お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR (PR)食べるキレイ習慣

【イケメン料理家直伝】これで落ちない男はいない!? 簡単&最強モテレシピ

手間ひまかけて手料理を振る舞ったのに、彼の反応がイマイチ……なんて経験はありませんか? 女子的には「せっかくだから手の込んだ料理で、料理上手をアピールしたい!」と張り切りがち。ですが、一方で男性は「凝り過ぎた料理はちょっと……。もっとフツーでいいんだけどなぁ~」と思うことも多いようなのです。

男性の気持ちは、男性に聞くのが一番早い!……ということで、今回はイケメン料理家に、男性を満たす手料理のポイントと、おすすめレシピを伝授してもらいました。

寺田真二郎さん/料理研究家

食品会社勤務、カフェ店長などを経て、2009年より本格的に料理研究家として活動。和洋中を問わず得意とし、お手軽に美味しく華やかにみえる料理をはじめ、時短テクニックや驚きのアイデアを活かしたレシピが、幅広い世代に好評。「メンズキッチン2」などにレギュラー出演中。『男を満たす最強の手料理』(文響社)が好評発売中。

男を落とす料理のポイントは
「パッと作れてごはんに合う」がポイント!

パッと作れて、サッと出せる料理を心がける

奇をてらい過ぎず、白飯に合うおかずにする

定番料理を作る場合は、味付けをひと工夫する

男性は我慢が苦手。なので、とにかく手際の良さが大事だと寺田さんからアドバイス! 

「手料理を振る舞う時は、いかに手早く作れるかがポイントです。ついつい奇をてらいたくなりますが、男性は基本的に王道料理が好き。ですから、あまり凝り過ぎない方がよいと思います。とはいえ、定番の味付けにするのは避けるのがベター! 男性はどうしても、“おふくろの味”と比べてしまうことが多いので、料理が苦手な人ほど、同じ土俵に立つことは避け、違う味付けで勝負した方が男性はグッとくると思います。たとえばオムライスならケチャップじゃなく、和風のあんかけにするなど。その方が料理上手っぽいし、ポイントも高いはず。でもせっかく自分が作るのだから、彼のわがままを叶えつつ、女性もきちんと満足ができる料理が理想ですよね」

万能食材●●●をつかえば
テクニックいらずで見栄え抜群!?

そして男性を落とす手料理には、栄養面や見栄えも大事。そんな時に重宝する万能食材が『たまご』なのだそう!

「低単価で手に入りやすく、“最も完全に近い栄養食品”と言われるほど、栄養素がギュッと詰まっています。黄色の彩りが食欲をそそり、華やかな仕上がりにもなるので、料理初心者にもおすすめ。生でも食べられますし、焼く、煮る、蒸すなどアレンジしやすいのも魅力です」と寺田さん。

ということで早速、たまごを使った男を満たす激ウマレシピを教えてもらいました。

カレーの風味が男性の胃袋を刺激!
えびとニラたまのカレー炒め

「栄養価の高いたまごもたっぷりと使いつつ、男性の好きなオイスターソース×カレーの甘辛味に仕上げた一品。白飯との相性も抜群です」(寺田さん)

■ 材料(2~3人前)

たまご 4個
むきえび(大) 12尾(背わたをとる)
にんにく 1かけ(みじん切り)
ニラ 1/2束(4cm幅に切る)
たまねぎ 1/2個(1cm幅のくし切り)
塩、黒こしょう 少々
カレールー  1かけ(約20g)(細かく刻む)
熱湯 大さじ2
酒 大さじ2
オイスターソース 小さじ2
サラダ油 大さじ2

作りかた

えびを背開きにし、塩、黒こしょう少々をふる。

ボウルにカレールーをいれ、熱湯で溶き、酒、オイスターソースを加え混ぜる。

別のボウルにたまご、塩、黒こしょう少々を加え混ぜる。フライパンにサラダ油大さじ1を強火でよく熱し、卵液をいれ、木べらで大きく混ぜ、半熟に仕上げたら、器に一度取り出す。

