お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR 妊娠・出産

妊活中・妊娠中に欠かせない“葉酸”! その基礎知識と、葉酸サプリを選ぶときのポイント

妊活中・妊娠中の女性が積極的に摂りたい栄養素の一つ、“葉酸”。今すぐに妊娠を考えていない人でも、一度は耳にしたことがあるのでは? とはいえ実際には、なぜ妊活中や妊娠中に葉酸を摂ったほうがいいのか、いつからいつまで、また1日にどれくらい摂ればいいのか、サプリを飲むにしてもたくさん種類がある中で何を選べばいいのか、ギモンに思っている人も多いはず。

そこで今回は、そんな“葉酸”について、わかりやすく解説します!

ママと赤ちゃんの健康のために!
知っておきたい、葉酸の基礎知識

「妊娠する前から摂ったほうがいい」とか、「妊娠中は赤ちゃんの発育サポートのためたくさん摂らないといけないからサプリも取り入れている」など、巷には葉酸についての情報がたくさん。では、そもそも葉酸は、どんな働きをするものなのでしょうか?

なぜ葉酸が大事なの? その理由や役割とは

葉酸は、水溶性のビタミンB群の一種。どうして妊活中や妊娠中に積極的に葉酸を摂ったほうがいいのか、その理由はいくつかあります。

1つは、赤ちゃんの先天性疾患発症リスクとの関係。赤ちゃんの先天性疾患のひとつに、妊娠初期の段階で脳や脊髄に障害が生じる「神経管閉鎖障害」があります。その原因の一つとして葉酸の欠乏も関係していると言われており、妊娠初期に葉酸の摂取量が足りないと胎児に「神経管閉鎖障害」の発症リスクが高まることが分かっています。

もう1つは、お母さんの健康維持です。妊活中・妊娠中だけでなく、産後のお母さんの健康にとっても頼りになる存在なのです。

葉酸はいつからいつまで?
どのくらい摂るのがベスト?

赤ちゃんの体を作る上で、とっても重要な栄養素である“葉酸”。妊娠がわかったときには既に赤ちゃんの中枢神経や体の器官が作られはじめているため、できれば妊娠前から充分に葉酸を摂取しておきたいところです。厚生労働省では、妊娠を計画している女性には、妊娠の1カ月以上前から妊娠3カ月までに1日400μg(上限は1000μg)摂取することを推奨しています。

葉酸は緑黄色野菜やレバーなどに多く含まれていますが、妊娠中に推奨量を食事でまかなおうとすると、たとえばホウレン草なら4束分(約200g)も摂る必要があり、毎日継続するのは難しいのが現実です。そのため、厚生労働省でも、必要な栄養素はバランスのいい食事で摂りつつ、足りない分はサプリなどで補うことを呼びかけています。

食事で摂りきれない栄養素はサプリで補う

「食べる美容液」とも呼ばれる“オメガ3脂肪酸”にも注目

妊活中・妊娠中の女性が積極的に摂りたい栄養素は、実は“葉酸”だけではありません。欧米では既に常識になっているのが、“オメガ3脂肪酸”。

“オメガ3脂肪酸”は、体の中で作り出すことができない栄養素のため、食事やサプリなどで補うことが必要です。そのため、サプリ先進国の欧米では妊活から、妊娠中~授乳中のママ専用オメガ3サプリも数多く発売されています。

また“オメガ3脂肪酸”は、妊娠中や授乳中のママが摂ることで母体を通して赤ちゃんへ届きます。厚生労働省「日本人の食事摂取基準2015年版」でも、妊娠中・授乳中の女性は、通常(1.6g/日)より多くのオメガ3脂肪酸(1.8g/日)を摂取することを推奨。また「食べる美容液」とも呼ばれ、赤ちゃんの体だけでなく、ママの美と健康もサポートしてくれるのです。

葉酸と一緒に摂りたい“オメガ3脂肪酸”をもっと詳しく

食事で摂りきれない葉酸・オメガ3はサプリで補う! どんなポイントで選んだらいい?

