ママのための悩み解決サイト
マザーズバッグって本当に良い? ベストな選び方と人気ブランド4選

マザーズバッグって本当に良い? ベストな選び方と人気ブランド4選

ママになった途端、外出時にはオムツやおもちゃなど必ず増える荷物。上手に持ち運びするには、機能的なマザーズバッグが便利です。マザーズバッグの機能や選び方のポイントをおさらいしてみましょう。どんなものを買おうか迷っている人必見です。


マザーズバッグってどんな物?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

プレママになって初めて知る「マザーズバッグ」。それまでは耳にしたことすらなかったという人も多いのではないでしょうか。ママ界では必須アイテムとも言われている、マザーズバッグについて紹介していきます。

マザーズバッグとは

月齢に関わらず、子育てをしているとおむつやお菓子、おもちゃなど…、お出かけ先でも何かと必要なものが多くなります。そんな時に活躍するのがマザーズバッグ。大容量で機能的、かつ軽量で子どもに必要なものを持ち運ぶためのバッグです。

マザーズバッグと通常のバッグの違い

マザーズバッグは通常のバッグとは異なり、ママが使いやすい機能がたくさんついているのが特徴です。バッグの内側に哺乳瓶を立てて置けるポケットや、母子手帳を入れておけるポケットなど収納r力がばつぐん! またバッグの一部分を広げると、そのまま赤ちゃんを寝かせておむつ替えができるようにシート状になるものなどがあります。

マザーズバッグは、お出かけの際のママの行動をサポートしてくれるものです。

マザーズバックには何を入れればいいの?

赤ちゃんの月齢や子どもの年齢により異なりますが、生後半年くらいまでであればおむつポーチ、ミルクセット、授乳用ケープ、着替えセット(多め)、タオルやガーゼハンカチ、スタイ、おもちゃ、おしゃぶり、ビニール袋、母子手帳、保険証などに、必要であればブランケットや抱っこひもを追加します。

離乳食が始まると、離乳食セット、マグや紙パックの飲み物などを追加します。絵本やお出かけ先での防寒対策グッズなどもあると便利です。

マザーズバックの購入時期と選び方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

マザーズバッグはいつどんなものを持っていたら良いのでしょうか。購入のタイミングや選び方をチェックしてみましょう!

マザーズバックは赤ちゃんの成長に合わせる

赤ちゃんの成長は目覚ましく、日に日に成長していきます。ママの行動もそれに伴って変わっていくので、マザーズバッグも合わせて変えていくと便利です。少なくとも、ねんね期~たっち期と、歩きはじめ以降の2パターンは分けたいところです。

荷物の多い時期は<デカトート>

赤ちゃんがまだ小さく荷物が多い時期は、使いたいものをすぐに取り出せるデカトートがおすすめです。たくさん入れるものがあるので、なるべく軽量のものを選ぶことがポイントです。どこに何が入っているか見やすいように大きく開くものがおすすめです。

抱っこが必要になるときは<ショルダー式バック>

抱っこが必要になる時期は、両手が空くようにショルダータイプのものがおすすめ。ショルダータイプのものは長さを調節して、抱っこしながらバッグの上に赤ちゃんが軽く座れるようなものにすると、抱っこ時の腕の疲れも大幅に軽減されます。

子どもが歩き始めたら<リュック>がおすすめ

子どもがあんよを始めると、手をつないだり、転びそうになるのを支えたりと、何かとママの両手を使う機会が増えるものです。また、子どもを追いかけて走ることも必要になるので、マザーズリュックがおすすめです。リュックはデザインや色で普段使いもできるものにすると便利です。

人気のマザーズバックは!?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

マザーズバッグを買う時は何を基準に選ぶと良いのでしょうか。迷ったら人気のマザーズバッグも見てみましょう。

インスタで人気のマザーズバッグ

【L.L.Bean】 
昔からの定番で王道と言ったところでしょうか。イニシャルを入れてオシャレ度をUPさせてもいいですね。

【hulule】
「エアリーマザーズバッグ」はたくさん入れても肩が痛くなりにくい持ち手がポイント。ユニセックスなデザインを選ぶとパパも兼用できます。

【Herve Chapelier(エルベシャプリエ)】
軽いエルベシャプリエのリュックも大容量でシンプルオシャレ。マザーズ用ではないので、中身がぐちゃぐちゃにならないように、バッグインバッグで対応しましょう。

【timi & leslie (ティミー&レスリー)】
マザーズバッグに見えないデザインが人気の秘密です。通勤ママは通勤バッグとマザーズバッグを兼用できるのも嬉しいポイント。

ポケット数に注目

マザーズバッグを選ぶ時にチェックしたいのがポケットの数です。ポケットが多いと子供のおしゃぶりやバンドエイド、おもちゃなど細々としたものを入れるのに便利です。反対に少ない場合は、バッグインバッグで工夫しましょう。

軽量タイプが人気

荷物が多いと、必然的に重たくなるものです。そのためバッグ本体はなるべく軽いものを選びましょう。ナイロン素材などは軽くて丈夫なので人気があります。表面に撥水加工をしておくとより便利です。

