お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR ライフスタイル

心にゆとりができる、春に行く“オトナの京都旅”のすすめ

心にゆとりができる、春に行く“オトナの京都旅”のすすめ

仕事が忙しかったり、プライベートを充実させようと予定を詰め込みすぎたり、あるいは自宅にいてもSNSチェックに余念がなかったり……。日々を目まぐるしく過ごしていると、気づかないうちに心が疲れてしまっていることも。そんなときは今の暮らしからちょっと立ち止まってみるのが吉。気軽に環境を変えるなら、旅をするのはいかが? おすすめは、京都。ゆったりと気持ちを整えてくれる不思議な場所だから、すっかり充電できるはず!

春の京都は「桜」が見頃に。
混雑を避けて、ゆっくり楽しむには?

春の京都旅の醍醐味は、なんといっても「桜」。点在する歴史的建造物と美しく咲き誇る花々のコラボレーションに心洗われる体験ができるのは、古都ならではです。とはいえ、京都は国内だけでなく海外からの観光客にも大人気の旅先。すばらしい景観に出会えるこの時期は人であふれかえっています。そのため、混雑を避けて、ゆっくり楽しみたいところ。そんな“オトナの京都旅”を叶えるコツがありました!

オトナの京都旅のコツ

\特別拝観もできるプラン/

往復新幹線+宿泊

JR東海ツアーズのプランなら、往復新幹線+宿泊がセットになっているから、あとは自分のペースでじっくり京都観光を満喫するだけでOK。併せて、桜に彩られた名所を特別な時間に拝観できるプランも用意されているんです!

春の京都旅をチェックする

歴史ある名所と桜を眺めて、心をほっと和ませる京都旅へ【おすすめスポット5選】

桜の見頃を迎えるこれからのシーズン、混雑を避けた時間帯に特別拝観ができる桜のおすすめスポットをご紹介。ゆったりとした空間で春の京都を堪能すれば、心もほっと和んでゆとりができること間違いなし!

世界遺産にも登録された「東寺(教王護国寺)」で、早朝・夕刻に見る幻想的な景色

東寺・早朝の桜

早朝桜と五重塔の特別拝観

【拝観期間】3月29日(日)〜4月5日(日)
【拝観時間】7:00〜8:30(最終受付8:00)

世界遺産にも登録された東寺は、京都に行ったら絶対に訪れたい場所。すがすがしい空気に包まれる朝は、華やかに咲き誇る不二桜と国宝である五重塔がお出迎え。普段は荘厳な雰囲気を醸し出しているお寺も、この季節だけは優しげな桜色に彩られ、早朝のスッキリとした空との見事なグラデーションを前に、元気をもらえるはず!

東寺・夕刻の桜

桜と五重塔の夕刻特別拝観

【拝観期間】3月28日(土)〜4月12日(日)
【拝観時間】17:15〜18:30(最終受付18:00)

夕刻の東寺も、日中とはまた一味違う幻想的な光景を堪能できます。五重塔周辺ではひときわ目を引く樹齢120年の不二桜をはじめ、しだれ桜やソメイヨシノがライトアップの光を浴びて淡く輝き、とっても艶やか。このときばかりはスマホも完全オフにして、じっくり心のままに見つめれば、日々の忙しさを忘れられそうです。

世界遺産の「東寺」を観に行く>>

一歩足を踏み入れたら異世界のよう! 「妙心寺退蔵院」の紅しだれ桜

境内貸切特別ライトアップ

【拝観期間】4月4日(土)、7日(火)〜9日(木)
【拝観時間】18:00〜19:30(最終受付19:00)

優美な姿が見る者を魅了するしだれ桜を楽しみたいなら、妙心寺退蔵院へ。瓢箪・なまずが彫られた門のすぐ先に、平安神宮の孫桜としても有名な紅しだれ桜が。昭和の名庭「余香苑」を覆うように枝を張り巡らせた桜のライトアップはとってもエレガントで、まるで異世界に引き込まれるような錯覚を覚えるかも!?

「妙心寺退蔵院」が気になる>>

約1,000本の桜が咲き誇る「醍醐寺(だいごじ)」で静かな夜を過ごす

春期夜間拝観 〜夜のお詣りとお花見〜

【拝観期間】3月31日(火)、4月1日(水)・5日(日)〜7日(火)
【拝観時間】18:00〜19:30(最終受付19:00)

しだれ桜にソメイヨシノ、山桜、八重桜……と約1,000本もの桜が咲き乱れ、平安時代から「花の醍醐」と称された名所が醍醐寺(だいごじ)。豊臣秀吉が「醍醐の花見」をしたことでも有名なこの場所を訪れると、時を重ねても人々の心を魅了する桜に心が癒されるはず。特に、静かな暗闇に浮かび上がる夜桜や五重塔、金堂を眺められる夜間拝観は幽玄そのもの。

オトナっぽく「醍醐寺」を観に行く>>

五重塔を背景にライトアップされた「仁和寺」の桜で優雅な気分に

境内・御室桜苑ライトアップ

【拝観期間】4月8日(水)〜12日(日)
【拝観時間】18:00〜19:30(最終受付19:00)

京都の花見を締めくくるのは、真言宗御室派の総本山である仁和寺。ソメイヨシノやしだれ桜などが咲き乱れ、中でも数々の歌人に愛されてきた遅咲きの「御室桜」が有名です。栄枯盛衰の運命をたどってきた寺院の歴史に思いを馳せながら、五重塔を背景にライトアップされた桜を観賞するひとときは心を優雅に高めてくれます。

ライトアップした「仁和寺」をチェック>>

おすすめスポットをもっと見る

京都の美しい桜に酔いしれて、心をそっと解放しましょう

早朝から夜まで1日中、美しい桜を愛でられる京都。往復新幹線+宿泊のプランで準備を万端にしつつ、特別拝観も上手に利用して、爛漫の春を存分に楽しんではいかが? きっと旅の帰りには心が解放され、明日からまたがんばろうと力もみなぎってくるはず。

旅行プランをチェックする

※各社寺写真は4月頃のイメージです。天候、開花状況などにより、花が見られない場合がございます。その場合は各地の景勝をお楽しみください。

提供:JR東海ツアーズ

お役立ち情報[PR]