妊活中・妊娠中の女性が特に不足しがちな“葉酸”と“オメガ3脂肪酸”をしっかり摂るには、毎日の食事に気をつけるほかに、サプリで補うのが手。だけど、葉酸サプリはたくさん種類があるし、さらにオメガ3脂肪酸も、となると何を選べばいいのかわからないという人も少なくないはず。そんなときは、このようなポイントに注目してみてはいかがでしょうか?

まず葉酸は、厚生労働省の推奨量である1日400μgを摂れるものが◎。また「天然型」よりも吸収のいい「合成型(モノグルタミン型)」がベターです。さらに、鉄分やカルシウム、ビタミンなど妊活中・妊娠中にバランスよく摂りたい他の栄養成分が入っていたりするのもおすすめです。また妊娠中には避けたほうがいいと言われている成分が入っていないなど、品質管理がしっかりしているものを選ぶことも重要です。

一方“オメガ3脂肪酸”はというと……。豊富に含まれている食材はサバやサンマといった青魚に、くるみ、えごまなどです。ですが残念なことに魚には水銀やトキソプラズマなど赤ちゃんの健康のために避けたい有害物質・病原体が入っている場合もあり、過剰に食べるのは注意が必要。そのため、サプリで足りない分を補うようにするとよいでしょう。

以上のポイントを押さえつつ、赤ちゃんの発育にもお母さんの健康にも役立つサプリを選んで、健やかな妊活・妊娠・産後を過ごしましょう!

“葉酸”と“オメガ3脂肪酸”を一緒に摂れるサプリ

お母さんと元気な赤ちゃんのためのW成分
衛生的な個包装がうれしい『Mama Omega(ママオメガ)』


『Mama Omega(ママオメガ)』

モノグルタミン型の葉酸を480μg、オーガニック&植物由来のオメガ3を516mg配合したサプリ『Mama Omega(ママオメガ)』。プレママ&ママが特に積極的に摂取したい2つの栄養素を一度に摂れるのは、こちらが初(※)! さらに、ビタミン・ミネラル・食物繊維・アミノ酸など高品質な栄養素が60種も贅沢に配合されているほか、カムカム・マキベリー・チアシードオイルといった話題のスーパーフードなど、妊娠中や授乳中に限らず全女性にうれしい成分がたっぷりです♪

ママドクターとして活躍中の産婦人科医、医学博士の巷岡彩子医師も『Mama Omega(ママオメガ)』に注目しています。

産婦人科医 巷岡彩子先生
産婦人科医、医学博士。大学病院やクリニックでの勤務を経て、現在不妊治療専門の産婦人科クリニックにて勤務。ママドクターとして、育児や家事、仕事を両立しながら活躍中。

現代は、社会で活躍する女性が多くなり、ライフサイクルも変化しています。仕事のストレスや、ダイエットによる偏食など、忙しく不規則な毎日が続くと栄養は偏り、妊娠や出産のために必要な栄養素も不足してしまいます。
厚生労働省も、健康的な出産のために必要な栄養素の摂取を啓蒙しています。食事により十分に摂取することが困難な場合、サプリメントにより補うことが、有効な手段となってきているのです。

“葉酸”は生まれてくる赤ちゃんの神経管の欠損という先天性異常のリスクの軽減ができることが知られており、妊娠前から摂取すべき栄養素の1つです。また、最近では“葉酸”だけではなく、“オメガ3”も注目されています。健康や美容面で注目される事も多い“オメガ3”ですが、妊活から妊娠中、授乳中においても重要な栄養素です。

本商品は、大量生産が難しい良質なオーガニック&植物由来の“オメガ3”を3種類と、モノグルタミン型の“葉酸”を配合。成分1つ1つからこだわった国産サプリ『MAMA OMEGA(ママオメガ)』は、お母さんと赤ちゃんの健康を考えたママサプリの先駆けだと思います。

赤ちゃんの健やかな成長のためには継続が大事なので、衛生的&持ち運びに便利な個包装で、かつ妊娠期間の10カ月をサポートしてくれるお得な定期便であることも魅力。いつかママになりたい人、もうすぐママになる予定の人はぜひチェックしてみて。

※オーガニック&植物由来のオメガ3オイルと葉酸の組み合わせサプリメントとして

初回1,950円(税抜)キャンペーン中!
『Mama Omega(ママオメガ)』の詳細はこちら

提供:ユニヴァ・フュージョン