お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR スキンケア

寝坊してバタバタの出勤、もう嫌だ〜! 「行動科学」から考える、余裕の毎朝を迎える方法って?

カネボウ_EVITA_マイナビウーマン

スキンケアにメイク、ヘアセット、洋服のコーディネートや食事……と、出勤前はやることがたくさん。でもギリギリまで寝ていたい……とベッドから出られず、結局寝坊してしまい毎朝大慌て! という人も多いのでは? そこで、朝に“無理せず”スッキリと早く目覚めるためのセルフコントロール術を、行動習慣コンサルタントの冨山真由先生に聞いてみました。

冨山真由先生写真_マイナビウーマン

行動習慣コンサルタント
冨山真由先生

戦略コンサルティングファームでHRを担当したのちに人材育成の業界へ。日本では数少ない行動科学コンサルタントとして、企業の管理職から一般職まで幅広くプロジェクト研修を導入している。著書に『1%の素敵な人だけが実践しているなりたい自分になる方法』『今すぐ!集中力をつくる技術』『効率・時間・スピード すごい習慣力』など。

ライン

気合いだけで何とかしようとするのはNG!
がんばりすぎない範囲でできる行動から取り入れて

カネボウ_EVITA_マイナビウーマン

「早起きの習慣がつかないのは、『意志が弱いから』『物事が長続きしないタイプだから』という性格・性質に基づいているわけではなく、ただ“早起きをするための行動”を知らないだけなんです」と冨山先生。
というのも、「早起きする!」という意志だけだと行動は長続きしないのだとか。「がんばろうという気持ちのみで継続できるのは72時間がマックスというデータもあります。つまり、人は誰しも三日坊主で当たり前。ゆえに、早起きできないからといって落ち込む必要はありません。早起きを習慣化するには、がんばりすぎない範囲で行動のコツを取り入れるだけでOKです」

では、その行動のコツとはどんなものがあるのでしょうか。先生曰く、「早起きを習慣化させるのに一番大事なのは、夜寝る前の行動だと言われています」とのこと。そこで、自身を「ズボラ」と明かす先生も実践しているメソッドを教えてもらいました。

no1

カーテンを閉め切らない

「カーテンを閉めきると熟睡はできるものの、朝起きにくくなるので、絶対に遅刻できない日はレースカーテンのみにすることをおすすめします。射し込んでくる朝日を浴びることで、脳内のスイッチが朝だと認識して自然と体が目覚めますよ」

no2

早く寝る

「起床時間の7時間前に寝ることを意識しましょう。ちなみに、理想の起床時間は始業の1時間半前。人は90分サイクルで行動を繰り返しているので、起床の90分後が最も覚醒していると言われています」

no3

寝る2時間前からライトを暗くする

「人は光を浴びると朝日と勘違いしてしまうので、もう夜だと体に教えるため、2時間前にはライトを少し暗くしておきたいですね。うっかり忘れそうという人はタイマーで設定したり、アプリを活用するのも一案です」

no4

白湯を飲む

「寝つきをよくするには、体の冷えは厳禁。白湯は体を温めてくれます。リラックス効果のあるハーブティでもいいですよ」

no5

軽いストレッチやマッサージをする

「これは“軽く”がポイントです。激しいトレーニングは体を緊張させてしまい逆効果なので、就寝の2時間前までに済ませておくこと。以降は、気持ちいいと感じるくらいのストレッチやマッサージに留めましょう」

no6

寝る30分前にはベッドで横になる

「眠るのに時間がかかる人は、30分前にはベッドの上に行くという“行動”を繰り返すことで、ベッドにつく=眠りたくなるという習慣を体に覚えさせることが効果的です」

冨山先生によると、他にもいろいろと方法があるそうですが、「3つくらいのコツを実践するのがちょうどいい」とのこと。「やりすぎてもストレスになるので、自分にできそうなことから始めてはいかがでしょうか?」

その支度の時間、本当に必要?
朝の準備プロセスを見直すのもアリ!

カネボウ_EVITA_マイナビウーマン

朝バタバタしないためには、早起きだけでなく、支度時間のムダをいかに省いて効率的に行動するかも重要だとか。
「行動科学の観点からは、できるだけステップを省くことが習慣化につながると言われています。ファッションやメイクを選ぶのに時間がかかるのであれば、前日の夜にコーディネートしておきたいですね。また、スキンケアの時間を短縮するのも有効です。例えば、化粧水からパックまでのお手入れを一度で済ませられる、保湿力のあるオールインワンアイテムを使えば、ワンステップでしっかりお手入れすることが可能。私自身、現在は0歳児育児に奮闘中のワーキングマザーで、朝夜関係なく時間に追われているのですが、オールインワンアイテムのおかげで妥協せずにお手入れができ、重宝しています」

ライン

これからのべたつく季節にぴったり! 植物のみなぎる保湿力を味方につけたオールインワンアイテムって?

カネボウ_EVITA_マイナビウーマン

朝の時短がしたい。でもスキンケアには妥協したくない! という人におすすめなのが、『エビータ ボタニバイタル プレシャススムース ジェル』。化粧水、乳液、クリーム、美容液、パックの5役を担うので、洗顔後はこれ1品でOK。植物由来のうるおい成分を活かしたボタニバイタル処方(※)で、しっかり保湿してくれます。

※ボタニバイタル処方
●ポリアミンα配合(保湿):ダイズ芽エキス、グリセリン
●ボタニモイストS配合(保湿):ダマスクバラ花水、キュウリ果実エキス、ワイルドタイムエキス、ゴレンシ葉エキス、リンゴ果実エキス、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na

カネボウ_EVITA_マイナビウーマン

角層にうるおいをたっぷり届けながらも表面はべたつかず、つるつるのなめらか肌に仕上がるので、これからの季節にぴったり。つけてすぐにメイクできるから、寝坊してしまったときの時短にも。ナチュラルローズ&ベルガモットライムの爽やかな香りもすがすがしくて、朝にうれしい♪

『エビータ ボタニバイタル プレシャススムース ジェル』
について詳しく!

ほんとにこれ一つで大丈夫?
人気インスタグラマーが一足お先にトライ!

実際に使ってみてもらったところ、「みずみずしいのにさらっとしてる!」「すぐにメイクできるのがうれしい! 朝の時短に良さそう♡」と大好評! 朝時間を充実させたいみなさんも、試す価値ありです!

ライン

続けたくなる使い心地♡
『エビータ ボタニバイタル プレシャススムース ジェル』

カネボウ_EVITA_マイナビウーマン

しっかり保湿はしたいけれど、べたつきが気になる春夏シーズンに、つけてすぐにメイクできるスキンケアアイテムは、忙しく働く女子たちにとって朝の強い味方に。植物のチカラ(保湿)を味方につけたオールインワンアイテムを、ぜひ朝の時短に役立てて!

商品について詳しく知りたい!

ご購入はこちら(Amazon)

ご購入はこちら(@cosme)

提供:カネボウ化粧品

お役立ち情報[PR]