お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR 恋愛

こんなトキメキ久しぶり!大人の恋愛疲れを吹き飛ばす、まっすぐな恋がしたくなる映画って!?

1
写真提供:松竹

学生時代は“好き”という純粋な気持ちだけで恋愛できたのに、大人になると価値観の違いや相手のスペックなどを気にして、どうもうまくいかないってことありますよね。性格が合わないところがある…、彼の収入が微妙…などなど、好きだけどあれやこれや考えて、恋愛疲れを感じていませんか?

20~30代の独身女性に聞いたアンケートによると、大人になってから恋愛疲れを感じたことがある人が実に62%!

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1仕事が忙しくて、恋愛が面倒に感じる(32歳/事務系専門職)
結婚をイコールで見なきゃいけないから疲れる(30歳/その他)
お互いの考え方の食い違いで疲れを感じたことがある(33歳/その他)
「恋愛する時にどうしても打算的になる(33歳/秘書・アシスタント職)

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

(マイナビウーマン2017年1月webアンケート|25~39歳の女性(有効回答数200件)

みなさんさまざまな理由で疲れていますね…。そこで、最近恋愛疲れを感じている3人の女子に集まっていただき、赤裸々エピソードを暴露してもらいました。

今回話してもらった3名はこちら!

img class=
【読モ:今田さん(25歳/営業職)】彼の仕事が忙しいから、会いたくてもなかなか会えない!
img class=
【マイナビスタッフ:小田さん(30歳/クリエイティブ職)】3ヶ月も会っていない…。もう終わりなのかな><
img class=
【読モ:林さん(27歳/事務職)】 同棲して1カ月。彼の生活に合わせて気を遣ってしまうことが!

みなさんそれぞれ大人の恋愛だからこそのお悩みを抱えているようです。そんな末期症状の3人に、大人気のベストセラーコミックが映画化すると上映前から話題の映画『一週間フレンズ。』を鑑賞してもらいました!

映画『一週間フレンズ。』って?


動画提供:松竹

毎週月曜日になると、友達のことを忘れてしまう記憶障害を持つ少女・藤宮香織(川口 春奈)と、そんな彼女に一目ぼれした長谷祐樹(山﨑 賢人)が織りなす、切なくも淡い特別な恋物語。香織に心惹かれ、毎週友達になると決めた祐樹は、記憶を失くしてもすぐにこれまでのことを思い出せるように、交換日記をすることを提案。少しずつ距離を縮めていく2人だが、ある日香織の過去を知る九条(上杉柊平)が転校してくる……。累計170万部を突破した、TVアニメ化・舞台化も果たした葉月抹茶のベストセラーコミックがついに映画化した、純度200%のピュア・ラブストーリー。

映画特設サイトはコチラから

早速鑑賞! 鑑賞中、思わずマイナビスタッフも本気泣き……

5
(※クライマックスで読モさん以上にスタッフが泣いておりました笑)

>>告知だけでも胸キュン。主題歌版特別ムービーはこちらから

鑑賞後の感想は「大人になってからだと更に胸キュンできる!」と絶賛!

映画が終わった直後から皆勢いよく「あのシーンはずるい、ホントに切ないし懐かしいし!」「はぁ~胸が苦しい~」と感想の嵐。予想以上に胸キュンしていただけたようなので、どのような所が印象的だったのかをそれぞれに聞いてみました。

6(左から:今田さん、小田さん、林さん)

img src=
大人になると、無意識に見返りを求めたり、損得を考えたりして、自分の気持ちをないがしろにしていた部分があったなと気づかされました。誰かに見られないように交換ノートをこっそり読むシーンが凄く可愛かった…。純粋な恋に触れ、本当に心が浄化されました。最近少女マンガ原作の映画が多いけれど、ザ王道なストーリーではないので大人の女性も満足できる内容です。流行りの壁ドンとか安っぽいシーンもないので、私たち大人向けの映画です!
人物画像
途中から涙が止まらず、ラストシーンは号泣でしたすみません!(笑)いい意味で期待を裏切られるストーリー展開で、2時間あっという間! 終始見入っちゃいました。自分の学生時代を思い出して、懐かしさとピュアな気持ちでいっぱいに。あと、自分の大切な人とちゃんと向き合い、正直な気持ちを伝えていなかったと感じました。彼と会えなくても仕方がないと思っていたけれど、自分の気持ちに正直になって今の気持ちを伝えたいと思いました。久々に純粋な恋愛がしたくなる名作ですね!
人物画像
共感できるシーンが沢山で、感情移入しちゃいました。担任の先生が言った「空気は読むものではなく、作るもの」という言葉は心に響きましたね。同棲を始めて、彼と一緒に過ごす中で空気を読みすぎていたなと反省。少し無理をしてでも仲良く過ごせるように、一生懸命になりすぎていたかもな、と。でもそうではなく、気持ちを言葉に出して言うことで、空気を自ら作ると物事が好転することもあるんだなーと映画を観て思いました。ストレスを溜めないのが一番ですもんね。ぜひ恋愛に疲れている方だけでなく、大切な相手がいる方にも観てみてほしいです。

どうやら皆さんそれぞれの恋愛のお悩みにスッと入ってくるような「まっすぐさ」が良いようです。これから映画館で観るであろう方々に注目してほしいシーンも聞いてみました!

