ズボンの折ジワを取るにはどうしたらいい? アイロンを使わない裏技も

ズボンの折ジワを取るにはどうしたらいい? アイロンを使わない裏技も

ズボンの折ジワはアイロンだけではなく、別の方法でもとることができます。今回は、ズボン折ジワをなくす方法を解説。アイロンをかけるときのコツや、シワをつけないようにするために収納するときのポイントなど紹介します。


※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

折ジワを消すアイロンのかけ方

ズボンを折り畳んでおくと、折り畳んだ状態をキープするように繊維をつくる分子が結合します。これが、店に陳列してあった新品のズボンや、畳んでタンスの中に保管しておいたズボンについている折ジワの正体です。このようなズボンを履くときは、シワをきれいに取っておきたいですよね。

シワを取るのに使う道具といえば、アイロンです。ここでは、ズボンの折ジワを取るための上手なアイロンがけの方法をご紹介します。

折ジワなくすアイロンのかけ方

水で濡らす

生地が乾燥しているうちは、繊維をつくる分子が結合をキープし続けます。そのため、乾いたズボンにそのままアイロンを当てても、シワはなかなか伸びません。シワを伸ばすためには、アイロンをかける前に水で濡らすと効果的。そうすることで、生地がやわらかくなり、分子の結合をゆるめ、本来の形状に戻すことができます。

生地を裏返す

生地を濡らしたら、さっそくアイロンをかけていきましょう。このとき、アイロンをかけるとシワを取ることができますが、代わりにアイロン跡が残ってしまう可能性も。これを防ぐためには、生地を裏返した状態でアイロンをかけるのがおすすめ。表面にアイロン跡をつけることなく、シワをきれいに伸ばすことができます。

スチームアイロンは効果ある?

「生地を濡らしてからアイロンをかけるなら、スチームアイロンを使用すればまとめて両方できるのでは?」と思う人もいるでしょう。ですが、スチームアイロンから出る水の粒子は非常に細かく、生地を十分に濡らすことができません。シワをしっかりと伸ばしたいなら、少し手間がかかっても、アイロンの前に生地に水をつけ、繊維にしっかりと水分を含ませることが必要です。

アイロンを使わず折ジワを取る裏技

アイロンをかけるのが面倒……忙しい時には、アイロンを用意している時間がないかもしれませんね。そんなときは、アイロンを使わずにズボンの折ジワを取ってみましょう。ここでは、アイロンなしでズボンの折ジワを伸ばす裏技をご紹介します。

風呂場に吊るす

Photo by Jared Rice on Unsplash

ズボンの折ジワを取りたいときは、ズボンをハンガーにかけて風呂場に吊るしておくと効果的。温度と湿度の高い風呂場にズボンをしばらく置いておくと、水分が生地に浸透してシワが伸びやすくなります。

ただし、ズボンを湿気の多い浴室内に長時間置いておくと、雑菌が繁殖してニオイの原因となることも。着るときにはしっかり乾かしましょう。

霧吹きで水をかける

折ジワのついたズボンには、霧吹きを使って水を吹きかけてみるのもおすすめ。ズボンをハンガーで吊るし、シワの気になる部分に霧吹きでシュッと水をかけてみましょう。目安は、生地が湿る程度です。生地を湿らせることで、繊維の分子の結合をゆるめ、シワをなくすのです。その後は、そのままズボンが乾くまで数時間吊るしておきます。生地が乾いたときには、シワがすっきりとなくなっているでしょう。

シワ取りスプレーをかける

スタイルケア 服のミスト 本体 200ml

¥ 325

(2018/10/15時点)

ドラッグストアなどでは、衣類のシワを伸ばしてくれる「シワ取りスプレー」も販売されています。アイロンを使わずに、手軽にズボンの折ジワを伸ばしたいときは、シワ取りスプレーを活用するのもよいでしょう。霧吹きを使って折ジワを伸ばす裏技と同様に、生地が湿る程度にシワ取りスプレーを吹きかけて、あとはズボンが乾くまで吊るしておくだけです。

シワ取りスプレーによっては、消臭作用のあるものや、良い香りのするものなど、さまざまな機能のついたものもあります。シワ取りと一緒にニオイ対策もできるのでうれしいですね。

ズボンに折ジワをつけない収納法

ズボンの折ジワは、収納方法を工夫することによって予防することができます。ここでは、折ジワを防ぐ収納アイディアについて見ていきましょう。

ラップの芯を使う裏技

ズボンに折ジワをつけたくないときは、ラップの芯を使うのがおすすめ。方法はとっても簡単。ズボンを畳むときに、折り目になる部分にラップの芯を挟んでみましょう。すると、折り目の部分がラップの芯に沿ってカーブするので、折れ曲がらず、シワができるのを防ぐことができますよ。

まとめ

ズボンの折ジワを取るためのポイントは、一度生地を湿らせることです。その後、アイロンをかけて仕上げれば、きれいにシワがなくなります。また、アイロンを使うのが面倒なときには、霧吹きやシワ取りスプレーで湿らせてからズボンを乾燥させましょう。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

主婦歴5年目。普段は教育に関する仕事に携わっています。
家事の中で特に好きなのは料理で、数年前に食生活アドバイザーの資格を取得しました!

最新の投稿


6割が「希望した人数の子どもを持てなかった」と回答、その理由として「お金」以外に挙がったものとは?

6割が「希望した人数の子どもを持てなかった」と回答、その理由として「お金」以外に挙がったものとは?

ネクストレベルが運営する縁結び大学は、20代~40代の子どもを持つ男女231人を対象に行った「希望していた子どもの人数と、実際の子どもの人数の相違」に関する調査結果を発表しました。


パンパースの保育園向け紙おむつ定額使い放題サービスが地域限定でスタート!

パンパースの保育園向け紙おむつ定額使い放題サービスが地域限定でスタート!

「パンパース」は、保育関連施設向けに、紙おむつの定額使い放題サービス「すくすくサブスクプログラム」の提供をスタートさせました。まずは近畿地方を中心に受付を開始し、順次関東地方へのサービス拡大をしていきます。


美ボディ研究YouTuber「さくまみお」プロデュースの美ボディウェアブランドデビュー!第一弾はナイトブラ

美ボディ研究YouTuber「さくまみお」プロデュースの美ボディウェアブランドデビュー!第一弾はナイトブラ

AnyMind Groupは、美ボディ研究YouTuber「さくまみお」がプロデュースする美ボディウェアブランド「miour(ミアー)」をローンチします。公式オンラインストアでは、12月11日の21:00より先行販売を開始。一般販売は、12月17日の20:30から実施します。


「フラワーミッフィー juice garden」にクリスマスツリーがモチーフのホットドリンクが登場!

「フラワーミッフィー juice garden」にクリスマスツリーがモチーフのホットドリンクが登場!

オランダの人気絵本ミッフィーのお花屋さん「フラワーミッフィー」がプロデュースするドリンクスタンド「フラワーミッフィー juice garden」浅草店に、12月15日(水)から期間限定で、ホットドリンク「ホットクリスマスツリー」が登場します。


杏さん、5歳双子姉妹と4歳長男の「夜間オムツ外し」で「乳幼児期のコマ切れ睡眠を味わってる気持ち」

杏さん、5歳双子姉妹と4歳長男の「夜間オムツ外し」で「乳幼児期のコマ切れ睡眠を味わってる気持ち」

女優の杏さんがInstagramを更新し、子どもたちのオムツ事情を明かしています。5歳の双子姉妹と4歳の長男は、寝るときはオムツをつけていたそうですが、杏さんは意を決して3人同時の「夜オムツ外し」を断行しました。