お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR ライフスタイル

「恋妻家宮本」から解く! 結婚のセキララ 理想と現実

2017年1月28日より公開される、「家政婦のミタ」の遊川和彦脚本・監督作品『恋妻家宮本』。この映画は、子どもが巣立ち、はじめて2人で暮らすことになった宮本夫婦を描いた物語です。今回、映画のテーマである“夫婦”について、結婚に理想とあこがれを持つ独身女子社員2人と、結婚歴数年の既婚女子社員2人がガチトーク。結婚してみないとわからない、夫婦の真実とは一体!?

あなたの結婚観を変える!?『恋妻家宮本』

img2

大学時代、子どもができたことをきっかけに結婚した洋平と美代子。一人息子が結婚して自立し、50歳にして初めて夫婦2人きりで生活することに。これからは夫婦水入らずでと思った矢先、洋平は美代子の捺印済みの離婚届を発見してしまいます。長年連れ添った夫婦に突如振りかかる試練。ともに50歳を迎えた2人が出した結論とは……。
「家政婦のミタ」「女王の教室」など人気ドラマを手掛けた脚本家・遊川和彦の映画監督デビュー作。重松清の小説「ファミレス」を大胆脚色した注目作品です。

キャストをチェックする

切ないキュンも盛りだくさん! 離婚届からはじまった夫婦の物語

ほかの動画もみる

【結婚の理想VS現実】婚活中・独女社員と既婚・先輩社員がガチトーク

wiman1
独身・カナ(仮名):私は旦那さんには主導権を握ってもらいたい派。ぐいぐい引っ張ってもらいたい♡
woman3
既婚・ユウコ(仮名):カナ、そんなこと言ってるけど、この間彼が決めたっていう旅行が微妙すぎるって、私たちに散々愚痴ってたような(笑)
woman4
既婚・マミ(仮名):任せたことは寛容にならないともうやってもらえなくなるよ! それに、後からグチグチ言うと絶対ケンカになるから注意。相手の行動に疑問を持ったり、嫌だなと感じたらその場で言うことが超大切。一緒に住んでるからといって、今度言うようにしようと思っているとどんどんストレス溜まるから
wiman1
独身・カナ:うーん……任せるとなるとついつい期待しちゃって。気を悪くさせるの嫌だから、その場では「ま、いっか」って思うんですけど
woman3
既婚・ユウコ:結婚は何十年もずっと続く“生活”だからね。毎回我慢してるわけにいかないんだよ。だから例えば、細かい例だけど、夫が洗濯当番の時、ニットを変な干し方してたらその場で注意する。「その干し方じゃ伸びちゃうの! 平らに干してね」って
woman4
既婚・マミ:そうそう、自分でこっそり直すのではなくて。それだと何も解決しないし、後から言ったら「じゃあ、お前がやれよ」ってなる。見つけたらその場で、「がんばって! いつもありがとう、洗濯当番さん」とか言ってマジな空気にならないように褒めつつ明るく注意してる
woman2
独身・ハルカ(仮名):さすがマミさん……! いつも一緒にいるからこそ、言うべきことはきちんと伝えながらも、相手を気遣う心も忘れちゃダメなんですね。それがマミさん夫婦の仲良しの秘訣ですか♡!?
woman4
既婚・マミ:うーん、どうだろうね(笑)。あはは、なんか照れるからもう終わりっ。あとはすてきな夫婦の映画でも観て勉強しなさい!

それでも結婚っていいものなの? その答えは『恋妻家宮本』に!

img3

長い時間ともに過ごした夫婦なのだから、相手の考えてることなんて、すべてわかっている……かと思いきや、実は大間違い。本当の気持ちは本人にしかわからないものです。

『恋妻家宮本』は、まさにそんな夫婦の物語。夫婦仲は順調にいっていると思っていたのに、夫はある日突然妻の捺印入りの離婚届を発見。そんなそぶりまったく見せなかったのに……気になりつつも妻に聞けない夫。2人の結婚生活はいったいどうなってしまうの?――“当たり前”に結婚生活を過ごしているあなたにも、宮本夫妻のように、ある日突然、思いがけない出来事が振りかかるかもしれません。そのとき、あなただったら、どんな決断をするのでしょうか? 映画を観たあと、“結婚”に対するあなたの考えは、すっかり変わってしまっているかも。

『恋妻家宮本』は2017年1月28日より全国ロードショー。

劇場情報をチェック

 

提供:東宝株式会社

お役立ち情報[PR]