お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR デート・カップル

デリケートゾーンも老ける! “見えないトコロ”まで若々しく保つ3つのポイント

イメージ

最近注目を集めているのが、“デリケートゾーン年齢”。「気になったら、お肌の曲がり角」と言われているように、実はデリケートゾーンも顔と同じようにだんだんと年を取っているのです。でも、普段は下着に隠れているので見落としがち。

フェイスケアや、ムダ毛処理などのボディケアにいそしむ女性は多いのですが、デリケートゾーンは毎日鏡で見ないので、そこまで意識しないでいる女性も多いでしょう。

「彼のためのボディケアは完璧!」と信じてデートに向かっているかもしれませんが、普段は目に触れない下着の中まで、自信をもってキレイと言えますか?

久々に鏡で見たら、「若いころと印象が違っていた」とならないためにも、デリケートゾーンもエイジングケアが必要なのです。

顔だけじゃない! どんなところも年齢的な悩みは同じ

実際にLCラブコスメがデリケートゾーンについて「年齢とともに気になってきたこと」を200名の女性に調査したところ、以下のような結果となりました。

1位 見た目・明るさ

2位 ニオイの元

3位 肌質

※2015年9月LCラブコスメ調査/女性200名回答

やはり見える部分と同じく、デリケートゾーンも経験や年齢を重ねると透明感やハリ、ツヤが気になってくるよう。また、デリケートゾーンという特別な部位だけに、見た目だけではなくニオイという悩みも付いて回るようです。

見えない部分まで、いくつになっても若々しくいたいもの。

見た目の美しさやニオイなど、これまであまり気にしていなかったデリケートゾーンのエイジングをケアするにはどうしたらよいのでしょうか?

3つのデリケートゾーンのエイジングケアポイント

アンケート結果によると、女性としてデリケートゾーンを若々しく保つために、押さえておきたいポイントは以下の3つ。

1. ニオイケア

敏感なデリケートゾーンは“エクリン腺”、“皮脂腺”、“アポクリン腺”が集中している部位。加齢におけるニオイが発生しやすい部分でもあるため、女性ホルモンが減少する年頃になると酸化しやすくなり、よりニオイが強くなる可能性が。

男性へ向けたLCラブコスメのアンケートでも、「女性のニオイが気になった経験がある」と答えたのは7割も。男性の意見には「あやうく恋心が冷めかけた」、「もっと密着したかったのに、ニオイが気になって近づけなかった……」と悲しい本音も。

大人の女性だからこそ、エチケットとしてニオイケアはしっかりしておきたいですよね。

2. 黒ずみケア

年齢を重ねると蓄積されていく角質は、黒ずみの原因になることも。「どうせよく見えないし……」とケアを軽視しがちですが、大好きな彼に自信をもって愛されるためにも、カラダのすみずみまで、黒ずみ汚れケアをしておくだけでも魅力が深まりますよ。

そして美しいデリケートゾーンを見ると、若々しさだけではなく、清楚さや初々しさまでも相手に感じさせます。

3. うるおいケア

しっとり潤う素肌は、はつらつとして若さを感じますが、それはデリケートゾーンも同じ。フェイスケアでは年齢に応じてエイジング化粧品を使い始めるのに、デリケートゾーンは若いころからずっと通常のボディソープで洗っていませんか?

顔や体と同じように、デリケートゾーンも年齢に合わせたケアをすることで、若々しさのキープを目指すことができるのです。

「ニオイ」「見た目の透明感」「潤い」のケアで若々しいデリケートゾーンへ

実際にデリケートゾーンのエイジングケアを行い、若々しいデリケートゾーンを手に入れた女性たちのエピソードから、ケア方法をご紹介します。

イメージ
彼氏との時間もいつもより自信を持てて嬉しいです。

年齢もいい年になってきて、加齢臭とかしたらやだし、ハリもなくなってきたんじゃないかと思っていました。デリケートゾーン用石鹸の使い心地は、わりとよく泡立つし、パック中もしみなくていい。さっぱりしてるけどしっとり感も残ってる、そんな感じです。彼氏との時間もいつもより自信を持てるのもやっぱり安心できて嬉しいです。彼氏のために隠れて努力してるんだぞ~って、気づいてほしいですね。
(まーみんさん/30歳 /事務) 

まーみんさんの体験談を詳しく見る ≫

イメージ
もっと若いときにこの石鹸に出会いたかったと心から思いました(笑)

年齢を重ね、ニオイや黒ずみが気になることが増えてきました。「こんなに簡単でいいのかな」と思いながらもケアを初めて数日後、恐る恐るブーツを脱いだ足のニオイをかいでみましたが臭いがそれほど気にならなくなりました! まさか、こんなに早く実感を得られるとは驚きです。もっと若いときにこの石鹸に出会いたかったと心から思いました(笑)
(みんさん/31歳/会社員)

