょう。

家の中に不要なものがないと、部屋が広くなって気持ちがいいですよ!

まとめ

片付けってつい後回しにしてしまって、なかなか重い腰が上がらないですよね。でも、できれば気持ちよく新しい年を迎えたい! 年末の大掃除の前に、ぜひこの手順でお片付けを進めてみてくださいね!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

「住まいにsmileを」主宰/整理収納アドバイザー/インテリアコーディネーター
1LDKの小さな賃貸アパートに住みながら、いかに快適な暮らしができるかをSNSを通じて発信中。約40平米の狭さにくわえ、賃貸住宅と制限があるなかで、居心地の良い暮らしを楽しんでいます。書籍への掲載多数。モノを減らしてすっきりと暮らすことだけにとらわれず、住む人が主役の居心地のよい家づくりを提案していきます。
ブログ:https://ameblo.jp/miyo-miyo-344/

関連するキーワード


専門家 片付け

関連する投稿


エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

苦手な家事にはモチベーションが上がる道具選びをするのもひとつの手ですよね。そこで苦手な掃除の相棒に選んだアイテムが、爽やかな香りと二度拭き不要のクリーナー。また子どももお手伝いが簡単になるアイテムがあるとお手伝いが楽しくなってきます♪ 今回はお掃除が捗るクリーナーとウォッシュクロスをご紹介しますね。


【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

最近は100円ショップでもデザイン性の高いウォールポケットを見かけます。壁や扉を有効活用でき、便利でおしゃれなウォールポケット。しかし便利なアイテムである半面、うまく管理できないまま、ぐちゃぐちゃになってしまうという悩みのタネになることも……。そこで今回は、失敗しない100均ウォールポケット活用法をご紹介します。


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

休校など、イレギュラーな状態が続く2020年の春。不安な気持ちを抱きながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。親子時間が多いこの時期、おうちのなかで少しでも気持ちよく過ごすためのアイディアをご紹介したいと思います。


最新の投稿


スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

あきんどスシローは8月5日より、全国のスシローにおいて人気メニューを取り揃えた「大切りの夏!100円の夏!」フェアを開催します。さらに、さっぱりした新感覚のデザートスープを期間限定発売します。


ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

赤ちゃんの離乳食が始まると、ママ・パパの強い味方になってくれるのがベビーフード。今回は、様々なメーカーから販売されている商品の中でも、無添加のものを中心に、月齢ごとのおすすめのベビーフードをご紹介します。


ベビーフードはいつからいつまで食べさせる?【管理栄養士監修】

ベビーフードはいつからいつまで食べさせる?【管理栄養士監修】

赤ちゃんの離乳食が始まると、大人の食事とは別に赤ちゃんの食事を用意しなければならず大変ですよね。そんな時に救世主になってくれるのがベビーフードです。今回は、ベビーフードはいつからいつまで食べさせるものなのか、おすすめのベビーフードにはどんな種類があるのかなどについて調査してみました。


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


幼児食の献立、どう考える?簡単・人気のレシピも紹介【管理栄養士監修】

幼児食の献立、どう考える?簡単・人気のレシピも紹介【管理栄養士監修】

離乳食を完了後は幼児食へ移行しますが、毎食の献立どうしていますか。どんなことに注意すればよいのか、幼児食づくりに向けて、簡単な人気レシピをご紹介します。