お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR 結婚

婚約中の彼がまさかの経歴詐称。婚約破棄の理由になる? #有罪or無罪

恋愛や仕事はもちろん、何気ない日常の中にもトラブルは潜んでいるもの。「こんなことが起きてしまった。一体どうすれば……!?」そんな悩みをLINE弁護士相談でも高い支持を得ている弁護士に相談してみました。今日から役立つ法律の知識でトラブルを跳ね除けて!

File.01 婚約した彼の経歴がウソだった

大手電気メーカー勤務と語っていた彼。最近婚約できました。そんな矢先、聞いていた彼の勤務先がウソだったことが発覚したんです。
きっかけはデート中、仲が良いという彼の取引先と遭遇。その取引先が彼の勤務先であるはずの大手電気メーカーの人でした。実際の彼の勤務先は、大手電機メーカーの下請け会社。

彼からは謝罪も言い出せなかった理由も教えてもらったし、勤務先で結婚を決意した訳ではないけど……もし取引先の人と遭遇せず知らないままだったら、と思うとこのまま結婚していいのか悩んでしまいます。でも、これが婚約破棄の理由になるのでしょうか。

法律のプロである弁護士に聞いてみた

下町育ちの人情派。内藤政信弁護士

【無罪】婚約破棄の理由にはなりません。

今回の「勤務先詐称」は罪にはなりません。近い将来判明しやすいですよね。
実は「学歴詐称」や「収入詐称」「借金詐称」「前科詐称」などのほうが罪は重く、婚約破棄の事由に値するんです。

ちなみに詐称で罪となるのは、軽犯罪法で規制されている「官公職についての詐称」ですね。
また就職や転職の際に経歴を詐称した場合は、懲戒処分の対象になります。ただ、その経歴が企業にとって採否を決める重要な経歴の場合ですが。

ウソはよくないですが、発覚した後の彼の行動は誠実に値するものだと思いますよ。

確かに勤務先はいつか必ずバレること。それを婚約した後も打ち明けられないとは……。どれほど後ろめたかったのでしょう。そして、勤務先より学歴詐称のほうが罪が重いんですね。意外でした。

内藤先生の回答を元に彼としっかり話し合って、相談者さんが少しでも前向きになれますように! 婚約記念と称して、ハイブランドの婚約指輪またはジュエリーを買ってもらうことで手を打ってもいいかもしれませんね。(笑)

無料でアドバイスがもらえるかも!? あなたの悩みも相談してみる

今回教えてくれたのは…
優和綜合法律事務所 内藤 政信弁護士

目に見える形で、直接困っている人の役に立てる職業であるというところに魅力を感じ、弁護士に。趣味はアコーディオン。
30年以上の豊富な経験を有する弁護士が開業した優和綜合法律事務所(第一東京弁護士会)で活躍中。豊富な経験に基づく適切な事件解決及び親身な対応が支持を得ている。

▼弁護士に相談してみたかったアレコレ……
こっそりLINEで聞けちゃう
https://line-ask-lawyer-lp.com/

提供:LINE

お役立ち情報[PR]