みんさんの体験談を詳しく見る ≫

下着の中のエイジングケアをすることで素敵な体験をした女性たちが使っていたのは、LCラブコスメのデリケートゾーンケアのアイテムたち。フェイスケアでも、洗顔・パック・保湿などとケアするように、デリケートゾーンのケアでも、専用の石鹸やパック、美容液などのアイテムがあります。

まず最初にご紹介するのが、 『LCジャムウ・ハーバルソープ』。ニオイの元を洗い流してくれる、デリケートゾーン用の石鹸です。

イメージ

“ジャムウ”とは、古くからインドネシアで伝わるハーブ。 『LCジャムウ・ハーバルソープ』は、そんな伝統的な製法を基に、LCラブコスメが独自に開発しました。着色料や防腐剤などの添加物は一切不使用だから、デリケートな部分も優しくケアができます。

使い方はとても簡単。泡立てネットでたっぷり泡を作り、デリケートゾーンにのせて3分間パックして洗い流すだけ! 経験や年齢を重ねることによって気になってきたニオイの元が流されて、さっぱり清潔なデリケートゾーンを目指せます。さらに、ニオイだけではなく黒ずみの元になる古い角質も洗い流せるので、見た目の若々しい透明感もアップ! デリケートゾーンだけでなく、バストトップやワキなどのニオイや黒ずみが気になる場所にも同時にケアすれば、全身の輝きにも期待できそうです。

『LCジャムウ・ハーバルソープ』を詳しく見る

イメージ

また、特別な日のためにデリケートゾーンのニオイとおりものを集中ケアしたいなら 『LCジャムウ・デリケートパック』。デリケートゾーンに塗って洗い流すだけで、おりものやニオイの元をすっきり流してくれます。しかも、デリケートゾーンの肌の引き締めもケアできるので、朝までのデートも盛り上がりそう。

「白のショーツを履いていたのでトイレの度に確認しましたが……気にならない!」(あやさん/29歳/デスクワーク)、「年齢を重ねるとともに、ここ1年ですごく気になってしまったのがおりものとデリケートゾーンの臭い。きれいに洗い流せて、気になることはなくなりました!」(れいさん/30歳/フリーター)などスッキリを実感している声も続々寄せられています。

『LCジャムウ・デリケートパック』を詳しく見る

イメージ

さらに、お風呂上がりに 『ジャムウ・デリケートエッセンス』で見た目とうるおいのケア。デリケートゾーンに塗るとすっとなじんで肌に潤いを与え、皮膚の柔軟性を保ちながら乾燥を防ぎ、ハリのある艶やかな印象へと導きます。

「鏡で確認したところ、目視でも分かるぐらい前よりもしっとりと潤った女性らしいデリケートゾーンに! 触ってみても違ってて、プニプニになってたので本当に感動しました(笑)ずっと使い続けたいアイテムの一つです。」(ゆーりんちさん/28歳/フリーター)、「塗りやすく、肌にすっと馴染みます。使い始めてからデリケートゾーンに自信が持てるようになりました。何年後かに使っててよかった! と思えるように、日々お手入れしたいと思います。」(桃小町さん/29歳/会社員)と、若々しく弾けるようなデリケートゾーンを叶えた女性が多数。やはり“脱いでもキレイ”は女性として永遠の憧れですよね!

『ジャムウ・デリケートエッセンス』を詳しく見る

“デリケートゾーン年齢”を感じさせないためには、「ニオイ」「見た目の透明感」「潤い」の3つのケアを!

この3つすべてのケアが出来る 『LCジャムウ・ハーバルソープ』『ジャムウ・デリケートパック』、そして 『ジャムウ・デリケートエッセンス』の3つがセットになった 『デリケートゾーンパーフェクトセット』は、単品で買うより497円お得! 普段は見えない下着の中まで若々しく美しいを保つために、デリケートゾーンのエイジングケアを始めてみませんか?

年齢や経験と共に「変わる」デリケートゾーンがしっかりケアができていたら、今よりもっと彼との時間にも自信が持てるはず。下着を脱いでも若々しく、特有のニオイも感じず、自信に満ち溢れた素敵なあなたに、彼も惚れ直すかもしれません! いつまでも恋もカラダも新鮮で若々しい女性を目指しましょう。

『デリケートゾーンパーフェクトセット』を詳しく見る

イメージ

LCラブコスメは、女性が運営しているセクシャルヘルスケアの専門ブランド。「ラブコスメ」で検索すれば、誰にも相談できずにいた恋やカラダのお悩みにもピッタリのラブコスメがきっと見つかるはず。

LCラブコスメ『デリケートゾーンパーフェクトセット』


関連記事
彼にもっともっと愛されるカラダになるために……オンナのラブテク


関連記事
遺伝子レベルで愛される! 男性が好きな女性を嗅ぎ分ける“匂い”の正体


関連記事
実はキスが違った!? 彼の心をくすぐる“愛され女子”の法則 傑作7選


関連記事
受け身な彼の本能がむき出しに……! 「追いかけられる女」になる2つの方法

提供:LCラブコスメ

お役立ち情報[PR]