お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR ボディケア

夏本番! こんなトコロも見られてる!? 今からでも間に合う、お家で全身360°ボディケアが可能な画期的アイテムって? 

ヤーマン_キャビスパ360_マイナビウーマン

夏は楽しみが多い季節だけれど、いまのボディラインを考えるとちょっぴり複雑……。重ね着でごまかしていたお肉も、薄着になると完全には隠せないものです。実際、異性の目には、どれくらいバレているの⁉ 今回は男性約100人に、「女性のボディ、ここが残念だとガッカリ」というパーツを聞いてみました。

Q. 女性のボディパーツで「ここが残念だとガッカリ」してしまうトコロは?

ヤーマン_キャビスパ360_グラフ_マイナビウーマン

彼女とプールに行ったとき、水着の上にお腹がのっていて“だらしない”と感じてしまった。(35歳/自営業)

一見、太って見えないのに、服の上からでも腰まわりのプヨプヨ感が見えてガッガリ。(22歳/技術職)

Tシャツを着たときに、脇腹の肉がゆるんでいるのがわかって残念に思った。(40歳以上/パート・アルバイト)

手を振ったときに、遅れて揺れる二の腕の肉感……。ぷにぷにで気持ちよさそうというレベルじゃなかった。(39歳/公務員)

※アンケート出典元:マイナビウーマン調べ(2019年6月実施アンケート。対象:働く男性 有効回答数102件)

“ここが残念だとガッカリ”してしまうパーツは、「お腹」が圧勝。その後に、「腰周り」「首・顔周り」と続きます。さらに、「二の腕」や「背中」と言った意見もあり、思った以上に全身を見られていることが判明しました。女性にとって気になるパーツは、男性にとっても同じのよう。でも、背中や腰回りなど手が届きづらいパーツや、自分では改善しづらいお腹やお尻のデコボコなど、全身をセルフケアするには難題がいろいろありますよね。そこでエステティシャン・美容家の平賀さやかさんに、ボディケアの秘訣について聞いてみました。

ガッカリされないカラダになりたい! ボディケアをレベルアップさせる方法って?

ヤーマン_キャビスパ360_マイナビウーマン

「最近は運動不足や、座りっぱなしの姿勢などの影響で、若い世代でも無駄なお肉が多い人、ヒップや太もものデコボコが目立つ人が増えています。また、食事の西洋化により、現代人は太りやすくなっているとも言われます。年齢を重ねるほどケアに時間がかかるので、早めにエステの技術によるケアを取り入れることは有効だと感じます。

シルエットを美しく保つために、運動や食事を意識することは基本。でも、それだけだと難しい部分もあるんですよね。たとえば、短期間で体重を落とすとデコボコしたお肌だけが残ってしまったり、食事制限で肌がカサカサになってしまったり……。

がんばって体重を落としたのに、残念な結果になってはもったいないですよね。特に皮膚は、あとから引き締めようと思っても、なかなか難しい部分。美しいシルエットのために、エステの技術はぜひ取り入れてほしいなと思います。また、ハンドケアやカッサなどのツールを使ったアナログなケアと、マシンとを組み合わせると理想のボディに近づく時間も早くなりますよ。」

ボディラインがキレイな人は使ってる!
とっておきのエステ技術を解説

キャビテーションは、特殊な超音波の振動でお肉を揺らして、冷たく固まったお肉を刺激する技術。ゼリー飲料を揉むのと振るのだと、振ったほうがゼリーが細かく、なめらかになりますよね。その原理と同じで細かい振動を与えたほうが、より無駄なお肉やデコボコを刺激できます。長く使われている技術で、エステティシャンでも自宅ケアとして取り入れている人が多いんですよ。

また、EMSはベルト式のマシンを思い浮かべる人も多いのでは? 筋トレマシンや肩こり用のパットにも使われていますが、低周波の電気刺激で筋肉運動を起こすもの。もともと人間の体には電気が通っていて、各パーツを動かすときに脳から指令が出されます。その指令と同じ低周波を使って、無意識的に筋肉を動かすことができるんです。エステサロンでも、引き締めのマシンとしてよく使われていますね。

この2つを組み合わせることで、相乗効果も期待できそう。キャビテーションでお肉を刺激して、引き締めたい部分だけEMSをかけるという流れは、女性にとって理想的ではないかと思います。」

サロンの技術をぎゅぎゅっとこれ1台に! 家で本格ボディケアができるアイテムって?