手作りマザーズバッグ

市販品でお気に入りのものが見つからない時は、思い切ってマザーズバッグを手作りしてみるのもおすすめ。赤ちゃん1人1人に必要なものは微妙に違いますよね。手作りすれば、自分にとって必要なものが確実に入れられる、一番使い勝手の良いカバンになるはずです。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ママの必需品であるマザーズバッグ。機能的かつ丈夫で非常に便利です。もともとマザーズバッグとして作られているものや、普段使いできるおしゃれなものまで、たくさん揃っているので、お気に入りの1つを見つけたいものです。マザーズバッグは、赤ちゃんの成長に合わせてその時期に一番使いやすい形を選ぶことがポイントです。

関連するキーワード


育児 マザーズバッグ

関連する投稿


【海外での子育て論】実体験で感じた、日本で学ばない知識を得るメリット

【海外での子育て論】実体験で感じた、日本で学ばない知識を得るメリット

海外で中・高校生時代を過ごした中川淳一郎氏が、海外での子育てについて、メリット・デメリットを紹介。多感な時期を海外で過ごし、実際どうだったのでしょうか?


「これって通報した方がいい!?」周囲にはわかりづらい、幼児虐待かどうかの判断基準

「これって通報した方がいい!?」周囲にはわかりづらい、幼児虐待かどうかの判断基準

痛ましい幼児虐待のニュース。身近でもありえることですが、通報するレベルの判断が難しいところ。今回、中川淳一郎氏が、ご自身の経験から判断基準にしていることを教えてもらいました。


子どもの反抗期どう向き合えば良いの!? 傾向と原因・向き合い方

子どもの反抗期どう向き合えば良いの!? 傾向と原因・向き合い方

子どもの頃、親の言うことやすることがいちいち鼻についてイライラした……という経験、ありませんでしたか? これがいわゆる反抗期ですが、実は思春期だけではなくて、もっと早い幼児期にも反抗期があるのです。幼児期の子どもに振り回されているママさん。そのわがまま、反抗期に突入しているからかもしれません。


【医師監修】汗疹(あせも)が赤ちゃんにできる原因と4つの対策法

【医師監修】汗疹(あせも)が赤ちゃんにできる原因と4つの対策法

赤ちゃんは新陳代謝が盛んで汗っかき。気温が高くなってくると、さらに汗をかくことが多くなりますよね。こまめにケアをしているつもりでも、汗をかきやすい背中や足の付け根などがあせもで真っ赤に……という経験を持つママも少なくないはず。今回は、赤ちゃんのあせも(汗疹)の原因と対処法についてまとめました。


【医師監修】赤ちゃんの後追い行動はいつから? 5つの対策方法

【医師監修】赤ちゃんの後追い行動はいつから? 5つの対策方法

赤ちゃんが成長していく過程には、ママがどこ行くにもついて来て、少しでも離れると泣き出してしまう時期があります。家事もままならず、トイレに行くにも苦労するようになり、イライラしたり悩んだりしてしまうママは多いようです。今回は、この後追い行動について、後追いの意味や時期、効果的な対処方法などをまとめてみました。


最新の投稿


七夕にお願いごとをするのはなぜ? 行事の由来と楽しみ方

七夕にお願いごとをするのはなぜ? 行事の由来と楽しみ方

保育園や幼稚園、小学校でも季節の行事として取り上げられている七夕。織姫と彦星の話をなんとなく知っているという人も、改めて七夕の意味を紹介していきます。


災害に備えている? 子どもを守る、防災頭巾の性能について

災害に備えている? 子どもを守る、防災頭巾の性能について

子どもと災害対策について話し合ったことがありますか? 万が一の時に身を守る手段、身を守る術を知っておくことが重要です。子どもを守る古くからの防災グッズとして利用されている防災頭巾を用意しておくことをおすすめします。


【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは? ずっとチクチクする・下痢などは要注意?

【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは? ずっとチクチクする・下痢などは要注意?

出産予定が近くなってから腹痛を感じると、陣痛なのか、それともお腹の赤ちゃんに何か起きているか、気になってしまいますよね。臨月になると腹痛を感じる妊婦さんは多いようです。 臨月に感じる腹痛の原因、そして経過をみて良い痛み、すぐに受診すべき痛みについてまとめてみました。


【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

妊娠すると、身体にさまざまな変化が現れます。体温の上昇や気分の不快感などいろいろありますが、その中のひとつが「オリモノの変化」。具体的にどのようにオリモノが変化するのでしょうか? 気を付けておきたいオリモノの病気とともにご紹介します。


【医師監修】双子妊娠の4つのリスクとは? 産み分けはできる?

【医師監修】双子妊娠の4つのリスクとは? 産み分けはできる?

双子の妊娠と単胎妊娠では、妊娠の兆候や経過、症状にどのような違いがあるのでしょうか?妊娠中の母体・赤ちゃんの状態と、起こり得る4つのリスクについて説明します。できれば双子がほしい!という方に向けて、双子妊娠の確率と産み分けに関する情報もお伝えします。