お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

脱毛後は正しいケアで肌トラブル防止! 保湿が大事なのはなぜ?

Akina

脱毛の施術を受けた後は、いつもより丁寧なお手入れが大切と言われています。特に、保湿はとても大事です。

この記事では、脱毛後の保湿など、正しいケアについて解説していきます。

正しいケアで肌荒れなどのトラブルを防止しましょう。

脱毛後のアフターケアの方法

脱毛後の肌は、光やレーザーによる熱で肌の水分が奪われ、普段よりも乾燥した状態になっています。

肌が乾燥するとバリア機能が低下するため、少しの刺激にも敏感に反応し、赤みやかゆみなどの肌トラブルが起こる場合があります。

脱毛後の正しいケアで肌荒れなどのトラブルを防止!

では、肌荒れなど肌トラブルの防止のために、どのようにケアをしていけば良いのでしょうか。

脱毛後の自宅でのケアについては、サロンやクリニックでも説明がありますが、ここでは一般的に大切だと言われているケアについてご紹介していきます。

保湿

脱毛後は、保湿ケアをして肌のコンディションを整えることがとても大切です。

サロンやクリニックで保湿のための塗り薬やクリームが出ている場合は、指示に従って丁寧に塗ります。

何も出ていない場合は、顔の場合は化粧水で肌の水分を補給した上で、乳液やクリームなどで保湿します。身体はボディクリームやボディローションなどで保湿します。

スキンケアアイテムはなるべく敏感肌用の物を使用した方が良いでしょう。デリケートゾーン(VIO)の施術をした人は、デリケートゾーンの肌は特に敏感なため、低刺激のものを選ぶようにしてくださいね。

クーリング(冷却)

脱毛後に赤みなどの炎症を起こしている場合は、濡れたタオルで施術部を冷やしましょう。

濡れタオルで冷やすのがベストですが、もし保冷剤を使用する場合は、必ずタオルなどで包んで直接肌に当てないようにしてください。

冷やしすぎると血行不良の原因となり、脱毛効果に影響が出る場合があるので、長時間クーリングするなど、冷やしすぎには注意してくださいね。

日焼け対策

日焼けの原因となる紫外線を浴びると、肌の内部ではメラニンが大量につくられます。脱毛機器の機種によってはメラニンに反応するので、施術期間中に日焼けをすると、施術ができなくなる可能性があります。

そのため、日焼け止めの塗布や日傘などで、日焼け対策を行いましょう。

脱毛後の肌はバリア機能の低下により、いつもより日焼けしやすい状態になっているので注意してください。

例えば腕の脱毛を続けている場合は、長袖を着たりアームカバーで対策したりすることも効果的ですよ。

脱毛前後に保湿が大事なのはなぜ? 理由について

先ほど、施術後のケアとして保湿についてご紹介しましたが、保湿は施術後だけでなく、施術前にも推奨されています。

なぜ脱毛前後にそんなに保湿が必要なのでしょうか? 確認していきましょう。

施術中の痛みが軽減する

乾燥していると皮膚の水分量が不足し、肌のバリア機能が低下してしまいます。バリア機能が低下しているときに光やレーザーを照射すると、肌に大きな負担がかかり、しっかり保湿された肌に比べて施術時の痛みを強く感じてしまう場合があります。

そのため、しっかり保湿をして、肌に潤いを与えることが大切です。

脱毛の施術効果を上げる働きが期待できる

医療脱毛の場合、肌の水分量が十分だとレーザーが毛根まで届きやすいため、「施術前の保湿は脱毛効果を上げる働きが期待できる」と言われています。

潤いの少ない肌はバリア機能が低下しています。そのため、肌は角質層を分厚くして守ろうとします。そうなるとレーザーが毛根まで届きにくくなるのです。

肌をしっかり保湿して、施術に備えることが大切です。

肌トラブルの防止

潤いが少なくバリア機能が低下している肌に光やレーザーを照射すると、肌に大きな負担がかかり、ダメージも受けやすくなります。

なるべく肌にかかる負担を減らすためにも、しっかり保湿して肌の水分量を増やすことが大切です。

また施術後も肌トラブルの防止のために保湿を行いましょう。

施術後は、肌が乾燥した状態になっています。保湿することで、肌が潤い、肌トラブルのリスクを減らせますし、次回の施術までに肌を整えておくためにも保湿は重要です。

脱毛前後のムダ毛処理について

脱毛前後はムダ毛のケアの方法も正しく行いましょう。

脱毛前も脱毛後も、ムダ毛の処理は肌への負担が少ない電気シェーバーの利用がおすすめです。

毛抜きでの処理は毛穴への負担が大きいためNG。また、普段から毛抜きを使って脱毛していると、施術時に毛根がなくなり、施術で十分な効果が得られなくなります。毛抜きで処理をしても、また毛は生えてくるので、せっかくサロンやクリニックで施術を受けるのであれば、最低でも施術を受ける2~3週間前は毛抜きでの処理はやめておきましょう。

なお、施術前の剃毛については、手の届く範囲は自宅で剃毛して行くことがほとんどです。手の届かない範囲の剃毛や、いつまでに剃毛するかなどについては、カウンセリングで確認してくださいね。

サロンやクリニックのアフターケアも要チェック

サロンやクリニックの多くは以下のようなアフターケアを用意しています。

・脱毛部位にクリニックで炎症を抑えるクリームを塗布
・脱毛部位の火照りに対して炎症止めを処方
・施術後に冷却パッドでクールダウン
・専用の美容液とミルクローションでケア

サロンやクリニックによってケア方法は異なります。

また、医療脱毛の場合は、万が一の肌トラブルに対して医師や看護師が迅速に対応。診察料や薬代が無料になっている場合が多いので安心です。

脱毛を申し込む際には、アフターケア・アフターフォローの内容を必ず確認しておきましょう。

まとめ

脱毛前後のケアは、大切だと分かっていても、忙しくて時間がないとついおろそかになってしまう人もいます。

しかし、ケアを怠ると、施術時の痛みや効果に影響し、肌トラブルのリスクも高まるため、施術期間中はいつも以上にケアを忘れないようにしてください。

(Akina)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

Akina

美容ライター。得意なジャンルはスキンケアとダイエット。

この著者の記事一覧 

SHARE