ココは絶対見逃さないで!オススメの恋愛疲れぶっ飛びポイント

10-3 13写真提供:松竹

香織に「無理」と言われても、何度も「俺と友達になってください」と言う祐樹の積極的な姿勢に心が打たれました。香織の記憶の秘密を知っても全く諦めずに、毎回記憶がリセットされてもすぐに思い出せるようにと交換日記を始めることをひらめいて…。交換日記用のノートとペンを真剣に選ぶ姿なんか、本当にピュアで癒されました。最初は拒否していた香織も、次第に心を開き、「それじゃ私からも提案。金曜日は私が日記を持って帰っていい?」というシーンは、キュンキュンしますね。祐樹の気持ちが通じた!って、観ている側もうれしくなりました。

>>登場人物をチェックする

11-3 14写真提供:松竹

一週間で記憶がリセットされても、毎週祐樹のことを思い出し、「長谷君だよね!」と香織が声をかけるシーンは最高! その時の祐樹のうれしそうな顔もかわいくって、恋愛疲れぶっ飛びです! 学校や帰り際に交換日記を渡すときの「他の誰かに見られちゃう!」といった恥ずかしさやソワソワした感じもたまらない。夕暮れの図書室や朝の下駄箱など校舎のさまざまな場所がたくさん出てきて、本当に懐かしくなりました。本作のためにリアレンジされたスキマスイッチの「奏(かなで)for 一週間フレンズ。」も物語の世界とシンクロしているんです。メロディーと一緒に気持ちが高ぶり、余計に引き込まれました。そんな主題歌にも注目です。

>>スキマスイッチ「奏(かなで)for 一週間フレンズ。」特別ムービーはこちらから

12-3 15写真提供:松竹

記憶がリセットされてしまっても、何度も何度も関わり合うことで、少しずつ大切な存在になっていく香織と祐樹。でも香織の中学時代の同級生・九条一が現れて、ふたりの仲を引き裂いていくんです。しかも、あるきっかけから、香織は記憶の秘密とかかわる、かつて九条との間に起きたことを全て思い出すんです。それを知った祐樹は、香織の近くにいるべきなのは自分ではないと身を引くことになるのですが、もうそのシーンが切なすぎて…。さらに祐樹はふたりを繋いできた大切な交換日記も燃やしてしまう!そしてラストは……是非ここは劇場で!(笑)でも最後はハンカチなしでは観られないほど涙腺崩壊間違いなしです。

ピュアな胸キュンがたまらなかった! 皆さんも是非劇場で!

16-2

映画『一週間フレンズ。』の上映映画館をチェック

あなたの恋愛疲れも癒やされる!
映画『一週間フレンズ。』


動画提供:松竹

2011~2015年まで連載され、シリーズ累計170万部を突破している葉月抹茶の珠玉のベストセラー『一週間フレンズ。』。テレビアニメ化や舞台化もされた人気漫画がついに実写映画化!  高校2年の長谷祐樹(山﨑賢人)は、同級生の藤宮香織(川口春奈)に「友達になって下さい」と声をかけるが、何度も「無理!」と拒まれ続ける。実は彼女には“友達のことを一週間で忘れてしまう”という記憶障害が。その事実を知っても友達になることを諦めない祐樹は、毎週月曜日に記憶がリセットされるたびに、香織に会いに行く。交換日記を始め、少しずつ距離を縮め、ランタン祭りや学園祭など大切な思い出を積み重ねていくふたり。しかし香織の過去を知る九条一(上杉柊平)が転校してきて、物語は急展開を迎える…。純度200%、感涙必至の純愛物語は、いよいよ2017年2月18日(土)、全国ロードショー。

劇場情報はコチラ

映画特設サイトで詳細をチェック

 

\みんなでつながろう!#全国フレンズ Twitterキャンペーン/

17写真提供:松竹

公開を記念して、うれしいTwitterキャンペーンがスタート。みんなで応募メッセージをツイートし、ツイート数が多い都道府県TOP5の参加者から抽選で豪華賞品をプレゼント! さらに「一週間フレンズ。」の劇場スタンディやポスター、都道府県別の駅貼りポスターなどと一緒に撮った写真をツイートすると2ポイント。ぜひみんなで参加しよう!

キャンペーンの詳細はコチラから

 

川口春奈 山﨑賢人
松尾太陽 上杉柊平 高橋春織 ・ 古畑星夏 伊藤沙莉 甲本雅裕 国生さゆり 岡田圭右(ますだおかだ) 岩瀬 亮 ・ 戸次重幸

原作:葉月抹茶「一週間フレンズ。」(ガンガンコミックスJOKER /スクウェア・エニックス刊) ・ 主題歌:「奏(かなで) for 一週間フレンズ。」スキマスイッチ(AUGUSTA RECORDS)
監督:村上正典 脚本:泉澤陽子 音楽:やまだ豊 制作・配給:松竹
©2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

提供:松竹株式会社

お役立ち情報[PR]