お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR 不調

【女子共感】冬のお悩みあるあるはお風呂で解決♡ プロ直伝、冬の入浴テクとは

【女子共感】冬のお悩みあるあるはお風呂で解決♡ プロ直伝、冬の入浴テクとは

すっかり寒くなった今日この頃。寒い季節は、肌が乾燥したり、手足の冷えが深刻になったり、むくんだりと、この時期特有のお悩みがたくさん。しかし冬だから仕方ないとあきらめるのは早い! そのお悩みは、お風呂の入り方がカギを握っている可能性も……。そこで日本のお風呂の魅力を発信する「HOT JAPAN PROJECT」代表理事で、お風呂のソムリエ松永武さんに、冬の入浴テクを教えてもらいました。

覚えておきたい! お風呂ソムリエが教える、働く女子のための入浴テク♡

ステップ1

とにかくかんたんにリラックスしたい日は
“入浴3原則”を取り入れて

「時間がないからとシャワーで済ませると、より疲れがたまり、寒い時期はさらに冷えが悪化する可能性も高いので、忙しくてもできるだけお風呂に入るのがおすすめ」と松永さん。そのときのキーワードは『40℃、10分、全身浴』とのこと。「シャワーだけだと表面体温しか上がりませんが、湯に浸かれば体の内部の温度『深部体温』が上がり、血流やリンパの流れが良くなり、効率的に体の芯から温めることができるんです。水中の浮力によって重力から解放されるので、筋肉の緊張が緩み、よりリラックスできるだけでなく、汗をかくことで代謝が上がり、免疫力がアップするなど良いことずくめ! 忙しくても『40℃、10分、全身浴』の入浴なら短時間でお風呂に入れますし、全身浴で体全体に水圧がかかってむくみ解消にもつながるのでおすすめです。慣れてきたら、自分が心地よいと感じる方法にアレンジしてOKです」

ステップ2

入浴中のストレッチで冷えやむくみ改善に♡

「冷えやむくみ改善には、湯に浸かりながらマッサージするのも効果的」と松永さん。おすすめのマッサージを教えてもらいました。「温かいお風呂の中でのマッサージは、筋肉がほぐれやすく、リンパも流れやすいので、体のハリやコリ、むくみがとれ、疲労感からも解放されますよ。主なリンパ節は首と頭の境目、鎖骨、わきの下、太ももの付け根、膝にあるのでここを軽く圧がかかる程度の力加減で押してみましょう。末端の冷えが気になる方は、手や足の指を開いたり、手足をバタバタ動かしたり、足首を回すだけでも改善されると思います」

「それでもむくみや冷えが気になる場合は、入浴法を工夫すべき」と松永さん。「温める、冷やすを交互に繰り返す『温冷浴』は、全身の毛細血管を収縮・拡張させて血液の循環を促してくれるので、むくみや冷え解消にピッタリです。末端の冷えには、特に冷えている部分だけを湯につける『部分浴』の後に、全身浴をすると良いでしょう」

【イラスト付き】マッサージのやり方をチェック

ステップ3

あなたはどのタイプ? お風呂診断

お風呂診断

『40℃、10分、全身浴』を基本としながらも個人差もありますし、その日の気温、気分、体調によっても変わってきます。そこであなたの性格や体質からおすすめの入浴法が分かる“お風呂のソムリエ松永流お風呂診断”を用意しました! 今の自分にピッタリなお風呂の入り方を知れば、さらに癒されるはず。さっそくチェックしてみましょう!

A
イライラや心の緊張が体にも影響していませんか? ぬるめのお湯(体温+2~4℃目安)に20分程度、肩くらいまでゆっくり浸かりましょう。心を落ち着かせるためにキャンドルを灯したり、浴室の明かりを落とすのも効果的。新緑を思わせるハーバルでフレッシュな香りのアロマをつかって、心も体もほぐして、気持ちを切り替えましょう。
B
モヤモヤすることが多く、スッキリ解放的な気持ちになりたいのでは? ぬるめのお湯に15分程度、肩くらいまでゆっくり浸かりながら、背中と腰回りのストレッチをしましょう。両手を組み、息を吐きながら、上にぐーっと引っ張られるように背中をのばし、息を吸いながら力を抜き、もう一度頭の上で両手を組み、息を吐きながら体を左右にひねって、心も体もリフレッシュ。
C
忙しい日が続き、ほっとひといきリラックスしたいのでは? ぬるめのお湯に首まで浸かり、深呼吸しながら15分程度過ごしましょう。5秒吸ってお腹を膨らませ、10秒しっかり吐いてお腹をへこませることを繰り返すだけでOK。深く呼吸することで副交感神経が優位になり、上手にリラックスでき、ぐっすり眠れて翌朝スッキリ。

