お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR アイテム

「素敵」をつくるヒント! スタイリスト・辻直子さんが思う、ファッションとは?

マイナビウーマン_ロイカ

上品でフェミニンなスタイリングに、多くの女性から高い支持を得ているスタイリスト、辻直子さん。スタイリングする上では、トレンド重視ではなく、頭の中に浮かぶ“色”という世界を存分に楽しみながら表現することを大切にしているそう。そんな辻さんらしさが香るスタイリングの秘密を探りながら、そのこだわりについて伺いました。

「素敵に見える」辻直子さんが考えるスタイリング理論とは?

マイナビウーマン_ロイカ

――辻さんがつくり上げるコーディネートの多くは雑誌などで読者を惹きつけ、辻さんご自身のスタイリングにもファンが多数。どのようにして素敵なコーディネートは生まれるのでしょうか?

「よく私のスタイリングは“フェミニン”や“コンサバ”と評されますが、もちろんフェミニンやコンサバも好きだけれど、メンズライクやカジュアルなどいろいろなテイストが好き。自分の中では、枠を決めたり、制限をかけたりしないようにしています。枠を決めるということは、私の中のコーディネートの幅を狭めるということになるので、それだとファッションの楽しみも半減してしまいます。当然ながら似合わないものは着ないけれど、判断基準は似合うか似合わないか、好きか嫌いか。いつも純粋に自分の感覚に聞いているんです。
スタイリストとして服を選ぶ時は、ルールでアイテムを決めて選ぶのではなく、いろいろな服を見ている中でコーディネートのイメージが浮かんでくる感じなんです。感覚的なことなので、なかなか言葉にするのが難しいけれど、このパンツに合うトップスを探すのではなく、女性像を思い浮かべるといった感じでしょうか。
そのために、自分の中の引き出しは更新して、アウトプットのためにインプットを。自分の視界に引っかかってくる“人・物・事”からヒントをもらっています。例えば、映画や本や音楽、旅先での建築物や景色の色彩、10代の子からも男性からも自然と興味が惹かれるものや素敵だなと思ったものは、自分の中にストックしておくんです。毎回、引き出しから出しているだけだと、空になってしまえば立ち止まってしまうから。インプットとアウトプットのバランスも大切にしています」。

スタイリングするうえでこだわっていること

マイナビウーマン_ロイカ

――“色”が大好きという辻さんですが、同じ色でも素材によって表情が変わってくるため、スタイリングする際は、素材選びが重要とのこと。

「素材に光沢があるかないかでも、色の見え方は違う。その繊細な違いが、スタイリングする上でニュアンスに大きく関わってくるので、どんな素材を選ぶかを大切にしているんです。
以前、ダウンコートをよく着ていたのですが、たくさん着すぎたせいか(笑)長い間あまり着ていなかったんです。でもこの秋冬は様々なフォルムも多く、見え方が変わって色や柄使い、素材感も多く出てきていて、それが今の気分にフィットしたんですよね。同じアイテムでも、素材が進化すると印象が変わる……これがファッションの楽しいところでもありますね」。

――素材の進化がアイテムの印象を変え、スタイリングの見え方をも変えてしまう。だからこそ、素材がファッションに与える影響は大きいといえます。

「例えば“リブ素材”も選び方ひとつで全然変わってきますよね。肩や腕、脇などに生地が余る中途半端な甘いリブは、絶対に選びません。もたついて、野暮ったいイメージに。フィット感のあるリブを着た方が、断然シルエットが美しく、きれいに見えます。特にリブのような伸縮性がある素材は、ストレッチのテンションが大事。ピタピタしていればいいという訳でもなく、そのさじ加減で見た目が変わってきます。
服にはシルエットが完成されている服と、着てみて体のラインに沿うことで完成する服の2通りあります。素材のハリ感やしなやかさなど、ファッションにおいて素材が担う部分は大きいと思います」。

ファッションが拡がる! 最近、出会ったユニークな「素材」とは?

マイナビウーマン_ロイカ

――肌触りやフィット感は着心地に直結することなので、素材の選び方や合わせ方にもこだわっている辻さん。

「スタイリングをイメージする際に、様々なアイテムを見て選ぶからこそ、その色合い、素材感や肌触りまでも気になりますね。素材のニュアンスによっては、スタイリング全体の雰囲気まで左右するから」。

――その感覚の良さから、これまでにも様々なブランドとのコラボレーションなども行っている辻さんですが、最近、興味を惹かれる素材に出会ったそう。

「『ロイカ』という素材に触れる機会がありました。伸縮性に優れた素材なのですが、アウターをはじめ、インナーやストッキングなど幅広いアイテムに使われていることを初めて知りました。
また発熱機能や、これからの季節いろんなシチュエーションで過ごす方には嬉しいひんやり効果などの、プラスαの要素があることにも驚きました。肌に近いものこそ、高機能だと嬉しいですよね。
そして、『ロイカ』の魅力はもうひとつ。“シルエットをきれいに見せる”というファッションよりの機能性も備わっている点。機能性というと、快適とか便利といった面に寄りがちですが、『ロイカ』はそれだけではなく、その伸縮性の利点を使ってシルエットの美しさが叶うところがおもしろいなと。“素敵に見せる”ことや生地が伸びることでデザインの幅が拡がるところも魅力ですね。素材を選ぶことで、ファッションの可能性はぐんと拡がると思います」。

『ロイカ』ついてもっと詳しく見る

マイナビウーマン_ロイカ【プロフィール】
数多くの女性ファッション誌をはじめ、女優やタレントのスタイリング、広告など、幅広く活躍するスタイリスト。ファッションブランドのディレクションやコラボレーションなども行う。フェミニンでコンサバティブなスタイリングに定評がある。

提供:

お役立ち情報[PR]