【医師監修】妊娠中の胸のトラブルと対処法、やっておきたいケアについて

【医師監修】妊娠中の胸のトラブルと対処法、やっておきたいケアについて

妊娠中に起こる胸の不快感の原因・対処法について紹介していきます。


妊娠中によくある胸のトラブル

Getty logo

妊娠がわかった瞬間には、「ママになれる!」という喜びで幸せいっぱいになるのではないでしょうか。しかし妊娠というのは、女性にとって、心だけでなく体に起こる一大事でもあります。

ママになるための体の変化に困惑してしまうこともよくあります。たとえば、胸に関しては、張りを感じる、あるいは痒くなるといった悩みです。そこで今回はそんな胸に関する悩みの解決法、そして母乳の出を良くする方法を一緒に考えたいと思います。

胸が張る・痒くなる原因

胸が張っている、あるいは痒くなっている妊婦さん、この張り・痒みの原因となっているのはホルモンの変化によるものです。妊娠すると、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの働きにより乳腺(乳腺小葉、乳管)に変化が起きます。

具体的には、ホルモンによって乳汁を作り出す乳腺小用葉と乳汁の通る管である乳管が発達し、それによって乳房の
張り・痒み、場合によっては痛みやだるさなどの症状が引き起こされるのです。

対処法

皮膚に痒みがある時は、保湿をしましょう。皮膚の伸展による痒みは、皮膚が乾燥することでひどくなるので、保湿すると和らぐことが多いです。乳房や乳首に痛みがある時は胸全体を刺激しないように、ゆったりとした服装、下着を身に着けるようにしてみてください。また、十分な睡眠・栄養バランスの良い食事、そして規則正しい生活によって症状が軽減することもあります。

ひどい痒みや湿疹の場合は産婦人科で対症療法的に軟膏を処方してもらえる場合もあるので、妊婦健診のときに相談をしてみましょう。また乳房の張りに関しては助産師さんに相談するとよいでしょう。

乳首が黒ずむ原因

妊娠すると体に様々な変化が起こりますが、その中でも乳首やデリケートゾーンの黒ずみを気にされる方も多いのではないでしょうか。そもそもなぜ妊娠するとお肌に黒ずみが発生してしまうのでしょうか。

妊娠初期を過ぎた頃から目立つようになる黒ずみは、乳房の張り・痒みと同様にホルモンバランスの変化が原因と考えられます。妊娠により急激に増加した卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンが、色素細胞(メラノサイト)を刺激し、皮膚の内側のメラニン色素を増やしてしまうのです。これにより乳首に限らず、皮膚の黒ずみが目立つようになります。

対処法

妊娠中に黒くなった部分は、産後徐々に薄くなっていきます。妊娠中の一時的な変化ですので、あまり考え過ぎないようにすると良いですね。

【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える? 原因や予防法を紹介

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/2168

妊娠がわかると、嬉しい反面、体の変化に戸惑うこともたくさんあります。特に妊娠線(にんしんせん)に悩む方は多いようですね。今回は「妊娠線」について解説していきます。

妊娠中に心がけたい胸の手入れ

妊娠中は、母乳を赤ちゃんに提供する準備のためのホルモンバランスの変化によって、乳房全体が大きくなるなどの変化が生じてきます。

乳房を締め付けず血行を良くする

最近では、妊婦さん用のマタニティーブラジャーが販売されています。これらの商品は、普通のブラジャーに比べて伸縮性を持たせてあるなど、ゆったりした作りになっているので、締め付けることが少なくお勧めです。マタニティーブラでもきつくなってしまった場合には、より締め付けの少ないハーフトップのブラを着用してみるのもよいでしょう。

乳首を清潔に保つ

母乳育児を希望する場合、乳首は、出産後赤ちゃんとおっぱいが接する大切な部分です。そのため妊娠中は常に清潔に保っておけると良いですね。

妊娠中、乳首から粘り気のある透明~淡黄色の分泌液が出ることがありますが、自然なことで心配ありません。ただ、分泌物は粘り気があるので、乾燥してかさぶたのようになり、栓や塊として付着してしまうことがあります。無理に取ろうとすると、傷がついたり、感染の原因になることもあります。入浴前にオイルを浸したコットン等を貼り、ラップをかけるオイルパックをした後に、綿棒などで拭き取るなど、工夫をしてみましょう。