いかがでしたか? また、どの結果になった人も共通して気をつけたいのが水分補給。実はお風呂に10分間浸かっただけで500mlもの汗をかくと言われています。更に、汗をかくと体のコンディションを整えるために必要なミネラルも一緒に失われてしまいます。そのため、入浴前後や入浴中のこまめな水分&ミネラル補給が大切です。

「入浴時の水分&ミネラル補給のタイミングについては、まずは水分とミネラルが失われる入浴前に、そして汗をかく入浴中、水分&ミネラルを失った入浴後にしっかりと補給しましょう。水分だけでなく、ミネラルも一緒に補給するのがポイントです。このとき、糖分やカフェインが入っているドリンクは避けるのがベターです」と松永さん。入浴の際は、水分だけでなく、ミネラルも補給しましょう。

ドリンク選びがカギ! 上手に水分&ミネラルを取り入れるには?

ドリンク選びがカギ! 上手に水分&ミネラルを取り入れるには?

入浴前後の水分補給は、水分だけでなく、ミネラルも補給することが大切。そこで、お風呂のソムリエの松永さんがオススメするのが、水分とミネラルが一緒に補給できる伊藤園の『健康ミネラルむぎ茶』。松永さん曰く「無糖で麦の香ばしい香りとスッキリとした味わいでゴクゴク飲めるから入浴時のドリンクとしておすすめです。さらにカロリーゼロ、カフェインゼロだから寝る前でも罪悪感なく飲めるのもうれしいポイントです。」とのこと。さっそく今夜のバスタイムから取り入れてみたいですね。

お風呂を自分へのご褒美タイムに♡ とっておきの入浴テクで芯からリラックス

お風呂を自分へのご褒美タイムに♡ とっておきの入浴テクで芯からリラックス

「女性は男性に比べて筋肉量が少ないので、むくみやすく、冷え性になりがち。特に寒い時期は、お風呂に浸かって深部体温を上げて、血流を良くすることが大切になってきます。正しいお風呂の入浴方法を知り、自分が心地よいと感じて心身ともにリラックスできれば、眠りの質も高まり、目覚めもスッキリしますよ」と松永さん。面倒だからと言ってシャワーを浴びただけでは、疲れもとれないし、むくみや冷えもつらいまま。お風呂は、1日の疲れをしっかりと癒し、キレイを磨けるので、自分へのご褒美タイムとしても入浴を習慣化し、むくみや冷え知らずの体を目指しましょう。

ステキなお風呂タイムを習慣にしよう♡

浴玉+むぎ茶をセットにして、
\ 100名様にプレゼント! /

浴玉+むぎ茶をセットにして、100名様にプレゼント!

バスタイムをもっと楽しくし、よりリラックスするためのアイテム「浴玉」と水分&ミネラル補給ができる「健康ミネラルむぎ茶」1ケース(650ml×24本)のセットを100名様にプレゼント! 「浴玉」は、お風呂のソムリエ松永さんが本気でつくった入浴剤。ヒマラヤ岩塩をはじめ、自然の植物の恵みや天然素材を採用し、日本の伝統技法「注染(ちゅうせん)」で染めた浴衣の生地で包んだ入浴剤です。お風呂に入れると最初はシュワシュワの炭酸泉、次にナトリウムが溶け出し塩化物浴に、最後に浴玉を揉むととろみ成分が溶け出しにごり湯に変化。1つでさまざまな効果を期待できるので、癒し効果絶大! 下記応募フォームへ必要事項をご記入いただいた方を対象に抽選でプレゼントいたします。

応募フォーム記入期間:2018年11月26日(月)〜12月16日(日)23:59
商品発送時期:2018年12月下旬から順次発送予定

プレゼントに応募する

浴玉についてもっと詳しく

健康ミネラルむぎ茶についてもっと詳しく

お風呂のソムリエ 松永武さん

教えてくれたのは

お風呂のソムリエ 松永武さん

お風呂の良さを世界中に発信し、お風呂文化のユネスコ無形文化遺産登録を目指して活動する「HOT JAPAN PROJECT」の代表理事・設立者。温泉入浴指導員、温泉入浴指導士、温泉ソムリエ。お風呂好きが高じて、「お風呂を通じて気持ち・想いを伝える」ための資格「バスリエ資格」を創設。温泉や銭湯、自宅のお風呂など、さまざまなお風呂の楽しみ方を探索中。自宅のお風呂を楽しくするバスグッズの開発も行っている。実際に試したバスグッズは5万点以上!

HOT JAPAN PROJECT

HOT JAPAN PROJECTって?

独自の進化を遂げた日本の風呂文化の魅力を国内外に発信し、お風呂文化の活性化を図るための活動を行いながら、日本のお風呂文化のユネスコ無形文化遺産の登録を目指すプロジェクト。温かいHOTなお風呂が、“ほっと”ひといきつける、安らげる場所であって欲しいとの想い、“日本”の誇りであるその文化の魅力を発信している。HOT JAPAN PROJECT

提供:伊藤園

お役立ち情報[PR]