お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR (PR)赤い電車の旅

【連載第4回】秋のデートはアートを感じる街歩き♡ 彼と宝探し気分で散策できるおすすめスポットは?

イメージ

涼しい日が増え、すっかり秋めいてきましたね。おでかけしてアートに触れるにはもってこいの季節です。京急沿線のおすすめな街や、おでかけ情報をお届けする京急のまちマガジン「なぎさ」。連載第4回目の今回は、近年話題の高架下から始まる街づくり。多様化する街とアーティストが響きあい、街のリズムが生まれる京急線沿線の街をのぞき見します。“高架下”をひとつのキーワードにアートを探す街歩きをしてみては?

街づくりに生かされている京急線の高架下

イメージ
Tinys Yokohama Hinodecho(タイニーズ 横浜日ノ出町)http://tinys.life/yokohama/

アーティストとの関わりを通して街づくりをしてきたのは、京急電鉄の日ノ出駅町と黄金町駅間の高架沿いエリア。2008年から開催している「黄金町バザール※」をはじめ、アーティストとのかかわりを通して街づくりをしてきたそう。また、京急電鉄ではこの黄金町エリアの他にも、ものづくりの街・大田区を走る大森町駅〜梅屋敷駅間の高架下スペースに、町工場とクリエーターの拠点を整備。新旧のものづくりを融合させる複合施設(2019年春に開業予定)を立ち上げたり、ファミリー世帯が増えている雑色駅周辺の高架下エリアに、駅近認可保育園や飲食店を整備したりするなど、街の特徴に合わせた高架下の有効活用を積極的に進めている。

イメージ
黄金町スタジオ

※黄金町バザール:「街」という日常の空間を舞台にアートによる街の再生に取り組む、NPO法人黄金町エリアマネジメントセンターと地元の協議会主催のアートフェスティバル

日ノ出スタジオ内 黄金町アートブックバザール
ふらりと立ち寄りたくなる場所

イメージ

展示スペースの会場でもある日ノ出スタジオ。入り口にある、この美術書の古書店には、黄金町にゆかりのあるアーティストの作品も。

●電話
045-231-9559

●住所
横浜市中区日ノ出町2-145番地先 日ノ出スタジオⅢ棟/日ノ出町駅から徒歩約3分

●営業時間
11:00〜18:30

●定休日
月曜日(月曜日が祝日の場合、翌日休み)

アートスタジオ、ものづくりスペースをもっと見てみる≫

黄金町エリアマネジメントセンター
「アートによる街づくり」の拠点

イメージ

横浜市より委託を受け、「黄金町バザール」などのイベントや、 アーティスト・イン・レジデンスを展開。アートによる街づくりを実践するNPO団体。

●電話
045-261-5467

●住所
横浜市中区黄金町1-4番地 高架下スタジオSite-B
※9月中旬に、一部機能を残し、上記に移転しました。

「黄金町バザール2018」をチェック!

イメージ

「黄金町バザール2018」のテーマは〝フライング・スーパーマーケット〟。川沿いや高架下、商店……黄金町の日常に現れた、架空のスーパーマーケット。 そこには、7カ国17組のアーティストの作品が並ぶ。あらゆる境界を越える多様なアートを感じに行こう。

アーティストの紹介はこちら≫

『なぎさ』って?

イメージ

京急のまちマガジン『なぎさ』は、京急沿線のちょっと楽しい、ちょっとお得な情報を毎号紹介しています。今月の京急沿線では、「京急×おおた スイーツキャンペーン」を実施中です。大田区の商店街とコラボして、おいしいスイーツを展開中! 詳しくは、京急オフィシャルページをぜひチェックして。京急のまちマガジン『なぎさ』は、沿線(泉岳寺駅を除く)および京急グループの一部施設などで配布しています。ぜひ、本誌もご覧ください。京急のオフィシャルHPでもご覧いただけます。

京急沿線マガジンをチェック

提供:京浜急行電鉄株式会社