引っ越し前後の片付けを、効率よく進める8つのポイント

引っ越し前後の片付けを、効率よく進める8つのポイント

引っ越しする場合の大掛かりな片付けは、効率よく進めなければ、いつまで経っても終わりません。今回は、引っ越しの片付け術について紹介。引っ越し前に効率よく片付けするポイントについて、引っ越し後の作業の進め方と合わせてご紹介します。荷物を整理するチャンスとして、参考にしてくださいね。


引っ越し前の片付け4つのポイント

いるもの・いらないものをわける

Photo by Anete Lūsiņa on Unsplash

まず、いるものといらないものをわけることからスタート! いらないものをあらかじめ処分することで、引っ越しの準備作業を大幅に軽減することができます。

いらないものを決める基準は、以下を参考に。
✔ 1年以内に使用した記憶がないもの
✔ 記念や義理が理由で捨てられないもの
✔ 高価なものなど、使いづらいもの
✔ 他に代替できるもの
✔ 新調したことで使わなくなったもの
✔ 使うかもしれないと思って残しているもの

結局のところ、現在進行形で使っているものなのかどうかが、いるもの・いらないものをわける基準といえそうですね。上の項目に当てはまるものは、思い切って処分するのがいいかも。

使用頻度の低い場所(もの)から荷造りを始める

Photo by Simson Petrol on Unsplash

荷造りは、普段はあまり使っていない場所から手をつけるのが基本です。押入れや天袋などの収納スペースにあるものは、引っ越し前に必要になることはないはず。まずは、このあたりからダンボールにつめていきましょう。

引っ越し作業の際、最終的に段ボールを縦に積み上げることになります。出し入れする必要がないものを最初につめることで、高いところにある段ボールを下ろしてはまた上げるなど、無駄な作業を減らすことができるわけです。もちろん、この段階で不用品を見つけたら、積極的に処分していきましょう。

季節外の衣類、雑貨等を荷造り

Photo by Annie Spratt on Unsplash

次は、使用頻度の低いものをつめていきます。例えば、季節外の衣類や帽子、靴、アクセサリーなど、いまは使わないけれど後で必要になるものです。やはり、季節外の寝具や家電製品、趣味の道具やスポーツ用品なども、この時点で段ボールにつめてしまいましょう。

使用頻度の高いものは最後に荷造りをする

Photo by Jazmin Quaynor on Unsplash

食器や季節の衣類、洗面所・浴室まわりのもの、化粧品などは、引っ越しまでの日数を数えて最低限必要なものだけを残したら、あとはつめてしまいます。後になってやっぱり必要になることもあるでしょうから、箱は完全に閉じてしまわずに、開けたままにしておくのがおすすめですよ。

使用頻度の低い場所、季節外の衣類や雑貨、使用頻度の高いものは、つめこみ作業をするのにそれぞれ少なくとも1日ずつはかかると見込んでおいてください。家財全体の量にもよりますが、余裕を持って作業日を想定しておくようにしましょう。

引っ越し後の片付けを、効率よく進めるコツ

大きな家具から配置する

Photo by Annie Spratt on Unsplash

引越しが無事に済んだらひと段落、といいたいところですが、引越し後の作業も気が抜けません。ノープランで進めてしまうと、いつまで経っても荷ほどきが進まず、なかなか段ボールを片付けることができない、なんてことも。引っ越し後の片付けを効率よく行うには、まず大きな家具から配置していくのがおすすめです。

場所をとる大型家具の位置が定まれば、部屋の大まかな配置が決まります。すると生活スペースが確保され、荷ほどきの作業もしやすくなるでしょう。ベッドやタンスといった大型家具は、引っ越し業者が運び入れてセッティングもしてくれるはずなので、新居に入るまでにレイアウトを作成して、業者に渡しておけば、指示をする手間も省けます。

段ボールを部屋ごとに運ぶ

Getty logo

段ボールは片っ端から開けるのではなく、キッチンツールはキッチンへ、衣類は寝室へという具合に、ひとまず使う部屋へ運び入れるのがおすすめ。段ボールに箱づめする際に、わかりやすい位置に中身を書いておくと便利ですね。面倒でも、段ボールの複数の面に書いてあれば、積み重ねた状態でも確認しやすく、作業がスムーズに。また、引越し業者に指定の部屋に搬入してもらうようあらかじめ伝えておけば、さらに手間を減らせて効率的です。

収納スペースを整理する

いよいよ収納スペースを整理していきます。まずは、タンスや食器棚、クローゼットなどに、ハンガーや仕切りなどの収納グッズを設置してください。衣装ケースや収納ボックスがあるようなら、使用する部屋の所定の場所に設置します。

すぐに使うものから開封する

段ボールの荷ほどきは、つめこみとは逆。使用頻度が高いものから進めます。食器や衣類、寝具に洗面・浴室まわりの道具など、その日のうちに必要になるものを片付けていきます。同じ場所に収納するものであっても、季節外のものを収納するのは後回しに。折を見て少しずつ片付けていくとよいでしょう。空になった段ボールは、その都度折りたたんでいくとスペースも確保できるうえ、片付いていくのが実感できて作業にも前向きになれますよ。

