ママのための悩み解決サイト
学資保険でいくら貯める?保険の仕組みや子どもの教育費の目安を紹介

学資保険でいくら貯める?保険の仕組みや子どもの教育費の目安を紹介

子どもが生まれて、最も気になるもののひとつが、将来の教育費でしょう。子ども1人に対して、はたしていくら必要となるのでしょうか?教育費の積み立てを学資保険でするとしたら、月々の支払いはいくら位になるのでしょうか?今回は学資保険についてご紹介していきます。


子ども1人の教育費はいくら必要?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもが生まれると、どうしても気になるのが教育費。子ども1人が大学を卒業して、社会人として独り立ちするまでに、いったいいくらの教育費が必要になるのでしょうか?

高校までにかかる教育費は?

教育費と一言で言っても、そこに含まれるのは授業料ばかりではありません。給食費や遠足、修学旅行費用、PTA会費など様々なものがあります。こういった課外活動でかかる費用も公立校と私立校で大きく変わります。

さらに、習い事や塾などの費用である学校外活動費も忘れてはなりません。文部科学省による「平成26年度子供の学習費調査」(※)では、「学校外活動費」は、公立に通う子どもの場合で中学3年生の約43万5千円 、私立に通う子どもの場合で小学6年生の約74万円が最も多くなっています。

また、幼稚園3歳から高校3年までの15年間を、すべて公立に通った場合とすべて私立に通った場合だとどれくらい違うでしょうか。なんと、すべて公立で約523万円、すべて私立だど約1,770万円と約3倍もの開きがあります。

どの道を選ぶかで、教育費のかかり方は大きく異なる……ということがわかりますね。

(※ 文部科学省ホームページ「結果の概要-平成26年度子供の学習費調査」
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/__icsFiles/afieldfile/2015/12/24/1364721_3.pdf )

大学にかかる教育費

やはり最もお金がかかるのは大学です。こちらも国立・私立、私立の場合は文系・理系によって、学費が大きく変わってきます。4年間でかかる費用は、入学費や学費の他、教科書代、通学費、諸々を含めて、国公立であれば平均約539万円、私立文系で平均約692万円、私立理系で平均約822万円。私立に関しては、文系、理系によって金額が変わってきます。ちょっとびっくりしてしまう金額ですね。つまり、教育費の半分以上は、大学4年間にかかるのです。大学入学予定時期を学資保険の満期に設定する方が多いのも不思議ではありません。

●公益財団法人 生命保険文化センター ホームページ「大学生にかかる教育費はどれくらい?」
http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/education/6.html

子ども1人にかかる平均的な教育費用

仮に幼稚園から大学まで全て公立で通しても、1,000万円以上の教育費がかかります。さらに、全て私立に通うならば、およそ2,000~3,000万円位の教育費がかかるということになります。

学資保険で準備するべき金額は!?

大学入学時に、大学生活すべてにかかる額を学資保険や貯金で準備できればベストですが、そうなると月々の積立金額が相当になります。そこで、入学時にかかるであろう費用に設定する方が多いようです。入学時にかかる費用とは、受験料、受験にかかるその他の費用、一人暮らしを始めるための初期費用&生活用品費、入学金と1年目の授業料などです。

ちなみ私立大学の初年度学費納付金は約130万円。そのほかに受験料や受験にかかるその他費用などもあるため、18歳を満期として満期保険金額を200~250万円とするのが、一般的な学資保険の設定のようです。

●文部科学省ホームページ「私立大学等の平成27年度入学者に係る学生納付金等調査結果について」
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/1396452.htm

月々の支払いはどれくらいになる?

子どもの学資保険を始めるのは、子どもが1~2歳くらいのタイミングが多いようです。その時点で、子どもが18歳になる時点を満期に、満期保険金を200万円で設定すると、月々の支払いはおおよそ1万円となります。小学校から高校まで月々かかる教育費は、国公立であっても平均3万6千円ほどですから、さらに積み立てに当てる金額は1万円くらいにしたいというのが正直なところでしょう。

平均的な児童手当の受給額が、1万円~1万5千円であることから、これを学資保険に当てる家庭が多いようです。

学資保険の仕組みとは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもが生まれるまで、あまり馴染みのない学資保険。いったいどんな仕組みのものなのでしょうか?そして、学資保険と貯蓄とはいったい何が違うのでしょうか?

一番の特徴は契約者(親)が死亡した場合(保障内容によっては大きなケガを追った場合も)のための保障が着いている点です。親に万が一のことがあっても、子どもが教育を受けられる環境を守る事を主眼に置いた保険ということです

満期保険金を貰えるタイミング

18歳を満期とする場合が多いですが、必ずしも18歳にしなければならないわけではありません。15歳の高校入学時や、22歳大学卒業時などに設定することもできます。また、15歳、18歳、20歳になるタイミングで一時金が降りるような保険もあるので、ご家庭に合ったタイプの保険を選びましょう。

途中で支払いができなくなった場合は?

子どもの将来を考えて月々の積立金を少し高めに設定したけれど、途中で保険料の支払いが厳しくなってしまった……ということもありえない話ではありません。学資保険の特徴に、途中解約での返戻率が高いという点があります。

およそ3年ほどで解約返戻率は90%を越え、10年以上積み立てると100%に近い、または超えることもあります。詳細は、各保険会社のホームページなどで確認してみてください。

満期保険金の返戻率に着目しよう!

満期保険金の返戻率とは、積立金の総計に対する受取金の割合の事です。返戻率は、加入する時期、保険会社、補償内容によって変わります。貯蓄重視のものですと返戻率が110%を超えるものもありますが、補償重視のものでは100%を切るいわゆる元本割れのものもあります。親の年齢にもよりますが、返戻率と保障内容をよく確認して選びましょう。

どの保険会社の保険がいい? ランキングの紹介

最新保険ランキング 2017上半期 (マガジンハウスムック)

¥780

(2017/12/13 時点)

2017年度の学資保険の返金率ランキングです。

※保険条件はその時々で改訂されますので、リアルタイムの正確な払戻率は、各保険会社のHPなどで確認しましょう。

まとめ

子どもの将来を支える学資保険、払戻率や保障内容を見比べて、安心できるものを選びたいものですね。ご家庭に合った保険を選ぶことが重要となりますので、じっくり見比べて最適なものを見つけましょう。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。