ヤーマン_キャビスパ360_マイナビウーマン

キャビスパ360

エステサロンならではの本格的技術が、ギュッとつまったアイテムが登場! それがヤーマンの最新キャビテーションマシン『キャビスパ360』です。スライドドレナージュ(※)と、キャビテーション・EMSを組み合わせることで、360°全方位のボディケアができちゃう家庭用キャビテーション美容器。

『キャビスパ360』をもっと詳しく!

サロンの技術×3を同時に出力! 
超スピーディにお家で本格ケアができちゃう♡ 

電源をオンにしたら、3つのモードからセレクト。水分が必須なのでジェルを薄くのばすか、お風呂の中でケアしましょう。

先生

平賀さん

業務用のマシンに、かぎりなく近い電気レベルの強さに驚きました。重さもベスト。軽すぎるとゴリゴリと力を入れてケアしがちですが、気になる箇所に当てたり、滑らしたりするだけで、ちょうどいい刺激が与えられる重さです。余計な力が入らないので、お肌にもやさしいですね。
それから、サロンではハンドトリートメントでていねいに流す“ドレナージュ(※)”という手技がありますが、『キャビスパ360』を肌の上ですべらせることで、ドレナージュ(※)のような体感も味わえると思います。

ヤーマン_キャビスパ360_マイナビウーマン

筋肉に刺激を与えたいときは「エクサモード」で、引き締めたい箇所に当てるだけ。デコボコ肌やお肉をケアしたいときは「セルケアモード」で、スティック状の本体をお肌にあててお肉を押し流します。どんなパーツにもフィットしやすく、全方位をケアできるのが一目瞭然。筋肉が刺激されているのも、映像から伝わってきます。

『キャビスパ360』を詳しく知りたい!

※エステの手技

ボディはもちろん、顔にも使える&
お風呂でもOKだから、使い勝手抜群! 

ヤーマン_キャビスパ360_マイナビウーマン

お顔用にEMSの波形をカスタマイズした「フェイスモード」が搭載されているので、気になる頬やあご下、首もとにも威力を発揮。入浴中やシャワーを浴びながらでも使える防水仕様だから、バスタイム中の自分時間が一層楽しくなりそう! 丸洗いOKなので、常に衛生的に保てるのもうれしいポイント。

先生

平賀さん

握りやすい本体で、細かな部分にも当てられるコンパクトさ、可動域の広さが魅力。フェイスケアにも、とても重宝します。なにより驚いたのが、バスタブでも心配なく使えること。服を着た状態だとケアしづらいパーツも、バスタブの中ならまさに全方位360°のケアがラクチンです。体温があがっている状態のほうが代謝があがりやすいので、お風呂での使用は一石二鳥。コードレスなので、手軽に使えるのもいいですよね。

360°手抜きなしのボディケアで、自信を持って夏を迎えましょ♪ そして、全身のキレイを手に入れて、気になる彼を驚かせてみては?

夏に向けてあかぬけボディが目指せる♡ 
『キャビスパ360』を詳しく知りたい!

360°どこから見ても魅力的なカラダに♡
ヤーマン『キャビスパ360』

ヤーマン_キャビスパ360_マイナビウーマン

「美容家電・化粧雑貨マーケティングトレンドデータ2018」の、2015-16年でボディ用美容機器カテゴリーにおいて、2年連続NO.1を獲得したヤーマンだからこそのクオリティ。美容家のプロからの評価も高いヤーマンのアイテム、ぜひ自分の体でその実力を実感してみて。

『キャビスパ360』をもっと詳しく!

先生_マイナビウーマン

今回教えてくれたのは……

エステティシャン・美容家
平賀さやかさん

CIDESCOインターナショナルエステティシャン/エステティック協会認定講師/サロンオデット主宰。日本エステティック協会認定のさまざまな資格を持ち、幅広くボディメイクに精通。サロンワークのほか、テレビや美容雑誌などでも活躍中。

提供:ヤーマン株式会社

お役立ち情報[PR]