片付けのオプションサービスを利用するのもアリ

Photo by Erol Ahmed on Unsplash

忙しい方や妊娠中の方など、自分の力だけで開封・片付け作業を行うのが難しい場合は、引っ越し業者に荷ほどきや片付けを依頼するのもよいでしょう。有料のオプションサービスとなっている場合がほとんどですが、引っ越し後の片付けを効率よく進めるという意味では、利用価値が高いといえます。サービスの有無や料金について、事前に確認しておきましょう。

まとめ

引っ越し前後の片付けは、自分が想定しているよりも時間がかかると思っておいた方がよいでしょう。そのため、なるべく早く始めるのがポイントです。日常生活と並行してやらなければならないので、上手にやらないと荷物を開けたり閉じたりしないといけません。効率よく進めて、余裕をもった引っ越し作業をしてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

夫と二人暮らしのフリーライター。ミニマムでもマキシマムでもない心地いいライフスタイルを目指し、時流にあった家事のあり方を研究中。

関連するキーワード


片付け 時短 捨て方

関連する投稿


共働き夫婦が、“しない“と決めている家事&時短・効率化に使う家電は?

共働き夫婦が、“しない“と決めている家事&時短・効率化に使う家電は?

パナソニックは、20~40代の共働きパパ・ママを対象に、「新生活シーズンの家事」をテーマにしたアンケート調査をおこないました。


 最大吸引力40倍を実現! 最新のロボット掃除機「ルンバ  s9+」が新デザインで発売

最大吸引力40倍を実現! 最新のロボット掃除機「ルンバ s9+」が新デザインで発売

アイロボットジャパンは、最新のロボット掃除機「ルンバ s9+」を一部のアイロボット認定販売店・アイロボット公式ストアにて、2月28日より販売開始します。


レンジで簡単&本格料理ができる! キンレイの「人気シリーズ」から新商品が登場

レンジで簡単&本格料理ができる! キンレイの「人気シリーズ」から新商品が登場

キンレイの「お水がいらない」シリーズから、レンジ調理対応の新コンセプト「美味探求」シリーズ3商品ほか2商品が、2月20日より全国にて順次発売されます。


面倒&退屈な“名前つけ”が親子で楽しくなる⁉ 「おなまえーる」がリニューアル登場

面倒&退屈な“名前つけ”が親子で楽しくなる⁉ 「おなまえーる」がリニューアル登場

累計20万セットが売れている、人気のお名前スタンプ「おなまえーる」がリニューアルしました。


働くママが、“産後手に入れた家電・ほしいと思う家電”べスト3は?

働くママが、“産後手に入れた家電・ほしいと思う家電”べスト3は?

働く女性(キャリジョ)の研究をする「博報堂キャリジョ研」と子育て家族を研究する「博報堂こそだて家族研究所」が共同で、働くママ=「キャリママ」のワーク・ライフ調査を行いました。


最新の投稿


簡単収納&ウエストベルト無し「CARRY FREE」の抱っこ紐が便利! 新柄をチェック

簡単収納&ウエストベルト無し「CARRY FREE」の抱っこ紐が便利! 新柄をチェック

ベビー雑貨ブランド「CARRY FREE(キャリフリー)」から、簡易型抱っこひも「ポケッタブルキャリー」のデニムスター柄2色が、追加販売されます。


生ゴミダイエットでゴミもスリムに! 新発想のキッチンアイテムとは?

生ゴミダイエットでゴミもスリムに! 新発想のキッチンアイテムとは?

自炊をしていると毎日出るのが生ゴミ。みなさんはどのように管理されていますか? 今回はそんな生ゴミの処理に大活躍してくれるキッチングッズをご紹介したいと思います。


忙しいママの悩みをサポート! 日本製・オーガニック「キッズはらまき」が登場

忙しいママの悩みをサポート! 日本製・オーガニック「キッズはらまき」が登場

ゲンナイ製薬のオーガニック衣料ブランド「プラスニド」から、3~6歳の子ども用はらまき「ママがたすかる キッズはらまき」が、4月3日から発売されます。


こんなの待ってた! ニトリ「ボックスパット」は子育て家庭の最強アイテム

こんなの待ってた! ニトリ「ボックスパット」は子育て家庭の最強アイテム

子どもは汗っかきだからシーツでは物足りない……。でも敷パッドだとはみ出た布団部分の汚れが気になりますよね。そんなご家庭におすすめなのが「ニトリ」から発売されたボックスパット。ボックスシーツと敷パッドを合体させたことで生まれたこの快適さを、4人の子育て中の片づけのプロがご紹介します。


アカチャンホンポ、ひんやり気持ちいい「2WAYおむつ替えマット」を数量限定で発売

アカチャンホンポ、ひんやり気持ちいい「2WAYおむつ替えマット」を数量限定で発売

赤ちゃん本舗から、 創業88周年を記念した「2WAYおむつ替えマット」が、4月1日より全国のアカチャンホンポとネット通販「オムニ7」にて2000点限定で発売されています。




専門家 掃除