お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

いろいろ試したけど、なぜか「部分やせ」ができない理由

いろいろ試したけど、なぜか「部分やせ」ができない理由

もうすぐ暑い夏がやってきます。ファッションを楽しんだりなどされる方も多いのでは。洋服を着こなすためボディメイクに取り組んでいる方もいるかもしれませんね。そこで今回、読者にボディメイクについていろいろ聞いてみました!

ボディラインについて気になる部位がある85%

グラフ1グラフ2

今回はマイナビウーマン読者306人に調査を実施。「ボディラインについて気になる部位がありますか?」と聞いたところ、「ある」と回答したのは85.6%、「ない」と回答したのは14.4%と、大多数の女性が「ある」と答えています。「気になる部位がある」と回答した方に「最も気になる部位を1つ教えてください」と聞いてみたところ、最も多かったのは「腹部」で半数を占め、次に「太もも」21.8%、「二の腕」13.4%、「ヒップ」6.5%と続きました。
「急激に体重が変わったわけではないけど、なぜか最近お腹や二の腕の脂肪が落ちにくくなった」と感じることはありませんか? 「なぜここだけ痩せないのだろう」と不思議ですよね。実は、運動や食事制限が足りないから痩せないのではなく、「ある細胞」が大きく関係しているのです。その理由とは? どうやらここにもボディラインについて気になっている女性がいるようです……。

マンガ1

マンガ2

マンガ3

マンガ4

今まで着ていた服が入らないという一コマは、あるあるだったのではないでしょうか。

「部分やせ」治療を知らなかった72%

グラフ3グラフ4
グラフ5

先ほどのマンガでは、友人に教えられるまで、脂肪細胞を減らす部分やせ治療のことを知らなった主人公。どうやら、まだまだ浸透度は低そうです。

マイナビウーマン読者に「医療機関で行われる、脂肪細胞の数を減少させる部分やせ治療について知っていましたか」と聞いたところ、72.2%の女性が 「知らなかった」との回答が……! また、「クリニックで医療痩身した経験がありますか」の質問に対して93.5%の女性が「ない」と回答しているように、そもそも部分やせしたいと思った時に、医療痩身という選択肢があまり身近ではないことがうかがえます。次に「クリニックで医療痩身した経験がある」と回答した6.5%の女性に対して「どの治療を行いましたか?」と聞いてみたところ冷却脂肪減少治療が 30.0%と最も多く、以下順に、レーザー治療 25.0%、高周波照射治療15.0%、GLP-1ダイエット注射15.0%、脂肪吸引手術10.0%、脂肪融解注射治療 5.0%、という結果になりました。

近年、人気を集めている「冷却脂肪減少治療」はメスを入れることなく細胞脂肪を減らすことができることから、治療を始める方もいるようです。今まで美容医療という選択肢がなかった方は、まず下記の詳しい施術内容を知ることから始めてみてはいかがでしょうか。

「部分やせ治療」の診療の流れをくわしく解説!

部分やせ治療の相談ができるクリニックを探す

※アンケート出典元:マイナビウーマン調べ(2021年5月実施webアンケート/対象:30歳以上50歳以下の女性/有効回答数306件)

※効果には個人差があります。トラブルとなる可能性を少なくする為にも、施術のリスク・アフターケア等について、事前にしっかりと医師にご確認ください。

提供:アラガン・ジャパン株式会社
JP-CSC-2150053

SHARE