【助産師解説】乳腺炎対処法!効果的な自宅ケアとマッサージの方法

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3527

乳腺炎のような症状が出たとき、自宅ですぐにできるケアやマッサージ方法を助産師が教えます。乳腺炎という言葉はよく耳にするけど、具体的にどのような症状なの? という疑問にもお答え。発症リスクや予防方法についても知っておきましょう。

【助産師解説】母乳育児のここがつらい!乗り切り方は?<ママ体験談>

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1584

赤ちゃんが生まれると、ママはお世話に大忙しになります。初めてのことばかりで、戸惑うことも多いでしょう。中でも特に頭を悩ませるのが、「母乳」「授乳」について。今回は働くママに「母乳育児」についての悩みを聞きました。記事の最後にある助産師さんの解説は必見です!

まとめ

妊娠中には身体に様々な変化が起こります。生理的な現象で対処しようのない場合もありますが、妊婦健診やパパママ学級の際、乳房・乳首のケアについての指導があるので、気になることがあれば相談するのもいいですね。心と身体をいたわりながら、ママになる準備をしっかり整えていきましょう!

この記事の監修ドクター
東邦大学医療センター大橋病院 婦人科 高橋怜奈先生
東邦大学医学部卒業、東邦大学大橋病院婦人科で勤務。
女医プラス所属。趣味はベリーダンス、ボクシング、バックパッカーの旅。2016年6月にボクシングのプロテストに合格をし、世界初の女医ボクサーとして活躍中。ダイエットや食事療法、運動療法のアドバイスも行う。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.06.18)

※記事の修正を行いました(2019.06.11)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【ママ調査】妊婦健診、夫と一緒に行った? #プレママ1年生

【ママ調査】妊婦健診、夫と一緒に行った? #プレママ1年生

妊娠すると、数週間に一度、妊婦健診を受ける必要があります。特に初めての妊娠は、ひとりで受診することを不安に感じ、旦那さんに付き添ってもらう人も少なくないようです。では実際、どれくらいの人が旦那さんと一緒に妊婦健診に行ったのでしょうか? 「行く」派と「行かない」派のエピソードも合わせてご紹介します。


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

出産が目の前に迫ってきた妊娠後期。お腹が大きくなり、日常生活のちょっとした動作もだんだん負担に感じてくる時期です。このころ、「キリキリ」「チクチク」とした腹痛があったら何が原因なのでしょうか。対処法とともに解説します。


【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

妊娠初期の女性の多くが経験する「つわり」。通常思い浮かべる「吐き気」や「おう吐」と言った症状のほかに、妊娠してから「よだれ(唾液)」が止めどなく出るようになり、不快な思いをする妊婦さんもいます。ここでは、そんな「よだれつわり」について原因や対処法を紹介します。


【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

妊娠のかなり早い段階のことを、俗に「妊娠超初期」と呼びます。「妊娠中はおりものが増える」と聞くことがありますが、「ということは、おりものが少ないと妊娠していないということ?」と不安に思う人がいるかもしれません。「妊娠超初期におりものが少ない」ことはあるのでしょうか。早速見ていきましょう。


最新の投稿


離乳食の豆腐はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の豆腐はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

やわらかくてやさしい味の豆腐は離乳食にも大活躍!今回は、絹豆腐と木綿豆腐どちらを選べばいいか、加熱の際の注意点など、離乳食の豆腐について解説します。


離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

鍋料理には欠かせない魚のたら(漢字では「鱈」)は、離乳食ではいつから食べられるのでしょうか。加熱のコツやベビーフードの利用など、離乳食でたらを使う際のポイントを解説します。後期からのおすすめ離乳食レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

根菜の定番、大根はクセがないので赤ちゃんにも大人気の食材です。今回は離乳初期・中期・後期それぞれの時期にオススメの大根レシピとともに、やわらかく調理するコツやレンジ加熱の目安などを解説します。


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。