フライパンにサラダ油大さじ1を足し、にんにく、玉ねぎ、(1)を加え、中火で玉ねぎがしんなりとするまで炒める。

(4)(2)を加えよく絡めたら、ニラと(3)を戻し3回くらい混ぜたら、塩、黒こしょうで味を調える。

炒めるときたまごはぐちゃぐちゃにせず、膨らんできたら大きく混ぜる程度に。黄身の鮮やかな色合いが残り、見た目もキレイに仕上がります。エビはそのまま炒めると小さくなるので、背開きにするとボリュームアップ効果も! エビの代わりに、豚肉や鶏肉でアレンジしてもOKです。また、カレールーのとろみで具材と汁気がからまりやすいので、しっかりとした甘辛味が白米にもぴったり。ごはんの上にのっけて、丼にするのもおすすめ! 

ふわふわでボリューム満点!
豚肉と茄子のチヂミ風オムレツ

「男性は生野菜が苦手な人も多いので、知らず知らずに野菜をとれるのがポイント。ごま油とにんにくで、男性が好きなガツンと食べ応えのある味付けが、また食欲をそそるはず!」(寺田さん)

■ 材料(2~3人前)

ナス 2本(5mm幅の半月切り)
豚バラ薄切り肉 100g(4cm幅に切る)
はんぺん 1枚
万能ねぎ 1/2束(4cm幅に切る)
薄力粉 大さじ1と1/2
ごま油 大さじ2
塩、黒こしょう 少々
A
たまご 4個
鶏がらスープの素(粉末) 小さじ1
にんにくすりおろし 小さじ1

作りかた

ナスと万能ねぎをバットに入れ、薄力粉をまぶす。

はんぺんをビニール袋にいれつぶす。

ボウルにAと(2)をいれ混ぜたら、(1)を加え和える。

フライパン(直径18cm~20cmが理想)にゴマ油を大さじ2をいれ、中火で熱し、豚肉と塩、黒こしょうを加え、炒める。
こんがりとしたら、(3)を流し入れ、フタをして弱火で約4分焼く。

裏返し、もう片面を約3分焼く。

小麦粉を極力使わずに、はんぺんを入れることで、ふんわりしてのかさ増しの効果があります。作り方のポイントは、たまごを入れたらあまりいじらずに焼き上げること。キレイな焼き色になり、ふわっと仕上がります。ひっくり返す時は、思いっきりが大切! 旬を意識するなら、しめじ、えのき、しいたけなどキノコ類を加ることで、一気に秋らしいメニューになりますよ。食べるときは、ポン酢をかけてさっぱりした風味をプラスして。

おいしいだけじゃない!
お役立ち食材『たまご』の魅力

食物繊維とビタミンC以外の主な栄養素を含むことから、“最も完全に近い栄養食品”と言われているたまご。アミノ酸スコア100の良質なたんぱく質が多く含まれ、中でも体内の抗酸化作用を高める働きを持つ必須アミノ酸「メチオニン」が豊富。生活習慣病や老化予防にも効果的といわれています。さらに悪玉コレステロール値を下げる働きもあるので、肥満予防にも!

また女性に不足しがちな鉄や亜鉛などのミネラルも豊富で、アンチエイジングも期待できる、まさにミラクルフードなんです。彼の胃袋を掴むだけでなく、健康のことまで考えられるとなれば、一気に彼女から結婚相手候補に昇格するかも!?

健康の維持や増進のためにも1日2個程度食べると良いたまご。手軽に調理しやすく、お財布にも優しいとあって、大好きな彼に手料理を振る舞うときの食材としてうってつけ。美容面においても必要不可欠な食材なので、美をキープしたい女子も、今日から1日2個のたまご生活をはじめてみてはいかがでしょうか?

たまごについてもっと知りたい

身近で栄養価に優れた食材であることを広めるとともに、日本人の食生活の質の向上や国内の養鶏産業の発展を目指し、鶏卵に関する情報の収集・提供を行っているのが一般社団法人 日本養鶏協会。公式サイトでは、たまごにまつわる正しい知識や秘められた健康パワーをたくさん発信しています。さらにたまごのおいしい食べ方やたまごレシピも多数掲載。参考になるものばかりなので、ぜひチェックしてみて!

提供:一般社団法人日本養鶏協会