お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR スキル

幸せになるために必要なこと。将来を見越したキャリアプランは早めに考えたい

イメージ

上司との人事評価面談やなにげない同僚との会話の中で、「3年後のキャリア形成は?」「10年後の自分はどうなりたい?」といった質問をされて、言葉に詰まってしまった経験は誰にでもありますよね。普段から熟慮していないと、なかなか咄嗟に答えることはできないもの。では、働く女性たちの中で、自分のキャリアプランについて考えている人はどれくらいいるのでしょうか?

25歳~35歳までの働く女子に聞いた

みんなは将来の仕事のこと、考えている?

Q1. 自分のキャリアプランやライフプランについて、日ごろ考えることはありますか?

グラフ

Q2. 【Q1】で「はい」と答えた人に聞きました。
将来のために教育機関で学び直したいと思うことはありますか?

グラフ

意外とみんな将来のことを考えている

イメージ
子どもを産む限界はいつなのか? を軸に、常に経済的なことと仕事量のバランスをはかるための工夫を考えている。(32歳/団体・公益法人・官公庁)
イメージ
40、50代になったときに、続けていけそうな仕事はどんなものか。子育てと両立するのが一番大変な30代をどう乗り切るか。(30歳/金融・証券)
イメージ
将来グローバルな舞台で活躍するために何が必要かを考えている。今後のキャリアのため経歴に自信を持ちたい。(26歳/その他)
イメージ
結婚した後に、子供が生まれたときに今のような働き方、給料、などのバランスに悩まされるのではないか。(28歳/医薬品・化粧品)

働く女性197名にアンケートをとったところ、半数以上の方が、自分のキャリアプランやライフプランについて意識しているようです。特に、結婚や育児との両立などワークライフバランスを実現させたいという女性ならではの理由が目立ちました。その中でも、よりよい仕事環境を求めて、教育機関で学び直したい人は5割以上も。「英語を身につけたい」(34歳/ソフトウェア)、「基礎のスキルを固めたい」(34歳/マスコミ・広告)、「しっかりと原理原則を学びたい」(29歳/生保・損保)など具体的な目標をもっている人が多く、みなさん意外と将来のために意欲的に学びたいと思っていることがわかりました。

アンケート:マイナビウーマン2018年3月webアンケート|25~35歳の女性200名(有効回答数197件)

将来を考えている人ほど早く始めたい「リカレント教育」

イメージ

一度社会に出たからこそ、本当に必要な知識やスキルを改めてきちんと身につけたい。そんな意識の高い女性たちにおすすめなのが、「リカレント教育」。社会人になってからも個人が必要とすれば教育機関に戻って学び続けることができる教育システムです。

日本では終身雇用制度が根づいているので、働きながら教育機関で学習するといったシステムはなかなかなじみにくい状況でした。しかし、近年では女性の社会進出や転職でキャリアアップを叶える人も増えたことで、このリカレント教育に注目が集まっています。一定の条件を満たせば受講料などの一部が教育訓練給付金として支給されるので、金銭的な負担も少なくスキルアップできるのもありがたいポイントです。
将来を見据えて早くリカレント教育を受けることで、その後のキャリアはもちろん、人生の幅が広がります。

こんな人は、リカレント教育でのステップアップが◎

1つでもチェックが付いたら、
自分のキャリアプランについて考えよう!

自分の人生をより良くしたい
働く上でスキル不足を感じる
学ぶことが好き
社会と関わっていきたい
深い知識を身につけたい
新しいことや未知のことに取り組みたい

結婚や出産などでライフスタイルが変わっても、社会の一員としてやりがいのある仕事を続けて、豊かな人生を送りたい。そんな前向きな気持ちがある人にこそ、リカレント教育はぴったり。社会人として必要なことをしっかりと自分のものにして、新しい自分を発見しては?

おすすめの大学:

実績なら「日本女子大学 リカレント教育課程」

イメージ

日本女子大学 リカレント教育課程は、文部科学省の2007年度「社会人の学び直しニーズ対応教育事業委託」に採用された「キャリアブレーク中の女子大学卒業生のためのリカレント教育・再就職あっせんシステム」が前身で、2010年からは文部科学省の委託を離れて独自に運営しています。

現在は、1年間(2学期)の教育(通学課程)を通して、高い知識やスキル、働く自信・責任感を養い、女性のキャリアアップに役立つカリキュラムを展開。単に学びの場を提供するだけでなく、就職に関しても10年の実績があることも大きな魅力の1つです。2017年には内閣府男女共同参画局「女性のチャレンジ支援賞」を受賞しています。

日本女子大学 リカレント教育課程

自信を持って働く環境を自ら整える修了生の声

イメージ
最も感じたことは一歩踏み出すことの大切さです。受講するにあたっては、きちんと通学できるか、再就職できるかなど不安だらけでしたが、おかげ様で再就職ができました。考えすぎるより一歩踏み出すことが大切だと思います。(30代)
イメージ
1年を通して、勉強だけでなく「やる気」と「自信」を身につけることができました。修了して終わりではなく、これからの人生前向きに生きられるような貴重な一年でした。(30代)
イメージ
私はこれまでの人生の中で、「切磋琢磨」した時間は、このリカレントで過ごした1年間であって、中学でも高校でも大学時代でもない。私は他のリカレント生たちが熱心に学ぶ姿勢を見て、自分も頑張ろうと思い、他のリカレント生も私のそんな姿を見て、同様に努力した。これほど相互に良い影響を与えあえる環境は、他にはないだろう。(20代)
イメージ
ただ授業を受け、必要最低限の単位を取っていれば就職斡旋をしてくれるという場所ではない。受け身ではなく、自分から動こうという気持ちが常にあれば、それに答えてくれる先生方も環境もそろっているのでそれを活かすかどうかは自分次第なのだと思う。(40代)

日本女子大学 リカレント教育課程は、新しいあなたの発見と充実したキャリアを応援します。

イメージ

新卒のときとは違い、一度社会人になってからの学びと職場選びは、これからどんな生き方をしたいのかというライフプランと切っても切り離せません。
そんな中、文部科学省「職業実践力育成プログラム(BP)」に認定され、また、厚生労働省「教育訓練給付制度(専門実践教育訓練)」にも指定されている、日本女子大学のリカレント教育課程は、社会の変化に対応した学びと、充実したキャリアを持てるような支援を行い、多様な再就職先を修了生につなげてくれます。

日本女子大学 リカレント教育課程

イメージ

女性のキャリアを育てる2本の柱

再教育と新しい学び
グローバル化したビジネス界での即戦力となるスキルとして1年間のキャリア教育を行っています。英語やITリテラシー、金融、企業会計、内部監査などのビジネス性に特化した独自の科目の他に、日本女子大学4学部の授業も履修できます。

再就職支援
再就職を目指したいという女性に向けて、独自の合同企業説明会実施・求人Webサイト開設、その他就職に関するイベントの開催などの支援事業を行っています。また、受講生・修了生一人ひとりに対し、通学課程ならではのきめ細やかな支援をしています。


日本女子大学 リカレント教育課程
【校舎】東京都文京区目白台2-8-1

日本女子大学 リカレント教育課程

提供:日本女子大学 リカレント教育課程

お役立ち情報[PR]