お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR 女性の身体

試験結果で判明した驚きの事実! やりがちな”ある朝習慣”が仕事効率を下げている!?

イメージ

年末に近づき、仕事もプライベートも、慌ただしい生活を送っていませんか? 忙しい時こそ、パフォーマンスを上げ、限られた時間のなかで効率よく行動することが必要になってきます。ところが、ついやってしまいがちな朝習慣が、脳と体のパフォーマンスに影響しているという事実があるんです! その習慣とはズバリ「朝ごはん」。“あること”をしっかりと意識しながら朝ごはんを食べると、仕事効率に大きく差が出るそう。その真相を探っていきます。

働く女子の年末はとにかく超多忙……!
あなたは「朝ごはん」ちゃんと食べてる?

イメージ

忘年会で飲み過ぎてしまって、翌朝食欲がない。仕事が立て込んで、残業続き。プライベートでも予定が多く、朝ごはんを食べるより寝ていたい……と思うことも多い年末。あなたはいかがですか。
マイナビウーマン読者にアンケートしたところ、朝ごはんを「毎朝かならず食べる」「ほぼ毎日食べる」と答えた方を合わせると約8割近い結果に。朝ごはんが1日のパワーの源であるとしっかり認識している人は多いようです。
「朝ごはんが大事なんて、いまさら……」と感じた人も多いのではないでしょうか。ただし、食べているからと油断することなかれ。実は、その内容のほうが重要なんです。

Q. 朝ごはんでどんなもの食べてる?

グラフ

※アンケート:2018年10月マイナビウーマンWebアンケート実施/有効回答人数:183人/22歳〜39歳の女性が対象

朝ごはんを「毎朝かならず食べる」「ほぼ毎日食べる」「たまに食べる」と答えた方に、何を食べているか聞いてみると、1位はパンのみ、2位は和食、3位はごはんのみという結果に。朝ごはんを食べるメリットは分かっていても、その内容の大切さについて知っている人は、まだまだ少ない様子です。

何も食べないよりはマシ……はウソ!?
パフォーマンス発揮のカギは“栄養バランス”

そこで朝ごはんとパフォーマンス向上にどのような関係があるのかを調査したところ、興味深い試験結果が。それが下記のグラフです。朝ごはんを欠かさず食べる人を対象に、「栄養バランスのよい食事(洋風パン食)」、「栄養調整食品(固形タイプ)」、「おにぎり(具なし)」、「何も食べない(水のみ)」の4タイプに分類し、朝ごはんを摂ってもらい、時間の経過とともに集中度の変化の違いを測定しています。

グラフ

日本臨床栄養学会雑誌 2007;29(1):35-43 より作成

すると、「栄養バランスのよい食事」を食べた場合は、「何も食べない」場合に比べ集中力を高め、かつ維持することができました。また、「栄養調整食品」を食べた場合も、「栄養バランスの良い食事」と同様、集中力を高くキープすることができています。一方、糖質(炭水化物)を多く含む「おにぎり(具なし)」では、なんと「何も食べない(水のみ)」の場合とほとんど変わらないという驚きの結果に。このデータからわかるように、朝ごはんを摂るときに意識すべき“あること”とは『栄養バランス』! 糖質だけの朝ごはんを食べていた、あなた。ぜひこの機会に朝習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

毎日、栄養バランスを意識した朝ごはんを作り続けるなんてムリ……。どうしたらいい?

イメージ

「一言で栄養バランスと言っても、どれかの栄養素だけを意識すれば良いということではなく、タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素のバランスが非常に重要なんですよ。」と教えてくれたのは、管理栄養士の鶴田さん。
鶴田さんによると、栄養は体の中で互いに働きを補いあっているので、5大栄養素のうちどれか1つでも足りない栄養素があると、身体がうまく機能しなくなってしまうそう。でも……忙しくて食事を作ることはもちろん、食べることにもあまり時間をかけられないのが現実。「栄養バランスのとれた朝ごはんを毎日食べて欲しいですが、働く女性の朝は、いつも時間との勝負。予定や体調的に難しいこともありますよね。そんな時は手軽に食べられる栄養補助食品も朝食候補の1つに取り入れてみてください!」とのこと。

日々仕事に追われる、マイナビウーマンの女性
スタッフも手放せない!? 愛用アイテムとは……?

私たちマイナビウーマンのスタッフも、会議やプレゼン、取材などで朝はバタバタになりがち。そんな時の強い味方が『カロリーメイト』! 出勤前に自宅で、就業時間前にデスクで、手軽に食べられるのが便利! と多くのスタッフが利用しています。今回はそんなスタッフの中でも、特に愛用している営業Sと編集Kに『カロリーメイト』の魅力を聞いてみました。

イメージ編集スタッフK
私はオフィスでメールチェックをしながら、朝ごはんを食べることが多いのですが、『カロリーメイト』は片手で食べられるのが良いですね。あと、これ1つで栄養がバランスよく摂れるのもありがたいです。朝から撮影もあったりするので、いつでも食べられるように、バッグに入れて持ち歩いています。
フルーツ味やチョコ味……その日の気分で味を選べて、腹持ちも良いブロックタイプが大好きです♪
イメージ営業スタッフS
私も朝ごはんは自宅よりオフィス派です。『カロリーメイト』は駅の売店でも買えて、わざわざお店に立ち寄らなくても良いので助かっています! 最近は朝、クライアントや外部の人とのアポイントが続いていて、外でもサッと食べられるゼリータイプが重宝していますね。営業は打ち合わせが立て続けになることが多く、少しのすき間時間を有効活用できるのは、ポイント高いんです!

5大栄養素が手軽に摂れるバランス栄養食
『カロリーメイト』を味方につけて

イメージ

忙しい人ほど朝から栄養バランスの取れたメニューを準備するのはなかなか難しいもの。『カロリーメイト』は、いつもの食事だけでは不足しがちなタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素がバランスよく摂れるように設計されています。さらに、ビタミンは1日に必要な量の約半分※ が摂れるのも嬉しいポイント! ブロックタイプとゼリータイプを気分やシーンに応じて、賢く取り入れて、忙しい年末を乗り切りましょう。

※1日に必要な量は栄養素等表示基準値(ブロック:2005年/ゼリー:2015年)をもとにしています。

シーンに合わせて選べる
『カロリーメイト』の魅力をもっと詳しく!

■関連リンク

イメージ 今回教えてくれたのは……
鶴田 麻里子さん

管理栄養士・ウェルネスコーチ・産業カウンセラー。
「健康を通して幸せを届ける」をモットーに、学生時代から予防医療のコンサルティングアシスタントとして、企業の健康経営推進事業に10年間従事。現在は、健康度を高める食事および環境、コミュニティづくり提案他、企業研修やコラム等で情報発信を行う

提供元:大塚製薬株式会社

お役立ち情報[PR]